パプリカ|基本の育て方と本格的な栽培のコツ

農業に興味を持っている方や家庭菜園で本格的に野菜作りをしている方、そしてこれから始める初心者の方にもわかりやすいパプリカの育て方を紹介!パプリカ作りに欠かせない土づくりや病害虫、生育障害の原因、パプリカの収穫適期の見分け方などを紹介します。


パプリカ栽培

出典:写真AC
農業に興味を持っている方や家庭菜園で本格的に野菜作りをしている方、そしてこれから始める初心者の方にもわかりやすいパプリカの育て方を紹介します。パプリカ栽培に欠かせない土づくりや病害虫、生理障害の原因について、育苗や植え付けの時期、水やり、追肥、収穫適期の見分け方など詳しく説明します。

パプリカについて

パプリカ栽培
出典:Pixabay
パプリカは果肉が厚く、苦味や青臭さがない甘味種のトウガラシなので、生でも加熱してもおいしく食べられる人気の野菜です。
パプリカが日本に普及したのは1993年以降、海外からの輸入が本格的に開始されたことによります。1998年以降日本でも生産が開始され、年々パプリカの収穫量も増えています。
スーパーでよく見かける赤・黄色・オレンジのカラフルなパプリカ以外にも、緑・紫・茶・白・黒色のパプリカの品種もあります。また、柿のような形をした糖度の高いフルーツパプリカや、5cmほどの小型で赤や黄色、珍しいチョコレート色のパプリカなども種苗メーカーから販売されています。
植物名  パプリカ
学名  Capsicum annuum
英名  Bell pepper
科名  ナス科
属名  トウガラシ属
原産地  中、南アメリカ
生育適温(昼間)  27℃前後
生育適温(夜間)  20℃前後

特徴

主に果重が100g程度以上で肉厚なものをパプリカ、それ以下のものをピーマンと呼んでいます。未熟果を収穫するピーマンと、完熟や完熟過程の実を収穫するパプリカが大きく異なる点は栽培期間です。

栽培期間

パプリカの栽培期間はピーマンに比べて長期間に及ぶため、ほとんどのパプリカはハウスで栽培します。品種にもよりますがパプリカの開花から収穫までの日数は、ピーマンの2~3倍、重さはピーマンの5倍くらいになるため、1株から収穫できる数もピーマンに比べて格段に少なくなります。

温度管理

パプリカの花芽形成に適した温度は日中温度が27℃前後、夜温は20℃前後で、結実からパプリカの果実肥大までの適温は25℃前後です。高温で落蕾(らくらい)・落花が多くなるため、収量を上げるためには温度管理が欠かせません。

栽培時期

パプリカ 新規就農レッスン 栽培カレンダー
Illustration:rie
育てる地域や栽培する品種によって植え付け時期が異なります。苗を購入するときに確認しましょう。
※主に露地栽培の栽培時期です。野菜の栽培は、屋外の畑で作物を栽培する「露地栽培」のほかに、「温室」や「ビニールハウス」などの施設で栽培する方法があります。

パプリカの栽培準備

パプリカ栽培
出典:Flickr(Photo by :OakleyOriginals)
作付け計画をたて、パプリカの種や苗を注文したら定植に向けて畑の準備を済ませましょう。

収量

1a(100平方メートル)で66kgほど収穫することができます。
出典:地域特産野菜生産状況調査 平成28年産地域特産野菜生産状況
野菜の品目別、都道府県別生産状況 作物面積、収穫量等」(農林水産省)

苗の用意

地域の種苗会社やホームセンターから購入することができます。育てる品種によって株間が異なるため、用意する苗の数も違ってきます。
栽培適期が限られる露地栽培では大型のものより、栽培期間の短い小型のパプリカの品種を選ぶと良いでしょう。
種類 主な品種
赤パプリカ  スペシャル、クプラ、スピリット、ナザーなど
黄パプリカ  コレッティ、フェアウェイ、フィエスタ、ムルティーなど
橙パプリカ  オランディー、パプリオレンジ、オレぷり、プレジデントなど

1aあたりの苗の本数

スペシャル、クプラなどパプリカの品種の苗(株数)の場合
1a(100平方メートル)あたり苗150本(株間40cm)ほど、苗200本(株間30cm)ほどです。

土づくり

排水性、通気性、保水性の整った団粒構造の土質は、微生物が多く住む作物にとって良い土壌です。作物を作る土壌の状態が良ければ、石灰資材など多く投入する必要がない場合もあるので、栽培の前には必ず土壌診断をし、pH、ECなどを測定したうえで、診断結果に基づいた適切な堆肥資材等の散布を心掛けましょう。

▼土壌消毒や土づくり、土壌診断のことならこちらをご覧ください。

土壌pH

pH6.0~6.5が最適値です。

適した土壌

土壌の水分量がパプリカの生育や収量を左右しますので、予め保水性の高い、有機質に富んだ土壌づくりを心掛けましょう。

▼ハウス栽培での培地や養液栽培についてはこちらをご覧ください。

肥料

パプリカ(ピーマン)の元肥の目安として10平方メートルあたり窒素200~250g、リン酸250~300g、カリ200~250gほど施します。

畝立て

畝幅は80~110cm、畝の高さは圃場の排水性に合わせて調整します。せっかく与えた水分が流れ出てしまわないように、畝の形は山型よりも台形型にすると良いでしょう。
ピーマン同様パプリカの根は、ナスなどに比べて浅根性のため、乾燥時期の水分不足や気温の変化に影響を受けやすい傾向があるため、マルチや敷きわらを使用した栽培がおすすめです。マルチなどを使用することで、乾燥を防ぎ、雨による泥はねや除草の手間も省ける利点があります。

▼マルチ栽培のことならこちらをご覧ください。


パプリカの育て方

パプリカ栽培
出典:写真AC
畝や苗の準備が整ったら栽培のスタートです。

植え付け

植え付けに適した苗は1番花の開花ごろが適期です。緑色で艶があり、茎が太くて節間の短くしまった苗を選びましょう。

▼育苗や接木苗についてはこちらをご覧ください。

植え付け前は十分な灌水(かんすい)

植え付けをする前は十分灌水を行い、土に水分を与えます。苗にも水分をしっかり吸収させます。畝にマルチを貼る場合にも、あらかじめ水分が十分含まれているか確認しましょう。
※灌水とは水を注ぐこと、植物に水を与えることです。

▼灌水チューブのことならこちらをご覧ください。

植え付けは天気のいい日に!

パプリカは高温性の植物のため、特に露地栽培での植え付けは十分に気温が高くなってから、関東などの中間地では5月以降が望ましい時期です。気温が低過ぎる環境での植え付けは避け、天候の良い日に行いましょう。風の強い日や悪天候時の植付けは苗の活着が遅れ、初期生育が悪くなります。

株間

株間は50cm前後をとり、根が活着するまでの約1週間は土が乾燥状態にならないようにします。パプリカは、定植後20~30日くらいまでの草勢の状態でその後の収穫の良し悪しが決まるといわれていますのでしっかり管理を行いましょう。

水やり

基本的に水やりは午前中に行います。暑い時期の水やりは、日中を避けて気温の低い早朝か夕方に行わないと根を傷めてしまいますので注意しましょう。

水やりはたっぷりと

樹勢を高めるために水分をしっかり与えます。土壌の水分量だけでなく、葉からの蒸散による乾燥状態にも注意し、萎(しお)れさせないようにします。良質な花芽を形成し、開花結実が良好になるためにも水分は多い方が良いようです。

▼土壌水分計のことならこちらをご覧ください。

追肥

目安として10平方メートルあたり窒素340g、リン酸250g、カリ300gほどです。
追肥は1番果がピンポン玉くらいから開始し、その後2~3週間に1度の間隔で追肥をします。生育の状態を見ながら、樹勢が落ちているときは窒素を多めに与え、樹勢が強過ぎるときにはリンとカリを多めに与えます。

仕立て方

一般的に3~4本仕立てで育てます。1番花から下のわき芽は取り除き、2番花の着花節で分枝した合計3~4本の枝を伸ばしていきます。この3~4本の枝の誘引の方法は、1番果の下の部分から吊り下げるように3~4本の枝をひもに絡ませるように誘引します。

整枝

パプリカは主枝・分枝の1節1果実を目標に実らせていきます。茎葉が込み合ってきたら着果しない余計な枝や、徒長した枝、側枝は葉を1~2枚残して、清潔なはさみでカットして風通しの良い環境をつくります。
その際、直射日光が果実に当たると裂皮果の原因になるので、果実周辺の側枝の葉は適当に残しておくことも大切です。

ITEM
植物ウイルス感染予防用園芸ハサミ
カートリッジに洗浄除菌液を入れ作業すると、鋏の刃に自然と液が流れ込み、自動的に刃が洗浄されます。
洗浄除菌液は市販のものをご利用ください。

・全長:約180mm
・重量:約8g

摘花・摘果

第1分枝上の1番花から3番花までは摘花し、それ以降は自然な着果に任せます。というのも、パプリカ栽培では最初に2~3果が着果して肥大を始めたころまでの草勢管理によって、収量が左右されるといわれているためです。着果した果実が肥大する数の増加に伴い、次第に草勢が落ちていくので、着果開始ごろまでの草勢をある程度強めにしておくために3番花までは摘花する傾向が多いようです。
引き続きパプリカの着果負担を少なくするためにも、奇形果や尻腐れ果などの不良果は徹底して摘果しましょう。

パプリカの収穫

パプリカ栽培
出典:写真AC
開花してから収穫までの日数は、品種や栽培時期によって45~70日ほどの差が出ます(20℃以下の低温で着色が遅れることも)。

収穫適期

収穫する果実の着色の目安は、80~90%着色したころ(高温期は60~70%程度)で、大型のパプリカの1果重は160~170gくらいの重さです。秋冬期は収穫後ポリ袋などに入れて追熟させることも可能です。

収穫方法

果温が低い早朝に収穫を行います。パプリカ専用ナイフを使用して、枝と果柄の間のくびれた部分に刃を入れて切除します。このときの切り口が汚いと、灰色かび病などの病気の発生につながるので注意しましょう(家庭菜園では園芸用はさみでもOK)。

パプリカの病害虫

病害虫におかされたパプリカの果実
出典:Flickr(Photo by :Forest and Kim Starr)
栽培するうえでかかりやすい病気や気を付けたい害虫について紹介します。
▼ハウス栽培での病害虫対策にはこちらをご覧ください。

▼病害虫対策に欠かせない農薬のまとめ

かかりやすい病気

土壌病害に注意が必要です。
▼植物全体の病気のことならこちらをご覧ください。

▼台風後の病気を防ぐ対策についてはこちらをご覧ください。

青枯れ病

昼間は地上部が萎れたようになりますが、夜間や曇天時に持ち直すことを繰り返し、最後には株全体が萎縮して枯れてしまう細菌による病気です。

疫病

地際部や茎に暗緑色から褐色の水浸状のくぼんだ病斑を生じ、次第に萎れて枯れてしまいます。果実の被害症状は、水浸状に軟化して腐敗していきます。さらに、多湿時は表面にうす霜状のカビを生じさせる高温多湿で発症しやすい糸状菌(カビ)による病気です。

斑点細菌病

細菌により感染する病気で、丸い斑点が外葉から生じます。生育後半にかかりやすい病気です。

うどんこ病

葉に白いうどん粉をまぶしたような白カビが発生する糸状菌(カビ)による病気です。

灰色かび病

糸状菌(カビ)による病気で、初期は地ぎわの葉や茎から、次第に全体へと広がり灰色のカビが生じます。

食害する害虫

アブラムシやアザミウマは、植物の汁を吸うだけでなく、病気の伝染源にもなるので注意が必要です。

アザミウマ

植物の汁を吸い、食害を受けた葉は褐色化し、最終的には枯死します。別名スリップスと呼ばれる、様々な病気のウイルスを媒介してしまう害虫です。

アブラムシ類

主に新芽や茎、つぼみに発生し、植物の汁を吸う害虫です。アブラムシを媒介にしてモザイク病やすす病などが発症しやすいので、アブラムシ発生後は病気が発症していないか注意が必要です。

ヨトウムシ

「夜盗虫」の名の通り夜に活動し、日中は葉裏や株元の浅い土中に潜んでいるヨトウガの幼虫です。

チャノホコリダニ

葉が食害されると葉が萎縮し凸凹になり、実を食害されたときは、表面が褐色のカスリ状の被害を受ける、ダニ目ホコリダニ科の害虫です。

ハダニ類

葉裏に潜み、植物の汁を吸うダニ目ハダニ科の害虫です。食害する植物によって、葉の色が抜けたような白や黄色のカスリ状になります。

▼そのほかの病害虫対策のまとめ

パプリカの生理障害

生理障害を起こすと出荷にかなりの影響が出てしまうので注意しましょう。

日焼け果

被害状況  日に焼けて果実が褐色に陥没する。
原因  高温乾燥状態で、強い日射により果肉部の水分が蒸発して生じる。へたの部分に水が溜まり、光が当たることでレンズ状態になるため。
▼高温障害についてはこちらをご覧ください。

尻腐れ果

被害状況  果実のお尻の部分が、壊死して変色した状態。
原因  高温乾燥で土壌水分の不足により。カルシウム含量の低下のため。
▼カルシウム欠乏についてはこちらをご覧ください。

▼そのほかの生理障害のまとめ

パプリカの栽培のまとめ

パプリカ栽培
出典:Pixabay
パプリカの栽培の魅力は、何と言っても完熟するまでの果実の色の変化です。そもそもパプリカの色は、「白、黒、茶色、紫、赤、橙、黄、緑」の8色といわれており、そのうち完熟果での収穫は、「赤、黄、橙、茶」で、未熟果から完熟果までの過程収穫は、そのほかの「白、黒、緑、紫」です。パプリカが完熟するまでの色の変化を楽しみながら、いろんな色の段階で収穫を楽しみましょう。完熟前でパプリカを収穫しても爽やかな甘みがあります。もちろん、完熟パプリカはさらに甘みが増し、栄養価にも差が出るそうです。

▼そのほかの野菜の栽培方法はこちら

パプリカの経営指標

パプリカのハウス栽培
出典:Pixabay
新規就農者への道は、各都道府県にある農業の支援機構などに相談してみることから始めます。というのも、新規就農者の多くが悩まされる農地の確保は、農地法や農業経営基盤強化促進法の要件をクリアしないと購入したり借りたりできないようになっているからです。

新規就農までの流れ

相談から農地の準備までの7つのステップを踏みながら、その土地の一員として「自覚」と「信頼」を第一に考えて、地域に溶け込んでいきましょう。
 1. 相談  実際に相談窓口で相談(忙しい方にはメールでの対応もできます)
 2. 情報収集  研修先や農業普及センター、農協、営農のプロのアドバイスや手助け先の獲得
 3. 経営像  各都道府県の経営指標を参考にして、自身の農業計画を立てる
 4. 就農計画  農地の確保、栽培作物の選定、農業技術の取得方法、資金などの具体的なプランを作り
 5. 農業技術  栽培に適した作物、栽培方法などを身に付ける
 6. 資金確保  自己資金、公的助成金・融資の確認
 7. 農地の準備  そのほかの住居や農機具、農業施設等の準備
参考:全国新規就農相談センター
▼新規就農が必要な情報についてはこちらをご覧ください。

▼後継者がいない農家から農地や施設とともに経営を引き継ぐ第三者農業経営継承のことならこちらをご覧ください。

▼農業の課題と将来の展望についてはこちらをご覧ください。

パプリカの農業経営指標

新規就農者として野菜作りを本格的に始めるならば、農業経営の見通しが不可欠です。職業として生活を成り立たせ、なおかつ豊かなものにするために、しっかりとした農業経営指標を考えましょう。

日本政策金融公庫の農林水産事業が、2020年1月に編集・発行した情報戦略レポート「平成30年農業経営動向分析結果」を参考に農業経営の動向について紹介します。
※農業経営動向分析は、農業を営む日本政策金融公庫の融資先を対象に、売上高が最も高い部門で区分し、3カ年(2016~2018年)の決算データを集計して損益の動向や財務指標などを分析したもの。

参考:日本政策金融公庫 農林水産事業 「平成30年農業経営動向分析結果

2018年農業者決算「露地栽培の動向」

北海道は天候不順による不作のため減収減益。
そのほかの地域では、秋からの好天に恵まれたことで回復して増収となったものの、労務費・人件費・燃料動力費などが増加したため、結果的に減益になりました。

この傾向は法人経営も同様で、売上高は前年と同水準となっていますが、材料費や燃料動力費等の増加によって減益となっています。

露地栽培においては、北海道のような大規模栽培においては、農業機械を導入することで人件費を抑えることができますが、小規模栽培ではいかに作業を効率化し、人件費などを削減できるように工夫することが増収の決め手になってきます。

▼ICTやロボット、AIなどを活用した次世代型のスマート農業についてはこちら

▼農作業マッチングサービスのことならこちらをご覧ください。

▼シェアリングサービスのことならこちらをご覧ください。

▼露地栽培での農薬散布の効率を上げるヒントならこちらをご覧ください。

2018年農業者決算「施設栽培の動向」

栽培施設の面積拡大により、作物全般増収となったものの、人件費などの費用が増加したため、結果的に減益となっています。

近年、生産規模の拡大に向けた設備投資が活発になっている「施設トマト」の個人経営に着目すると、規模拡大などを背景に若干の増収となったものの、施設面積あたりの売上高は減少しています。というのも、ほかの野菜の施設栽培の経営と比較すると、労務費や燃料動力費の増加率が高いことから、減益幅が大きくなったことが原因のようです。

施設栽培においては温度・湿度などの環境制御が収量・品質向上の要になります。作物の生育の特徴や光合成の仕組み、最適な飽差を知って栽培にいかすことが大切です。

▼ハウス栽培の環境制御のことならこちらをご覧ください。

▼ハウス栽培など施設栽培での農薬散布の効率を上げるヒントならこちらをご覧ください。

パプリカの需要動向

パプリカはもともと国内で生産されていなかった作物で、オランダ産または韓国産の輸入パプリカによって市場の需要が次第に高まった野菜です。現在でも9割近い量を輸入に頼っているのが現状です。
外食産業や一般家庭において、彩り鮮やかなサラダに使用されることが多いため、夏季に市場の需要が高まります。

パプリカの卸価格

栽培する季節や品種によっても価格の差が出ますが、平成29年10月~平成30年9月の築地市場の調べで卸価格は1kgあたり413~734円、平均で547円で取引されています。
出典:東京都中央卸売市場

パプリカの販売価格

スーパーに並ぶパプリカ
出典:写真AC
輸入品のパプリカは収穫されてから日本に到着するまで、最低でも6日ほど(韓国産)掛かりますが、国内生産のパプリカは輸送に時間がかからないため、完熟までしっかり味を追求できるので品質の高い国産パプリカを好む人が増えています。
しかし、販売価格で考えると、一般的に輸入品のパプリカは1つ100円前後、国産は大体2倍の値段になるため、輸入品がスーパーなどの量販店で大半を占めているのが現状です。
出典:農畜産業振興機構「ベジ探

10aあたりのパプリカの経営収支

パプリカ(中型)の栽培地である群馬の経営収支を例に挙げて説明します。
地域 収量(kg) 粗利(円) 経営費(円) 農業所得(円) 労働時間
 群馬(雨除け) 6,500 2,541,500 1,485,743 1,055,757 2613.9
出典:ぐんまアグリネット

パプリカの経営の見通し

栽培する圃場の規模から予想される収量と収益、受けられる補助金について把握しておくことは重要です。また、栽培にかかる農業資材や農業機械、それらを保管する倉庫の設置など支出する項目についても予算をしっかり立てておきましょう。

▼農業の補助金や収入など就農の基礎知識

▼新型コロナウイルス対応策のことならこちら

パプリカの販路

パプリカの栽培の見通しの前に、販路を設定することが大切です。販売先のニーズに合った栽培・出荷スタイルを考えましょう。

▼新規就農者必見!「タケイファームから学ぶ時短と収益UPを目指すヒント」のことならこちらをご覧ください。

紹介されたアイテム

植物ウイルス感染予防用園芸ハサミ

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
sana
sana

農業研究センターで6年間、大豆と稲の研究作物の栽培及び実験助手業務に従事。その後、屋上ガーデン・屋上菜園などの管理業務を経て、植物ライターに。植物・園芸サイトやフリーペーパーなどで活動。AGRI PICKでは新規就農者のための野菜の栽培方法や農業経営者の取材を執筆中。

育て方・病害虫を一発検索