症状からわかるキュウリの害虫

キュウリの幼苗や果実を食害したり、ウイルス媒介をもたらし病気を発症させたりする害虫。加害部位とそこに現れる被害症状から、害虫そのものは見えなくても原因を判別できるよう、現れる部位ごとのキュウリの被害・症状を説明します。


出典:Flickr(Photo by Forest and Kim Starr)
露地栽培のキュウリの収穫時期である初夏から秋は、一年の中で比較的気温の高い時期であるため、生育中にさまざまな害虫の脅威にさらされます。特に生育初期の苗には害虫が付きやすく、その後の生長に大きく影響してしまうので注意が必要です。ここでは被害を受けた葉や果実の様子から、原因となる害虫を特定できるように、それぞれの被害の特徴を示しました。原因をすばやく見分け、害虫の被害を拡大させないようにしましょう。

▼キュウリの病気のことならこちらをご覧ください。

キュウリの葉や茎に被害を及ぼす害虫

キュウリはトマトやナスなどほかの作物と比べて、生育が早いのが特徴の一つです。また、生育の良し悪しが草勢(そうせい)に現れやすく、これが弱くなっている状態において害虫による被害が出やすくなります。

▼キュウリの生育状態のことならこちらをご覧ください。

アザミウマ類

アザミウマに加害されたキュウリ葉

【害虫名】
ミナミキイロアザミウマ、ネギアザミウマなど
【食害の様子】
主に葉に寄生して吸汁加害します。吸汁された部分は色が抜けて白っぽくなり、最終的には黄色~褐色になります。発生初期では葉脈に沿って吸汁しますが、密度が高くなると吸汁痕が葉面上に広がります。またウイルスを媒介してキュウリ黄化えそ病を発症させ、大きな被害をもたらします。
【予防と対策】
アザミウマ類を駆除・防除する方法

▼黄化えそ病のことならこちらをご覧ください。

アブラムシ類

アブラムシの食害を受けるキュウリ葉

【害虫名】
ワタアブラムシ、ジャガイモヒゲナガアブラムシなど
【食害の様子】
黄色や黒色の小さい虫が、葉面上に多数寄生している様子が見えます。吸汁してキュウリの生長を妨げるのに加え、排泄物による汚れからすす病が発生しやすくなります。またウイルスを媒介してモザイク病を発症させ、大きな被害をもたらします。
【予防と対策】
アブラムシ類を駆除・防除する方法

▼すす病のことならこちらをご覧ください。

▼モザイク病のことならこちらをご覧ください。

ハムシ類

出典:Flickr (Photo by Ton Rulkens)

【害虫名】
ウリハムシ
【食害の様子】
成虫が葉に寄生して食害し、葉に小さな穴をあけます。密度が高くなると葉が穴だらけになります。特に幼苗期に食害を受けると著しく生長が妨げられます。
【予防と対策】
ハムシ類を駆除・防除する方法


コナジラミ類

オンシツコナジラミに食害されたキュウリ葉
出典:Flickr (Photo by Scot Nelson)

【害虫名】
オンシツコナジラミ、タバココナジラミなど
【食害の様子】
葉をよく見ると、小さな白い成虫や黄色い幼虫などが多数寄生しているのがわかります。葉を手で払うと白い成虫が舞い立つのが確認できます。
葉から吸汁するのに加え、排泄物などの汚れですす病の発生を促します。またウイルスを媒介してキュウリ退緑黄化病の原因ともなります。
【予防と対策】
コナジラミ類を駆除・防除する方法


ダニ類

チャノホコリダニの加害を受けたキュウリ葉

【害虫名】
ケナガコナダニ、チャノホコリダニ、スジブトホコリダニなど
【食害の様子】
キュウリの生長点近くに寄生・加害し、葉の発達を妨げます。さらに被害がすすむと芯止まり症状となって黄色~褐色に変色します。特に若い葉に発生すると葉緑が波打ち縮れるような症状が見られます。
【予防と対策】
チャノホコリダニを駆除・防除する方法
※上記リンク先の記事で紹介されている「サンクリスタル乳剤」「アファーム乳剤」には、キュウリにおいてダニ類の適用がないので使用することはできません。


ハモグリバエ類

出典:Flickr (Photo by Brianna Privett)

【害虫名】
トマトハモグリバエ、マメハモグリバエ、アシグロハモグリバエ、ナスハモグリバエなど
【食害の様子】
幼虫が葉の内部に潜り込み、食害しながら進むので葉に絵を描いたような白い線が現れます。高密度となり被害が大きくなると生長を妨げます。
【予防と対策】
ハモグリバエ類を駆除・防除する方法


キュウリの葉・茎を食害するほかの注意すべき害虫

上記以外にも発生することがある害虫について紹介します。

ヨトウムシ類

【害虫名】
ハスモンヨトウ
【食害の様子】
若い幼虫は葉裏から表皮を残して食害するため、被害が進むと葉が白く透けたようになります。また成長して齢数が上がるとともに摂食量も多くなり、集団加害によって葉が食べつくされる場合もあります。
【予防と対策】
ヨトウムシを駆除・防除する方法
※上記リンク先の記事で紹介されている「ディアナSC」「スピノエース顆粒水和剤」には、キュウリにおいてヨトウムシ類の適用がないので使用することはできません。


キュウリの果実に被害を及ぼす害虫

夏に収穫を迎えるほかの果菜類に比べて、キュウリはいち早く収穫できる大きさに果実が生長します。せっかくのキュウリを台無しにされないよう、果実に直接被害を及ぼす害虫には特に気を付けましょう。

アザミウマ類

ミカンキイロアザミウマの食害を受けたキュウリ

【害虫名】
ミナミキイロアザミウマなど
【食害の様子】
主に葉や茎を吸汁加害しますが、密度が高くなると果実にも被害が及びます。果実の被害を受けた部分は白~灰色にただれたような傷痕が残ったり、曲がり果になってしまったりする場合もあります。
【予防と対策】
アザミウマ類を駆除・防除する方法
※上記リンク先の記事で紹介されている「モスピランSL液剤」には、キュウリにおいてアザミウマ類の適用がないので使用することはできません。


アブラムシ類

アブラムシに加害されるキュウリ

【害虫名】
ワタアブラムシ、ジャガイモヒゲナガアブラムシなど
【食害の様子】
果実にも寄生し、吸汁加害を受けた部分は黄色~褐色に変色して生育が妨げられます。また葉が吸汁加害されたときと同様に、ウイルスの媒介によるモザイク病の発生にも要注意です。
【予防と対策】
アブラムシ類を駆除・防除する方法


ダニ類

【害虫名】
チャノホコリダニ、スジブトホコリダニなど
【食害の様子】
加害されて被害が進んだ部分は、果実表面が灰色で乾燥したようになります。また幼い果実が食害を受けると、その後の生長に伴って奇形果になることがあります。
【予防と対策】
チャノホコリダニを駆除・防除する方法
※上記リンク先の記事で紹介されている「サンクリスタル乳剤」「アファーム乳剤」には、キュウリにおいてダニ類の適用がないので使用することはできません。


キュウリの根に被害を及ぼす害虫

キュウリは浅く広く根を伸ばすことが知られています。根は、ほかの作物同様に栄養を吸収する重要な器官で、被害を受けると⽣⻑が妨げられます。

ネコブセンチュウ類

ネコブセンチュウに寄生されたキュウリの根
出典:Flickr (Photo by Scot Nelson)

【害虫名】
サツマイモネコブセンチュウ、ジャワネコブセンチュウ、アレナリアネコブセンチュウ、キタネコブセンチュウなど
【食害の様子】
寄生されると根の組織が大きく膨れてコブのようになります。被害が進むと地上部の葉や茎が萎(しお)れるなど、生長に大きな悪影響を及ぼします。
【予防と対策】
センチュウ類を駆除・防除する方法

▼ネコブセンチュウ類などに効果的な土壌消毒のことならこちらをご覧ください。

キュウリの若葉や茎への食害による生育不調に要注意を

健全なキュウリ果実 キュウリは、若い苗が害虫による被害を受けると、その後の発育や最終的な収穫が大きく妨げられます。幼苗期のダメージをいかに避けるかが、栽培における重要なポイントの一つとなります。葉を食害する害虫の中でも、飛来して葉を食い荒らすウリハムシなどには特に注意が必要です。またアザミウマやアブラムシなど、ウイルスを媒介して病気をもたらす害虫の食害も受けやすく、不調や被害が生じた際には原因の見極めが重要となります。適切な防除で効率的な収穫を目指しましょう。

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
村田 康允
村田 康允

大阪府茨木市出身。大学院農学研究科で農業害虫を扱った研究に取り組み、博士号を取得。国際学会・ワークショップや応用研究プロジェクトなどに積極的に参加。 幼少期から持つ生物への興味とこれまでの経験を活かして、栽培・農薬・害虫などの記事編集を担当。 好きなことは音楽で遊ぶこと。

育て方・病害虫を一発検索