【家庭菜園のプロ監修】ピーマン&パプリカの栽培方法|どっさり収穫をめざそう!

ピーマンとパプリカの栽培方法を家庭菜園のプロが解説!種まきや育苗、支柱立て、収穫時期などを分かりやすく解説します。プランターで栽培する際のポイントも要チェックです。家庭菜園におすすめの、ピーマン&パプリカの品種も紹介しています!


ピーマン収穫

画像提供:福田俊
ビタミンたっぷりの健康野菜、ピーマンとパプリカ。実をつける野菜の中では、栽培方法がシンプルで失敗が少なく、適切な管理作業を行えば、夏から秋にかけて毎日のように実をつけてくれます。
今回はそんなピーマンとパプリカの栽培方法について、家庭菜園のプロに聞きました!

家庭菜園歴40年!福田俊先生にお話をうかがいました

福田先生
画像提供:福田俊
菜園家。ブルーベリー研究家。東京農業大学グリーンアカデミー専科野菜コース講師。「どうすればおいしい野菜がたくさん採れるか」「いかにラクで楽しい野菜づくりができるか」を追求し、「フクダ流」自然農的有機栽培を実践。16平米という限られたスペースの市民農園で、年間50品目以上の野菜を有機・無農薬で栽培しています。監修を務めた家庭菜園誌や著書も多数。

関連サイト
HP:http://www.fukuberry.com/
Youtube:https://www.youtube.com/user/f104ryo/featured
Instagram:https://www.instagram.com/fukuberry104/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/29da104
facebook:https://www.facebook.com/toshi.fukuda.73

著書
『市民農園1区画で年間50品目の野菜を育てる本』(学研プラス)
『フクダ流家庭菜園術』(誠文堂新光社)
『福田さんのラクラク大収穫!野菜づくり』(学研パブリッシング)

ピーマン・パプリカの栽培時期や特徴など

栽培カレンダー

家庭菜園カレンダー_ピーマン_パプリカ
イラスト:rie

栽培適温

25~30℃

ピーマン・パプリカはプランターで育てられる?

パプリカのプランター栽培
出典:写真AC
ピーマン・パプリカは、プランターでも栽培可能です。使用するプランターは、果菜類用の大きめのものが適しています。

植え付け

目安として、直径30cmで深さ30~40cmのプランターであれば1株植えにします。

支柱

市販の行灯(あんどん)支柱がおすすめ。鉢土に挿すだけと、設置も簡単です。

水やり

土の表面が乾いたら、鉢底穴から流れ出るくらいたっぷり水やりしてください。

肥料

苗を植え付けた直後、土の表面にぼかし肥料を振ります。

ぼかし肥料の作り方はこちらの記事で!

ピーマン・パプリカの栽培方法|種まき・育苗から収穫まで



ピーマン畑
画像提供:福田俊
ピーマンとパプリカの育て方は共通ですが、パプリカは、果実が熟すまでピーマンより時間がかかります。

Step1. 種まき(育苗)

ピーマンの種まき
画像提供:福田俊
12cmポットに培土を入れ、2~3cm程度の間隔で種を10粒ほど並べます。その後5mmほどの厚さで覆土してください。トマトなどに比べ、ピーマン・パプリカは発芽まで時間がかかりますが、辛抱強く待ちましょう。
福田先生
福田先生
春先のまだ寒い時期の種まきなので、温床育苗します。地温は25~30℃に設定してください。

Step2. ポットへ移植

発芽後、本葉が1枚出たら1本ずつポットに移植します。
ポットの大きさは、育苗スペースの広さに合わせて選ぶと良いでしょう。
福田先生
福田先生
私の場合は、始めは6~7.5cmポットに移植し、大きくなったらさらに9~12cmポットに鉢増しをします。その頃には気温も十分上がるため、狭い加温場所に置かなくても良くなります。育苗床が広ければ、最初から9cmぐらいの大きさのポットにいきなり移植することも可能です。

Step3. 土作り

土作りはどの野菜も一緒ですが、有機物が豊富に含まれ、それを分解する微生物がいっぱい活動しているふかふかの土が理想です。土壌改良は、完熟堆肥を平米当たり5kg以上入れると良いでしょう。

福田先生解説!「有機質たっぷりの土づくり」


必要な栽培スペースと植え付け方

パプリカ・ピーマンの畝
図:AGRI PICK編集部
・A:畝の幅/70cm
・B:畝の高さ/10~20cm
・C:株間/45cm(1条)

Step4. 苗の植え付け

ピーマンの苗の植え付け
画像提供:福田俊
ポットの大きさにより時期は異なりますが、ポットの底から白い根が出てきたら植え付けのタイミングです。
苗を植え付けたら、ポリトンネルを設置して寒さや風から守りましょう。

Step5. 支柱立て

ピーマンの支柱立て
画像提供:福田俊
定植した苗が活着したらポリトンネルを外し、支柱を立てましょう。
まずは株の中央に2.4mの園芸支柱を1本立て、ひもなどで固定します。さらに、立てた支柱に園芸支柱か直管を横渡状態にして組み、ひも支柱を吊って枝を結んで誘引します。ひも支柱は1株につき、1~2本が目安です。
ITEM
ゴムスビー
支柱などの結束に使う園芸用輪ゴムです。まきつけてかけるだけと、使い方はとっても簡単!誰でも素早く結束ができます。

・サイズ:輪の直径/約45mm、ゴムの幅/5mm
・内容量:約250個

Step6. 追肥

支柱を立てるタイミングで追肥します。通路(畝と畝の間)中耕を行い、ボカシを振ると良いでしょう。

中耕とは?
踏み固められた通路(畝と畝の間)の土を耕すこと。野菜の根は生長すると通路の下にも伸びてきます。中耕することで通路の土に空気が入り、野菜の根が張りやすくなるのです。また、微生物の活性化にもつながります。
中耕の方法は、専用の鋤(すき)またはスコップを通路に20~30cmほど差し込み、土は起こさずそのまま手前に引いて土中に空気を入れます。この作業を、10cmずつ後ろに下がりながら繰り返します。


ぼかし肥料の作り方はこちらの記事で!


Step7. 摘果

ピーマン

ピーマンは未成熟収穫のため、初期なりは通常の収穫サイズに生育する前に早めに収穫します。

パプリカ

パプリカは果実が熟すまで2カ月ほどかかるため、樹勢の維持を優先させます。最初の10果ぐらいは、果実になる前に花の時期に摘んでしまいます。その後は摘果しなくてもOKです。

Step8. 整枝

ピーマンの誘引
画像提供:福田俊
主枝から出た、勢いの強い側枝を2~3本残して伸ばします。横渡しにした支柱からひもを垂らし、つるをクルクルと巻き付けて誘引すると良いでしょう。また、葉が茂り過ぎると風通しが悪くなるので、収穫のたびに細い枝を適宜整枝すると病気の予防になります。

Step9. 収穫

収穫したピーマン
画像提供:福田俊

ピーマン

品種によって収穫までの日数や大きさは違いますが、開花から15~20日後が目安です。真っ赤に完熟させてから収穫してもおいしく味わえます。

パプリカ

完熟し、赤や黄色、オレンジ色に色づいたら収穫の適期です。

ピーマン・パプリカに多い主な病気と害虫



ピーマン・パプリカは、致命的な病気にはかかりにくい丈夫な野菜です。ただ、カメムシやヨトウムシといった害虫がつくことがあるので、日頃から株の様子をよく観察することが大事。見つけ次第捕まえて、ペットボトルに閉じ込めましょう。

「カメムシ」「ヨトウムシ」対策はこちらの記事で!


家庭菜園におすすめ!ピーマン・パプリカの品種

ここでは、福田先生おすすめのピーマン・パプリカの品種をご紹介します。

とんがりパワー

ITEM
とんがりパワー
ジャンボな肉厚ピーマン!樹勢は旺盛で、花芽がよくつく豊産性品種です。種が実の上部に集まっているので、調理も楽々!

・内容量:20粒

京みどり

ITEM
京みどり
果肉が柔らかくて食味も良く、バーベキューなどにぴったり!豊作品種なので、たくさん収穫できます。

・内容量:75粒

ソニアミックス

ITEM
ソニアミックス
肉厚で大きなカラーピーマン。はじめは緑色の果実ですが、熟すと赤とゴールドに色が変わっていき、重さが150~160gのビッグサイズに!みずみずしく甘みがあるので、サラダにおすすめです。

・内容量:0.8ml

ぷちピー

ITEM
ぷちピープロ
重さ30gほどのかわいらしいサイズのピーマンです。緑のピーマンより栄養成分や糖度が高く、フルーツ感覚で食べられます。カラーは、赤・黄色・ブラウンなどさまざま!

・内容量:10粒

ピーマン・パプリカで菜園がカラフルに!

赤ピーマン
画像提供:福田俊
グリーンや赤、黄色など、鮮やかな果実をつけるピーマンとパプリカは、菜園をパッと華やかにしてくれます。パプリカは熟す途中のマーブルカラーも美しいので、ぜひ鑑賞してみてくださいね!

紹介されたアイテム

とんがりパワー
ソニアミックス
ぷちピープロ

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索