斑点細菌病|防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)

キュウリなどのウリ科の作物やトマト、レタスなどに多く発生する「斑点細菌病」の原因や時期、その他の感染しやすい植物や環境について紹介。発病すると治療が困難な斑点細菌病の防除や対策方法について、おすすめの薬剤(農薬)など詳しく説明します。


斑点細菌病

出典:Flickr(Photo by :Scot Nelson)
斑点細菌病とは葉に黄色い斑点ができる細菌(バクテリア)による病気です。
発生後蔓延すると防除が難しい、斑点細菌病の発見のポイントを押さえて、予防と早期発見、防除を心がけましょう。

斑点細菌病の症状は水浸状の斑点

「葉の表面に黄色い斑点ができた」「葉がふちから枯れてきた」「果実に水に染みたような斑点がある」などの症状が現れたときは、斑点細菌病を疑いましょう。
葉や茎、果実に、水に浸したような、最初は黄色から茶褐色の針の穴程度の小さな円形、または不整形の小斑点が現れ、徐々に拡大して、病斑が融合し、葉脈に沿った不整形の大型の病斑を形成します。
進行すると葉が枯れたり、果実が腐ることがあります。
▼植物の病気の症状についてはこちらの記事もご覧ください

斑点細菌病の発症原因

斑点細菌病とは細菌が原因となる病気です。多犯性の病害で、キュウリなどウリ科の野菜、トマト、レタス等の多くの植物に感染します。
名前  斑点細菌病
菌名  Pseudomonas属
 Xanthomonas属
分類  細菌
発生時期  4~11月
発病適温  20~25℃

主な感染源は前作の残りの植物や土壌

菌は前作の残りの植物(残渣/ざんさ)や、土壌、感染した種子で長期間生存し、伝染源となります。
出芽時に土壌の菌と接触したり、灌水(かんすい)や雨の水の跳ね上がりで、土壌の菌が植物に付着すると、感染します。その後、病斑部分で増殖した菌は、風や雨、灌水の水滴で他の部位や隣接する作物に運ばれ、気孔や傷口から侵入し感染します。
※残渣とは、圃場などに残った生育(栽培)を終え枯れた植物体。
※灌水(かんすい)とは水を注ぐこと、植物に水を与えること。

発生しやすい時期や栽培環境

斑点細菌病の生温適温は20~25℃で、曇雨天が続き湿度が高い時期に発生します。また、昼夜の温度差が激しく葉の結露をする時期も注意が必要です。
施設栽培では湿度が高い場合に、冬でも発生がみられます。
また、作物を育てる際の水分過剰や多過ぎる肥料によって引き起こされる軟弱徒長、もしくは肥料切れによって生育が弱ることも発生の原因となります。
病気に感染した種子を植え付けたり、連作することでも発症しやすくなります。
※軟弱徒長とは、植物の葉厚や葉の色が薄くなり、茎や葉柄および葉身が弱々しく間延びした状態。

斑点細菌病と他の病気の見分け方は葉を光に透かす?

斑点細菌病、ハロー
出典:Flickr(Photo by :Scot Nelson)
糸状菌(カビ)にも斑点病、褐色斑点病などがありますが、細菌による斑点病は、病斑の周りが細菌のかたまりでぼんやり黄色くなっている(ハロー)が特徴です。光に葉を透かすと、ハローの有無が確認しやすくなります。

斑点細菌病に感染する主な植物

斑点細菌病は野菜類、花卉(かき)類など幅広く感染する病気です。ここでは、斑点細菌病が問題となっている主要な作物とその症状を紹介します。

野菜類

野菜類では、キュウリ、メロン、カボチャ、トマト、ミニトマト、ピーマン、ズッキーニ、レタス、大豆などに発生します。

◆キュウリ

茎葉、果実に発生します。
葉では水に浸したような小斑点を生じ、拡大して黄褐色の葉脈に囲まれた角張った病斑となります。乾燥すると、灰白色となり破れます。
子葉では水浸状のくぼんだ斑点を葉の縁や中央部に形成します。
果実ではややくぼんだ小斑点を形成し、亀裂を作って白色のヤニを分泌します。
※べと病も葉に角型病斑を形成しますが、多湿時に葉裏に黒色すす状のカビを生じます。

◆トマト、ミニトマト

主に葉、葉柄、茎に発生します。
葉には暗褐色、水浸状の小斑点を生じます。その後拡大して円形から不整形の褐色病斑となり、果実では褐色水浸状の小斑点を生じ、その後コルク化することもあります。

草花

ヒマワリ、ガーベラ、キク、デルフィニウムなどに発生します。

◆ヒマワリ

葉に発生します。針で刺したような褐点が生じ、水浸状の小斑点が生じます。斑点は次第に拡大して葉脈に仕切られた角型の病斑となります。
多発すると病斑は融合し、古くなると中心部から穴が開き、最終的には葉が枯死します。激発すると株が枯れる場合もあります。

果樹・樹木

ブドウ、アジサイなどに発生します。
▼ブドウの育て方ならこちらをご覧ください。



斑点細菌病に有効な防除方法

斑点細菌病に有効な防除は、「農薬を使わず」に圃場の管理で行う方法(耕種的防除方法)と、「農薬」の使用で行います。2つの方法を組み合わせて、適切な斑点細菌病の防除を行いましょう。
※圃場(ほじょう)とは、田や畑のような農作物を育てる場所のことです。

斑点細菌病を発症させない「農薬を使わない」管理方法

農薬を使わずに行う斑点細菌病の予防方法について説明します。

1. 前作の残渣の処理

前作の植物残渣等に斑点細菌病菌が付着している可能性があります。残渣は、圃場外に持ち出して処理します。

2. 土壌の入れ替え、消毒

前作に斑点細菌病が発生した圃場、また発生が心配される圃場は、古い土を深くすき込むか、新しい土を入れます。圃場にたっぷり灌水した後、透明のポリマルチを被せて、太陽熱消毒を行うのも効果的です。
プランター栽培も同じように、新しい土と入れ替えるか、斑点細菌病が発生した土に水をたっぷり含ませ、透明のビニール袋で包み、真夏の太陽の熱を利用して消毒します。


3. 水はけの良い圃場づくり

土壌の水分が多いと、斑点細菌病に感染しやすくなるため、水はけの良い土づくりを目指します。
畝を高くしたり、腐植土、パーライト、バーミキュライト、ヤシガラなどの土壌改良材を投入して、効果的な土質改善を行いましょう。
▼土壌改良のことならこちらをご覧ください。

4. 無病種子を使う

前述の通り斑点細菌病は種子に付着、伝染するので、種子消毒するか無病種子を使いましょう。育苗する場合は育苗ポットをよく洗って消毒し、汚染の可能性を防ぎます。
圃場に移植する際は、苗が病気に感染していないかよく確認してから植えます。

5. 連作をしない

斑点細菌病が発生した場合は連作をやめましょう。

6. 灌水方法の見直し

斑点細菌病は水の跳ね上がりで感染する場合が多いので、頭上からの灌水は要注意です。株元灌水を心がけてください。またポリマルチで泥はねを予防することも効果的です。
▼マルチについてはこちらをご覧ください。

7. 肥培管理、水管理の見直し

斑点細菌病は、軟弱徒長で発生しやすいため、作物が軟弱徒長になる主な原因「肥料」と「水」の管理を見直しましょう。元肥や追肥の量が多い、または時期が適切で無い場合や、灌水量が多過ぎることのないよう、適切な肥培管理、水管理を心がけましょう。
▼肥料のことならこちらをご覧ください。

8. 風通しを良くして、湿度を低く保つ

植え付け後は、過繁茂に気を付けましょう。適度に風通しを良くすることで、植物のまわりの空気を入れ替え、湿度を下げる効果があります。古い葉や傷んでいる葉は取り去ります。

斑点細菌病の防除に効果的な「農薬」

農薬散布
出典:写真AC
農薬を使用して、より効果的に斑点細菌病を防除しましょう。斑点細菌病は多発してからの薬剤防除は難しいため、予防、または発病初期に散布を徹底することが効果的です。出荷後に発生することもあるので、収穫前の散布もおすすめします。
※農薬使用の際は必ず作物登録、使用方法をラベルで確認してください。地域の防除指導機関やJAなどの使用基準を守り施用してください。

◆オリゼメート粒剤

植物の病害抵抗性を誘導して高い効果を示す、ユニークな作用性をもつ殺菌剤です。土壌混和で、効果の持続期間は約1カ月です。本圃での初期感染、初期発病の予防に有効です。
ITEM
オリゼメート粒剤
キュウリ・レタス・キャベツ・ブロッコリー・ハクサイ・ネギ等の細菌性病害に有効です。
有効成分は根から速やかに吸収され、体内へ浸透移行します。
効果の持続性に優れ、キュウリでは1回の処理により散布剤の3~5回分の効果が期待できます。

・容量:3kg
・有効成分:プロベナゾール(8%)

◆カッパーシン水和剤

予防効果のある塩基性塩化銅と、治療効果のある抗生物質カスガマイシンの混合剤です。糸状菌および細菌による多くの病害に対して効果があります。
※うり類、レタス、非結球レタス、だいこんに対して薬害を生ずるおそれがあります。幼苗期又は生育の初期は特に発生しやすいので、中期以降の散布をしてください。また過度の連続散布は控え、高温時の散布は症状が激しくなることがあるので避けてください。
ITEM
カッパーシン水和剤
2つの有効成分の働きにより、糸状菌および細菌による多くの病害に対して優れた効果を示します。
効果の持続性、耐雨性に優れ、効果が安定しています。懸垂性がよく、付着性の高い製剤です。
人畜毒性、魚毒性が低く、安心して使用できます。

・容量:100g
・有効成分:塩基性塩化銅(75.6%、銅として45.0%)、カスガマイシン塩酸塩(5.7%、カスガマイシンとして5.0%)

◆ジーファイン水和剤

有効成分である炭酸水素ナトリウム、無水硫酸銅は食品添加物にも認可されており、有機農産物の日本農林規格に適合した薬剤です。
※きゅうり、スイカ、メロンに使用する場合、薬害が生じる恐れがあります。幼苗期の散布は避けて中期以降に散布してください。
また過度の連続散布は控え、高温時、極端な低温時及び湿潤状態が長時間続く場合の散布は症状が激しくなることがあるので避けてください。
ITEM
ジーファイン水和剤
有効成分が、植物及び病原菌に効率よく接触するように製剤化されているので、従来の無機銅殺菌剤やボルドー液などと比べて低い銅濃度で効果を発揮します。
作用機作から耐性がつきにくく、EBI剤耐性菌にも有効です。

・容量:250g
・有効成分:炭酸水素ナトリウム(46.0%)、無水硫酸銅(銅水溶性塩(PRTR・1種)30.0%、銅として 12.0%推定)


▼農薬についてはこちらをご覧ください。

斑点細菌病発症後の対応

発生が確認された箇所は、ただちに取り去りましょう。除去したものはビニール袋に入れて圃場外に持ち去ります。
また、発生が広がらないように圃場の環境を見直し、古い葉が残っている場合はさらなる伝染源となる可能性があるので、ただちに取り去りましょう。

斑点細菌病は多発してからの防除は難しい

斑点細菌病は多発してからの薬剤防除は難しいため、発症しないための環境づくりが大切です。気温20~25℃付近で雨が長引く時期は斑点細菌病の兆候がないか圃場を注意して観察しましょう。
斑点細菌病は多湿で発生しやすい土壌からの病気です。斑点細菌病が発生した圃場、発生が懸念される圃場では、土壌の消毒をすることもおすすめです。

関連する記事

斑点細菌病
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。