肥料のまとめ

農薬には除草剤や殺虫剤、殺菌剤などの種類があり、農作物を病気や害虫、雑草などから守ってくれます。また、肥料には液体肥料、有機肥料、化学肥料や堆肥、バーク肥料といったものがあり窒素・リン酸・カリウムの三要素を補うものや、その吸収を促進するものなどがあります。例えば、除草剤には大きく分けて顆粒タイプと液体タイプの二種類があり、顆粒タイプは半年から一年という長期間にわたって効果を発揮するものの、草丈の高いものには効果が薄い一方で、液体タイプの除草剤は効果の持続性は低いが即効性があり大量の雑草を一気に掃除できます。このように目的や作物の種類によって用いる農薬の種類やタイプは異なり、適切に選ばないと十分な効果が得られないことがあります。最近では、オーガニック野菜や有機野菜など、無農薬の野菜への関心が高まり、家庭菜園で有機栽培をする人も増えてきたようです。ここでは、農薬や肥料の基礎知識、種類や効果、用途に合った選び方、使い方のコツなど役立つ情報を紹介していきます。

肥料のまとめ一覧24件

【保存版】肥料について徹底解説!種類・成分から肥料取締法まで、肥料の全てがわかる!
肥料の種類から、肥料の三要素微量要素の働き、肥料登録の取締法を徹底解説!肥料の基礎から実践までが学べる「肥料」の決定版です。…
rinko
バイオ液肥とは
【連載第5回】ごみを資源に!真庭市の「バイオ液肥」を紹介|移住支援員の移住のはなし
岡山県真庭市の移住支援員、藤本一志は2拠点居住の兼業農家。さらに真庭市への移住者でもあります。今回のテーマは「バイオ液肥」。ごみを”資源”として活用する、真庭市ならではの仕組みです。その誕生の理由や使い方を紹介し…
藤本一志
光合成を助ける液体肥料「ペンタキープ」は天候不良の強い味方!より効果的に使うには
アミノ酸配合で植物の光合成を助ける液体肥料、「ペンタキープ」。天候不良や冬場など日照時間が少ない時期に使用すると効果的です。…
rinko
堆肥
バーク堆肥の効果と使い方|プロが伝授!デメリットやマルチングの方法など徹底解説!!自然由来の土壌改良剤を活用しよう
畑の土壌改良に使われるバーク堆肥。ここではバーク堆肥の使い方や使用量、効果、価格などの基礎情報はもちろん、バーク堆肥を使ったマルチングの方法や腐葉土との違い、作り方などもご紹介!市販のおすすめバーク堆肥もピックア…
さくさく
農業用液体肥料(液肥)の使い方|農学博士が解説!種類やメリットデメリットやおすすめ製品を紹介
野菜を健康においしく作るのにかかせない液体肥料。農業の現場では長らく一般的に使用されています。今回は農業から得た液体肥料のメリットやデメリットから使い方、作り方をご紹介します。また農家の方必見の、おすすめの農業用…
さくさく
2021年女性が選ぶ「液体肥料」のランキングが発表!
【2021年】女性が選ぶ「液体肥料」ランキング発表!利用率・総合満足度・リピート率の第1位は…?
株式会社こどもりびんぐが展開するシルミル研究所では、全国のWeb会員を対象にした「ウーマンリサーチ」で「液体肥料」についての調査を実施し、女性が選ぶ「液体肥料」のランキングを発表しました!…
AGRI PICK 編集部
葉面散布
葉面散布剤の選び方と効果的な使用タイミング
育てている植物の生育や葉の色が悪いときは、肥料が不足しているのかもしれません。葉面散布剤は葉に不足している養分を補給して生育を良くする肥料です。おすすめの葉面散布剤や効果的な使用方法などわかりやすく説明します。…
rinko
トマトに葉面散布剤を散布
夏野菜のトラブルを葉面散布剤で予防!効果的な使い方とおすすめ製品
トマトやナスなどの夏野菜で、なんとなく元気がない、果実が着かないなどというトラブルが発生してしまったときの対処法のひとつに葉面散布剤があります。どんな葉面散布剤を、どんな場合に散布すればいいのか?栽培初心者にもわ…
rinko

育て方・病害虫を一発検索