肥料のまとめ

農薬には除草剤や殺虫剤、殺菌剤などの種類があり、農作物を病気や害虫、雑草などから守ってくれます。また、肥料には液体肥料、有機肥料、化学肥料や堆肥、バーク肥料といったものがあり窒素・リン酸・カリウムの三要素を補うものや、その吸収を促進するものなどがあります。例えば、除草剤には大きく分けて顆粒タイプと液体タイプの二種類があり、顆粒タイプは半年から一年という長期間にわたって効果を発揮するものの、草丈の高いものには効果が薄い一方で、液体タイプの除草剤は効果の持続性は低いが即効性があり大量の雑草を一気に掃除できます。このように目的や作物の種類によって用いる農薬の種類やタイプは異なり、適切に選ばないと十分な効果が得られないことがあります。最近では、オーガニック野菜や有機野菜など、無農薬の野菜への関心が高まり、家庭菜園で有機栽培をする人も増えてきたようです。ここでは、農薬や肥料の基礎知識、種類や効果、用途に合った選び方、使い方のコツなど役立つ情報を紹介していきます。

肥料のまとめ一覧29件

味の素メイン
【春の農家さん応援キャンペーン】アミノ酸研究100年の味の素が作った葉面散布材「Tecamin Max」がもらえる!
味の素グループが開発した葉面散布材、高濃度遊離アミノ酸のバイオスティミュラント「Tacamin Max(テカミンマックス)」をお得に試せるチャンス! 2024年5月31日までAGRI PICK読者限定の「春の農…
細川理恵AD
【園芸・家庭菜園に】失敗しない!液体肥料(液肥)の使い方とおすすめ10選
使いこなすのが難しそうな液体肥料(液肥)ですが、挿すタイプなど100均にもあり、家庭菜園での野菜作りや観葉植物用、芝生用などにも一般化してきました。液体肥料のメリット、作り方、葉面散布などの使い方から注意点まで徹…
MitsuyaNao
ソルゴーの育つ畑
緑肥の種類と効果的な使い方|農学博士に聞いた!緑肥作物の選び方から、は種~すき込み方法まで解説
緑肥とは、栽培した植物を土の中にすき込み、肥料にすること。ソルゴーやエンバク、ひまわり、マリーゴールドといった種類の作物が有名です。栽培も使い方もとても簡単。土中の有機質が豊富になるほか、病害虫被害の軽減などさま…
山田 富美
油粕の肥料としての効果は?
【完全版】油かすの効果と使い方|肥料成分から液肥の作り方まで徹底解説!
油かす(油粕)とはどんな肥料なのか、成分や効果を農学博士が解説!元肥・追肥・害虫忌避としての使い方もレクチャーします。また、油かすを使った液肥の作り方や、油かすがあう主な作物への施肥方法と時期、使用上の注意点も必…
山田 富美
堆肥
【保存版】バーク堆肥とは|効果やデメリットは?土壌改良やマルチング材としての使い方、腐葉土との違い
バーク堆肥とは、樹皮を発酵させた堆肥のこと。主に保水性・保肥性を上げる土壌改良材や、雑草・乾燥を防ぐマルチング材として使われます。この記事ではバーク堆肥の正しい使い方や使用効果、注意点、デメリットなどについて紹介…
さくさく
【肥料の種類一覧】肥料の三要素・種類・成分から計算方法まで徹底解説!肥料の全てがわかる!!
肥料の種類から、肥料の三要素微量要素の働き、肥料登録の取締法を徹底解説!肥料の基礎から実践までが学べる「肥料」の決定版です。…
rinko
テカミンマックス商品画像
米も野菜も収量アップ!味の素の発酵技術が生んだ画期的な資材とは?
味の素株式会社が開発した農業資材Tecamin Maxとアミハート®。作物の生育が良くなり、収量や糖度も増えたという喜びの声が寄せられています。なぜ味の素が農業資材を開発したのか?この資材の秘密はどこにあるのか?…
AGRI PICK ADAD
シャベルと土と肥料
石灰窒素の特徴を農学博士が解説!多機能で環境に優しくコスト削減にも貢献
石灰窒素は農薬、肥料、土壌改良の三役を兼ね備える万能資材です。土に混和すると微生物の作用と加水分解によって自然と農薬成分から肥料成分に変化し、農薬成分が残りません。ほかの窒素肥料に比べて肥効が長持ちし、流亡が少な…
kiko