『土壌水分計』おすすめ6選|使い方から原理まで!もう水やりで失敗しない

『土壌水分計』の原理からおすすめ商品までご紹介!土の表面は乾いていても土中は水分が多すぎて根腐れしてしまう。そんな経験ありませんか?土壌水分計とは土中の水分を計る機械。農業、園芸、家庭菜園のマストアイテムです。さらに、米などの食品、木材の品質管理におすすめ、ケットの水分計もご紹介!


水分計で、枯れ・根腐れとさよなら!

出典:pixabay

土の表面は乾いていても土中は水分が多すぎて根腐れしてしまう。そんな経験ありませんか?水のやりすぎは根腐れや虫の発生につながり、かといって水をやらな過ぎれば成長が思うように進まず枯れてしまう・・・。しかも植物によってちょうどよい水の量はまちまち。植物を育てるのに最適な水やりは意外に難しいものです。なんとなくやっている、インターネットや本で調べたけれど実際に菜園の土がどれくらい水を含んでいるかよくわからない、経験と勘でやっているけど天候がいつもと違うとお手上げ・・・そんな人も多いはず。土壌水分計とは土中の水分を計る機械。農業、園芸、家庭菜園のマストアイテムです。センサーで水分量を測ってくれるから、経験がなくても大丈夫。野菜の成長に重要な水分量を測り、必要な分だけ足してあげることで、野菜の健康状態が良好に保たれ、元気な野菜の収穫につながります。

水分計とは?

水分計は様々な用途で用いられています。 食品分野では、米、牧草などの食品・農作物・加工品の品質を確かめるために使われています。 また、建築分野では、木材・コンクリートの状態を確かめるために。 そして、農業・園芸分野では、土壌の水分量を計り適切な水やりをするために使われています。農作業・園芸・ガーデニングで活躍する土壌水分計、食品の品質管理で活躍する水分計 についておすすめ・原理・使い方を紹介します。

最新ガーデンセンサー『Edyn』がすごい!

出典:The Home Depot

土壌水分計は昔からありましたが、最近のものは土壌水分計を超えて進化しています。筆者も使っているのが『Edyn』。スマートな畑を実現するためのガジェットとして開発され、農業の経験が少ない人でもプロのような植物の管理をできてしまう優れものです。Edynの特徴を紹介します。

 

Edynで測れるもの

出典:The Home Depot
Edynでは土壌の湿度の他に、土壌の温度や土壌の栄養状態、光量を測ることができます。土壌の湿度は適切な水やりをするのに必要で、根ぐさりをしてしまったり水不足で枯らしてしまったりを防ぎます。土壌の温度は植物の成長に大きく関わります。植物にはその植物にあった気温があることはよく知られていますが、気温だけではなく大切な根の周りの温度、地温も重要です。低すぎる場合にはマルチや簡易ハウスで保温してやることで植物を元気にできます。土壌の栄養状態は、窒素・リン酸・カリウムなどの肥料分がどれだけ植物が吸収できるイオン状態で存在しているかを測ります。肥料が多すぎて肥料焼けを起こすのを防いだり、逆に肥料を足すタイミングを知るのに必要です。また、光量を測ることで、その土地・その季節にあった植物を知ることができます。施設園芸の場合には光量の調整に利用することもできます。

 

Edynのスマートフォンアプリ

出典:The Home Depot

本体で測ったデータは自動でwifiでサーバーに貯められ、専用のアプリからセンサーから読み取ったデータを一目で見ることができます。本体は太陽光電池で動くのでセンサーは差しっぱなしでOK。菜園に行かないでもおうちからでも土の様子がわかるので、水やりに行ったけど必要なかった・・・なんてこともありません。また、アプリは過去の自分の畑のデータや現在のデータを元に、アラートをだしてくれます。育てる植物ごとに登録できるので、植物の育成記録としても使えます。

 

天気予報と連動した自動水やり

出典:edyn.com

別売のバルブを買うことで、自動で水やりをすることもできます。土壌湿度を測って水やりするので、タイマー式と違って水をやりすぎることがありません。また、特徴的なのは天気予報と連動して水やりを調整してくれる賢さ。雨がふりそうなら水やりを控えてくれます。水の節約ができて、植物だけではなく環境・お財布にとっても嬉しいですね。

⇨次ページ:手軽に買える おすすめの土壌水分計をご紹介!


おすすめ土壌水分計5選!

1. 色でお知らせお手軽&お手頃水分計

水やり水分計「サスティー」sustee Mサイズ
ITEM
水やり水分計「サスティー」sustee Mサイズ
色が変わったら水やりタイミング。簡単お手軽に水やりタイミングがわかる土壌水分計。

▼価格: 630円前後〜
▼重さ:9g/サイズ:W10mm×D8mm×H180mm
▼カラー:ホワイト、ブラウン、グリーン、ピンク
▼計測対象:水分量
▼計測時間:約30分
ホワイト2本とグリーン1本を購入。水が無くなったのがすぐに分かるので水遣りが楽になりました。根腐れを恐れる余り枯らしそうになったりしていましたがこれさえあれば安心です。 出典:楽天みんなのレビュー

2. 数値で測れる、電池不要の土壌水分計

サーモ901 土壌水分計
ITEM
サーモ901 土壌水分計
電池がいらない土壌水分計。1〜10の値で水分量を測れ、測る部分の深さも調節可能です。

▼価格:1,980円前後〜
▼サイズ:幅65×奥行35×長さ250mm
▼カラー:シルバー
▼計測対象:水分量
素晴らしい!!想像以上に素晴らしい商品でした。植物を育てる者は誰でも根腐れの恐怖と戦う事になりますが、この商品が届いてからというもの、その恐怖がなくなり、土の中に手を突っ込んでの水分チェックや毎日日記のように書いていた水やりノートの面倒臭い手間も完全に解消されました。今まで一体何をしていたのか・・と感じるほど感動した商品です。お値段以上の価値がある商品だと思います。他の方のレビューでは耐久性の部分で指摘がありましたが、土の中にブスブス挿しても全く問題ない感じなので、私には気になりませんでした。 出典:楽天みんなのレビュー

3. pF値測定。農家も使う本格派

土壌水分計 PFメーター DM-8
ITEM
土壌水分計 PFメーター DM-8
真空計を利用したpFメーター。品目別にタイプが分かれ、HGタイプはロガー付きです。

▼価格:10,200円前後〜
▼サイズ:約30cm
▼カラー:黒
▼計測対象:水分量(pF)
▼計測時間:約60分
使えます。畑の水分が思ったより少ないのが数字ではっきりわかりました。これは使えます。もう何台か欲しいです。その時はよろしくお願いします。 出典:楽天みんなのレビュー

4. PH・照度・水分量が一度に測れる

VENSMILE 3 in 1 土壌のPH/照度/水分検定 土壌測定器
ITEM
VENSMILE 3 in 1 土壌のPH/照度/水分検定 土壌測定器
3in1で土壌のPH、照度、水分をはかることができる計測機。

▼価格:1580円前後〜
▼サイズ:長さ26 x 幅6.4 x 高さ3.4 cm
▼カラー:グリーン
▼計測対象:PH、照度、水分量
シンプルな商品で、ph測定、Wet測定、照度測定の3つが測れる優れもの。これでこの価格は、有り難い。早速、気になっていた野菜の苗のphを測定し調整出来ました。趣味の菜園などをしていても季節の変わり目などには重宝して、この値段なら買って絶対に損をすることはないと思います。 出典:Amazon


 

5. 4つが測れる多機能・デジタルで正確

シンワ測定 デジタル土壌酸度計/温度計/地温・水分・照度測定機能付
ITEM
シンワ測定 デジタル土壌酸度計/温度計/地温・水分・照度測定機能付
照度、土壌酸度、土壌水分、土壌温が測れるデジタル計測機。

▼価格:2,480円 前後〜
▼サイズ:122mm×63mm×36mm
▼カラー:イエロー
▼計測対象:照度、土壌酸度、土壌水分、土壌温度
シンプルで使いやすい。今までのリトマス試験紙とか色々試したけどやり方が面倒でしたがみれは一回で色々な箇所を測定出来て非常に楽で正確です。 出典:楽天みんなのレビュー

⇨次ページ:植物別 水分量の目安値教えます


土壌水分計の使い方

出典:http://amzn.to/2w1n470

基本的な土壌水分計の使い方を紹介します。

基本的な使い方

1.測定前の準備をします。土壌水分計によっては事前に水の中に入れたり、内部に水を入れたりする必要があるものがあるので、各土壌水分計に合わせた準備をします。(必要ないものもあります。)

2.測定位置に設置します。根の近くの位置に、センサー部分(先端にあることが多いです)が植物の根の深さになるように刺します。刺す前にどこまで刺せば良いか目安をつけておくといいでしょう。

3.測定できるようになるまで待ちます。各水分量計によって、測定できるまでの時間が違うので、自分の水分量計の必要時間を確かめましょう。30分〜一時間程度の喪男が多いです。

4.読み取ります。各土壌水分計によって、色で表すもの、独自の数字で表すもの、pF値という数値で表すものがあります。植物の種類によって好む水分量が違います。植物にあった水分量になるように水やりを調整しましょう。

 

植物にあった水分量(pF値)の表

pF値は水分張力といい、土の水分の状態を表す数値です。低いほど水を含んでいて植物が根から水を吸い上げやすく、高いほど乾燥していて水を吸い上げにくいです。畑の場合、普通pF値は1.5~2.7で、これより低いと水分が多すぎ、これ以上では乾きすぎです。植物がストレスを感じないのは一般にpF1.7~2.3といわれています。ただ、植物の種類や生育段階によっても水分量(pF値)は変わります。以下の表を参考にしてみてください。
作物名 前期 中期 後期
トマト 2.5 1.8-2.5
キュウリ 2.5 1.7-2.3
ピーマン 1.5-2.0
ナス 1.5-2.0
ホウレンソウ 2.3 2.3
アスパラガス 1.8-2.2
イチゴ 1.5-2.0
キャベツ 2 2.3 2.5
レタス 2 2.3
ハクサイ 2 2.3 2.5
ネギ 2.3 2.5
サトイモ 2 2 2.3
ショウガ 2 2.3 2.5
ダイコン 2.3 2.5
ニンジン 2.3 2.5

土壌水分計の原理は?

代表的なのは、テンシオメーター法、TDR法、ADR法という方法です。それぞれについて簡単に紹介します。

テンシオメーター法

ポーラスカップと呼ばれる素焼きのカップを土の中に埋めて測る方法です。カップの中に水が入っていて、その水がどれだけ外に滲み出る力(外から吸引される力が)が強いかを圧力センサーで測ります。土が乾燥していると水が外の土から吸引される力が強く、湿っていると吸引力は弱くなります。定期的に水の補給が必要になります。

TDR法

TDR法では、金属棒の先に取り付けたセンサーを地中に埋めて測ります。土の誘電率は土に含まれる水分の量にほぼ比例することを利用して、誘電率をもとに土壌水分を計測する方法です。電磁波が電極棒を往復する時間から誘電率を求めます。TDR法は温度の影響を受けやすいと言われています。

ADR法

ADR法も、誘電率から水分の量を測る方法で、TDR法と同じように金属棒の先に取り付けたセンサーを地中に埋めて測ります。誘電率を測る方法が少し違い、温度の影響を受けにくいと言われています。

⇨次ページ:できた作物の品質管理に 非接触水分計がおすすめ


食品の品質管理には 定番KETT(ケット)の水分計

食品、穀物、牧草の品質管理にも、水分量は重要です。食品など測る対象自体を傷つけたりしたくない場合、非接触タイプの水分計がいいですね。そんな水分計では『ケット(kett)』のシリーズが有名です。電気式・赤外線式などの測定方法別の水分計があります。また、穀物用、米麦用、酒米用、そば用、木材用、牧草用、コンクリート用など、専門の水分計の種類も豊富。科学的な品質管理、一ランク上の品質管理に、ケット(kett)の水分計がおすすめです。

商品一覧はこちら
ケットの水分計一覧
ITEM
ケットの水分計一覧

カールフィッシャー法って何?

コーヒー、チョコ、香辛料などの水分量を計る際、JAS(日本農林規格)・ISO(国際標準化機構)・Codex(国際食品規格)などではカールフィッシャー法の水分計が良く用いられます。最も信頼性が高いといわれるカールフィッシャー法。原理はどのようなものなのでしょうか?

実は、ヨウ素が使われています。学校で実験に使ったり、傷薬に利用されていたりと意外に身近なヨウ素。水と選択的・定量的にに反応するという性質があります。カールフィッシャー法では、カールフィッシャー試薬と呼ばれるヨウ素と二酸化硫黄、塩基、アルコール等を混ぜた試薬を使い、この試薬がどれくらいの量反応したかによって水分量を求めます。電量滴定法と容量滴定法と言われる方法があり、電気または滴定によってどれくらいの量が反応したかを測定します。

まとめ

菜園の植物を元気に育てるための土壌の水分の計測から、育てた作物の品質管理のための水分計測まで。菜園・ガーデニングをやっていくにあたり水分の管理は重要です。経験に頼った水分管理だけでなく、数値で管理できる水分計を活用することで、安定して元気な植物を育てられるようになります。水分計には手軽に使用できるものからプロが使う信頼性の高いものもあります。あなたにあった水分計で、一歩進んだ栽培をおこなってみてはどうでしょうか。

紹介されたアイテム

水やり水分計「サスティー」sustee Mサイズ

水やり水分計「サスティー」sustee Mサイズ

¥680 税込

サーモ901 土壌水分計

サーモ901 土壌水分計

¥2,138 税込

土壌水分計 PFメーター DM-8

土壌水分計 PFメーター DM-8

¥10,200 税込

VENSMILE 3 in 1 土壌のPH/照度/水分検定 土壌測定器

VENSMILE 3 in 1 土壌のPH/照度/水分検定 土壌測定器

¥1,288 税込

シンワ測定 デジタル土壌酸度計/温度計/地温・水分・照度測定機能付

シンワ測定 デジタル土壌酸度計/温度計/地温・水分・照度測定機能付

¥2,678 税込

ケットの水分計一覧

ケットの水分計一覧

¥2,678 税込

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード