農家の法務・基礎知識のまとめ

新規就農者を支援するための準備型給付金や無利子資金制度、独立・自営を支援するため就農直後の所得を保障してくれる制度、また農業経営体が農業機械や施設を購入する際に受けられる経営体育成支援事業など、国は農業を支援するために様々な取り組みを行っています。しかし、補助金や助成金、経営計画支援などの制度を知らずに損をしていませんか?またこれから農業を始めようとしたとき、どうしたら農家になれるのか、農地をどうやって得たらいいのか、と悩んでいるひとも多いかと思います。また最近では、自分で作った野菜や果物をネット通販で売りたいが、法律的に問題ないのか、と悩む農家さんも多いようです。農業に関わる法律を正しく理解して、のびのびと農業が営めるよう、ここでは法律について詳しく分かりやすく説明し、知って得する豆知識などを紹介していきます。

農家の法務・基礎知識のまとめ一覧51件

gap認証
GAP認証取得の手順や費用は?オリンピックとの関連についても知りたい
農産物の品質向上や環境保全、労働の安全性の向上に向けて取り組む農家が認証を受けられるGAPは3種類あります。ここでは、ASIAGAP、JGAP、グローバルGAP認証取得に必要な手順や費用についてご紹介します。…
高橋 みゆき
【年間最大120万円】活用したい農の雇用事業|助成を受ける要件は?
新規就農者・就業者の定着とスキルアップ、さらに独立を応援する「農の雇用事業」。助成金が受け取れる制度ではありますが、助成金は経営には使えません。では、どのような場面で活用すればよいのでしょうか。手続き方法と合わせ…
高橋 みゆき
PCDA
GAP(農業生産工程管理)とは?農作物の安全を確保し、良い農業経営を実現しよう
GAPという言葉を聞いたことはありますか?よりよいものを消費者に届けたいと願う農業者なら、知っておきたいのが農業生産工程管理(GAP)。農作物の安全性や品質の向上、適切な労働環境の構築などに取り組むGAPについて…
高橋 みゆき
COVID-19と書かれたカード
新型コロナウイルス対応策|助成金や支払い猶予の情報を確認しよう!
新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、農業事業者が困ったときに受けられる助成金などの支援をチェック。資金繰り対策やパート従業員を休業させた場合の助成、学校が休校になったことで生じる従業員の休業や給食用の食材…
神山 朋香
チーズ工房
農業の6次産業化とは?メリット・デメリットや6次産業化事例を解説
1次産業である農業を6次産業化することで、収入の向上・安定の可能性が生まれるといいます。しかし、6次産業化にはメリットだけでなくデメリットも。自家栽培した農作物を加工して販売するビジネスモデル、6次産業化とは何な…
高橋 みゆき
ぎゅぎゅ~っとテラスのホットドック他
6次産業化事例インタビュー|北海道津別町でカフェ「ぎゅぎゅ~っとテラス」を営む川瀬牧場 川瀬保子さん
これから6次産業化を考えている農業者に向け、6次産業化に踏み切り継続している事例をご紹介します。北海道で牧場を営む川瀬さんは、妻・保子さんの希望で自宅内にカフェを併設。自牧場で生産したぎゅぎゅっとビーフを使用した…
高橋 みゆき
ポケットマルシェ
「#新型コロナで困っています」ポケットマルシェが生産者と消費者を応援!
ネット通販サービス「ポケットマルシェ」では、新型コロナウイルス感染拡大で給食がなくなり出荷できなくなってしまったり、キャンセル等により廃棄せざるをえなくなったりして、販路を失った生産者を応援する「フードレスキュー…
AGRI PICK 編集部
農業用ドローン
スマート農業とは?省力化・生産性向上で農業が変わる
スマート農業とは、IoT・ICT技術やロボット、ドローン、自動運転技術などを活用して農作業を省力化し、生産性を向上させる農業のことです。農業従事者の高齢化や後継者不足など、農業にある課題も解決できる可能性を秘める…
高橋 みゆき

育て方・病害虫を一発検索