真夏の畑

生理障害のまとめ

# 生理障害17件

真夏の畑
猛暑から作物を守る!農家のための暑さ対策特集【作物・資材編】
気象庁の予報によると、8~9月は多くの地域で晴れの日が多く、気温も平年より高い見通しとのこと。高温が原因で発生する病害虫や生理障害が必要です。暑さを逆手に取った害虫対策にも注目。…
AGRI PICK 編集部
霜のついた菜の花
遅霜から農作物を守る対策方法|春の開花時期に注意【気象予報士監修】
遅霜(読み方:おそじも)の予防と対策について、気象予報士の寺本卓也さんにお話を伺いました。遅霜の意味や原因、発生しやすい場所、農作物への被害や、天気予報でわかること、おすすめの気象アプリまで幅広く教えてもらいまし…
神山 朋香
要素障害
植物に害を引き起こす要素障害|症状と対策について
要素障害とは、植物体内で必要不可欠な要素が不足、もしくは過剰になることで、植物の生理機能に異常が起こり、葉や茎、花、果実などさまざまな部位に病気のような症状があらわれる生理障害です。この要素障害を引き起こす原因や…
rinko
リン酸欠乏症
生理障害の対策|リン酸障害(欠乏症・過剰症)症状と予防
植物の葉が赤紫色に変色したり、開花や結実が少なく収量が上がらないなどの場合は、リン酸障害の可能性があります。リン酸障害は土質や酸性度、地温が影響して発生します。リン酸欠乏症と過剰症それぞれの発生原因や、予防方法と…
rinko
永友辰樹さん
お茶農家の凍霜害対策に!コーヒー粕由来の「フロストバスター」は実証試験でも手応えを実感
気候変動が激しくなるなか、温暖化によって萌芽や開花時期が早まることで、霜害の被害も増加しています。これまで行われてきた燃焼法や送風法、散水氷結法などによる対策は、労力やコスト面でも課題となっています。費用対効果の…
細川理恵AD
今注目の防霜資材「フロストバスター」で被害大幅減!りんご王国・青森で実証された効果とは?
近年の温暖化により発芽や開花時期が早まり、それによって霜害被害は増加傾向にあるといわれています。従来の「燃焼法」や「散水氷結法」による対策は農家に大きな負担を強いられるものでした。費用や労力に対して効果が高いと期…
kikoAD
下條村
村全体で取り組む霜害対策 「フロストバスター」で果樹の被害はどう変わった?
霜の道に当たる土地柄、2年に一度は大きな霜害被害を受けている長野県の下條村。農家1軒ごとの問題ではなく、村全体で取り組む必要があるのではないか―そんな声があがるなか、防霜資材「フロストバスター」の実証試験の話を受…
AGRI PICK ADAD
霜が付いた植物
今注目の防霜資材「フロストバスター」は関西大学とアサヒのコラボが生み出した!
3~5年に一度の頻度で大規模な被害が報告されている凍霜害。従来、ファン、スプリンクラーといった設備や被覆資材、焚火などの対策がなされていましたが、このたび新しい資材「フロストバスター」が開発されました。コーヒー粕…
AGRI PICK ADAD

育て方・病害虫を一発検索