霜が付いた植物

生理障害のまとめ

# 生理障害13件

霜が付いた植物
今注目の防霜資材「フロストバスター」は関西大学とアサヒのコラボが生み出した!
3~5年に一度の頻度で大規模な被害が報告されている凍霜害。従来、ファン、スプリンクラーといった設備や被覆資材、焚火などの対策がなされていましたが、このたび新しい資材「フロストバスター」が開発されました。コーヒー粕…
AGRI PICK AD
福井英行さん
コーヒーで霜害から農作物を守る新しい対策方法!費用も労力も抑えられる?
近年の温暖化により発芽や開花時期が早まり、それによって霜害被害は増加傾向にあるといわれています。従来の「燃焼法」や「散水氷結法」による対策は農家に大きな負担を強いられるものでした。費用や労力に対して効果が高いと期…
AGRI PICK AD
下條村
村全体で取り組む霜害対策 「フロストバスター」で果樹の被害はどう変わった?
霜の道に当たる土地柄、2年に一度は大きな霜害被害を受けている長野県の下條村。農家1軒ごとの問題ではなく、村全体で取り組む必要があるのではないか―そんな声があがるなか、防霜資材「フロストバスター」の実証試験の話を受…
AGRI PICK AD
冬 写真
低温障害の原因と対策|予防方法とおすすめ資材
低温障害とは寒い冬になると気温や地温の低下に伴い、葉の異変や生育が抑制される生理障害のことです。露地栽培だけでなく管理方法によってはハウス栽培でも起こる低温障害の対策や、収穫後の貯蔵中の低温障害について栽培初心者…
rinko
土壌消毒するために土の水分状態を調べている
土壌消毒|地域や時期、殺菌したい病原体に合わせた連作障害対策
土中に潜むセンチュウ類や害虫、病原菌の数を減少させたり、雑草を防いだりする主な土壌消毒の方法を紹介します。太陽熱を利用した「太陽熱消毒」、米ぬかなどを投入して行う「土壌還元消毒」、「土壌消毒剤(薬剤)」を使った消…
rinko
真夏の畑
猛暑から作物を守る!農家のための暑さ対策特集【作物・資材編】
気象庁の予報によると、今年の夏の気温は平年並みで、昨年のような猛暑になる可能性は低いとみられています。とはいえ、油断は禁物。高温が原因で発生する病害虫や生理障害、高温対策のための農業資材をまとめました。暑さを逆手…
AGRI PICK 編集部
リン酸欠乏症
生理障害の対策|リン酸障害(欠乏症・過剰症)症状と予防
植物の葉が赤紫色に変色したり、開花や結実が少なく収量が上がらないなどの場合は、リン酸障害の可能性があります。リン酸障害は土質や酸性度、地温が影響して発生します。リン酸欠乏症と過剰症それぞれの発生原因や、予防方法と…
rinko
尻ぐされ トマト
生理障害の対策|カルシウム欠乏症の症状と発症させない管理方法
カルシウム欠乏症とは、春から夏の高温乾燥時期や肥料の欠乏などにより、植物の葉先や芽先、果実に起こる生理障害の一つです。そんなカルシウム欠乏症の主な症状や発症を防ぐ管理方法を紹介します。…
rinko

育て方・病害虫を一発検索