そうか病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)

ジャガイモやミカンなどの柑橘類に多く発生するそうか病の原因や感染しやすい時期や環境、気になるそうか病にかかった作物は食べられるのかについて。そうか病にかからないための防除対策やおすすめの薬剤(農薬)を詳しく説明します。


ジャガイモそうか病

出典:Flickr(photo by J. Flynn)
そうか病とは根や塊茎(かいけい)、葉、果実の表面に立体的な病斑をつくる病気です。
ジャガイモをはじめ、ダイコンやカブ、ニンジンなどの根菜類やカンキツ類に発生するそうか病の症状と発見のポイントを押さえて、予防と早期発見、防除を心がけましょう。
※塊茎とは地下茎の一種。地中にある茎の一部がデンプンなどの養分を蓄え、塊状に肥大したもの。ジャガイモ・キクイモなど。

そうか病の症状は立体的な病斑

「塊茎の表面がガサガサし、茶色い病斑ができている」「葉や果実にいぼ状の病斑ができている」などの症状があらわれたときは、そうか病を疑いましょう。
そうか病は果実や葉、根、塊茎の表面に立体的な病斑をつくる病気です。
▼植物の病気の症状についてはこちらの記事もご覧ください。

病原菌や発生条件は植物によって異なる

そうか病はジャガイモやニンジン、ダイコンなどの根菜類に発生するものと、ミカンなどの柑橘類に発生するものがあります。病名は同じですが、植物によって病原菌や発生条件が異なります。

ジャガイモそうか病の発症原因

ジャガイモそうか病
出典:wikimedia
「ジャガイモそうか病」は細菌が原因の病気です。
ジャガイモの表面に、クレーターのようなかさぶた状の病斑を形成します。内部はやや腐敗する程度ですが、深く陥没した病斑をつくることもあります。
根やわき芽(ストロン)、地下茎基部には輪郭のぼやけた褐色病斑を生じることがあります。
ジャガイモのほかにニンジンやダイコン、ゴボウなどの根菜類にも感染します。

菌名  Streptomyces spp.
分類  細菌(放線菌)
 発生適期  6月中旬~7月上中旬
発生適温  塊茎形成期に20℃以上

ジャガイモそうか病は土壌伝染性病害

病原菌は土壌中で数年間生存します。
病気に感染した種イモを植え付けたり、病気に汚染された土壌が飛散すると病気が発生します。

ジャガイモそうか病が発生しやすい条件とは

ジャガイモそうか病が発生しやすい環境や土壌について説明します。

◆高温・乾燥

イモの形成期から肥大初期(6月中旬~7月上中旬)に地温が高く、雨が少なく乾燥した年に発生が多くなる傾向があります。

◆アルカリ性土壌

土壌がpH6.5以上で多発します。
石灰質資材を多用した結果、土壌がアルカリ性に傾くと発生しやすくなります。

◆連作

同じ作物を続けて植えるとジャガイモそうか病の発生が助長されます。

ジャガイモそうか病に有効な防除方法

ジャガイモそうか病に有効な防除は、圃場(ほじょう)の管理で行う方法(耕種的防除方法)と「農薬」の使用で行います。
※圃場とは、田や畑のような農作物を育てる場所のことです。

ジャガイモそうか病を発症させない管理方法

農薬を使わずに行うジャガイモそうか病の予防方法について説明します。

1. 無病種イモの使用

病気を持ち込まないために、種イモは無病のものを使用します。また、種イモの消毒も効果的です。
消毒方法は、植え付け前に「アグリマイシン100」の40~100倍液に5~10秒間、種イモを浸漬します。
ITEM
アグリマイシン100
オキシテトラサイクリンとストレプトマイシンの協力作用により、細菌などによる植物病害に対して高い効果を発揮します。       
広範囲の病害にすぐれた効果を示します。              
耐性菌ができにくい利点があり、効果が長期間に亘って持続します。

・容量:100g
・有効成分:オキシテトラサイクリン(1.5%) ストレプトマイシン硫酸塩(18.8%(ストレプトマイシンとして15.0%))            

2. 抵抗性品種の利用

ジャガイモそうか病に抵抗性を持つ品種を植え付けることで、ジャガイモそうか病の発病を抑えることができます。
※ジャガイモそうか病抵抗性品種の例:ユキラシャ(北海道農業研究センター)、スノーマーチ(北見農業試験場)など

3. 連作の防止

連作すると土壌中の菌密度が年々高まり、ジャガイモそうか病の発症が増加します。
発生がひどい圃場では5年以上ジャガイモの作付けを休み、根菜類(ダイコン・ニンジン・カブ・ゴボウなど)の植え付けも控えましょう。
▼連作障害についてはこちらをご覧ください。
イネ科の作物やエンバク野生種などの緑肥は、連作による発病を減らす効果があります。
▼緑肥のことならこちらをご覧ください。

4. 保水性の良い圃場づくり

土壌が乾燥するとジャガイモそうか病が多発するので、水分を保持する腐植の導入や、ポリマルチで土壌表面を覆い水分の蒸発を防ぎます。
▼土壌改良のことならこちらをご覧ください。

▼マルチのことならこちらをご覧ください。

5. 土壌pHの調整

土壌pH6.5以上で多発するため、石灰質肥料の多施用をさけます。

ジャガイモそうか病の防除に効果的な「農薬」

農薬散布
出典:写真AC
多発圃場では、病原菌の量を減らすために農薬を使用して効果的にジャガイモそうか病を防除しましょう。
※農薬使用の際は必ず作物登録、使用方法をラベルで確認してください。地域の防除指導機関やJAなどの使用基準を守り施用してください。

土壌混和で植付け前に予防!

種イモの植え付け前の施用で土壌消毒効果があります。
1a当たり3~4kg全面土壌混和します。
ITEM
フロンサイド粉剤
広範の病害にすぐれた効果があり、バレイショのそうか病、アブラナ科作物の根こぶ病、粉状そうか病、ネギの白絹病、レタスのビッグベイン病などの広範の病害に有効な土壌殺菌剤です。
土壌中で適度に分解するため、水稲、野菜などの後作物には、ほとんど影響がありません。

・容量:3kg
・有効成分:フルアジナム(0.50%)

▼農薬についてはこちらをご覧ください。

ジャガイモそうか病と似た病気

粉状そうか病
出典:wikimedia
ジャガイモそうか病と似た病気に「粉状そうか病」があります。
粉状そうか病は原生生物による病気で、病気が進むと病斑の表面が破れて粉状の胞子が出ます。ジャガイモそうか病と比較して病斑が小さく、湿潤土壌で多発します。
※原生生物とは、菌界にも植物界にも動物界にも属さない生物の総称です。


カンキツそうか病とは

レモンそうか病
出展:Flickr(Photo by Scot Nelson)
葉、果実、枝に発生します。葉や果実では、表面がボコボコとした「いぼ状」になる場合と、表面がガサガサした状態になる「かさぶた状」になる病斑があります。
主にミカンとレモンに発生しやすく、その中でも温州みかんの被害が大きい病気です。
菌名  Elsinoë fawcettii
分類  糸状菌
発生時期  4〜9月
発生適温  胞子形成:20~24℃、葉への侵入:26℃前後

病原菌は葉の病斑から飛散する

古い葉の病斑で越冬して、伝染源となります。低温で雨が続くと葉の病斑から胞子が飛散して、葉や果実で病気が発生します。

カンキツそうか病が発生しやすい条件とは

カンキツそうか病が発生しやすい環境について説明します。

◆低温・多雨

5月下旬〜7月下旬までに、雨が多く低温が続くと発生します。

◆多湿

密植や風通しの悪い多湿状態の環境で発生が多くなります。

カンキツそうか病に有効な防除方法

カンキツそうか病に有効な防除は、圃場の管理で行う方法(耕種的防除方法)と「農薬」の使用で行います。

カンキツそうか病を発症させない管理方法

農薬を使わずに行うカンキツそうか病の予防方法について説明します。

1. 無病苗の使用

新しく植える苗は無病のものを使用します。
植えてから10年程は発生しやすいので防除は徹底します。

2. 適量施肥

肥料の窒素が多過ぎると発病しやすくなります。施肥は適量行いましょう。
▼土壌窒素分の計測にはこちらもご覧ください。

3. 通風性の良い圃場づくり

余分な枝や葉は落として、風通しの良い圃場づくりを心がけます。

カンキツそうか病の防除に効果的な「農薬」

農薬を使用してより効果的にカンキツそうか病を防除しましょう。
落花直後から梅雨期にかけて病気が出やすいので重点的に防除を行います。
※農薬使用の際は必ず作物登録、使用方法をラベルで確認してください。地域の防除指導機関やJAなどの使用基準を守り施用してください。

予防的散布で効果あり

保護殺菌剤なので、予防的散布を心がけます。1回だけでなく、定期的に散布することをおすすめします。
ITEM
ペンコゼブ水和剤
多くの作物の広範囲の病害にミカン、カンキツ、バレイショをはじめ、各種果樹、野菜類など多くの作物の広範囲の病害に幅広く使用できます。
また、病原菌の胞子発芽や菌糸生育を強く阻害することにより、広範囲の病害に優れた防除効果が期待できます。

・容量:1kg
・有効成分:マンゼブ(80.0%)

果実への予防に

カンキツそうか病のほか、重要病害である黒点病、灰色かび病の予防も可能です。

ITEM
ストロビードライフロアブル
りんご、ナシなどの黒星病菌に優れた効果を示しますが、 カンキツ、ブドウなどほかの作物の重要な病害にも幅広い活性が認められています。
予防効果が特に優れていますが、胞子形成阻害効果も示し二次感染を防ぎます。
植物体に均一に拡散して葉表面のワックス層に吸着されるため、安定した効果を維持することができます。  

・容量:250g
・有効成分:クレソキシムメチル(50.0%)



そうか病人体への影響は?

そうか病に感染した葉や果実を食べても、人間に病気が伝染ることはありません。しかし、そうか病に激しく侵された農作物は、植物自体が病気に対抗して毒素を生成している可能性があるので(ファイトアレキシン、アレルギー原因タンパク質など)、人体に影響が無いとはいえず食べるのはあまりおすすめしません。

そうか対策に何より大事になのは早期の予防

そうか病は塊茎や果実などに発生し、商品価値が失われてしまう病気です。ジャガイモや果実が成る前に予防的な農薬施用を行うほか、病気を発生させないように環境を整えましょう。

関連する記事

ジャガイモそうか病
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。