rinko
rinko
農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。
【URL】

作成したまとめ

灰色かび病におかされたぶどうの果実
灰色かび病 | 防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)
トマトやバラ、イチゴやぶどうなどに発生し、被害が広がると防除が難しい「灰色かび病」の発見ポイント、感染しやすい時期や環境、植物について紹介します。さらに、灰色かび病の防除や対策方法について、おすすめの薬剤(農薬)…
rinko
うどんこ病におかされた作物の葉
うどんこ病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
バラなどの植物の葉の表面に、白い粉をまぶしたように発病する「うどんこ病」。発症しやすい作物や、感染しやすい時期・環境について、未然に防ぐ防除対策やおすすめの薬剤(農薬)、家庭菜園でも安心な重曹を使った方法について…
rinko
葉面散布
葉面散布剤の選び方と効果的な使用タイミング
育てている植物の生育や葉の色が悪いときは、肥料が不足しているのかもしれません。葉面散布剤は葉に不足している養分を補給して生育を良くする肥料です。おすすめの葉面散布剤や効果的な使用方法などわかりやすく説明します。…
rinko
濡れた葉、展着剤
展着剤の使い方|農薬散布効果アップのコツ
農薬散布を行う際に、混ぜて使用する展着剤。現在では展着効果が高まった、さまざまな種類の展着剤が販売されています。ダインやスカッシュ、ブレイクスルーなどのおすすめの展着剤の種類と効果、選び方について、栽培初心者にも…
rinko
環境
生物農薬ってなに?天敵や微生物農薬を使用するメリットについて
生物農薬とは自然界に存在する菌や昆虫などの生物を利用した環境に優しい農薬です。病原菌や害虫を食べてくれる益虫などの生物を殺すことなく、生態系を維持しながら作物を育てることができる生物農薬を使用するメリットや注意点…
rinko
植物の農薬
農薬の予防剤と治療剤の選び方と使い方【病気編】
農薬を正しく使うことで病気を予防し、植物を良好に育てることができます。 どんなタイミングで、どんな種類の農薬を使えば病気対策に効果が出るのか?そんな農薬の選び方と使い方について、栽培初心者の方にもわかりやすく説…
rinko
ゴーヤ栽培
症状からわかるゴーヤの病気
ゴーヤは茎葉、株、果実など植物全体に病気が発生します。本記事では、圃場でよく見られる葉や株に出ている症状から、病気を推測できるように茎葉、株、果実に発症する病気の順に紹介します。…
rinko
トウモロコシ栽培
症状からわかるトウモロコシの病気
トウモロコシは茎葉や株全体、穂や根に病気が発症します。本記事では、圃場でよく見られる葉や株に出ている症状から、病気を推測できるように茎葉、株全体、穂や根に発症する病気の順に紹介します。…
rinko

育て方・病害虫を一発検索