症状からわかるジャガイモの病気


ジャガイモは茎葉やイモ(塊茎)などに病気が発生します。本記事では、圃場でよく見られる葉やイモ(塊茎)に出ている症状から、病気を推測できるように、茎葉に発生する病気、イモ(塊茎)に症状が及ぶ病気の順に紹介します。
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly
Avatar photo ライター
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。…続きを読む


ジャガイモとジャガイモの茎葉

Illustration:rie
栽培しているジャガイモの生育が思わしくない、萎(しお)れる、イモ(塊茎)に斑点やあざが出ている、そんな場合は病原菌に感染しているかもしれません。病気は早期に発見し対策をすれば、重症化を防げます。

ジャガイモは茎葉やイモ(塊茎)に病気が発生します。本記事では、圃場でよく見られる葉やイモ(塊茎)に出ている症状から病気を推測できるように、茎葉、イモ(塊茎)に発生する病気の順に紹介します。
本記事は教育機関で講師を勤められ、数多くの病害虫についての書籍を執筆されている草間先生に監修いただきました。

監修者 草間祐輔(くさまゆうすけ)先生のプロフィール

草間祐輔先生
画像提供:草間祐輔先生

主な経歴:
・長野県松本市生まれ
・千葉大学園芸学部卒業
・米国ロサンゼルス郊外のナーセリー&ガーデンセンター(観賞植物生産・小売業)に勤務後、家庭園芸農薬肥料メーカーに在職。
〜植物の病害虫防除や肥料ついて研鑽(けんさん)を積み、講習会などで広く実践的な指導を行っている。
・千葉大学園芸学部非常勤講師。千葉県立農業大学校非常勤講師。東京農業大学グリーンアカデミー非常勤講師。テクノ・ホルティ園芸専門学校非常勤講師。日本ガーデンデザイン専門学校非常勤講師。
〜業界では農薬の安全・適正使用の普及や指導を行う(公社)緑の安全推進協会認定・緑の安全管理士、及び同協会講師としても活動する。
〜趣味は植物の病気、害虫の写真撮影。身近に出くわす被害症状にこだわり、20年来、撮影している。

主な著書:
「だれでもわかる 病害虫防除対策」(万来舎)
「野菜・果樹の病害虫防除」(誠文堂新光社)
「症状と原因が写真でわかる 野菜の病害虫ハンドブック」(家の光協会)
「症状と原因が写真でわかる 庭木・花木・果樹の病害虫ハンドブック」(家の光協会)
「写真で見つける病害虫対策ブック」(NHK出版)
「人にもやさしい病害虫防除」(講談社)
「植物の病気と害虫 防ぎ方・なおし方」(主婦の友社)など多数。
現在、NHK「趣味の園芸」テキストで「今月気をつけたい病気と害虫」を連載中。初心者にも分かりやすい写真と解説に定評がある。

▼ジャガイモの栽培方法についてはこちらをご覧ください。



▼植物の病気についてはこちらもご覧ください。

茎葉に発生する病気

ジャガイモの地上部、茎葉の症状から推測できる病気を紹介します。

茎葉が萎れる、腐る

ジャガイモの茎葉が水が切れたように萎れたり、とろけるように腐っている場合、病原菌に感染している可能性があります。

疫病

疫病におかされたジャガイモの葉茎 
Illustration:rie

【症状】
開花期のころ下葉に水が浸みたような暗緑色の小斑点ができて、のちに拡大して暗褐色の大型病斑となります。
病斑の裏面には霜のような白いカビが発生します。
【予防と対策】
疫病|防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)


軟腐病

軟腐病におかされているジャガイモ茎葉 
Illustration:rie

【症状】
はじめ地面に近い葉が腐り、茎にまで症状が及びます。
被害を受けた塊茎に顔を近付けると独特の鼻をつくような悪臭がします。
【予防と対策】
軟腐病|防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「ジーファイン水和剤」には、ジャガイモにおいて軟腐病の適用はありません。また、「オリゼメート粒剤」はジャガイモには使用できません


青枯病

青枯病におかされたジャガイモ茎葉 
Illustration:rie

【症状】
葉や葉柄が急に勢いを失ったように萎れ、その後株全体が立ち枯れます。
茎の根元付近やイモ(塊茎)を切断すると、内部維管束の部分が褐色になり、腐敗しています。
【予防と対策】
青枯病|防除方法


黒脚(あし)病

黒脚病におかされたジャガイモの茎葉 
Illustration:rie

【症状】
種イモが菌を持っていると、そこから伸びた下の葉が黄変し、地際より下方の茎は黒変して軟化します。頂部の葉は萎凋し葉が上方に巻いたようになります。重症化すると、株全体が萎れて枯死します。
【予防と対策】
発病株は種イモとともに抜き取り、すき込みは行わず圃場外で処理します。
収穫したイモ(塊茎)は傷や腐敗しているものは取り除き、十分乾燥して表面の病原菌の蔓延を防ぎます。


茎葉の形がおかしい

葉が縮れている、株が萎縮している、そのような場合は病原菌に感染している可能性があります。

モザイク病

モザイク病におかされたジャガイモの茎葉 
Illustration:rie

【症状】
緑色の葉がまだらに色抜けしてモザイク状になったり、葉に斑点ができる、などの症状が現れます。
株の生長が止まり、草丈が低くなります。種イモによって伝播する一方、アブラムシ類によってウイルスが媒介されて発生します。
【予防と対策】
モザイク病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「モスピラン・トップジンMスプレー」には、ジャガイモにおいてアブラムシ類の適用はありません。また、「レンテミン液剤」はジャガイモには使用できません

▼アブラムシ類のことならこちらをご覧ください。

葉巻病

葉巻病におかされたジャガイモの茎葉 
Illustration:rie

【症状】
小葉の基部が上に巻き上がり、若い上葉の緑色が薄くなります。下葉で管状に葉が巻くこともあります。
株の生長が止まり、草丈が低くなります。種イモによって伝染するほかアブラムシ類によってウイルスが媒介されて伝染します。
【予防と対策】
種イモは保菌していない無病のものを使用します。植え付け後は、アブラムシ対策で予防します。


イモ(塊茎)に発生する病気

イモ(塊茎)の症状から推測できる病気を紹介します。

イモ(塊茎)の表面に斑点(アザ)がある

イモ(塊茎)の表面に褐色の斑点が出ている場合は、病原菌に感染している可能性があります。

そうか病

ジャガイモのそうか病
Illustration:rie

【症状】
イモ(塊茎)にクレーターのようなかさぶた状の病斑を形成します。
病斑は内部まで達することはありませんが、深く陥没することはあります。
【予防と対策】
そうか病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)


粉状(ふんじょう)そうか病

粉状そうか病におかされたジャガイモ 
Illustration:rie

【症状】
そうか病と同様に、イモ(塊茎)にかさぶた状の病斑を形成します。
病気が進むと病斑の表面が破れて粉状の胞子が出ます。
そうか病と比較して病斑が小さく、褐色をしており、根にかさぶた状の病斑を作ります。
【予防と対策】
病気を持ち込まないために、種イモは無病のものを使用します。
多湿条件で病気が発生しやすいため、圃場の排水性を良くし、多発圃場では、植え付け前に薬剤で防除しましょう。


乾腐病

乾腐病におかされたジャガイモ
Illustration:rie

【症状】
収穫後や輸送中に発生します。
収穫時にできた傷口や打撲による傷部分などに陥没ができて、徐々に拡大します。
温度や湿度が高いと発生しやすく、腐敗して全体が堅く乾きます。ジャガイモの内部に空洞ができ、空洞部に白~淡紅色のカビが発生します。
【予防と対策】
乾腐病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「ベンレート水和剤」には、ジャガイモにおいて乾腐病の適用はありません


軟腐病

軟腐病におかされたジャガイモ
Illustration:rie

【症状】
土壌中の新しく生育中のイモ(新塊茎)、貯蔵中のジャガイモに発生します。
イモ(塊茎)の表面に赤褐色の斑点が現れて、皮の下はクリーム状に腐ります。
顔を近付けると独特の鼻をつくような悪臭がします。土壌中の病原菌やイモの塊茎についた菌が伝染源となります。
【予防と対策】
窒素過多で発病が助長されるため、施肥は基準量を守ります。収穫後のイモ(塊茎)は、十分に乾燥させ菌の増殖を予防しましょう。
軟腐病|防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「ジーファイン水和剤」には、ジャガイモにおいて軟腐病の適用はありません。また、「オリゼメート粒剤」はジャガイモには使用できません


黒あざ病

黒あざ病におかされたジャガイモ 
Illustration:rie

【症状】
イモ(塊茎)の表面に、黒褐色のホコリ状の物質(菌核)が付着します。地際部に生育不良の小さなイモ(塊茎)が密生します。
また、芽がでるときに発生しやすい病気で、地上部では幼茎が褐色~赤褐色、水浸状に腐敗するなどの被害が発生します。
【予防と対策】
種イモは無病のものを使用します。土壌の病原菌で伝染するため、連作を避けます。
多湿で発生しやすくなるため、土壌の排水性を良くし、深植えを避けましょう。


病気以外の生理障害・害虫などの要因も併せて対策

ジャガイモの生育が悪い原因は病気だけとは限りません。曇天が続いたことから起る日照不足、雨や台風などの荒天、肥料や水の過不足などが原因で発生する生理障害でも元気を無くしてしまいます。
また、アブラムシやテントウムシダマシ、センチュウといった害虫の被害を受けても、生育が悪くなります。
上記の病気を一例として、生理障害や害虫被害など、そのほかの要因も併せて考えながら対策を行いましょう。
※生理障害とは、育てる植物に適さない温度、光、土壌の状態や栄養による障害などによって生長が阻害されること。

生理障害のまとめ

▼ジャガイモの害虫についてはこちらをご覧ください

ジャガイモ栽培とpH

ジャガイモは弱酸性の土(pH5.0~6.0)を好むため、pHを上げる石灰質肥料の施用を控えましょう。
栽培前は土壌診断を行い、適切な酸度で栽培管理しましょう。
▼土壌酸度(pH)測定についてはこちらをご覧ください。

症状から病気を推測し、早めの対策を

ジャガイモは茎葉やイモ(塊茎)にさまざまな病気が発生します。特に疫病や青枯病などは蔓延のスピードが早いため、特徴的な症状から病気を早期に発見し、手遅れになる前に早めの対策を行いましょう。

表示中の記事: 1/2ページ中

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 脱・東京!北海道でメロン農家になりたい夫婦の農業研修記
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣

育て方・病害虫を一発検索