症状からわかるジャガイモの病気

ジャガイモは茎葉やイモ(塊茎)などに病気が発生します。本記事では、圃場でよく見られる葉やイモ(塊茎)に出ている症状から、病気を推測できるように、茎葉に発症する病気、イモ(塊茎)に症状が及ぶ病気の順に紹介します。


ジャガイモとジャガイモの茎葉

Illustration:rie
栽培しているジャガイモの生育が思わしくない、萎(しお)れる、イモ(塊茎)に斑点やあざが出ている、そんな場合は病気に感染しているかもしれません。病気は早期に発見し対策をすれば、重症化を防げます。

ジャガイモは茎葉やイモ(塊茎)に病気が発生します。本記事では、圃場でよく見られる葉やイモ(塊茎)に出ている症状から、病気を推測できるように、茎葉に発症する病気、イモ(塊茎)に発症する病気の順に紹介します。

▼ジャガイモの栽培方法についてはこちらをご覧ください。

▼植物の病気についてはこちらもご覧ください。

茎葉に発症する病気

ジャガイモの地上部、茎葉の症状から推測できる病気を紹介します。

茎葉が萎れる、腐る

ジャガイモの茎葉が水が切れたように萎れたり、とろけるように腐っている場合、病気に感染している可能性があります。

疫病

疫病におかされたジャガイモの葉茎 
Illustration:rie

【症状】
開花期のころ下葉に水が浸みたような褐色の小斑点ができて、のちに拡大して暗褐色の大型病斑となります。
病斑の裏面には霜のような白いカビが発生します。生育初期の茎にも、暗緑色の病斑が見られます。
【予防と対策】
疫病|防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)


軟腐病

軟腐病におかされているジャガイモ茎葉 
Illustration:rie

【症状】
はじめ地面に近い葉が腐り、茎にまで症状が及びます。
顔を近付けると独特の鼻をつくような悪臭がします。
【予防と対策】
軟腐病|防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)


青枯病

青枯病におかされたジャガイモ茎葉 
Illustration:rie

【症状】
葉や葉柄が急に勢いを失ったように萎れ、その後株全体が立ち枯れます。
茎の根本付近やイモ(塊茎)を切断すると、乳白色の液体(菌泥)がみられることがあります。
【予防と対策】
青枯病|防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)


黒脚(あし)病

黒脚病におかされたジャガイモの茎葉 
Illustration:rie

【症状】
最初は種イモに感染して、そこから伸びた茎の地面に近い部分が黒変して腐敗します。
重症化すると、株全体が黄化して茎の伸長も停止します。頂部は萎凋し葉が巻いたようになって、地際の黒変腐敗した部分から倒伏します。
【予防と対策】
発病株は種イモとともに抜き取り、すき込みは行わず圃場外で処理します。
収穫したイモ(塊茎)は傷や腐敗しているものは取り除き、十分乾燥して表面の病原菌の蔓延を防ぎます。


茎葉の形がおかしい

葉が縮れている、株が萎縮している、そのような場合は病気に感染している可能性があります。

モザイク病

モザイク病におかされたジャガイモの茎葉 
Illustration:rie

【症状】
緑色の葉がまだらに色抜けしてモザイク状になったり、葉に斑点ができる、などの症状が現れます。
株の生長が止まり、草丈が低くなります。種イモやアブラムシ類によってウイルスが媒介がされます。
【予防と対策】
モザイク病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)

▼アブラムシ類のことならこちらをご覧ください。

葉巻病

葉巻病におかされたジャガイモの茎葉 
Illustration:rie

【症状】
芽先に近い葉が上に巻き上がり、葉の緑色が薄くなります。
株の生長が止まり、草丈が低くなります。種イモやアブラムシ類によってウイルスが媒介がされます。
【予防と対策】
種イモは保菌していない無病のものを使用します。植え付け後は、アブラムシ対策で予防します。


イモ(塊茎)に発生する病気

イモ(塊茎)の症状から推測できる病気を紹介します。

イモ(塊茎)の表面に斑点(アザ)がある

イモ(塊茎)の表面に褐色の斑点が出ている場合は、病気に感染している可能性があります。

そうか病

ジャガイモのそうか病
Illustration:rie

【症状】
イモ(塊茎)にクレーターのようなかさぶた状の病斑を形成します。
内部はやや腐敗する程度ですが、深く陥没することもあります。
【予防と対策】
そうか病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)


粉状(ふんじょう)そうか病

粉状そうか病におかされたジャガイモ 
Illustration:rie

【症状】
そうか病と同様に、イモ(塊茎)にかさぶた状の病斑を形成します。
病気が進むと病斑の表面が破れて粉状の胞子が出ます。
そうか病と比較して病斑が小さく、紫褐色をしており、根にコブを作ります。
【予防と対策】
病気を持ち込まないために、種イモは無病のものを使用します。
多湿条件で病気が発生しやすいため、圃場の排水性を良くし、多発圃場では、植え付け前に薬剤で消毒しましょう。


乾腐病

乾腐病におかされたジャガイモ
Illustration:rie

【症状】
主に貯蔵中や芽が出るときに発生します。
収穫時にできた傷口や打撲部分などに陥没ができて、徐々に拡大します。
湿度が高いと腐敗して、しわを生じて乾燥します。ジャガイモの内部が空洞になり、白~淡紅色のカビが発生します。
【予防と対策】
乾腐病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)


軟腐病

軟腐病におかされたジャガイモ
Illustration:rie

【症状】
土壌中の新しく生育中のイモ(新塊茎)、輸送中のジャガイモに発生します。
イモ(塊茎)の表面に褐色の斑点が現れて、皮の下はクリーム状に腐ります。
顔を近付けると独特の鼻をつくような悪臭がします。土壌中の病原菌やイモ(塊茎)の表面についた菌が伝染減となります。
【予防と対策】
窒素過多で発病が助長されるため、施肥は基準量を守ります。収穫後のイモ(塊茎)は、十分に乾燥させ菌の繁殖を予防しましょう。
軟腐病|防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)


黒あざ病

黒あざ病におかされたジャガイモ 
Illustration:rie

【症状】
イモ(塊茎)の表面に、黒褐色のホコリ状の物質(菌核)が付着します。地際部に生育不良の小さなイモ(塊茎)が密生します。
また、芽がでるときに発生しやすい病気で、地上部では幼茎が褐色~赤褐色、水浸状に腐敗するなどの被害が発生します。
【予防と対策】
種イモは無病のものを使用します。土壌の病原菌(菌核)で伝染するため、連作を避けます。
多湿で発生しやすくなるため、土壌の排水性を良くし、深植えを避けましょう。


病気以外の生理障害・害虫などの要因も併せて対策

ジャガイモの調子が悪い原因は病気だけとは限りません。曇天が続いたことから起る日照不足、雨や台風などの荒天、肥料や水の過不足などが要因で引き起こす生理障害でも元気を無くてしまいます。
また、アブラムシやテントウムシダマシ、センチュウといった害虫の被害を受けても、生育が悪くなります。
上記の病気を一例として、生理障害や害虫被害など、そのほかの要因も併せて考えながら対策を行いましょう。
※生理障害とは、育てる植物に適さない温度、光、土壌の状態によって生長が阻害されること。

生理障害のまとめ

▼ジャガイモの害虫についてはこちらをご覧ください

ジャガイモ栽培とpH

ジャガイモは弱酸性の土(pH5.0~6.0)を好むため、pHを上げる石灰質肥料の施用を控える傾向があります。しかし、あまりにも石灰が少な過ぎるとカルシウム欠乏を引き起こし、芽先の縮れやイモ(塊茎)の肥大不足となって収穫量が減少してしまいます。
栽培前は土壌診断を行い、適切な酸度と施肥量を保ちましょう。

▼カルシウム欠乏についてはこちらをご覧ください。
▼土壌酸度(pH)測定についてはこちらをご覧ください。

症状から病気を推測し、早めの対策を

ジャガイモは茎葉やイモ(塊茎)にさまざまな病気が発生します。特に疫病や青枯病などは蔓延のスピードが早いため、特徴的な症状から病気を早期に発見し、手遅れになる前に早めの対策を行いましょう。

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。

育て方・病害虫を一発検索