殺菌剤(農薬)の種類と作用の仕組み

植物の病気対策に使用する農薬には、植物体内への病原菌の侵入を防ぐ「予防剤」と、侵入した病原菌の生育を妨げる「治療剤」、作物の抵抗力を高める「植物防御機構活性化剤」などがあります。それぞれの薬剤の特徴や、状況に応じて使用するコツなど、殺菌剤の種類や作用について説明します。


殺菌剤

Illustration:umi
殺菌剤には病気を「予防」するための薬剤と、病気発症後「治療」に使用するものがあります。またそれとは別に、作物の抵抗力を高めて病気にかかりにくくする殺菌剤もあります。
殺菌剤は病気の発生状況に応じた防除を行うだけでなく、作用性の異なる薬剤をローテーションで使用して、耐性菌の出現を回避することも重要です。
本記事では、病原菌である糸状菌(カビ)や細菌によって植物が病気になる仕組みや、化学農薬における殺菌剤の作用について説明します。

▼化学農薬以外の殺菌剤「生物農薬」についてはこちらをご覧ください。

殺菌剤で防除する「糸状菌」と「細菌」の増殖のメカニズム

植物の病気は、糸状菌(カビ)や細菌、ウイルスなどが原因で生じます。

▼糸状菌(カビ)や細菌、ウイルスなどについてはこちらをご覧ください。

殺菌剤で防除する病原菌

病気が発症する要因の中で、ウイルスが原因で発症する病気に効果のある殺菌剤はありません。この場合の対策は、ウイルスを運ぶ害虫を防除する殺虫剤での防除が基本になります。

ここでは、殺菌剤が病原菌に対してどのように働くか説明する前に、「糸状菌(カビ)」と「細菌」によって病気が発症するまでの仕組みについて説明します。

▼アブラムシ類やアザミウマ類、コナジラミ類など害虫が原因で引き起こすウイルス病についてはこちらをご覧ください。

▼殺虫剤のことならこちらをご覧ください。

糸状菌(カビ)増殖のメカニズム

糸状菌(カビ)増殖のメカニズム
Illustration:umi
植物が病気にかかる理由の約8割は、糸状菌(カビ)が原因で発症しています。
ほとんどの糸状菌(カビ)は、菌糸体で成長して「胞子」によって増えていきます。飛散した「胞子」が植物体に付着し、温度や湿度などの条件がそろうと「胞子」が発芽して植物の組織や気孔、傷口などから侵入して感染します。
そのほかにも、「鞭毛(べんもう)」というしっぽのような構造の菌が泳いで植物にたどり着いたり、「菌糸」そのものが分裂して感染を広げたりしていくタイプもあります。

▼糸状菌(カビ)による主な病気のことならこちらをご覧ください。

細菌(バクテリア)増殖のメカニズム

細菌(バクテリア)増殖のメカニズム
Illustration:umi
細菌(バクテリア)は植物体の気孔や傷口などから入り込み、分裂によって増殖していきます。

▼細菌による主な病気のことならこちらをご覧ください。


3つの殺菌剤の働き

「知る」というイメージの画像で、植物の種が土から芽を出したところ
出典:写真AC
殺菌剤には、植物体内への病原菌の侵入を防ぐ「予防剤」、侵入した病原菌の生育を妨げる「治療剤」、作物の抵抗力を高めて病気にかかりにくくする「植物防御機構活性化剤」があります。

▼病気対策に使用する予防剤と治療剤の選び方と使い方についてはこちらをご覧ください。

1. 予防剤の働き

殺菌剤「予防剤」の働き
Illustration:umi
病原菌が植物体内へ侵入する前に、予防剤を散布して植物体を覆うことで、付着、飛来してきた病原菌を植物体内に侵入させないようにして病気感染を防ぎます。

予防剤の特徴

予防剤は、植物体内に侵入してしまった病原菌には効果がないため、殺菌剤の一種でありながら、直接病原菌を殺菌することはできません

2. 治療剤の働き

殺菌剤「治療剤」の働き
Illustration:umi
治療剤に含まれる有効成分が植物に浸透すると、植物体内に入り込んでしまった病原菌の生育を阻害する効果を発揮します。
※侵入前の病原菌を防除する「予防」効果をあわせ持つ治療剤もあります。

治療剤の特徴

治療剤の特徴
Illustration:umi
1. 病原菌の増殖を阻害
病原菌の正常な成長や増殖を阻害することによって、植物への感染や発病を抑えることができます。

2. 治療剤は植物体を元通りにすることはできない
治療剤といっても、病気によって傷んでしまった植物体を元通りにできる作用はありません。

3. 植物防御機構活性化剤の働き

植物防御機構活性化剤の働き
Illustration:umi
作物の抵抗力を高めて病気にかかりにくくします

植物防御機構活性化剤の特徴

植物防御機構活性化剤も予防剤と同じように、病原菌に直接作用するような殺菌効果はありません。
※この働きを持つ薬剤は環境への負担も少なく、耐性菌を発生させるリスクが少ないといわれています。


殺菌剤と病原菌の薬剤抵抗性

ローテーション
出典:写真AC
病気を防除する殺菌剤に対して、病原菌が「薬剤抵抗性」を持ってしまう場合があります。その結果、殺菌剤が効きにくくなったり、効果が期待できなくなったりするため、せっかく農薬散布を行っても無駄な作業になってしまいます。
また、使用していた農薬が効かなかったら、新しい薬剤を使用すればいいと考えるかもしれませんが、栽培作物に対して同じ作用性を持つ種類の殺菌剤を選んでしまうと、結果的に薬剤に抵抗性を持った病原菌が増えてしまいます。

▼薬剤抵抗性のことならこちらをご覧ください。

薬剤抵抗性を持たせないローテーション散布

薬剤抵抗性の例として、同一薬剤の多使用による耐性菌の発達によって「灰色かび病菌」や「リンゴ黒星病菌」の被害が報告されています。

▼灰色かび病や黒星病のことならこちらをご覧ください。

RACコードの異なる殺菌剤をローテーション散布

同じ作用の薬剤を連用すると薬剤抵抗性が発生しやすくなってしまうので、RACコードの異なる殺菌剤をローテーション散布する防除が重要です。
※RACコード(作用機構分類)とは同じ作用性ごとにつけられた農薬のコード番号で、異なる作用性であればRACコードも違います。

【RACコード:予防剤の例】
RACコード グループ名 薬剤
M4  フタルイミド  オーソサイド
M5  クロロニトリル  ダコニール
ITEM
オーソサイド水和剤80
果樹、野菜、花き類など作物の広範囲の病害に安定した予防効果を示します。
病原菌の多作用点を阻害するため薬剤耐性が発達するリスクが低い薬剤です。

・内容量:500g
・有効成分:キャプタン80.0%
・RACコード:M4


ITEM
ダコニール1000
発病してから散布するよりも発病前から定期的に散布することで高い防除効果を示します。
散布液の調整が簡単で汚れが少ない薬剤です。

・内容量 :250ml
・有効成分 :TPN40.0%
・RACコード:M5


【RACコード:治療剤の例】
RACコード グループ名 薬剤
1  MBC殺菌剤  ベンレート、トップジンM
11  QoI殺菌剤  アミスタ―、ストロビー
19  ポリオキシン  ポリオキシン
ITEM
ベンレート水和剤
幅広い適用をもった殺菌剤で、浸透性にすぐれており予防と治療の2つの効果を示します。
低濃度で使えるので作物の汚れが少なく、経済的です。

・内容量:500g
・有効成分:ベノミル50.0%
・RACコード:1


ITEM
ストロビーフロアブル
各種作物のうどんこ病菌や、ネギのさび病菌など重要な病害にも幅広い活性があります。
予防効果にも優れていますが、胞子形成阻害効果があるため二次感染を防ぎます。

・内容量 :100ml
・有効成分 :クレソキシムメチル41.5%
・RACコード:11


【RACコード:植物防御機構活性化剤の例】
RACコード グループ名 薬剤
P2  ベンゾイソチアゾール  オリゼメート
P3  チアジアゾールカルボキサミド  ブイゲット
ITEM
オリゼメート粒剤
植物の病害抵抗性を誘導し、予防的に散布することで高い効果を示します。
イネ白葉枯病、もみ枯細菌病、ネギやキュウリ、アブラナ科野菜の細菌病にも効果があります。

・内容量:3kg
・有効成分:プロベナゾール 8.0%
・RACコード:P2


▼ローテーション散布のことならこちらをご覧ください。

病気の発生状況や作用機構を考慮した殺菌剤の使用

イメージ画(植物の葉に水滴がのっている)
出典:写真AC
病気は一度発生してしまうとまん延を抑えることは難しく、発症してから行う防除には時間もコストもかかってしまいます。効率的かつ効果的な防除を行うためには「予防」を中心とした薬剤散布を心がけます。使用する薬剤が「予防剤」なのか「治療剤」なのかをしっかりと把握し、病気の発生状況にあった選択をしましょう。
また、耐性菌を出現させないために、作用機構の異なる薬剤をローテーション散布することも必要です。それぞれの薬剤の特性を考えて使用することで、薬剤散布をより効果的なものにしていきましょう。

紹介されたアイテム

オーソサイド水和剤80
ベンレート水和剤
ストロビーフロアブル
オリゼメート粒剤
サイトを見る

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
umi
umi

農業資材メーカと農協にて6年間勤務。農家への栽培技術(農薬・肥料・栽培システムなど)の普及を担当。役立つ情報を初心者の方にもわかりやすくお伝えします。

育て方・病害虫を一発検索