農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 栽培の知識 > 曇天・長雨対策|生育不良にならない野菜の育て方と対策

曇天・長雨対策|生育不良にならない野菜の育て方と対策

曇天や長雨が続くと、野菜が生育不良になることがよくあります。野菜を生理障害や病気などの生育不良にしないための対策を、農業初心者にもわかりやすく説明します。


雨 畑

出典:写真AC
曇天や長雨が続くと、野菜が生育不良になることがよくあります。野菜を生理障害や病気などの生育不良にしないための対策を、農業初心者にもわかりやすく説明します。

▼台風の対策についてはこちらもご覧ください。

曇天・長雨で野菜が生育不良になる原因

雨
出典:写真AC

カビや細菌による病気

曇天や長雨で湿度が高くなったり、葉がぬれている状態が長く続くことは、カビによる病気が発生する原因となります。
また、雨滴などと共に土壌から病原菌が跳ね上がることによって、地面に近い部分では細菌による病気が起こりやすいです。

カビ(糸状菌)による病気


細菌による病気


根傷み

長雨が続くと、水はけの悪い土地や水たまりができやすい場所では冠水状態となり、根が水に浸かり続け、酸欠のため根傷みを起こしてしまいます。
根傷みが起こると、雨があがった後でも十分な栄養分や水分が吸収できなくなるほか、傷口から病害虫が侵入し生育不良の原因となります。

根傷みによって発生しやすい被害


日照不足

野菜が育つためには、十分な量の太陽光が必要です。曇天や雨天が続き日射量が不足すると、十分な光合成を行えずに、生育不良となってしまいます。
特にハウス栽培では、ガラスやビニールなどハウス被覆資材の影響で、より日射量が減少してしまいます。

▼光合成について詳しくはこちらをご覧ください。

露地栽培におすすめの曇天・長雨対策

雨に濡れるキャベツ
出典:写真AC
露地栽培で曇天・長雨時に気をつけるポイントと対策を紹介します。

根傷み対策

野菜 マルチシート
出典:写真AC
多雨による根傷み対策には、マルチシートを張る、稲わらをしくなどして、土が水を含むことを防ぐのが重要です。また雨粒の地面からの跳ね上げを防ぎ、植物が病気にかかることも予防します。
冠水による根の酸欠を予防するために、酸素資材を投入することもおすすめです。日ごろから水はけの良い土作りを心がけましょう。

生分解性マルチシート カエルーチ

ITEM
カエルーチ(黒・無孔)
カエルーチは、土中の微生物により水と炭酸ガスに分解される生分解性マルチフィルムです。
収穫後、そのままの状態にしておくか、ロータリーで土にすき込むと作業完了。
はぎ取り作業が不要なので省力化になります。 また、廃プラスチックの処理費用が不要になります。
マルチフィルムとして安定した強度を持ち、マルチャーにより機械展張が可能です。

・サイズ:135cm×200m


▼マルチシートの選び方についてはこちらをご覧ください。

▼土壌水分についてはこちらをご覧ください。

圃場(ほじょう)が冠水してしまった際に今すぐ効かせたい即効性のM.O.X

ITEM
酸素供給剤 M・O・X
豪雨時の緊急対策に。1箱から約200Lの酸素が発生します。
土壌中の有機物・金属と反応して1日で酸素を出し切ります。

・内容量:10kg
・使用方法:50倍以上に希釈し、株元に潅水施用

根の酸欠予防に ネハリエース

ITEM
ネハリエース(追加施用型酸素供給剤)
水が溜まりやすい圃場に予防として処理したい場合や、処理したいけど雨が続き圃場に入れないという場合に。
酸素を約1カ月間発生するので、予防と対策として役立ちます。
容易に水に溶け、溶存酸素として植物の根から吸収されます。

・内容量:10kg
・使用方法:キュウリ・トマト・ナス・メロン・スイカ うね間(通路)散粒 20~30kg/10a

病気対策

雨滴などの地面からの跳ね上がりなどによって、地面に近い地際部の腐りや、葉菜類の病気に感染しやすくなるため、雨の前や後に農薬の予防散布が効果的です。

有機農産物にも使用できる!ジーファイン水和剤

ITEM
ジーファイン水和剤
「植物保健薬」として、殺菌作用ばかりでなく、作物の栄養にもなる薬剤です。
有効成分である炭酸水素ナトリウム、無水硫酸銅は食品添加物として認可されており、安全性は実証されています。
また、有機農産物の生産にも使用できます。
収穫前日まで使用できますので、毎日収穫する果菜類の殺菌剤として使いやすい薬剤です。

・内容量:250g
・有効成分:炭酸水素ナトリウム 46.0%  無水硫酸銅 30.0%(銅として 12.0%)
・適用病害:軟腐病、斑点細菌病、うどんこ病、腐敗病、疫病など

黒腐病をはじめ株腐病、軟腐病、苗立枯病にも バリダシン液剤5

ITEM
バリダシン液剤5
多くの土壌病害や糸状菌(カビ)に対して優れた防除作用を発揮します。
兵庫県明石市の土壌から分離した放線菌によって生産される抗生物質バリダマイシンを主成分としています。

・内容量:500ml
・有効成分:バリダマイシンA(5.0%)
・適用病害:黒腐病、株腐病、軟腐病、苗立枯病など

ハウス栽培におすすめの曇天・長雨対策

トマト 濡れた葉
出典:写真AC
ハウス栽培で曇天・長雨時に気をつけるポイントと対策を紹介します。

日照不足対策

ハウス栽培はガラスやビニール資材のせいで光の入る量が減っているため、曇天、雨天の天候不良の影響が大きく出てしまいます。
光合成を促進するような葉面散布剤の施用がおすすめです。また肥料の吸収が悪い場合には、微量要素の葉面散布も効果的です。

葉緑素を増やし光合成を助ける!ペンタキープ

ITEM
ペンタキープ Hyper 5000
植物の光合成を高める5-アミノレブリン酸を配合した液状肥料です。5-アミノレブリン酸は植物や動物の体内にある大切なアミノ酸で、光合成を行う場所である植物体内で葉緑素の元となります。

・内容量:800ml(1.05kg)
・有効成分:L-アルギニン 5-アミノレブリン酸
・成分:窒素 8% 水溶性リン酸 6% 水溶性カリ 4% 水溶性苦土 4% 水溶性マンガン 0.11% 水溶性ホウ素 0.17%

微量要素を含むアミノ酸肥料で野菜が元気に!アミノメリット青

ITEM
アミノメリット青
不足している栄養分を速効的に葉から直接補給できます。
吸収しやすいアミノ酸がたっぷり入っているので、作物の生理作用を助け生育を促進します。
肥効の高いポリリン酸、アミノ酸が、天候不良時や低温などでも活力を高めます。
微量要素により健全な生育(光沢と厚みのある葉をつくり)、光合成を助けます。

・内容量:1kg
・成分:窒素 7% りん酸 4% 加里 3% マンガン 0.1% ほう素 0.05% 鉄 0.08% 銅 0.02% 亜鉛 0.05% モリブデン 0.01%(アミノ酸、有機酸、糖ほか)

低温対策

冬場に曇雨天が続くと、温度が通常より下がるため、昼間でも生育限界の最低気温を下回り、低温障害を起こしてしまうこともあります。暖房機は昼間でも温度が大きく下がった場合に稼働するよう設定しておきましょう。

最低最高温度計で室温をチェック

ITEM
INーOUTデジタル温度計 AP-09W
防滴タイプ。
外部センサーと本体の2カ所の最高・最低温度と日時を自動記録します。
室温と外気温を同時に計測できます。
コードは本体に巻き付けて収納可能です。

・サイズ:122 × 80×19mm
・重さ:115g


▼低温障害について詳しくはこちらをご覧ください。

▼ハウス栽培の管理については詳しくはこちらをご覧ください。

▼ハウスの温度管理について詳しくはこちらをご覧ください。

病気・湿度対策

雨の日はハウスを閉め切るため、空気が停滞して湿度が高く病気が発生しやすい環境になり、注意が必要です。
空気を循環させるために循環扇の設置がおすすめです。

ITEM
スクリューファン SF-03A
温室内にスクリュー状の風を流す事により空調を整え、農作物の健全な生育を促進します。
約40分程度で100坪(奥行50m以下)ハウスの空気が一巡する送風ボリューム。
通常ファンの約2倍のパワフル回転と、ひねりフィンで整流した風を起こす事ができます。

・電圧:100V
・サイズ:幅295×奥行き395×高さ355mm
・羽根径:208mm
・重さ:6.6kg
・風量(50/60Hz):20/21㎥/分
・消費電力(50/60Hz):80/110W


▼循環扇について詳しくはこちらをご覧ください。



 

サイドや入口まわりなど、圃場の中をよく観察して病気が発生していないか確認しましょう。病気の予防として農薬を散布しておくのもおすすめです。

病気の予防に広範囲に効く ダコニール

ITEM
ダコニール1000フロアブル
広範囲の病害に有効です。
有効成分が微粒子なので植物に均一に付着し、高い防除効果を発揮します。
薬剤による汚れが少ないです。

・内容量:250ml
・有効成分:テトラクロロインソフタロニトリル(TPN)40.0%
・適用病害虫:疫病、灰色かび病、葉かび病、べと病、炭疽病など

土壌からの病気にも効果あり ベンレート

ITEM
ベンレート水和剤
幅広い適用を持った殺菌剤で浸透性に優れ予防と治療の2つの効果を示します。
茎葉の病害、貯蔵病害、種子伝染性病害、土壌病害など多方面にわたりすぐれた効果を示します。
低濃度で使用できるので作物を汚染することが少なく、また経済的です。

・内容量:100g
・有効成分:ベノミル 50.0%
・適用病害虫:灰色かび病、炭疽病、萎凋病、輪紋病など


▼ハウス栽培で発生しやすい病気について詳しくはこちらをご覧ください。


曇天・長雨には予防が肝心!

濡れた葉 ピーマン
出典:写真AC
曇天・長雨が続く時期は、病気や根傷み、日照不足による生育不良に注意が必要です。栽培方法にあわせて対策をとりましょう。
圃場では、日ごろから水はけの良い土づくりや風通りの良い植え方、育て方を心がけます。天候が悪くなると思われる時期は、降雨の前後に予防的に農薬を散布して病気の対策をしましょう。

紹介されたアイテム

カエルーチ(黒・無孔)
酸素供給剤 M・O・X
ネハリエース(追加施用型酸素供給剤)
ジーファイン水和剤
バリダシン液剤5
ペンタキープ Hyper 5000
アミノメリット青
INーOUTデジタル温度計 AP-09W
スクリューファン SF-03A
ダコニール1000フロアブル
ベンレート水和剤

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 栽培の知識 > 曇天・長雨対策|生育不良にならない野菜の育て方と対策