ハウス栽培、ガラス温室

栽培ノウハウのまとめ

農家に役立つ幅広い情報から「栽培ノウハウ」について関連する記事を表示しています。
AGRI PICKは、プロの農家から家庭菜園・園芸ユーザーまで農業・野菜作りにかかわるすべての人たちが知って得する情報ばかり!

「栽培ノウハウ」のまとめ一覧21件

ハウス栽培、ガラス温室
失敗を未然に防いで収益アップ!季節に合わせたハウス栽培管理
ハウス栽培は管理の良し悪しや、四季の移り変わりによる気温や湿度の影響も受けやすく、季節に合わせた環境制御が必要不可欠になります。ハウス栽培の利点を生かした季節に合った管理方法で、作物の生育を促進して収益をアップを…
rinko
冬 写真
低温障害の原因と対策|予防方法とおすすめ資材
低温障害とは寒い冬になると気温や地温の低下に伴い、葉の異変や生育が抑制される生理障害のことです。露地栽培だけでなく管理方法によってはハウス栽培でも起こる低温障害の対策や、収穫後の貯蔵中の低温障害について栽培初心者…
rinko
リン酸欠乏症
生理障害の対策|リン酸障害(欠乏症・過剰症)症状と予防
植物の葉が赤紫色に変色したり、開花や結実が少なく収量が上がらないなどの場合は、リン酸障害の可能性があります。リン酸障害は土質や酸性度、地温が影響して発生します。リン酸欠乏症と過剰症それぞれの発生原因や、予防方法と…
rinko
ハウス栽培
ハウス栽培の炭酸ガス施用で野菜の収量・品質向上を目指す方法
露地栽培と異なる閉鎖されたハウス栽培では、光合成に必要な炭酸ガスが不足してしまいます。炭酸ガスが不足すると光合成が抑制されて、野菜の生育が悪くなります。ハウス栽培で効果的に炭酸ガスを施用し、収量と品質向上を目指す…
rinko
養液栽培
ハウス栽培での養液栽培導入のメリットと注意点
高収量、高品質を目指したいと考えている生産者にとって、養液栽培は見逃せない手法です。養液栽培にはどのようなメリットがあるのか、また導入に際しての注意点について、養液栽培を検討している生産者の方に分かりやすく説明し…
rinko
ハウス栽培、温度管理
ハウス栽培で収量アップを目指す温度管理
ハウス栽培は外気の影響を受けずに周年作物の栽培を行うことができますが、一方で閉鎖された環境のため誤った温度管理で収量を落としてしまうこともあります。ハウス栽培で光合成を促し、生育を良好にして収量アップを目指す温度…
rinko
台風
台風対策の心得!農作物を病気や生育不良から守る方法
年々大型化する台風の影響で露地栽培では農作物を傷めてしまい、泥はねによって病気を蔓延させることで、農家に大損害を与えてしまいます。台風の被害を最小限に抑え、農作物を病気や生育不良から守るために、圃場や施設内ででき…
rinko
葉、雫、ハウス栽培の湿度管理
ハウス栽培の湿度管理で作物の収量アップ!品質向上を目指す!!
ハウス栽培において、温度管理と同様に湿度の管理は、植物の生育や病気に大きく関わっています。植物の生育を良好にし、病気を防ぐ湿度コントロールを行うために湿度の基本を説明し、最適な湿度管理のために注意する3つのことに…
rinko
接ぎ木 方法
病気になりにくい接ぎ木苗の作り方と選び方・植え方のポイント
野菜栽培において接木苗は、土壌からの病気や害虫、続けて栽培することで引き起こす連作障害を解決する効果的な対策の一つです。接ぎ木苗の効果や接木苗の作り方や植え方をはじめ、トマトやキュウリ、ナスの接木苗の選び方のポイ…
rinko
トマト 夏
高温障害の原因と対策|予防方法とおすすめ資材
高温障害とは、春から夏の高温期に葉物野菜や果実の表面が褐色になるなどの障害が起こる生理障害のひとつです。高温障害で作物が被害を受けないために、肥料と葉面散布を使用した防除方法やハウス栽培での遮光対策を紹介します。…
rinko
イチゴ 鉄欠乏
生理障害の対策|鉄障害(欠乏症・過剰症)症状と予防
鉄障害とは植物の生長点付近の葉に被害があらわれたり、下葉の葉脈間に褐色の斑点が生じる生理障害です。土壌の酸性度や水分状態が発症の原因で欠乏症や過剰症を引き起こす鉄障害の予防方法や対応策について紹介します。…
rinko
ホウ素障害
生理障害の対策|ホウ素障害(欠乏症・過剰症)症状と予防
ホウ素障害とは植物の生長点や下位葉、果実などに被害があらわれる生理障害です。そんなホウ素障害の欠乏症と過剰症それぞれの症状について、土壌の酸性度や土質、水分状態などを整えて行う防除方法や対策を紹介します。…
rinko
ハウス栽培、栽培培地
ハウス栽培の培地はどう選ぶ?正しい選び方と効果について
露地栽培と異なりハウスで野菜を育てるメリットは、培地を選ぶことができることです。培地は選び方によっては生育を良くしたり、収量を増加させることができます。そんなハウス栽培における培地の種類と選び方について説明します…
rinko
要素障害
植物に害を引き起こす要素障害|症状と対策について
植物体内で必要不可欠な要素が不足もしくは過剰になると、植物の生理機能に異常が起こり、葉や茎、花や果実などさまざまな部位に病気のような症状があらわれる要素障害の原因についてや、要素障害を起こさないための予防と対策に…
rinko
マンガン欠乏 バラ
生理障害の対策|マンガン障害(欠乏症・過剰症)症状と予防
マンガンとは植物に必要な微量要素のひとつで、欠乏症も過剰症も起こしやすい生理障害です。そんなマンガン障害の主な症状、欠乏症や過剰症それぞれの原因、マンガン障害を未然に防ぐ管理方法やおすすめ肥料などを紹介します。…
rinko
Page 1 of 212