症状からわかるピーマンの害虫

ピーマンの葉や果実を食害し、被害をもたらす害虫。加害部位とそこに現れる被害症状から、害虫そのものは見えなくても原因を判別できるよう、現れる部位ごとのピーマンの被害・症状を説明します。


ピーマン果実と葉茎

出典:Flickr (Photo by Meredith Leigh Collins)
ピーマン栽培における害虫の被害は、茎葉や果実への直接的な食害だけでなく、モザイク病など病気を媒介することもあるため、順調な生育のためには予防・対策が欠かせません。
また、ピーマンを加害するアブラムシ、アザミウマ、コナジラミ、ハダニなど薬剤抵抗性が発達しやすいタイプの害虫も多く、薬剤だけに頼らない総合的な防除が必要です。ここでは各被害部位の特徴とともに、注意すべき害虫について説明します。

▼ピーマンの育て方ならこちらをご覧ください。
▼薬剤抵抗性についてはこちらをご覧ください。

葉・茎に被害を及ぼす害虫

ここでは葉や茎を加害する害虫をその被害の様子と合わせて紹介します。

アブラムシ類

ワタアブラムシに寄生されたピーマンの葉

【害虫名】
ワタアブラムシ、モモアカアブラムシ、ジャガイモヒゲナガアブラムシなど
【食害の様子】
茎葉に集団で寄生して吸汁するため、葉が奇形となったり、黄化したりするなどの被害をもたらします。生長点付近に被害を受けると芯止まり症状が発生することもあります。またウイルスを媒介してモザイク病などを発症させます。さらに多発時には排泄物などによりすす病を発生させ、葉が黒くなるなど、間接的被害も大きな問題となっています。
【予防と対策】
アブラムシ類を駆除・防除する方法

▼モザイク病についてはこちらをご覧ください。
▼すす病についてはこちらをご覧ください。

コナジラミ類

タバココナジラミに寄生されたピーマン葉

【害虫名】
タバココナジラミ、オンシツコナジラミなど
【食害の様子】
葉裏や生長点付近に寄生して吸汁被害をもたらします。寄生された葉を手で払うと白い成虫が舞い立つのが確認できます。多発して被害が進むと生長が抑制されます。また直接的な吸汁被害のみでなく、排泄物によるすす病やウイルス媒介による病気など、間接的な悪影響をおよぼします。
【予防と対策】
コナジラミ類を駆除・防除する方法


カメムシ類

ホオズキカメムシに寄生されたピーマン

【害虫名】
ホオズキカメムシ
【食害の様子】
成虫や幼虫が集団となって新梢(しんしょう)や茎に寄生し、吸汁被害をもたらします。多発した場合、株全体が萎(しお)れたり、生長が抑制されたりします。
【予防と対策】
圃場付近の雑草に生息し、圃場内に侵入することがあるため、適切な雑草の管理を行います。万が一、侵入されてしまった際には、なるべく発生の初期段階で捕まえて捕殺することで被害を抑えられます。
カメムシ類を駆除・防除する方法


アザミウマ類

ミナミキイロアザミウマに加害されたピーマンの葉

【害虫名】
ミナミキイロアザミウマ、チャノキイロアザミウマ、クリバネアザミウマなど
【食害の様子】
成虫・幼虫が葉に寄生・吸汁します。被害葉はカスリ状の小さな斑点状の被害痕が見られます。多発して被害が進むと、葉が縮れて変形します。また間接的な被害としてウイルスを媒介し、黄化えそ病を発生させます。これに感染すると葉縁から変色して落葉し、生長が著しく抑えられます。
【予防と対策】
アザミウマ類を駆除・防除する方法

▼黄化えそ病についてはこちらをご覧ください。

ヨトウムシ類

ハスモンヨトウの被害を受けたピーマンの葉

【害虫名】
ハスモンヨトウなど
【食害の様子】
若齢幼虫は葉裏から集団で食害します。その際、葉の表皮を残して食べるため、食害部分は白く透けたように見えます。中齢以降の幼虫では摂食量が増えて葉に穴をあけて食い荒らし、ボロボロにしてしまいます。
また、卵は葉裏に黄土色の鱗毛で覆われている特徴的な卵塊が産み付けられ、ハスモンヨトウの被害を見極める手がかりの一つとなります。
【予防と対策】
ヨトウムシ類を駆除・防除する方法


ダニ類

チャノホコリダニの被害を受けたピーマンの葉

【害虫名】
ナミハダニ、カンザワハダニ、チャノホコリダニ、シクラメンホコリダニなど
【食害の様子】
ハダニ類は主に葉裏に寄生・吸汁し、寄生密度が多くなると葉が黄化・萎縮し、最後には落葉します。発生初期では被害の様子を判断しにくく見極めるのが困難ですが、新梢付近の葉に被害が出やすいため、この部分を常に確認しましょう。
ホコリダニ類は主に若い葉や生長点付近に寄生して吸汁し、被害を受けた葉は葉表側に巻き、葉の縁が内側に湾曲します。生長点は銀灰色に変色し、芯止まり症状となります。
【予防と対策】
ハダニ類を駆除・防除する方法
ホコリダニ類を駆除・防除する方法


葉・茎を食害するほかの注意すべき害虫

上記の害虫以外にも発生することがある害虫について紹介します。

カイガラムシ類

【害虫名】
ナスコナカイガラムシ、マデイラコナカイガラムシなど
【食害の様子】
葉や茎に寄生・吸汁してピーマンの生長を妨げます。体の表面が白色粉状のロウ物質でおおわれており、被害葉では虫体の白色が目立ちます。また大量に発生すると排泄物が葉茎や果実を汚し、すす病発生の原因となります。
【予防と対策】
寄主植物の範囲が広く、雑草などから侵入することもあるため、圃場内部と周辺の雑草管理を適切に行います。
薬剤防除も可能ですが、二齢幼虫以降のカイガラムシは体表面のロウ物質が薬液をはじくため効果が現れにくいことがあります。実施する際にはロウ物質に覆われていない初齢幼虫に適用できるように、国や県の発生予測情報など参考にしながらタイミングに気を付けましょう。

▼国や県の発生予察のことならこちらをご覧ください。

ナメクジ類

【害虫名】
ナメクジ、ノハラナメクジ、チャコウラナメクジなど
【食害の様子】
葉茎を食害して穴をあけます。這って移動し、粘液が痕跡として残るのでナメクジの被害と判断できます。
また果実を穴をあけて食害することもあり、被害果では葉茎同様に粘液が付着します。
【予防と対策】
ナメクジ類を駆除・防除する方法


花に被害を及ぼす害虫

ここでは花を加害する害虫をその被害の様子と合わせて紹介します。

アザミウマ類

【害虫名】
ヒラズハナアザミウマ、ミカンキイロアザミウマ、ミナミキイロアザミウマなど
【食害の様子】
主に花に寄生して花粉を食べます。被害が進むと果梗(かこう)や萼(がく)が点状・カスリ状に変色します。
またウイルスを媒介し、黄化えそ病を発生させます。
【予防と対策】
アザミウマ類を駆除・防除する方法


果実に被害を及ぼす害虫

ここでは果実を加害する害虫をその被害の様子と合わせて紹介します。

アザミウマ類

ミナミキイロアザミウマに加害されたピーマン果実

【害虫名】
ミナミキイロアザミウマ、ミカンキイロアザミウマ、チャノキイロアザミウマ、クリバネアザミウマなど
【食害の様子】
葉のみでなく果実にも寄生して吸汁被害をおよぼします。被害部分には灰褐色をしたケロイド状の痕が残り、品質を著しく損ないます。
またウイルスを媒介し、黄化えそ病を発生させます。
【予防と対策】
アザミウマ類を駆除・防除する方法


タバコガ類

オオタバコガに加害されたピーマン果

【害虫名】
タバコガ、オオタバコガなど
【食害の様子】
幼虫が果実に食入して内部を食い荒らします。被害を受けた果実には5~10mmの食入孔が見られます。食害が収量に直接影響するため、大きな被害となります。
【予防と対策】
タバコガ類を駆除・防除する方法


アブラムシ類

モモアカアブラムシに寄生されたピーマンの果実

【害虫名】
ジャガイモヒゲナガアブラムシなど
【食害の様子】
果実から吸汁し、被害をおよぼします。吸汁部分は黄化したり、黒色の斑点が残ったりして商品価値を損なわせます。
またウイルスを媒介してモザイク病を発生させます。
【予防と対策】
アブラムシ類を駆除・防除する方法


ダニ類

チャノホコリダニの被害を受けたピーマン果

【害虫名】
チャノホコリダニ、シクラメンホコリダニなど
【食害の様子】
果実に寄生・吸汁します。特に幼果が加害されると、その部分が灰褐色に変色し、ザラザラとしたサメ肌状になります。
チャノホコリダニでは果実全体がカスリ状に褐変しますが、シクラメンホコリダニでは果実の溝に沿って褐変します。
【予防と対策】
チャノホコリダニを駆除・防除する方法


果実を食害するほかの注意すべき害虫

上記の害虫以外にも発生することがある害虫について紹介します。

コナジラミ類

【害虫名】
タバココナジラミなど
【食害の様子】
果実に寄生して吸汁被害をもたらします。被害を受けた果実は緑色が抜けて特徴的な白化果実となります。葉から吸汁するコナジラミと同様にウイルスを媒介し、病気の原因となります。
【予防と対策】
コナジラミ類を駆除・防除する方法


根に被害を及ぼす害虫

ここでは根を加害する害虫をその被害の様子と合わせて紹介します。

コガネムシ類

【害虫名】
ドウガネブイブイなど
【食害の様子】
幼虫が根を食害します。育苗期などに被害をうけることが多く、地上部の生長が妨げられ、ひどい場合には枯死してしまいます。
【予防と対策】
コガネムシ類を駆除・防除する方法


センチュウ類

【害虫名】
サツマイモネコブセンチュウなど
【食害の様子】
寄生されると、根の組織が肥大してコブ状になります。多発した場合には地上部で葉茎の萎れや黄化が見られ生長が妨げられます。
【予防と対策】
寄生部位が土中の根であり、発生を確認することが困難であるため、予防が重要です。必要に応じて種まきや定植前に土壌消毒することも有効な対策となります。
センチュウ類を駆除・防除する方法

▼土壌消毒についてはこちらをご覧ください。

害虫によって媒介されるウイルス病に要注意

ピーマン
出典:Flickr (Photo by Michele Dorsey Walfred)
ピーマン栽培は害虫類の活動が活発な高温環境が適しているため、生育中を通して対策が必要です。中でもアブラムシ類やアザミウマ類は吸汁被害をもたらすのみでなく、ウイルス病を媒介するため病気の発生にも注意しましょう。害虫の中には薬剤抵抗性が発達しやすいものもいるため、農薬だけに頼らない総合的な対策が求められます。被害を見極めて最適な防除を行いましょう。

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
村田 康允
村田 康允

大阪府茨木市出身。大学院農学研究科で農業害虫を扱った研究に取り組み、博士号を取得。国際学会・ワークショップや応用研究プロジェクトなどに積極的に参加。 幼少期から持つ生物への興味とこれまでの経験を活かして、栽培・農薬・害虫などの記事編集を担当。 好きなことは音楽で遊ぶこと。

育て方・病害虫を一発検索