症状からわかるナスの害虫

ナスの葉や果実を食害したり、排泄物などのよごれによって病気を発症させたりする害虫。加害部位とそこに現れる被害症状から、害虫そのものは見えなくても原因を判別できるよう、現れる部位ごとのナスの被害・症状を説明します。


食害されたナス葉

出典:Flickr(photo by Scot Nelson
ナスの栽培で問題となる害虫には、昆虫類やナメクジ類、ダニ類などが含まれます。ナスの葉や果実を食害するもの、葉や茎から吸汁するもの、汚れから病気などを発生させるものなどがあり、それぞれに対策が必要となります。ナスは更新剪定によって栽培が長期間に及ぶ作物です。害虫による被害は早めに見極めて、適切な対策・防除を行いましょう。

▼ナスの育て方ならこちらをご覧ください。

▼ナスの病気のことならこちらをご覧ください。

ナスの葉や茎に被害を及ぼす害虫

葉や茎は最も食害を受けやすい部位です。発生・増殖して被害が広まると生育不良など大きな影響を与えます。ここでは代表的な害虫による葉や茎への影響を被害の様子と合わせて説明します。

アブラムシ類

アブラムシに寄生されたナス葉
出典:Flickr(photo by Scot Nelson

【害虫名】
ワタアブラムシ、モモアカアブラムシ、ジャガイモヒゲナガアブラムシなど
【食害の様子】
ナスの茎頂部付近の葉や中位・下位の葉などに寄生して加害します。吸汁された部分は変色します。また、間接的な影響として、すす病菌の繁殖誘導やモザイク病などのウイルス病の媒介があります。
【予防と対策】
アブラムシ類を駆除・防除する方法

▼すす病やモザイク病のことならこちらをご覧ください。

ダニ類

ハダニに加害されたナスの葉
出典:Flickr(photo by Scot Nelson

【害虫名】
ナミハダニ、カンザワハダニ、ミツユビナミハダニ、チャノホコリダニ、トマトサビダニなど
【食害の様子】
ハダニ類は葉から吸汁し、吸汁された部分は色素が抜けて白っぽくなって食害痕となります。発生初期は葉脈に沿って食害痕が現れますが、密度が高くなると葉全体に広がり、ハダニが吐く糸で葉が覆われます。被害が進んだ終期では乾燥して萎(しお)れてしまいます。
チャノホコリダニは生長点近くや若い葉に好んで寄生・食害します。加害が進むと葉がねじれて奇形となったり、被害部分の生長が止まってしまったりします。そうなると再び生長開始するまでに時間がかかり、大きな損失となります。
またトマトサビダニは葉・茎を食害し、食害部分が褐色に変化します。被害が広がると葉全体が褐色となり枯死してしまいます。
【予防と対策】
ハダニ類を駆除・防除する方法
チャノホコリダニ類を駆除・防除する方法


アザミウマ類

アザミウマ による食害を受けたナス葉

【害虫名】
ミナミキイロアザミウマ、ミカンキイロアザミウマ 、ネギアザミウマなど
【食害の様子】
葉脈沿いに吸汁し、吸汁された部分は小さな白い斑点が残ります。食害が進むと葉表面が光沢を帯び、小さな黒い点状の汚れが目立つこともあります。最終的には葉が褐変して萎れてしまいます。また間接的な被害として、ウイルスを媒介して黄化えそ病をもたらします。
【予防と対策】
アザミウマ類を駆除・防除する方法

▼黄化えそ病のことならこちらをご覧ください。

ヨトウムシ類

ヨトウガに食害されたナス葉

【害虫名】
ハスモンヨトウなど
【食害の様子】
卵からふ化して間もない幼虫は集団で葉裏から食害します。幼虫の成長に伴って食害量も増えるため、中齢以降の幼虫では葉が食べつくされることもあります。
【予防と対策】
ヨトウムシ類を駆除・防除する方法
※上記リンク先の記事で紹介されている「スピノエース顆粒水和剤」には、ナスにおいてヨトウムシ類の適用がないので使用することはできません。


ハモグリバエ類

ハモグリバエによる食害を受けたナス葉

【害虫名】
ナスハモグリバエ、マメハモグリバエ、トマトハモグリバエなど
【食害の様子】
幼虫は葉の内部に潜り込み食害しながら進むため、白い曲がりくねった食害痕が残ります。幼虫の進み方によって食害痕の形はさまざまです。密度が高くなると食害痕が葉全体に広がり、最終的に枯れてしまいます。
【予防と対策】
ハモグリバエ類を駆除・防除する方法


カメムシ類

ミナミアオカメムシに加害されるナスの葉
出典:Flickr (Photo by Andreas Rockstein)

【害虫名】
ミナミアオカメムシ、アオクサカメムシ、ブチヒゲカメムシ、ホオズキカメムシ、コアオカスミカメなど
【食害の様子】
成虫および幼虫が葉や茎を食害します。食害部は萎れたり、先の生長が止まったりします。特にコアオカスミカメは、生長点付近の未熟な若い葉をよく食害するため、生育が進むとその部分に穴があいていびつな形になります。
【予防と対策】
カメムシ類を防除・駆除する方法
※上記リンク先の記事で紹介されている「スミチオン乳剤」には、ナスにおいてカメムシ類の適用がないので使用することはできません。


テントウムシダマシ類

テントウムシダマシに食害されるナスの葉
出典:Wikimedia

【害虫名】
ニジュウヤホシテントウ、オオニジュウヤホシテントウなど
【食害の様子】
成虫および幼虫が表皮部分を残して葉を食べるため、食害部分は網目状になります。さらに被害が広がると、葉は縮んで枯れてしまいます。
【予防と対策】
テントウムシダマシ類を防除・駆除する方法


ナスの葉・茎を食害するほかの注意すべき害虫

上記の害虫以外にも発生することがある害虫について紹介します。

コナジラミ類

【害虫名】
オンシツコナジラミ、タバココナジラミなど
【食害の様子】
葉に白くて小さな成虫や黄色い幼虫などが多数寄生しているのがわかります。葉を手で払うと白い成虫が舞い立つのが確認できます。特に新葉の裏などに多く寄生・吸汁し、葉を萎れさせ、ナス全体の生長を妨げます。また排泄物などにカビが発生してすす病の原因となります。露地栽培ではあまり問題になることはありませんが、施設栽培で発生することが多い害虫です。
【予防と対策】
コナジラミ類を駆除・防除する方法


ハムシ類

【害虫名】
ナスナガスネトビハネムシ、タバコノミハムシなど
【食害の様子】
ナスナガスネトビハネムシの成虫は、体長約2mmほどで黒く光沢があります。一方、近年発生が確認されているタバコノミハムシの成虫は赤褐色で背面の中央部分にぼやけたような黒斑があります。いずれも葉に寄生して食害し、被害を受けた葉には小さな白い円形の食害痕が残り、ナスの生長とともに穴があくこともあります。
【予防と対策】
被害の拡大を防ぐため、ナスの栽培が終わったら残渣を速やかに処分しましょう。


タバコガ類

【害虫名】
オオタバコガ、タバコガなど
【食害の様子】
葉裏に産み付けられた卵からふ化した幼虫は葉内部を食害し、葉に円形の穴をあけることがあります。生長して大きくなると茎や幹を食い進んで内部に食入します。被害を受けたナスは芯止まり症状となったり、食入部から先が萎れて最終的に枯死したりします。
【予防と対策】
タバコガを防除・駆除する方法


コナカイガラムシ類

【害虫名】
マデイラコナカイガラムシ、ナスコナカイガラムシなど
【食害の様子】
葉や茎に寄生して吸汁します。多数寄生すると生長を妨げ、さらに排泄物などの汚れからすす病の発生を促します。
【予防と対策】
見つけ次第捕殺したり、栽培地付近の除草を行うなどの対策が必要です。年間を通じて発生する害虫なので、早期発見して対応できるかどうかが重要となります。


ナスの果実に被害を及ぼす害虫

果実が食害を受けるとナスの商品価値を著しく低下させ、利益の損失につながります。ここでは各害虫による果実への被害の様子を紹介します。

アザミウマ類

アザミウマ による加害を受けたナス果実

【害虫名】
ミナミキイロアザミウマ、ミカンキイロアザミウマ、ダイズウスイロアザミウマなど
【食害の様子】
成虫および幼虫が果実および果実上部のへた部分などを吸汁します。被害を受けた部位は灰褐色のケロイド状になり、商品価値が著しく損なわれます。
【予防と対策】
アザミウマ類を駆除・防除する方法


ダニ類

チャノホコリダニの加害を受けたナス果実

【害虫名】
チャノホコリダニ、トマトサビダニなど
【食害の様子】
葉だけでなく果実からも吸汁します。被害を受けた果実は灰褐色となり、果皮表面が硬くなって亀裂が生じます。
【予防と対策】
チャノホコリダニ類を駆除・防除する方法


ナスの果実を食害するほかの注意すべき害虫

上記以外にもナスの果実に発生することがある害虫について紹介します。

アブラムシ類

【害虫名】
ワタアブラムシ、モモアカアブラムシ、ジャガイモヒゲナガアブラムシなど
【食害の様子】
葉に発生することが多いアブラムシですが、その密度が高くなると果実にも寄生します。吸汁によって生長を妨げ、また加害部については着色不良が生じます。
【予防と対策】
アブラムシ類を駆除・防除する方法


ヨトウムシ類

【害虫名】
ハスモンヨトウなど
【被害の様子】
基本的に被害を受けるのは葉ですが密度が高くなると成長が進んだ幼虫が果実部も食害し、表面や内部を食い荒らします。
【予防と対策】
ヨトウムシ類を防除・駆除する方法


ナメクジ類

【害虫名】
ナメクジ、ヤマナメクジ、チャコウラナメクジ、ノハラナメクジなど
【被害の様子】
主に果実を食害しますが、葉や花にも被害が及ぶことがあります。被害を受けた果実には垂直に掘り下げられた穴ができたり、カギ裂き状に食害されたりすることもあります。タバコガによる被害との違いは、周囲に光沢のある粘着物が付着することです。
【予防と対策】
ナメクジ類は湿度が高い環境を好むため、圃場や土壌の多湿を避け、腐敗しつつある植物や残渣などを取り除きます。多発した場合は農薬を使用して駆除しましょう。


タバコガ類

【害虫名】
タバコガ、オオタバコガなど
【被害の様子】
被害が進むと、葉や茎のみでなく果実にも食入します。中齢から成熟幼虫では、特に果実内部をよく食害するため、大きな被害となります。果実に穴をあけるという点ではナメクジの食害痕と似ていますが、タバコガの場合は周囲に糞があることで見分けられます。
【予防と対策】
タバコガ類を防除・駆除する方法


カメムシ類

【害虫名】
ミナミアオカメムシ、アオクサカメムシ、ブチヒゲカメムシなど
【被害の様子】
葉だけでなく、果実から吸汁します。果実の被害部分は小さくくぼみ、商品価値の低下を招きます。
【予防と対策】
カメムシ類を防除・駆除する方法


コナカイガラムシ類

【害虫名】
マデイラコナカイガラムシ、ナスコナカイガラムシなど
【食害の様子】
発生後、密度が高くなると果実にも寄生・吸汁します。葉の場合と同様に排泄物などの汚れから、すす病の発生を促します。
【予防と対策】
見つけ次第捕殺したり、栽培地付近の除草を行うなどの対策が必要です。年間を通じて発生する害虫なので、早期発見して対応できるかどうかが重要となります。


ナスの根に被害を及ぼす害虫

根は地上部への栄養供給に重要な役割を果たすため、これが被害を受けると地上部の生長にも大きく影響します。ここでは根に特徴的に寄生する害虫の被害について説明します。

ネコブセンチュウ類

ネコブセンチュウの被害を受けたナスの根
出典:Flickr(photo by Scot Nelson

【害虫名】
サツマイモネコブセンチュウ、キタネコブセンチュウ、ジャワネコブセンチュウ、アレナリアネコブセンチュウなど
【食害の様子】
根の組織がこぶ状に膨れます。密度が高くなり被害が進むと根が脱落するため、地上部も葉の変色や枯死などにつながります。
【予防と対策】
同じ土壌で続けて栽培を行うとセンチュウ類の増殖により連作障害が発生することもあります。そのような場合、土壌消毒を行うなどの対策も重要なポイントとなります。
センチュウ類を防除・駆除する方法

▼土壌消毒のことならこちらをご覧ください。

ナスの生長を止めてしまうダニ類に要注意!

ナス
出典:Flickr(photo by Toshiyuki IMAI)
ナスはさまざまな害虫から加害されますが、なかでもチャノホコリダニ類は重大な被害を及ぼす害虫です。葉や茎に寄生して生長をとめてしまうだけでなく、最終生産物である果実にも寄生して商品価値を著しく損なわせてしまうからです。発生した場合には迅速な駆除を心がけます。
露地または施設などの栽培状況や、天敵などの生物農薬と、薬剤などの利用状況およびそのバランスなどで各害虫の発生状況は大きく変わります。害虫による被害が生じた際は、なるべく早く原因を見極め、栽培状況に合った適切な防除体系を目指しましょう。

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
村田 康允
村田 康允

大阪府茨木市出身。大学院農学研究科で農業害虫を扱った研究に取り組み、博士号を取得。国際学会・ワークショップや応用研究プロジェクトなどに積極的に参加。 幼少期から持つ生物への興味とこれまでの経験を活かして、栽培・農薬・害虫などの記事編集を担当。 好きなことは音楽で遊ぶこと。

育て方・病害虫を一発検索