農業害虫カメムシ類を駆除・防除する方法

4〜10月にかけて果実やマメ科、ナス科などの作物を食害する臭い害虫カメムシ類の種類や大量発生する前の効果的な駆除対策を紹介します。また、同じカメムシ類でも天敵昆虫ヒメハナカメムシ類はアザミウマなどの吸汁害虫を退治してくれる益虫でもあります。


カメムシ

出典:写真AC
カメムシは、住宅地にも発生する臭い汁を出す虫として知られていますが、農業では農作物に被害を及ぼす害虫としての面と、害虫を食べる益虫としての役割があります。本記事では、主に害虫としてのカメムシの生態と駆除・防除方法について説明します。

カメムシ類とは

カメムシ
出典:写真AC
カメムシ類は、成虫や幼虫が作物に口針とよばれるトゲのようなものを刺して汁を吸うのが特徴です。臭い匂い(分泌液)を放つため、「ヘコキムシ」「ヘクサムシ」などともいわれます。
主に夜行性なので、夜間に飛来して吸汁活動を行ないます。
名前  カメムシ類
分類  カメムシ(半翅)目カメムシ亜科
多発時期  4〜10月

カメムシ類の生態

年1〜3世代ほど発生します。
3〜4月に暖かくなると越冬から目覚めて、雑草や作物に飛来して産卵を行います。
卵は主に卵塊を形成して、数十個単位で葉の面などに産卵します。卵は円筒形で、幼虫は成虫と同様の形をしていますが、色や模様が異なります。
幼虫は5齢からなり、孵化直後から2齢幼虫の間に吸汁活動を開始します。
10〜11月になると成虫は、主に日当たりの良い草地の落ち葉の下や、石垣の隙間などで越冬します。

カメムシ類の種類

農作物に被害をもたらすカメムシは多数いますが、その中でも「ミナミアオカメムシ」「アオクサカメムシ」「ホソヘリカメムシ」「ブチヒゲカメムシ」などは大きな被害をもたらす害虫として知られています。

アオクサカメムシ、ミナミアオカメムシ成虫の見分け方
アオクサカメムシとミナミアオカメムシの成虫はよく似ています。
見分け方は、腹の背面(翅をとった内側)が緑色であればミナミアオカメムシで、黒色であればアオクサカメムシです。


ミナミアオカメムシ

ミナミアオカメムシ 成虫
出典:wikimedia

成虫(上画像)
成虫の体長は12~16mm位で、体色は一様に光沢の少ない緑色をしています。

以前は和歌山県より西に発生していましたが、近年愛知県などでも発生が見られる、イネやダイズの重要害虫です。
イネ類、ムギ類、マメ類、ナス類、アブラナ科類、ミカンなどの果樹を好みます。
増殖性が強く、雌は80個前後ほどの卵塊を、水稲の葉裏や草などに産卵します。

ミナミアオカメムシ幼虫
出典:Flickr(Photo by Steven Falk

3齢幼虫(上画像)
幼虫の体色は1〜3齢は暗褐色で、集団で生活します。
テントウムシと間違えないように気をつけます。

 

ミナミアオカメムシ 幼虫
出典:Flickr(Photo by Bernard Spragg. NZ

5齢幼虫(上画像)
4齢から徐々に成虫に近い黄緑色になっていきます。


アオクサカメムシ

アオクサカメムシ
出典:写真AC

成虫
体長は12~16mmほどで、光沢の少ない緑色をしています。
幼虫
1〜3齢は暗褐色で、4齢から徐々に黄緑色になっていきます。

全国的に発生し、イネ類、マメ類、ゴマ類、キク類など多くの作物を加害します。
雌は80個前後の卵塊を産卵します。

ホソヘリカメムシ

ホソヘリカメムシ
出典:wikimedia

成虫
体長14~17mm位で、茶褐色をしています。
細長く足が長いため、特に幼虫はアリに似た外観をしています。

多食性でマメ類、バラ類、ゴマ類、イネ類など多くの植物を好みます。
卵塊ではなく、1粒ずつバラバラに産卵します。

ブチヒゲカメムシ

ブチヒゲカメムシ
出典:wikimedia

成虫
体長は10~14mmで、触覚が白と黒のブチ模様をしています。
体色は赤褐色〜黄褐色の菱型で、成虫は丸型をしています。
成・幼虫ともに体全体が白い毛で覆われています。

多食性でイネのほかテンサイ類、マメ類、タバコ、キク類、ゴマ類、ユリ類など多くの植物を好みます。
雌は約30個ほどの卵塊を草の葉面や莢(さや)に産み付けます。

多発条件

カメムシが多発する条件について説明します。

1. 雑草の繁茂

カメムシは主にイネ科やマメ科などの雑草に生息して、圃場に飛んできます。
圃場周辺の雑草の刈り取りが行われていない場合、被害が大きくなります。

2. イネの刈り取り時期

イネにカメムシが付いている場合が多いので、イネの刈り取り時期には田んぼからカメムシが多く飛来します。

3. 暖冬

暖冬の年は成虫の越冬量が増加するため、春の発生が多くなります。

カメムシ類の主な被害作物の症状

クサギカメムシ
クサギカメムシ幼虫 出典:写真AC
カメムシは、稲作では吸汁痕が斑点米となり等級が落ちるなど、イネで重要な害虫です。
また雑食性のためマメ類、ナス類、カンキツ類などでも被害が大きくなります。

エダマメ・ダイズ

実と葉に被害が及びます。
実の被害はホソヘリカメムシ、イチモンジカメムシ、アオクサカメムシ、ブチヒゲカメムシなどのカメムシ類の成虫や幼虫が口針を莢にさし込んで、実を吸汁します。
被害が大きくなると、莢が偏平のまま膨らまず、黄変して落ちる莢もあります。莢が膨らんだ状態で吸汁されると、実は褐変します。
メダカナガカメムシという種類によって葉が吸汁され、白化することがありますが、被害は大きくなりません。

多発時期

吸実性カメムシ類は、若莢が着き始める時期に成虫が畑に飛来します。
成虫が最も好む時期は莢の伸長期から子実肥大中期にかけてなので、結莢期から子実肥大中期までの数週間は防除が必要です。

ナス・トマト

ミナミアオカメムシや、アオクサカメムシによる被害が大きいです。
ナス果実が吸汁されると、果実がくぼんで、果肉が褐変します。茎や葉も加害され、茎では被害部から上部が萎れます。
トマト果実が加害されると、吸汁された部分から円状に白くなります。

多発時期

露地では8〜10月、ハウス栽培では9〜10月ごろにかけて発生が目立ちます。

オクラ

ブチヒゲカメムシやミナミアオカメムシの成虫、幼虫が果実や蕾を吸汁します。
外見上は吸汁部が褐色に盛り上がり、子実が変色したり、吸汁部が褐色に変色します。被害が激しいと内部がスポンジ状になります。

多発時期

8月中下旬〜10月に多発します。

カンキツ

チャバネアオカメムシ、ツヤアオカメムシ、クサギカメムシなどの成虫、幼虫が花、果実を吸汁します。
越冬虫が多いと、花や幼果の落果を引き起こすことがあります。
果実の被害は外見上は目立ちませんが、早期にまだらに着色して落果することなどがあります。
カンキツなど果樹に寄生するのは、樹木の種子を食べる種子食性カメムシで、ヒノキやスギの球果と呼ばれるものを主にエサにしています。これらが不足してくると、果樹園に飛来して、果実を食害します。

多発時期

被害の発生は8月中旬~11月上旬にみられ、例年被害が多いのは9月中旬ごろです。
越冬虫が多く、周囲の森林でヒノキやスギの球果が不足すると、4〜7月の早期に栄養不足のため果樹園に飛来して果実を食害します。


カメムシ類に有効な3つの対策

防虫ネット
出典:写真AC
カメムシ類の被害が拡大する前に行う対策について説明します。

1. カメムシ類の飛来を防ぐ被覆資材の利用

カメムシ類は次々と飛来するので薬剤散布のタイミングが難しいことから、成虫の飛来を抑える防虫ネットや寒冷紗などを利用した防除方法が最も効果的です。
ネットの目合いは1mm以下のものを使用すると、アザミウマなどの害虫侵入も同時に防ぐことができます。
また果樹園などでは、周りに防風ネットを設置するとことで、カメムシ類の飛来を防ぐこともできます。

ITEM
防虫ネット
防虫ネットは外敵から大切な農作物を守ります。
また、透光性や雨通し、強風暖和に優れています。
縦縞のシルバーが太陽光線の反射で大切な農作物を害虫から守る効果があります。
農薬の使用量を減らし、安全安心な野菜を栽培するための代替技術として非常に有効です。

・規格:幅1.8×長さ10m
・網目サイズ:1mm

2. 成虫の捕獲

カメムシ類の成虫の姿を見つけたら捕獲します。
葉にいる成虫は叩くと葉から落ちるので、下に容器などを置いて地面に落ちないように駆除しましょう。
直接触ると匂いが気になる方は、ガムテープなどで捕獲します。

3. 農薬(殺虫剤)で駆除

カメムシ類の農薬による対策は、植物の生育期に発生する成虫、幼虫対策に農薬散布を行います。
越冬後のカメムシが活動し始める3月末ごろから、農薬の散布を行いましょう。
※生産者の方は、地域の防除指導機関やJAなどが推奨する効果の高い薬剤を選定し使用基準を守って作物に合う薬剤を使用しましょう。
※家庭菜園の方は、駆除したい虫をしっかり把握した後、必ず作物に合った薬剤を選びましょう。

カメムシが飛来するタイミング

速効的な効果のある農薬です。カメムシが飛来するタイミングで散布すると効果があります。

ITEM
スミチオン乳剤
稲、果樹、野菜の各種害虫への効果があります。
害虫が薬剤に接触すること、薬剤の付着した植物を食べることによって効果を発揮します。
植物の体内に食入した害虫にも有効です。
卵から成虫までの各ステージでの高い殺虫効果を発揮します。

・内容量:500ml
・有効成分:MEP(50.0%)

カメムシが飛来する前

  • 残効性があり、飛来する前に散布しておくと効果があります。
ITEM
アルバリン顆粒水溶剤
現在問題となっている広範囲の害虫カメムシ類、コナジラミ類、マメハモグリバエなどに効果があります。
根部及び茎葉部から容易に吸収され、高い浸透移行性を有し、茎葉散布、土壌混和処理、育苗箱処理にて速やかに効果を発揮し、十分な残効を示します。

・内容量:100g
・有効成分:ジノテフラン(20.0%)

木酢液が効果アリ!
カメムシは木酢液によって、忌避効果があります。予防的に散布しておくと、カメムシの飛来や増殖を抑えられる可能性があります。

ITEM
木酢原液
木酢液とは、炭を焼く際に発生する煙を採取し冷却、分離、精製(又は蒸留)された、樹木の成分が濃縮された自然の植物エキスです。
成分は多くの有機酸やアルコール、フェノール類(ポリフェノール)などの200種類の成分でできています。

・容量:1000ml

益虫としてのカメムシ類

出典:wikimedia
カメムシ類は農業で害虫として扱われる一方で、害虫を捕食する益虫としての側面もあります。
ヒメハナカメムシ類は、アザミウマ類やコナジラミ類を捕獲して吸汁、殺虫します。
またカメムシ目カスミカメ科のタバコカスミカメも、アザミウマ類やコナジラミ類を捕食するカメムシの仲間として農業で活用されています。

家庭でカメムシ類が発生してしまったら?

カメムシ 網戸
出典:写真AC
家庭でも体や外に干した洗濯物に付着してカメムシが侵入することがあります。
稲刈りのシーズンに稲から飛来したり、10〜11月に越冬場所を求めて飛来して、家に侵入することが多いようです。
カメムシ類は刺激すると酷い臭い(分泌液)を発するため、なるべく刺激せずに捕獲することが重要です。ガムテープで捕獲する、冷却スプレーで凍らせるなどの方法があります。
外壁やサッシに、侵入を予防するためのスプレーをしておくのも、効果的です。
ITEM
凍殺ジェット
殺虫剤を使わずに凍らせて瞬殺!-85℃の超冷気で、虫の動きをすばやく止めて駆除します。
殺虫剤を使用していないので、子どもやペットのいる家庭にもおすすめです。
環境に配慮した処方温暖化係数の低いガスを使用。より環境にやさしい処方になりました。
1本で這う虫(ムカデ・カメムシなど)にも飛ぶ虫(ガなど)にも効果があります。

・内容量:300ml


ITEM
カメムシエアゾール
天然成分(除虫菊)を配合し、2つの有効成分で嫌なニオイを出すカメムシをすばやく退治します。
手の届かないところでもパワフルトリガーのジェット噴射(※最長4m)で遠くからスプレー。
薬剤がかかった場所も汚れにくく、臭いはほとんどありません。

・内容量:480ml
・有効成分:ピレトリン(天然除虫菊抽出成分)、ペルメトリン

カメムシから作物を守るために

カメムシ
出典:写真AC
カメムシ類は成虫・幼虫が農作物を吸汁し、作物の生育を悪くし商品価値を失わせてしまいます。
カメムシ類は防虫ネットで防ぐほか、カメムシ発生時期には農薬を使用して効果的に予防しましょう。

関連する記事

カメムシ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。