すす病の原因と対策|防除方法と使用薬剤について(農薬)

レモンなどの果樹をはじめとする樹木や作物の汁を吸うカイガラムシなどの害虫が原因で発症するすす病の感染しやすい時期や環境について紹介します。さらに、すす病の防除対策、おすすめの薬剤(農薬)など詳しく説明します。


すす病

出典:Flickr(photo by Scot Nelson)
すす病とは、植物体に黒いすすを被ったような症状が現れる糸状菌(カビ)による病気です。葉の表面を覆ってしまうため、光合成を阻害したり、作物自体の商品価値を落としてしまいます。
すす病の症状と原因を押さえて、予防と早期発見、防除を心がけましょう。

すす病の症状はすす状の病斑

すす病
出典:Flickr(photo by Scot Nelson)
「作物の葉に、黒いすすのようなものが付いている」「触ると手に黒い粉状のものが付く」などの症状が現れたときは、すす病を疑いましょう。
すす病にかかると、植物の葉や茎、花、果実などの表面に黒いすす(菌糸)が生えます。最初は何となく植物表面の艶を失う程度ですが、やがて黒い菌の膜で一面を覆われてしまいます。
激しく汚れているように見えるため、作物の商品価値を落とすほか、菌に一面覆われるため植物体に光が届かなくなり、光合成ができずに生育が抑制されます。
作物の表面に付いている黒いすすはきれいに拭き取ることができ、病気痕も見られなくなるのが、ほかの病気と区別できる特徴です。

すす病の発症原因

すす病
出典:wikimedia
すす病は糸状菌(カビ)が原因の病気です。このすす病の原因となるカビは多数ありますが、ほとんどが腐生菌(腐ったものなどに生える空気中にいる菌)で、植物自体に寄生することはありません。
つまり、カビ自体が植物に寄生しているわけではなく、カイガラムシ類やアブラムシ類、コナジラミ類といった害虫の排泄物にカビが生えることで発症する病気です。
菌名 Capnophaeum fuliginodes
 Asteridiella viburni など
分類  糸状菌
発生時期  春から秋(害虫の発生が多い時期)

すす病の原因はカイガラムシ類、アブラムシ類、コナジラミ類の排泄物

すす病
出典:Flickr(photo by Scot Nelson)
作物の害虫となるカイガラムシ類、アブラムシ類、コナジラミ類の分泌した排泄物は甘露ともよばれ、病原菌が好む栄養源が含まれています。
多発したカイガラムシ類、アブラムシ類、コナジラミ類が、植物体の表面を吸汁し、その害虫が出した排泄物にすす病菌が繁殖します。

すす病の発生しやすい時期

すす病が発生しやすい時期や条件について説明します。

◆発生時期

カイガラムシ
出典:wikimedia
すす病はカイガラムシ類、アブラムシ類、コナジラミ類が多発すればするほど被害が大きくなります。つまり、それらの害虫が多発する春から秋は、すす病の最も発生しやすい時期です。
害虫名 発生時期
カイガラムシ類  1年中発生(5〜7月に幼虫が孵化)
アブラムシ類  3〜10月(多発:4〜6月、9月~10月)
コナジラミ類  6〜10月

◆発生条件

日当たりが悪かったり、密植や過繁茂によって風通しが悪く、じめじめした環境下ではすす病が発生しやすくなります。

すす病に感染する主な植物

すす病
出典:Flickr(photo by Scot Nelson)
すす病は野菜や果樹、花き類など、どんな作物でもかかる病気です。
特に被害が大きくなる果樹や樹木の症状について紹介します。

レモンなどのカンキツ類、カキ、ブドウなどの果樹類

果実が商品となる果樹類は、カイガラムシの被害が大きく、すす病が発生しやすいです。
カイガラムシ類は枝や葉に発生し、すす病は果実ではヘタや果軸部分から発生しはじめます。


サザンカ、ツバキなどの樹木類

葉の表面に円形〜不整形で黒色のカビが生じて、黒色のカビが葉の表面を覆います。


すす病に有効な防除方法

すす病
出典:wikimedia
すす病に有効な防除は圃場の管理で行う方法(耕種的防除方法)と「農薬」の使用で行います。
※圃場(ほじょう)とは、田や畑のような農作物を育てる場所のこと。

すす病を発症させない管理方法

すす病は発病してから治療する方法がないため、予防対策をしっかり行いましょう。

1. カイガラムシ類、アブラムシ類、コナジラミ類を防除

カイガラムシ類、アブラムシ類、コナジラミ類などの害虫を発生させないように防除しましょう。
▼すす病を発症させる害虫の防除についてはこちらもご覧ください。

2. 風通しを良くする

密植は避ける、余分な葉は取り去るなどして、株周りの風通しをよくして、湿度を下げます。

▼樹木の剪定についてはこちらをご覧ください。

3. 適正な施肥を行う

窒素肥料を適正にして、過繁茂を抑制することも重要です。

▼窒素など要素の過不足についてはこちらをご覧ください。

4. 株周りの湿度を下げる

ハウス栽培では、ハウス内の湿度を適正に保つよう管理を行いましょう。
▼ハウスと湿度についてはこちらもご覧ください

すす病の防除に効果的な「農薬」

農薬を使用してより効果的にすす病を予防しましょう。
すす病対策は主に害虫対策ですが、すす病が発病した場合には殺菌剤を散布してカビが広がらないようにします。
※農薬使用の際は必ず作物登録、使用方法をラベルで確認してください。地域の防除指導機関やJAなどの使用基準を守り施用してください。

すす病の原因となる害虫対策に!!

すす病の原因となる害虫に広く効果があります。
ITEM
ベストガード水溶剤
顆粒水溶剤で、調製しやすく汚れがつきにくいので、収穫直前まで使用できます。
効果が長く持続するので経済性・省力性につながります。
浸透移行性に優れるため、未処理部においても高い防除効果がみられます。

・内容量:100g
・有効成分:ニテンピラム(10.0%)


ITEM
コルト顆粒水和剤
昆虫の行動を制御する殺虫剤で、速やかに害虫の吸汁行動に影響を及ぼし、高い摂食阻害活性を示します。
有機リン剤、カーバメート剤、合成ピレスロイド剤、ネオニコチノイド剤などの薬剤に対して感受性の低下した害虫に対しても有効です。
カイガラムシ類に対する一般的な適期は、幼虫の孵化開始期~孵化最盛期になります。地域やカイガラムシの種類により発生時期は異なります。

・内容量:100g
・有効成分:ピリフルキナゾン(20.0%)

被害の拡大防止に!

多くの病気に登録があり、同時に防除できます。
ITEM
トップジンM水和剤
強い浸透力があり、植物体に侵入している病原菌を死滅させます。
定期的な予防散布に、激発時のまん延防止にすばらしい効力を発揮します。
広範囲の作物病害に基幹防除剤として威力を発揮します。
ほとんどの殺虫剤・殺ダニ剤と混用できます。

・内容量:250g
・有効成分:チオファネートメチル(70.0%)

すす病対策に何より大事なのは害虫対策

すす病
出典:Flickr(photo by Scot Nelson)
すす病は害虫の多発で発生しやすく、発生すると被害が止めにくい病気です。
栽培する植物は密植せず、適正な肥料を与え、害虫の多発を抑えるなどの防除を行い、風通しの良い環境を整えることでカビの発生を防ぎましょう。

関連する記事

すす病
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。