半身萎凋病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)

ナスやトマト、ブロッコリーやキクなど多くの作物に感染し、初期症状は葉の片側が萎れたり、下葉の葉脈間に黄色~褐色の病斑が偏って発生する「半身萎凋病」の感染しやすい時期や土壌消毒などの防除方法やおすすめの薬剤(農薬)を詳しく説明します。


半身萎凋病 ひまわり
出典:wikimedia
半身萎凋病(はんしんいちょうびょう)とは植物の葉が黄化し、主に株の片側が萎(しお)れるなどの症状が現れる病気です。多犯性の病害で多くの野菜や草花を侵します。そんな半身萎凋病の発見のポイントを押さえて予防と早期発見、防除を心がけましょう。
※多犯性とは限られた種類の植物だけではなく、多くの植物に感染すること。

半身萎凋病の症状は葉の黄化と萎れ

「葉が下から黄化してきた」「株の片側だけが萎れ
ている」などの症状が現れたときは半身萎凋病を疑いましょう。
半身萎凋病に感染すると、下葉から黄化し、葉は枯れ上がります。葉や株の片側だけが黄化し萎れる場合もあります。
病気かどうか判断するために上記のような症状が出たナスやトマトなどの作物を一株抜き取り、根や地際部に近い茎を切断して観察します。維管束が褐色になっている場合、半身萎凋病の可能性があります。
※維管束とは植物の内部組織のひとつで、水や養分を運ぶ通路機能の他に、葉・茎・根など植物の各器官をつなぎ支える組織。
▼植物の病気の症状についてはこちらの記事もご覧ください

半身萎凋病の発症原因

半身萎凋病とはカビ(糸状菌)が原因の病気です。
作物によって症状がさまざまなため、呼ばれる病気の名前が変わります(キャベツやイチゴは萎凋病、ハクサイは黄化病、ダイコンに発症するとバーティシリウム黒点病など)。
名前  半身萎凋病
菌名  Verticillium dahliaeなど
分類  糸状菌/不完全菌類
発生時期  春〜梅雨、秋
発病適温(地温)  22〜26℃

半身萎凋病は土壌伝染性病害

半身萎凋病は土壌から伝染する病気で、病原体となるカビ(糸状菌)が菌核となって土壌に生息しています。この菌核は土壌中で3年以上生存することができます。
植物の根が菌核の近くに伸びてくると、菌核が発芽し、根の表面から侵入して増殖します。そして茎の道管を伝って地上部分へ感染を広げ、感染した植物の葉で作られた暗褐色〜黒色の菌核が付着した枯れ葉が、また土壌に落ちて次の伝染源となります。
※道管(または導管)とは、水分や養分を運ぶ維管束の構成要素のひとつ。

半身萎凋病が発生しやすい条件とは

半身萎凋病が発生しやすい環境や土壌について説明します。

◆比較的冷涼な気候

半身萎凋病は比較的冷涼な気候で発生します。
発病適温(地温)は22〜26℃で、気温18℃以下の低温と30℃以上の高温で発生が減ります。

◆日照不足

曇天が続く天候で発病が増加します。

◆湿潤土壌

湿潤土壌で発生が多くなりますので、梅雨など降雨が続く時期には要注意です。

◆根痛み

植物の根にセンチュウなどの被害によって受けた傷口があると、病原菌が侵入しやすくなります。
※センチュウとは主に土壌に生息し、植物の根を侵す害虫です。体長は0.5〜3mmで紡錘形(ぼうすいけい)をしており、口に槍(やり)状の口針を持ちます。

半身萎凋病に感染する主な植物

半身萎凋病はナス、トマト、ピーマン、オクラ、イチゴ、ダイコン、キクなどの多くの野菜や草花に感染しますが、植物によって症状が若干異なります。

ナス、トマト、オクラ、キクなど

発病初期は、下葉に葉脈で囲まれた黄色い斑点ができます。やがて葉の片側が枯れ、しだいに株の片側だけに症状が現われます。
症状は上部へと移行して葉は巻き上がり、その後全身が萎れ、枯死します。

イチゴ(萎凋病)

はじめ小さい葉が縁から萎れ、その後外葉が全体的に萎れます。さらに進行すれば株全体が萎凋して枯死します。
クラウンを切断すると、維管束部の一部が褐変しています。
ランナーを通じて小苗にも伝染します。

ダイコン(バーティシリウム黒点病)

葉や根に、外観的に異常な点は見られません。根を切断すると、維管束が褐色〜黒色に点々と変色しています。


半身萎凋病に有効な防除方法

半身萎凋病に有効な防除は圃場の管理で行う方法(耕種的防除方法)と「農薬」の使用で行います。
※圃場(ほじょう)とは、田や畑のような農作物を育てる場所のことです。

半身萎凋病を発症させない管理方法

農薬を使わずに行う半身萎凋病の予防方法についてご説明します。

1. 植物残渣(ざんさ)の処理

前作の植物や枯れた葉に半身萎凋病菌の菌核が付着している可能性がありますので、残渣は圃場外に持ち出して処理します。
※残渣とは、圃場などに残った生育(栽培)を終え枯れた植物体。

2. 土壌の入れ替え、消毒

前作に半身萎凋病が発生した圃場、また発生が心配される圃場は、土壌を消毒するか新しい土を入れます。
太陽熱消毒は、一年で最も暑い時期(7月中旬〜8月下旬くらいまで)に圃場にたっぷり灌水(かんすい)した後、透明のポリマルチを土の表面に隙間が無いように被せて、20〜30日程度放置してください。
プランター栽培では、新しい土と入れ替えるか、半身萎凋病が発生した土に水をたっぷり含ませ、透明のビニール袋で包み、太陽の熱を利用して消毒します。
※灌水とは水を注ぐこと、植物に水を与えること。
▼プランターの培土処理のことならこちらをご覧ください。

3. 連作をしない

ナス科植物や、イチゴ、ダイコンなどは半身萎凋病に感染しやすく、土壌中で菌が増殖する恐れがあるため、連作は避けます。

4. ブロッコリーとの輪作(半身萎凋病の病原菌が減少!?)

ブロッコリーは半身萎凋病菌に感染しますが、半身萎凋病菌の伝染源となる菌核を作らないため、土壌中の病原菌の量は、結果として減少します。輪作の作物の一つとして、おすすめします。
ただし、病気が多発した圃場(病原菌密度が高い圃場)では効果が薄いので、あくまでも予防的な方法と考えてください。

5. 水はけの良い圃場づくり

土壌の水分が多いことで、半身萎凋病菌は活発になり感染が増えます。
畝を高くしたり、腐植土、パーライト、バーミキュライト、ヤシガラなどの土壌改良材を投入して、水はけの良い土づくりをしましょう。
▼土壌改良のことならこちらをご覧ください。

6. 半身萎凋病に強い品種の利用

半身萎凋病に抵抗性、耐病性品種や台木を使うことも効果的です。
※品種の例 ナスの台木:トナシム、トルバムビガー(タキイ種苗) ダイコンの品種:健志総太り(ナント種苗)など

7. 根痛みの予防

根に傷口があると、病原菌が侵入しやすくなります。傷口を作るセンチュウなどの対策を行いましょう。
センチュウ対策には、えん麦やマリーゴールドなどの緑肥作物を栽培すると効果があるほか、椿油粕を土壌に混ぜると、サポニンという成分がセンチュウを抑制します。
▼緑肥のことならこちらをご覧ください。


▼椿油粕のことならこちらもご覧ください。

半身萎凋病の防除に効果的な「農薬」

農薬を使用してより効果的に半身萎凋病防除しましょう。半身萎凋病は発生してからの薬剤防除は難しいため、予防的に使用することをおすすめします。
※農薬使用の際は必ず作物登録、使用方法をラベルで確認してください。地域の防除指導機関やJAなどの使用基準を守り施用してください。

◆ベンレート水和剤

定植後の土壌灌注で、半身萎凋病に効果があります。
ほかの病害にも広範囲で登録があるため、同時防除が可能です。

ITEM
ベンレート水和剤
予防効果と治療効果を兼ね備えています。(成分が葉の中に浸透するため病原菌が植物体に入るのを防ぎ、すでに侵入した病原菌も退治します。)
うどんこ病・灰色かび病・菌核病など広範囲のかび性の病気に効果があります。

・内容量: 100g
・有効成分:ベノミル(50.0%)

◆家庭菜園サイズ

ITEM
GFベンレート水和剤
予防効果と治療効果を兼ね備えています。
1回分ずつ個包装されているので家庭菜園に使いやすいサイズです。

・容量:0.5g×10袋
・有効成分:ベノミル(50.0%)

▼農薬についてはこちらをご覧ください。

半身萎凋病発症後の対策

半身萎凋病の発生が見られたら、菌核が土に残らないように周辺の落ち葉や土ごと株を取り去ります。土壌に鋤き込むと病原菌を放出してしまうので、圃場の外に持ち出して処分してください。
また圃場で使用した道具や、土のついた靴は病原菌が付着しているため、丁寧に洗い、ほかの圃場へ持ち込まないようにしましょう。

半身萎凋病の人体への影響は?

半身萎凋病は植物の病気なので、人が触れたり食べることで感染することはありません。
しかし、半身萎凋病に激しく侵された農作物は、植物自体が病気に対抗して毒素を生成している可能性があるので(ファイトアレキシン、アレルギー原因タンパク質など)、人体に影響がまったく無いとも言いきれません。

半身萎凋病対策に何より大事なのは土壌消毒

半身萎凋病は発病してからの防除は難しいため、発症しないための環境づくりが大切です。
半身萎凋病が発生した圃場、発症が懸念される圃場では、土壌の消毒をしてください。抵抗性品種、輪作もおすすめです。また、多湿にならない土壌作りを心がけましょう。

関連する記事

半身萎凋病 ひまわり
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

rinko
rinko

農協、農業資材メーカーにて、営農相談業務を約10年間行っていました。 現場に寄り添った記事を心がけていきます。