プランターの土どうする?土の再生法・処分法

プランターの土は毎回新しいものを使います。では、古い土はどうしたら?土の処分方法や再生方法を紹介します。処分方では捨て方や廃棄物業者に出す方法など、たくさんの処分方を紹介。再生方では、カビや虫を防ぐ消毒の方法を紹介します。



植木鉢やプランターを使う場合、新しく植物を植えるときには新しい土を使うのが基本。古い土は栄養がなくなったり偏ったりしている上に、カビや幼虫の卵などが入っていることも。なので古い土を処分しないといけないのですが…「捨て方がわからない」「もったいないから次の鉢にも使いたい」という方も多いのでは?土の処分の仕方やリサイクル方法を解説します。

プランターの土を入れ替える理由


まず処分やリサイクルをする前に、なぜ古い土は良くないのかを知っておきましょう。

1.栄養に偏りが出ている・連作障害のおそれがある

植物が育つのに土の栄養分を使ってしまうため、育ち終わった後の土は空っぽ状態で栄養が不足して居ます。さらに、野菜が必要とする養分は種類ごとに異なり、育ったあとの土は特定の養分だけ少なくなっていたり、特定の養分だけ多くなったりします。そのような土では新しい植物がうまく育ちません。

 

2.雑菌・病原菌が増えている

古い土や一度植物が枯れた土の中には、植物の病気の原因となる菌がいる可能性が高いです。また、植物が育っている間はその植物が生えている環境を好む菌がだんだん増えていきます。菌の種類のバランスが崩れると、病気の原因となる菌が一気に増えやすくなります。

3.水はけが悪くなっている

土は、小さな土の粒が集まって大きな粒になり大きな粒同士の間に隙間があくことで、植物に必要な水や空気が流れやすくなって居ます。しかし、使っていると大きな土の粒が壊れて小さな粒になってしまいます。すると泥のようになって目詰まりを起こし、水はけや空気の通りが悪く植物の育ちにくい土になってしまいます。

土を捨てたい!土を処分する方法いろいろ


使い終わった土を捨てたい、引越しで土を捨てたいという場合、どのように捨てたらいいのでしょうか。土って燃えるゴミ?燃えないゴミ?土の処分の仕方について知りましょう!

ゴミに出す

自治体によっては燃えないゴミとして回収してくれます。その場合は普通にゴミに出せばOK。ただし、「自然物でありゴミではない」ということで、回収してくれない自治体も多いです。また、少量であればゴミとして出しても良いが、量が多い場合には回収しない、という自治体も。自治体によって大きく違いがあるため、まずは自治体のゴミルールを確認しましょう。

自治体の回収に出す

自治体によっては土のリサイクルを推奨しており、小学校や清掃事務所などで回収してくれることがあります。鉢やプランターから取り出し、枯れた草や石などを取り除いて、袋に入れて回収場所に出します。

公園など土のある場所に戻す

自治体のHPでは、公園などに相談して廃棄させてもらう、という方法が紹介されています。公園管理の人に相談してみて許可をもらえたら指示に従って廃棄しましょう。

買ったホームセンター・園芸店の回収に出す

ホームセンター・園芸店によっては不要な土を回収しているところがあります。ご自身が土を買ったお店で回収を行なっていないか調べてみましょう。ただし、コーナンやカインズ、ビバホームなどの大手では回収は行なっていないようです。

廃棄物処理業者に出す

特に捨てたい量が多い場合、廃棄物回収業者に依頼をするという方法があります。お金はかかりますが、自宅まで来てくれるので手間がかかりません。料金は土の量で変わり、500円〜というところが多いです。

専門業者に頼む

土の回収・リサイクルを専門に行っている業者があります。有料ですが、持ち込みのほか、回収や、宅配便で回収してくれるところもあります。

 

ウィステリアガーデン

東京の土回収専門業者。出張引き取りをしてくれます。料金は土1kg40円〜、出張費500〜。
HP:http://wisteria-garden.eco.coocan.jp/

 

河南菜農園

大阪で土リサイクルを行っている会社。神戸、名古屋などへも出張可能。プランター1個100円〜、出張費700円〜。
HP:http://kankyojigyo.com/sub2.html

 

信太商店

東京、千葉、埼玉、千葉など首都圏で土の回収をしてくれる業者。土2kgまで500円。
HP:http://www.shida-eco.com/recycle/srecycle_index

 

土の回収ドットコム

珍しい、宅急便を送ることで土を回収してくれる業者。専用ビニール袋を含む回収キットを購入し、土を送ります。料金は高めですが、なかなか家にいない人などは便利です。
HP:http://tsuti.com/


簡単!土の再生法| リサイクル材で復活させる


今育てている植物は終わったけど、また次の植物を育てたい、という場合には土をリサイクルするという手も。土の再生方法の流れを紹介します。

 

STEP1.土を乾燥させる

植物を育て終わったら植物を抜き、しばらくそのまま乾燥させます。

 

STEP2.大きなゴミを取り除く

乾燥した土をビニールシートの上に土を出し、枯れた植物の茎や根などを取り除きます。

 

STEP3.土をふるいにかける

荒目・中目・細目のふるいを用意し、時荒目から順にふるいをかけていきます。荒目・中目のふるいに残ったゴミ、細めの古いから落ちた細かすぎる土は使いません。細目で残った土を使います。

ステンレス土フルイ 37cm
ITEM
ステンレス土フルイ 37cm
荒目・中目・細目がセットになった園芸用篩。大きめの37cmサイズなので、たくさんの土も効率よくふるえます。
使い分けて便利。いままで、子供の砂遊び道具の篩を使っており、大きさも小さく穴の大きさも今一で 使っていたのですが、やはりちゃんとした篩はいいです。早く、思った粒の大きさで時間も早くでき、もっと早くから使っていれば良かったと思いました。 出典:楽天市場


 

STEP4.消毒する

雑菌を取り除くため、熱消毒をします。いくつか消毒法があるので、下で紹介しています。黒いビニール袋に土と水を入れ、太陽光で蒸す方法が簡単です。

 

STEP4.土壌改良剤・リサイクル材を混ぜる

古い土に不足している栄養分を補給するため、土壌改良剤を混ぜます。腐葉土などを使っても良いですし、専用の土の再生材を使っても良いです。

古い土のリサイクル材(1L)
ITEM
古い土のリサイクル材(1L)
古い土を再生するためのリサイクル材。1袋で65cmプランター1つ分。
シーズンが終わった後の鉢植えの土に混ぜて使ってみました。土が使用前よりふんわりした感じになって次に定植した植物も問題なく育ってます。この値段で土が再生できるならかなりお得でした。 出典:楽天市場

カビや虫の卵を撃退!土の消毒方法いろいろ


土に紛れ込んでいる虫の卵や幼虫は目で見ただけでは取りのぞけません。それに病気の菌が繁殖しているおそれもあるので、再生の際には消毒を行います。量や季節によって、自分がやりやすい方法を選んでください。

太陽光で蒸し焼きにする

太陽の熱で消毒する方法は、量が多い土でもできて便利。ただし、冬は太陽のパワーが足りないので夏にやる必要があります。やり方は簡単で、黒いビニール袋を用意し、土を入れて水をたっぷりかけ、ビニール袋の口を閉めたら直射日光の当たる場所に置くだけ。時々ひっくり返してやりながら、1〜3週間ほど置いて置きます。

太陽光の紫外線で消毒する

直射日光の当たる場所に新聞紙やビニールシートを置き、できるだけ薄く土を広げます。夏なら2日冬なら1種間ほど置いておきます。

熱湯で消毒

土をビニール袋に入れ、熱湯をかけて消毒します。天気に関係なくできる一方、大量に行うのは難しいのが難点。

もうプランターの土の処分に困らない


様々な土の捨て方や、個人でもできる再生方法を紹介しました。どれか一つくらいは使える方法があるはず!「プランター栽培はしたいけど土の処理が面倒だからなぁ…」と躊躇せず、安心してプランター栽培に挑戦してください

 

紹介されたアイテム

ステンレス土フルイ 37cm

ステンレス土フルイ 37cm

¥1,663 税込

古い土のリサイクル材(1L)

古い土のリサイクル材(1L)

¥145 税込

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード