【秋冬に始める!プランター栽培】初心者にもおすすめの野菜と作り方のコツ

9月・10月・11月・12月ごろの秋冬にかけて、初心者でもプランターで簡単にできる野菜を紹介します。プランターの大きさ別に育てられるおすすめ野菜と作り方のコツ、土や肥料など必要なものも解説。冬でもできるプランター栽培を楽しんでくださいね!


プランターの土から出た芽

出典:写真AC
寒さが増す秋冬からでも、プランターで栽培を始められる野菜はたくさんあります!初心者でも簡単にできるおすすめの野菜と、その野菜に合ったプランターの大きさや育て方のコツを知って、ぜひ挑戦してみてくださいね。

栽培欲が盛り上がるおしゃれなプランターいろいろ


秋冬にプランターで簡単にできる!おすすめの野菜はこれ

二十日大根の栽培
出典:写真AC
9月ごろにプランターで栽培開始できる野菜は、そら豆やスナップエンドウなどの豆類、ブロッコリーやミニ白菜などの葉菜類、ミニ大根やカブなどの根菜類など、畑に負けないくらいたくさんの種類があります。おすすめの野菜の種類ごとに、苗の植え付け時期や収穫時期、生育適温、必要なプランターの大きさなどをまとめました。
大中小のプランターの詳しい大きさは、記事の中ほどで紹介しています。

※時期などはあくまでも目安です。品種や栽培地によっても栽培時期は異なるので、詳しくは種や苗のパッケージなどをご確認ください。

実を食べる野菜

そら豆やスナップエンドウは、秋冬に植える野菜の定番です。人気のイチゴもプランターで栽培できます!豆類のプランターは中~大型のものが必要なため、置ける場所の確保からスタートしましょう。
栽培開始時期 収穫 生育適温 プランターサイズ
そら豆 10月上旬〜11月下旬 5月上旬~6月下旬 15~20℃ 中〜大
スナップエンドウ 10月中旬〜11月上旬 4月中旬~6月上旬 12~20℃ 中〜大
イチゴ 9月上旬〜12月下旬 5月上旬~6月上旬 15~20℃ 小~大

根や茎を食べる野菜

プランタ-栽培で意外に人気なのが根菜です。ミニ品種を選ぶと育てやすく、カラフルなラディッシュなどはサラダや料理の付け合せなどにもぴったり!植える品種や設置スペースに合わせて、プランターのサイズを決めましょう。
栽培開始時期 収穫 生育適温 プランターサイズ
大根 9月 11月中旬~1月下旬 15~20℃ 中〜大
カブ 9月上旬〜10月上旬 10月下旬〜12月上旬 15~25℃ 小~中

葉や花を食べる野菜

種まきしてから短期間で収穫を目指すなら、葉物野菜がおすすめです。葉物野菜は、冷気にあたり甘みが増すので、秋冬の栽培にも向いています。
栽培開始時期 収穫 生育適温 プランターサイズ
からし菜 9月上旬〜10月下旬 11月上旬〜12月下旬 20℃前後
ブロッコリー 8月中旬~9月中旬 11月初旬~12月下旬 15~20℃
白菜 8月中旬~10月上旬 11月上旬~1月下旬 18~20℃
玉ねぎ 8月下旬~12月上旬 3月下旬~6月上旬 15~20℃

大きめのプランターでできる!秋冬におすすめの野菜と作り方

プランターに苗を植える
出典:写真AC
根が深く伸びていく大根や、背が高くなるブロッコリーなどは、深さと広さがある大きめのプランターで育てます。大根はミニ品種でも、大きめのプランターで育てた方がよく生長しますよ。

大きめのプランターとは?

容量:30L以上
:50~65cm以上
奥行:20~30cm程度
深さ:20~30cm以上

32L|複数株植えるのにおすすめの大型プランター

ITEM
菜園上手 63型N グリーン
根がはる野菜も安心の深さと、通気性と排水性のいいスリットと脚付き。専用の留め具を使えば、支柱立ての固定も簡単にできます。

・サイズ:横62.5×奥行29×深さ32cm
・容量:32L

20L|縦に伸びていく野菜におすすめの大型プランター

ITEM
菜園上手 丸36型 グリーン
ブロッコリーなど、背丈が伸びる野菜の栽培に適しています。丸形のため、狭いスペースでも気軽に1本からの栽培が楽しめます。

・サイズ:直径36×深さ33.5cm
・容量:20L

大きめのプランターにおすすめの野菜と作り方のコツ

ブロッコリー

ブロッコリー栽培
出典:写真AC
種まきや苗の植え付け直後に、すぐに防虫ネットを設置することがポイントです。9~10月頃はまだ青虫の活動も活発なため、新芽が食害されないように予防しましょう。

栽培開始時期:8月中旬~9月中旬
収穫時期:11月初旬~12月下旬
プランターと土以外に必要なもの:防虫ネット、肥料

ブロッコリーの詳しい作り方はこちら

大根

土の中の大根
出典:写真AC
間引きのタイミングを見逃さないこと、株間をしっかり確保して種まきすることが大切です。間引きが遅れてしまったり、狭い間隔で育ててしまうとしっかり太らないので、プランター内に余裕を持って育てましょう。

栽培開始時期:9月
収穫時期:11月中旬~1月下旬
プランターと土以外に必要なもの:防虫ネット

大根の詳しい作り方はこちら

中くらいのプランターでできる!秋冬におすすめの野菜と作り方

ベランダでにんじんをプランター栽培
出典:写真AC
扱いやすいサイズのため道具の準備も楽で、ベランダなどでも気軽に栽培を始められます。中型サイズのプランターは木製や素焼きなど、素材のバリエーションが豊かで、デザイン性に優れたおしゃれなものも多いです。

中くらいのプランターとは?

容量:15〜20L程度
:20~50cm程度
奥行:20~30cm程度
深さ:20~30cm程度

21L|複数株植えるのにおすすめの中型プランター

ITEM
緑のやさいプランター 50型
種まきがしやすいほどよい広さと深さが特徴です。葉野菜が育ちやすい広々とした形状で、複数の葉物野菜を同時に栽培することができます。

・サイズ:横50×奥行40.2×深さ18cm
・容量:21L

中くらいのプランターにおすすめの野菜と作り方のコツ

白菜

プランターで白菜を栽培
出典:写真AC
アブラムシによる被害が多いのが白菜栽培の難しさです。種まき直後や植え付け後に、しっかりと防虫ネットを被せるのがポイント!

栽培開始時期:8月中旬~10月上旬
収穫時期: 11月上旬~1月下旬
プランターと土以外に必要なもの:防虫ネット、肥料

白菜の詳しい作り方はこちら

玉ねぎ

プランターで玉ねぎ栽培
出典:写真AC
苗半作といわれるほど、玉ねぎは苗選択がとても大切。ホームセンターなどで調達する際は、球根部分が肥大していない鉛筆程度の細さ(7~8mm程度)の苗を選ぶようにしましょう。

栽培開始時期:8月下旬~12月上旬
収穫時期: 3月下旬~6月上旬
プランターと土以外に必要なもの:肥料

玉ねぎの詳しい作り方はこちら

カブ

プランター栽培のカブを収穫
出典:写真AC
カブを大きくする場合は、株間をしっかり広くとり、収穫は早めに行うことがコツです。収穫しないでおくと、実が割れてしまうことがあります。

栽培開始時期:9月上旬〜10月上旬
収穫時期: 10月下旬〜12月上旬
プランターと土以外に必要なもの:防虫ネット

カブの詳しい作り方はこちら

そら豆

そら豆栽培
出典:写真AC
そら豆は冷気を好む野菜です。室内で栽培するのではなく、ベランダや軒先などの室外にプランターを設置して栽培するようにしましょう。アブラムシの被害にあいやすいため、定期的にチェックして駆除することがポイントです。

栽培開始時期:10月上旬〜11月下旬
収穫時期:5月上旬~6月下旬
プランターと土以外に必要なもの:支柱、麻ひも

そら豆の詳しい作り方はこちら

スナップエンドウ

スナップエンドウ
出典:写真AC
追肥し過ぎると、つるだけが伸びて実に栄養がいかない「つるボケ」の症状が発生します。化成肥料の与える分量やタイミングは、しっかり守るようにしましょう。

栽培開始時期:10月中旬〜11月上旬
収穫時期: 4月中旬~6月上旬
プランターと土以外に必要なもの:支柱、麻ひも、肥料

スナップエンドウの詳しい作り方はこちら

小さいプランターでできる!秋冬におすすめの野菜と作り方

プランターで育つイチゴ
出典:写真AC
小さいプランターは、狭いベランダや軒下でも場所を選ばずに野菜栽培が楽しめます。葉物野菜は収穫までの期間が短く、逆にイチゴは寒さに当てて、春までゆっくり育てましょう。

小さいプランターとは?

容量:10L以下
:20〜40cm程度
奥行:10~20cm程度
深さ:10cm程度

2.6L|おすすめの長方形の小型プランター

ITEM
ベビーリーフプランター
ベビーリーフなど手軽に栽培可能なコンパクトなプランター。ちょっとしたスペースでの栽培にぴったりですね!

・サイズ:横39.2×奥行き11.5×深さ9.1cm
・容量:2.6L

小さいプランターにおすすめの野菜と作り方のコツ

からし菜

からし菜
出典:写真AC
からし菜は冷気に弱い野菜のため、防虫ネットで風よけ。真冬は室内に移動するなど、防寒対策を行うようにしましょう。

栽培開始時期:9月上旬〜10月下旬
収穫時期:11月上旬〜12月下旬
プランターと土以外に必要なもの:防虫ネット

からし菜の詳しい作り方はこちら

イチゴ

プランターでイチゴ栽培
出典:写真AC
イチゴ栽培は、真冬に冷気に当てることが重要なポイントです。小さなプランターはコンパクトなので室内に置いておけますが、12~2月の間はしっかり冷気に当てるように外にプランターを移動しましょう。

栽培開始時期:9〜10月
収穫時期:5月上旬~6月上旬
プランターと土以外に必要なもの:肥料

イチゴの詳しい作り方はこちら

秋冬のプランター栽培で気を付けたいポイント3

出典:写真AC
秋冬のプランター栽培は、北風などが強く吹いて普段より土が乾燥したり、太陽が低いので日当たりなどに影響が出ます。日頃から、湿度や日光の当たり方など、プランターの位置、土の状態、野菜の生長をチェックするようにしましょう。

Point1. 室外機の排気に要注意!

エアコンの室外機からの排気は、土が乾燥しやすくなるなど野菜の生長にいい影響がありません。プランターは、室外機の上や周りに置かないようにしましょう。

Point2. 強風に要注意

季節を問わず吹く強い風でプランターが倒れてしまったり、茎が折れてしまうことがあります。プランターを室内、または風の当たらない場所に移動するか、防虫ネットなどで風よけをするなどして対策しましょう。

Point3. 秋冬のプランターの日当たり

秋冬の太陽の位置は低いため、ベランダの奥まで日が当たりにくくなります。1日通してあまり温度が上がらない場所の場合、野菜の生育が悪くなるので、手すり近くなど影になる位置を事前に確認して、できるだけ日が当たるような場所に置きましょう。

プランター以外に必要なもの|土・肥料・支柱・防虫ネットなど

プランターで野菜を育てる場合、背が高くなるもの、虫に弱いもの、肥料を与えた方がいいものなどもあるので、そのために揃えておいた方がいい道具があります。土や肥料など必要なものやおすすめの道具を知ることで、成功率も上がりますよ!

プランター栽培におすすめの土

ITEM
顆粒HB−101+元肥入り最高級培養土
元肥が入った培養土のため、肥料を別に購入する必要がありません。水はけが良い培養土のため、腐葉土などを混ぜ込む必要もありません。

・内容量:5L

プランター栽培におすすめの肥料

ITEM
アイリスオーヤマ 有機入り化成肥料 8-8-8
チッソ・リン酸・カリが均等に配合されているため、どんな作物にも安心して使える化成肥料です。どんな追肥を入れるか迷ったらこれです!

・内容量:5kg

プランター栽培におすすめの支柱


プランター栽培におすすめの防虫ネット

ITEM
防虫メッシュ きらり
プランタ-の上からすっぽりとかぶせる事ができる防虫ネッです。これさえあれば、ベランダによってくる害虫から野菜を守ることができます。

・サイズ:幅1.8×長さ5m

いろいろな秋冬野菜に挑戦しよう!

青菜、株、ブロッコリーの収穫
出典:写真AC
この記事で紹介した秋冬野菜以外にも、プランターで栽培できる野菜はたくさんあります。まずは基本の野菜を育ててみて、ほかの野菜にも挑戦してみましょう。

9〜10月にプランターや地植えでできる野菜はほかにも!

紹介されたアイテム

菜園上手 63型N グリーン
菜園上手 丸36型 グリーン
緑のやさいプランター 50型
ベビーリーフプランター
顆粒HB−101+元肥入り最高級培養土
アイリスオーヤマ 有機入り化成肥料 8-…
防虫メッシュ きらり

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
まつたかずき
まつたかずき

市民農園のスタッフをしながらライターとして活動しています。野菜づくりを誰もが気軽に出来る趣味にすることを目標に、初心者の方でも興味を持っていただける記事を執筆していきます!

育て方・病害虫を一発検索