農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 家庭菜園 > 【家庭菜園のプロ監修】10月に植えるおすすめ野菜10選|秋まき野菜が充実!

【家庭菜園のプロ監修】10月に植えるおすすめ野菜10選|秋まき野菜が充実!


苗の定植や種まきなど、10月に栽培がスタートできるおすすめの野菜を家庭菜園のプロ・福田先生が厳選紹介!それぞれの野菜の特徴や栽培のコツ、品種についても教えてもらいました。プランターで野菜を育てるポイントも要チェックです!
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly
福田 俊 監修者

菜園家・ブルーベリー研究家

福田 俊

東京農工大学農学部農学科卒。「どうすればおいしい野菜がたくさん採れるか」「いかにラクで楽しい野菜づくりができるか」を追求し、「フクダ流」自然農的有機栽培を実践。16平米という限られたスペースの市民農園で、年間50品目以上の野菜を有機・無農薬で栽培しています。監修を務めた家庭菜園誌や著書も多数。 ■関連サイト HP:http://www.fukuberry.com/ Youtube:https://www.youtube.com/user/f104ryo Instagram:https://www.instagram.com/fukuberry104/?hl=ja Twitter:https://twitter.com/29da104 facebook:https://www.facebook.com/toshi.fukuda.73 ■著書:『市民農園1区画で年間50品目の野菜を育てる本』(学研プラス)、『フクダ流家庭菜園術』(誠文堂新光社)、『福田さんのラクラク大収穫!野菜づくり』(学研パブリッシング)…続きを読む

Avatar photo ライター
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。…続きを読む


3種類のカブ

画像提供:福田俊
過ごしやすい気候の秋は、菜園作業に絶好の季節!生長の早い葉物野菜を苗植えすれば、10月の植え付けでも年内に収穫できますよ。
今回は、10月に栽培をスタートできるおすすめの野菜の種類を菜園のプロ・福田先生にピックアップしてもらいました。

10月に植える野菜の特徴・栽培の注意点とは?

土の上の種
出典:写真AC
10月は、越冬野菜の種まき時期です。翌年の収穫を楽しみに、種まきしましょう!
しかし、気をつけなければいけないのが、タイミングを逃さずに種まきをすること。10月に入ると日増しに秋が深まっていき、上旬と下旬では気温差が出てきます。同じ種をまいても収穫期が大幅にずれてしまうこともあるのです。
10月は気温の変化に注意して、栽培をスタートさせましょう!
ここでは、10月前後に植え付け・種まきができる野菜の種類を紹介します。

9月に植えるおすすめの野菜

ハクサイ(白菜)

ハクサイ
出典:写真AC
ハクサイの定植時期は、3月と9月の年2回。9月に苗を植える場合は、11~12月に収穫することができます。

▼ハクサイの詳しい栽培方法はこちら!

レタス

レタス
出典:写真AC
レタスは、1~2月の春まきと9月の秋まきができます。9月はまだ気温が高い日があり、苗がとう立ちしやすくなるので要注意。寒冷紗で温度管理をするのがおすすめです。

▼レタスの詳しい栽培方法はこちら!

ナバナ(菜花)

ナバナ
出典:写真AC
花芽や若い葉茎が食用になるナバナ。冷涼な気候を好むため、秋に種をまき、翌年の春に収穫します。

ザーサイ

収穫したザーサイ
画像提供:福田俊
ザーサイの栽培は、9月の種まきからスタートします。葉が大きく茂るため、苗を植え付けるときは株間を40cm程度あけましょう。

▼ザーサイの詳しい栽培方法はこちら!

タカナ(高菜)

タカナ
出典:写真AC
タカナも9月が種まきのタイミング。アブラナ科で虫がつきやすいので、防虫トンネルは必ず設置しましょう。収穫は、株ごと抜き取っても、外葉を少しずつかき取ってもOK!

のらぼう菜

のらぼう菜
出典:写真AC
のらぼう菜は9~10月に種まきし、翌年の2~4月に収穫します。丈夫で手間もかからないので、家庭菜園でも育てやすい野菜です。

▼のらぼう菜の詳しい栽培方法はこちら!

シュンギク(春菊)

シュンギク
出典:写真AC
シュンギクは、春~秋まで種まきが可能。収穫までは約3カ月かかり、9月に種をまけば12月には収穫できます。プランターでも栽培が楽しめますよ!

▼シュンギクの詳しい栽培方法はこちら!

11月に植えるおすすめの野菜

秋まき品種のキャベツや遅まきのタカナなどであれば、11月からでも栽培は可能です。苗を植え付ける際は、穴あきポリトンネルで防寒対策をしましょう。

キャベツ(秋まき)

キャベツ
出典:写真AC
キャベツは品種によって、春・初夏・夏・秋と、それぞれ種まきに適した時期があります。11月に苗を植える場合は、10月に種まきをする秋まき品種を選びましょう。翌年の5月には収穫できますよ。

▼キャベツの詳しい栽培方法はこちら!

遅まきのナバナ(菜花)やタカナ(高菜)

タカナ
出典:写真AC
ナバナやタカナは、一般的に9~10月に種まきをしますが、11月に遅まきすることもできます。遅まきにする場合は穴あきポリトンネルを設置し、防寒しましょう。

10月に「苗植え」スタート!おすすめの野菜5選

イチゴ

イチゴ
画像提供:福田俊

特徴

葉も果実も見た目がかわいいイチゴは、ベランダや玄関先での家庭菜園にもおすすめ。大粒のものや四季なりのものなど、品種が豊富なので好みで選べるのもうれしいポイントです。

栽培のコツ

イチゴの栽培は、70cmの畝幅で2条植えが目安。春になったら、ぼかし肥料を1平米あたり200g追肥します。
イチゴは、アブラムシとハダニがつきやすいので注意しましょう。

イチゴの詳しい栽培方法はこちらの記事で!

収穫時期

露地栽培:越冬後、翌5月
加温できる温室があれば、露地栽培よりも生育の早い促成栽培が可能。12月から5月まで、長期間収穫することができます。

福田先生おすすめのイチゴの品種

とちおとめ

栃木県生まれの「とちおとめ」は、甘みが強く食べ応えのある大粒品種。果肉は柔らかく、果汁もたっぷりです!

・内容:3号ポット苗

紅ほっぺ

「章姫」と「さちのか」を交配し、静岡県で生まれた「紅ほっぺ」。果実はやや大きめで、甘みと酸味どちらも強く、香りが良いのが特徴です。

・内容:3号ポット苗

カレンベリー

カレンベリーは耐病性があり、初心者でも育てやすい品種。寒さにも比較的強いのですが、寒冷地ではマルチを使用すると安心です。

・内容:3号ポット苗

章姫

ツヤのある、真っ赤な果実が美しい「章姫」。果肉は緻密で甘味が強く、濃厚な味わいが楽しめます。

・内容:3号ポット苗

女峰

長めの円錘形で、小ぶりの果実が特徴の「女峰」。甘味と酸味のバランスが良く、深みのある味わいです。香りも爽やか!

・内容:3号ポット苗

ニンニク

ニンニク
画像提供:福田俊

特徴

秋に種球を植え、越冬後、5月に収穫します。電気炊飯器の保温機能を使えば、人気の黒ニンニクが2週間で作れますよ!

栽培のコツ

ニンニクは、畝幅70cmで5条植えが目安。春になったら、ぼかし肥料を1平米あたり200g追肥します。
サビ病にかかりやすいので注意しましょう。

ニンニクの詳しい栽培方法はこちらの記事で!

収穫時期

翌5月

福田先生おすすめの品種

ニューホワイト6片

青森県産の「ニューホワイト6片」の種球です。耐病性に優れており、たっぷり収穫できます。

・内容量:250g(4~5個)

ジャンボニンニク

一般的な品種の数倍に育つ巨大なニンニク!大きくても味はマイルドなので、料理にも使いやすいのがうれしいポイント。

・内容:種球(3片)

上海

たくさん育てられる、たっぷり3kg分の種球セット。水耕栽培にするのもおすすめ!

・内容:種球(1kg×3)

レタス



レタス
画像提供:福田俊

特徴

9月に種まきして育苗していた苗を植えると、冬には収穫できます。

栽培のコツ

レタスは、畝幅70cmで2条植えが目安。春になったら、ぼかし肥料を1平米あたり200g追肥します。
アブラムシやナメクジなどの害虫がつきやすいので、防虫トンネルで対策しましょう。

レタスの詳しい栽培方法はこちらの記事で!

収穫時期

12月~翌1月

福田先生おすすめの品種

マノア

こぶし大の大きさになる小型の半結球レタス。耐暑性があるので栽培しやすい品種です。歯切れの良い食感が楽しめます。

・内容量:2ml

シスコ

低温結球性に優れるため、冬どり栽培にも最適。玉ぞろいが良く、厚みのある葉が収穫できます。

・内容量:1.1ml

レッドウェーブ

赤色の葉が特徴の「レッドウェーブ」。耐寒性があり、厳寒期でも良く株張りします。葉肉は厚く、ジューシーな食味です。

・内容:小袋

間引いたツケナ類

ツケナ類
画像提供:福田俊

特徴

9月に種まきしたコマツナ、ミズナ、カラシナ、ベカナなど、いわゆるツケナ類の間引き芽を利用します。10月に移植することで、時間差で11月に収穫できます。

栽培のコツ

ツケナ類は、畝幅70cmで5条植えが目安。春になったら、ぼかし肥料を1平米あたり200g追肥します。
アブラムシやヨトウムシ、カブラハバチ、ナガメなどの害虫に注意しましょう。

コマツナとミズナの詳しい栽培方法はこちらの記事で!

収穫時期

11月

福田先生おすすめの品種

安藤早生小松菜

柔らかな葉で、サラダなどの生食も楽しめるコマツナ。20~25cmほどの株間でやや密植気味に育て、早めに収穫するとおいしい味わいに!

・内容:小袋

風のかおり

春まき・秋まき栽培に最適な、萎黄病に強い耐性を持つコマツナです。収穫期の幅が広いので、たくさん採れるのも魅力。

・内容量:20ml

清流みず菜

シャキシャキとした歯切れでくせがなく、サラダにおすすめ!小株どりに適した、周年栽培の可能な早生種です。

・内容:小袋

紅法師

葉柄が、鮮やかな赤紫色に色づくミズナ。生育は旺盛で、育てやすい品種です。ベビーリーフから株どりまで、幅広い栽培ができます。

・内容量:6ml

はまみなとべかな

株そろい良く育つ交配種。ゆるやかな生育で、収穫時期の幅が広いのが特徴です。トンネルやハウスを利用すれば、周年栽培も可能。

・内容:小袋

雪白体菜(せっぱくたいさい)

別名「シャクシナ」。耐暑・耐寒性が強く、周年栽培が可能です。柔らかな葉質で、煮ても漬物にしてもおいしく食べられます。

・内容量:10ml

コーラルリーフプルーム

赤紫色の葉が鮮やかなカラシナ。バランスの良いうま味と辛味が楽しめます。サラダにおすすめ!

・内容量:7ml

壬生菜

古くから栽培されている京野菜のひとつである「ミブナ」は、歯切れの良い食感が特徴。とう立ちが遅く、大株に育つ晩生種です。

・内容量:10ml

タアサイ

タアサイ
画像提供:福田俊

特徴

「タアサイ」はアブラナ科の葉野菜。冬になると、ロゼット状に葉が寝て、直径30cmほどになります。柔らかな葉で、クセやアクのなく、幅広い調理に使えます。

栽培のコツ

タアサイは、畝幅70cmで3条植えが目安。春になったら、ぼかし肥料を1平米あたり200g追肥します。
つきやすい害虫は、アブラムシやヨトウムシ、カブラハバチ、ナガメなど。栽培時には防虫トンネルが必須です。

収穫時期

11月~翌1月
外葉から、葉かき収穫すると春まで採ることができます。

タアサイ

緑の葉物が少なくなる冬場に収穫できるタアサイは、ぜひ家庭菜園で育ててみたい野菜です。風味が良く、炒め物や煮物、お浸しなどに最適!

・内容量:10ml

タマネギ(極早生品種)

新タマネギ
出典:写真AC

特徴

中生~晩生品種のタマネギは、9月中旬以降に種まきし、11月に苗を植え付けます。ですが、極早生の品種は9月上旬に種まきするため、10月に定植することが可能です。極早生品種は新タマネギとしても知られ、みずみずしく辛みが少ないのが特徴。長期の貯蔵には向かないため、収穫後は早めに消費しましょう。

栽培のコツ

苗の状態で越冬させるタマネギは、穴あきのポリトンネルを設置し、寒さ対策をします。さらに、畝にマルチをかけると乾燥が防げます。

タマネギの詳しい栽培方法はこちらの記事で!

収穫時期

翌3月中旬~4月下旬

福田先生おすすめの品種

フォーカス

病気に強く、たくさん収穫ができる極早生種のタマネギです。葉タマネギとしても楽しめます。

・内容量:2ml

10月に「種まき」する!おすすめの野菜5選


エンドウ

エンドウマメ
画像提供:福田俊

特徴

サヤエンドウ、スナップエンドウ、実エンドウの3種類があります。どれも越冬させ、翌年の春に収穫します。実エンドウは、豆ご飯に!スナップエンドウは甘みのある味わいで、さやごと食べられ、冷凍保存も可能です。

栽培のコツ

エンドウは、細畝で1列植えにします。栽培には支柱が必要です。肥料は基本的に要りませんが、翌春さやがなり始めたら追肥します。
ハモグリバエ、ヨトウムシ、アブラムシといった害虫がつくので、防虫トンネルを利用しましょう。

収穫時期

翌4~5月

福田先生おすすめの品種

スジナイン ハイパー

調理の際の面倒なすじ取りが不要!日本初のすじなしサヤエンドウです。草勢が強く、草丈の伸びがよい早生品種。

・内容量:20ml

ニムラサラダスナップ

さやごとおいしく食べられる、甘みの強いスナップエンドウです。さやの長さは8cmほど。低い位置から実がつきやすい極早生品種です。

・内容量:20ml

久留米豊

甘みが強い実エンドウ。耐寒性が強く、さやつきも良くたっぷり収穫できます。初心者でも栽培しやすい早生品種です。

・内容量:20ml

ソラマメ

ソラマメ
画像提供:福田俊

特徴

野菜の中では、もっとも大きな種子が採れるソラマメ。ゆでても焼いてもおいしく、豆ご飯にするのもおすすめ!冷凍保存ができるので、大量に収穫しても安心。

栽培のコツ

ソラマメは、幅70cmの畝で中央に1列植えにします。冬の間は、両脇にホウレンソウやミズナなどと混植するとスペースの有効活用に。支柱は必要ありませんが、春に大きく伸びたら紐を張って支えましょう。さやが生ったら、追肥します。
害虫はアブラムシに注意。

ソラマメの詳しい栽培方法はこちらの記事で!

収穫時期

翌4~5月

福田先生おすすめの品種

大天(だいてん)

ボリューム満点の極大粒種。草勢が強く、収量性に優れる中早生品種です。

・内容:小袋

陵西一寸(りょうさいいっすん)

粉質で甘みがある、豊かな風味が味わえるソラマメです。大さやに育つ豊産種。

・内容:小袋

初姫(はつひめ)

珍しい赤色のソラマメがとれる「初姫」。よく分枝し、耐寒性が強いので越冬も容易な作りやすい品種です。

・内容:小袋

秋まきキャベツ

キャベツ
画像提供:福田俊

特徴

秋に種をまいて越冬後、翌年の春に収穫します。秋まきキャベツは、春まきより早く収穫できるのが魅力です。

栽培のコツ

畝幅70cmで、40cm株間の1条植えにします。肥料は1平米あたりぼかし肥料を300gと、草木灰を70g与えます。
アブラナ科のキャベツは、ナメクジ、アオムシ、ヨトウムシといった害虫に狙われやすいので、必ず防虫トンネルを掛けましょう。

キャベツの詳しい栽培方法はこちらの記事で!

収穫時期

翌4~5月

福田先生おすすめの品種

新若夏(しんわかなつ)

柔らかくて甘みが強い、おいしい初夏どりキャベツです。球重1.5kg前後の甲高扁円球が採れます。

・内容:小袋

中早生二号

まきどきが広くて栽培がしやすい、家庭菜園で人気の品種。春キャベツよりややかたくしまった、1.5kg前後のキャベツが収穫できます。

・内容量:1.8ml

富士早生

良く結球し、玉揃いも良好な早生豊産種です。強い耐病性があるので、家庭菜園でも育てやすいキャベツです。

・内容:小袋

金春

低温下での肥大性に優れており、年内から早春どりに適した品種です。柔らかくジューシーで、甘みも抜群!

・内容:小袋

長ネギ

長ネギ
画像提供:福田俊

特徴

長ネギは栽培期間が長い野菜です。秋に種をまき、越冬と夏越しを経て、秋に収穫します。

栽培のコツ

畝幅70cmで、15cm株間の1条植えにします。肥料は1平米あたりぼかし肥料を300gと、草木灰を70g与えます。
害虫は、ヨトウムシがよく見られます。ヨトウムシは日中株元の土に潜んでいることが多いため、割りばしなどで掘り出し捕殺しましょう。

長ネギのの詳しい栽培方法はこちらの記事で!

収穫時期

翌7~12月

福田先生おすすめの品種

長悦

トウ立ち(抽だい)しにくい極晩抽性の品種です。耐暑・耐寒性に優れ、葉折れも少ないため、たくさん収穫できます。

・内容量:20ml

春扇(はるおおぎ)

分けつの発生がほどんどない、極晩抽系の一本ネギ。軟白部は繊維質が少なく、肉厚で食味が良いのが特徴です。

・内容:小袋

秋まきカブ

カブ
画像提供:福田俊

特徴

秋に種をまき、年明けの厳寒期に収穫します。

栽培のコツ

畝幅70cmで、9515マルチを張り、15cm株間の5条植えにします。肥料は、ぼかし肥料を300gと草木灰を70g与えます。
カブの主な害虫は、カブラハバチとヨトウムシです。種まきをしたらすぐに防虫トンネルを設置しましょう。

カブの詳しい栽培方法はこちらの記事で!

収穫時期

翌1~2月

福田先生おすすめの品種

はくれい

緻密な肉質で柔らかく、甘味があるので、サラダなどの生食におすすめ!耐寒性と低温肥大性にも優れる.中早生です。

・内容:小袋

みやま小かぶ

在来種の「金町小かぶ」の良株を選抜し生まれたのが「みやま小かぶ」。中かぶまで育っても玉割れが少なく、育てやすい品種です。

・内容:小袋

あやめ雪

白い肌に紫のグラデーションが美しい小カブ。若採りでも、丸くきれいなカブが収穫できます。

・内容量:3ml

プランターで野菜を栽培する際のコツは?

野菜のプランター栽培
出典:写真AC
ベランダなどの狭いスペースで野菜を育てるなら、プランターや鉢での栽培に挑戦してみましょう!福田先生に、プランターで野菜を育てる際のコツを聞いてみました。

Q. プランター・鉢のサイズは?

福田先生:スペースが許すなら、サイズは大きいほど良いでしょう。

プランターについてはこちらの記事で!


Q. 種まきや植え方の違いは?

福田先生:畑と一緒でOKです。

Q. 水やりのコツは?

福田先生:土が乾いたら水をたっぷり与えましょう。プランターは、畑のように地下水が上がってくるわけではありません。雨がなければ水分はなくなるので、水やりが必要です。当然露地よりは水やりの頻度は高くなります。

Q. そのほか注意点は?

福田先生:プランターでも虫は容赦なくやってきます。防虫ネットか不織布のベタがけをすると良いでしょう。

防虫ネットについてはこちらの記事をチェック!


10月は気温の変化に注意して種まきしよう!

畑のタアサイ
画像提供:福田俊
気温の寒暖差が出てくる10月は、それぞれの野菜の種まきの適期を逃さないことが栽培の成功につながります。また、10月になると害虫も少なくなってくるので、虫が苦手な人も、この季節なら比較的チャレンジしやすいですよ。

表示中の記事: 1/3ページ中

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 脱・東京!北海道でメロン農家になりたい夫婦の農業研修記
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 家庭菜園 > 【家庭菜園のプロ監修】10月に植えるおすすめ野菜10選|秋まき野菜が充実!