からし菜(マスタードリーフ)の育て方!プランターでの栽培方法も伝授!

ピリッとした辛みが大人から人気、からし菜の育て方をご紹介。マスタードリーフとも呼ばれるこの野菜、ベビーリーフのサラダにもよく使われていますね。今回はからし菜の栽培方法をお教えします。自分で育てると好みの大きさで収穫できるのも魅力です!



出典:PIXTA


ピリッとした辛みが特長のからし菜。大きく育った葉を「からし菜漬け」にするのが定番ですが、小さめのうちに収穫すると辛みがマイルドで、ベビーリーフのサラダにもよく使われています。「マスタードリーフ」「マスタードグリーン」などの呼び名もあり、和風にも洋風にもマルチに活躍してくれる野菜です。

品種がいろいろあり、グリーンの葉のほかに、赤葉、フリルタイプ、水菜のように葉が細かく切れ込んだタイプなど、バラエティ豊富。カラフルな菜園をめざす方には、ぜひ挑戦してほしい野菜です!

ピリ辛がくせになる!自家製からし菜のおすすめ品種

家庭菜園にオススメのからし菜の品種をご紹介します!

葉からし菜 【サカタのタネ】
ITEM
葉からし菜 【サカタのタネ】
葉からし菜は、「からし菜」とも呼ばれます。葉が濃い緑色で切れ込みがあり、ほどよい辛みがあります。漬物やおひたし、炒め物がオススメです!


赤リアスからし菜
ITEM
赤リアスからし菜
形状は、水菜に似ています。葉の刻みが深くて、赤シソのような葉の色が特徴です。からし菜独特の辛みがあります。
有機種子 からし菜 (ゴールデンフリル )
ITEM
有機種子 からし菜 (ゴールデンフリル )
ゴールデンフリルは、「からし菜」とも呼ばれます。ピリッとした甘味がありクリスピーな歯ざわりのマスタード風味の野菜です。春先から秋まで種まきできます。


 

失敗しない栽培のポイント

①種まきは深さと間隔を一定に

種をまくときの深さや間隔がバラバラだと、発芽のタイミングや成長スピードにもムラが出ます。あとから発芽した株の成長が遅れたり、間引きがしにくかったりとデメリットが多いので、最初にきちんとそろえておくことが大切。指で土に溝を掘ったり、穴をあけたりするよりも、支柱や板などを土に押し当てたほうが、深さが一定になります。

②種まき後、すぐに防虫ネットをかけるのがおすすめ

からし菜や水菜などのアブラナ科野菜は、アオムシ(モンシロチョウの幼虫)の大好物。特に春〜夏に多く、数日で葉が穴だらけ!なんていうことも。被害を避けるには、種まき後すぐに防虫ネットをかけるのが確実です。栽培の途中からかけると、中に害虫を閉じ込めてしまうことになるので、種まき後すぐにかけるのが重要ポイント。ほかの害虫も、ほとんどが防虫ネットで対策できます。


③成長段階に合わせて間引きをする。

株が成長して葉がふえると、隣り合った株の葉が重なり合って、お互いに成長を邪魔してしまいます。葉物野菜は、収穫までの間に数回間引きをして間隔を広げていくのが大切なポイント。葉の形がいびつなものや小さいものなどを抜き取り、元気な株を残しながら育てましょう。収穫のときも株同士の間隔をあけるように抜き取ると、残った株が大きく育ちます。

④用途に合わせた大きさで収穫しよう

からし菜は大きくなるほど辛みが強くなりやすいので、サラダなど生で食べるなら、10cmくらいまでの大きさで収穫するのがおすすめ。もちろん、間引いた小さな葉も食べられますよ。炒め物や漬物に使うなら、30cmくらいまで育ててから収穫すると、辛みがしっかりと味わえます。

 

からし菜の栽培カレンダー

栽培できる期間が長いので、時期を少しずつずらして種をまけば、春から冬にかけて収穫が楽しめます。

⇨次ページ:からし菜の育て方・栽培方法は?

 

 

からし菜の栽培方法・育て方【菜園編】


出典:PIXTA

STEP1 用意するもの

畑での家庭菜園に必要なアイテム一覧と選び方はこちらをチェック。後はほうれん草の種があれば始められますよ!


 

STEP2 土づくり


栽培する場所全体に石灰をまき、クワで耕してよく土となじませ、土の酸度がpH6.0〜6.5になるように調整します。さらに、堆肥、肥料をまいて耕し、必要な栄養分などを補います。土づくりは種まきの1〜2週間前までにすませておきましょう。

 

STEP3 まき溝をつくる

土を盛り上げて畝を立て、表面を平らにならします。支柱や板などを土に押しつけて、深さ1cmのまき溝をつくります。2列以上まくときは、間隔を20〜30cmあけます。

 

STEP4 種をまく

種まきの間隔は約1cm。土をかぶせたら、土と種が密着するように手のひらで押さえます。ジョウロでたっぷりと水やりして、種まきは完了です。害虫が心配なときは、種まきのすぐあとに防虫ネットをかけると安心ですね。

 

STEP5 間引きをする

種が発芽し、双葉が開いたら、3cm間隔になるように株を抜き取ります。同様に、本葉が3〜4枚にふえたら約10cm間隔にします。大株で収穫するなら、葉が15cmを超えたころを目安に、間隔を20〜30cmまで広げましょう。

 

STEP6 追肥する

種まきから2〜3週間たったら、追加で肥料を与えます。野菜用の固形肥料または液体肥料を、パッケージの表示に従って散布します。秋まきの場合は栽培期間が長くなるので、このあとも2週間に1回を目安に追肥を続けてください。

 

STEP7 収穫

収穫はお好みに合わせて(上の項目を参照してください)。葉を少しずつ使うなら、外側から数枚ずつ摘み取ると、残った葉が大きく育って繰り返し収穫が楽しめますよ。

 

⇨次ページ:プランターでの育て方は?


からし菜の栽培方法・育て方【プランター編】


出典:PIXTA

STEP1 用意するもの

プランター栽培の基本的なアイテムとからし菜の種があれば育てられます。必須アイテム一覧と選び方を詳しく解説しているこの記事を参考にしてください。

STEP2 プランターの準備

深さ20cm程度のプランターを準備します。鉢底ネット、鉢底石の順にプランターの底に敷き、縁から3cmほど下まで野菜用培養土を入れます。
葉物野菜に最適!ベジタブルプランター
ITEM
葉物野菜に最適!ベジタブルプランター
ベランダでの野菜栽培にもちょうどいい軽量スリムタイプです。26cmの深さがあり、葉物野菜の栽培にも最適なプランターです。

▼サイズ:68 x 34 x 26 cm:奥行き × 幅 × 高さ
▼重量:1.1 Kg ▼土の容量:約37L
▼価格:900~1300円前後
▼カラー:テラコッタブラウン/ベジタブルグリーン
軽くて、使い勝手が良くて二つ買いました。
ベランダでの野菜栽培には最適かも^ ^ 出典:Amazon
野菜の培養土はコレ!アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土
ITEM
野菜の培養土はコレ!アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土
粒状の培養土なので根の成長を妨げず、通気性・排水性もとてもいいです。特に野菜は通気性の良い土を好むので、植物が元気に育ちますよ!

▼容量:野菜用25L
▼内容:粒状培養土、バーミキュライト、緩効性肥料
▼価格:1,500~1800円前後
保水力、肥料(生ゴミからつくったもの)保持力共に優れており、満足しています。 出典:Amazon

STEP3 まき溝をつくる

土の表面をきれいにならし、支柱や板などを土に押しつけて、深さ1cmのまき溝をつくります。2列以上まくときは、間隔を20cmほどあけます。

STEP4 種をまく

出典:photo AC



種まきの間隔は約1cm。土をかぶせたら、土と種が密着するように手のひらで押さえます。ジョウロでたっぷりと水やりして、種まきは完了です。収穫までの間、土が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。

STEP5 間引きをする

間引きのタイミングは菜園と同じ。間引いた葉もちゃんとからし菜の味がするので、どんどん料理に使ってください!

STEP6 追肥

栽培期間が1か月を超えるようなら、液体肥料を薄めて与えましょう。

STEP7 収穫

好みの大きさで収穫を。株を丸ごと抜いてもよいですが、使う分だけ外側から少しずつ収穫して、長く楽しむのもおすすめです。

 

からし菜の病気と害虫

きちんと間引きをして風通しよく育てれば、あまり病気の心配はありません。春〜夏はアオムシやコナガがつきやすいので、菜園でもプランターでも、種まき後すぐに防虫ネットをかけておくと安心です。葉の汁を吸うアブラムシやハダニを防ぐには、銀線入りの防虫ネットが効果的です。秋になって気温が下がると、害虫は徐々に減っていきます。

食欲のないときは、からし菜で料理にアクセントを

出典:photo AC



からし菜のピリ辛は「アリルイソチオシアネート」という成分で、殺菌効果や食欲増進効果が注目されています。ちょっと食欲がないな、というときは、自家製からし菜を薬味や料理に取り入れてみるといいかもしれませんね!

 

紹介されたアイテム

葉からし菜 【サカタのタネ】

葉からし菜 【サカタのタネ】

¥195 税込

赤リアスからし菜

赤リアスからし菜

¥216 税込

有機種子 からし菜 (ゴールデンフリル )

有機種子 からし菜 (ゴールデンフリル )

¥334 税込

葉物野菜に最適!ベジタブルプランター

葉物野菜に最適!ベジタブルプランター

¥861 税込

野菜の培養土はコレ!アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土

野菜の培養土はコレ!アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土

¥1,480 税込

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード