生理障害の対策|鉄障害(欠乏症・過剰症)症状と予防

鉄障害とは植物の生長点付近の葉に被害があらわれたり、下葉の葉脈間に褐色の斑点が生じる生理障害です。土壌の酸性度や水分状態が発症の原因で欠乏症や過剰症を引き起こす鉄障害の予防方法や対応策について紹介します。


イチゴ 鉄欠乏

出典:flickr(photo by Scot Nelson)
鉄障害とは、植物の生長点付近の葉に被害があらわれたり、下葉の葉脈間に褐色の斑点が生じる生理障害です。土壌の酸性度や水分状態が影響して発生します。そんな鉄障害の発見のポイントを押さえて予防と早期発見、対策を心がけましょう。

植物における鉄の働き

植物が生長するために必要な微量要素の一つに「鉄」があります。鉄は土壌中から根によって吸収されて作物の隅々に行き渡ります。

鉄の働き

鉄は植物体内で働く酵素の成分です。また葉緑素の生成に関与しており、欠乏すると葉緑素の生成が行なわれず、移動しにくい要素であるため新葉の葉脈間にクロロシスと呼ばれる色抜け症状を引き起こします。
※クロロシスとは若い葉の葉脈の緑色を残して葉脈間が淡緑~黄変する症状。
▼環境制御で植物を元気に育てるならこちらをご覧ください。

鉄障害について

鉄は植物体内で不足すると「欠乏症」、過剰になると「過剰症」を引き起こします。
鉄は土壌中に含まれている量が適量であっても、土壌の酸性度や水分量などの影響を受けて土壌に溶け出す量が増減し、植物の根からの吸収量に影響し、欠乏症や過剰症を発生させます。
▼そのほかの生理障害についてはこちらをご覧ください。

鉄欠乏症とは

ハイビスカス 鉄欠乏
出典:flickr(photo by Scot Nelson)
鉄の量が植物体内で不足すると鉄欠乏症を発症します。
通常土壌中には多量の鉄があるので、土壌中の鉄が少ないために作物が鉄欠乏症状を起こすことはほとんどありません。

鉄欠乏症の症状

「葉脈の間の色が薄くなっている(クロロシス)」「葉が白くなってきた」そんな症状は鉄欠乏症かもしれません。
鉄は移行性の悪い成分なので、生育のさかんな生長点付近の葉に欠乏症状が強く現れます。
上位葉の葉が葉脈を残して淡い緑〜黄色に変色します。症状が進むと葉全体が黄白色に変色することもあります。

鉄欠乏症が出やすい植物

鉄欠乏
出典:flickr(photo by Scot Nelson)
野菜や果樹、花きなどで発生します。

野菜類

トマト、コマツナ、チンゲンサイ、ホウレンソウ、エダマメ、ミツバなどは若い葉の葉脈の緑色を残して葉脈間が淡緑~黄変します(クロロシス)。
症状が激しくなると、若い葉が黄白化し枯死します。根は通常白色ですが、鉄が欠乏すると黄変することもあります。

花き・果樹・花木

キク、バラ、アジサイ、ツツジ、クチナシも同様に鉄欠乏によって、クロロシスがみられます。生長に伴って回復することもあります。

鉄欠乏症の原因

鉄欠乏症が引き起こされる原因について説明します。

1. pH値が高いアルカリ性の土壌

pH値が高いアルカリ性土壌では、土壌中の鉄は不溶化して欠乏症を生じます。

2. 鉄以外の要素過剰の影響

ほかの微量要素(マンガン、亜鉛、銅)が過剰になったときや、肥料の3大要素であるリン酸が過剰になった場合にも鉄は吸収されにくくなります。

3. 土壌の過湿や過乾燥、低温

土壌の過湿や過乾燥、低温などで根の機能が弱ることで吸収が抑制され鉄欠乏が起こります。

鉄欠乏によく似た「マンガン欠乏症」

マンガン欠乏 バラ
出典:wikimedia
鉄欠乏症状とよく似た症状(クロロシスを引き起こす)にマンガン欠乏症があります。
どちらか症状で判別できない場合は、症状の出ている株を4株選び、2株には鉄を、もう2株にはマンガンの葉面散布を行い、3~5日様子を見て散布効果の有無から、どちらの欠乏症かを判断することができます。


鉄欠乏症を発症させない管理や対策方法

鉄欠乏 イチゴ
出典:flickr(photo by Scot Nelson)
鉄欠乏症を発症しないための管理方法について、説明します。

1. 土壌pHの調整

pHが中性〜アルカリ性に傾いている圃場(ほじょう)では石灰(カルシウム肥料)などのアルカリ資材の使用は控え、pH6.0~6.5付近を目標に硫安、硫酸カリなどの酸性に傾ける肥料を使用します。
※圃場とは、田や畑のような農作物を育てる場所のこと。
ITEM
硫安(硫酸アンモニア)
即効性の窒素肥料で、茎・葉の成長に役立ちます。水に溶けやすく、作物にもよく吸収されます。
コマツナ・ホウレンソウ・パセリ・チンゲンサイなど葉物野菜には大切な肥料です。

・内容量:1kg
ITEM
加里(硫酸カリ)
即効性のカリ肥料で、茎・根の充実に役立つ肥料です。吸着され易く、元肥・追肥いずれにも使えます。
野菜全般に使えますが、特にジャガイモ・サツマイモなどに適します。1坪当たり約10gを土に良く混ぜます。

・内容量:1kg

▼土壌のpH測定のことならこちらをご覧ください。

2. リン酸肥料の適正量

リン酸肥料は適正に施用します。すでに土壌のリン酸含量が高い場合は元肥の施肥量を減らし、追肥はリン酸が含まれていないもので行います。

3. 鉄肥料の施用

鉄を含む肥料を施用します。
養液栽培では、鉄キレート化合物(EDTA鉄)を2kg/10a程度土壌潅注します。
ITEM
鉄力あぐりスーパー
酸化第一鉄(FeO)配合で光合成を促進し、有機酸鉄錯体により、2価鉄イオンを約1年間安定供給します。

・内容量:400g

ITEM
キレート鉄
養液栽培にも使用できるキレート鉄です。

・内容量:1kg
・成分:Fe-EDTA(13%)

4. 葉面散布

応急処置として、鉄を含む葉面散布剤を使用します。
1回では効果が出ないため、1~2週間に1回散布を続けます。
ITEM
鉄力あくあF10
鉄力あくあは植物の生長に必要な2価鉄イオン[Fe2+]を安定して供給します。
高濃度原液ですので経済的です。
土壌灌注と葉面散布で使用できます。
葉面散布は5000倍で3〜5日間隔で2〜3回施用。

・内容量:1L

5. 保水性、排水性の良い土づくり

過乾燥、過湿による根痛みを起こさないように土壌の水分量に気を付けます。
水はけの悪い圃場では畝を高くしたり、パーライト、バーミキュライト、ヤシガラなどの土壌改良材を投入します。
水はけの良過ぎる圃場では、腐植を入れて保水性を高めたり、畝間に敷き藁やマルチを貼って水分の蒸発を抑えます。
▼土壌改良のことならこちらをご覧ください。

▼マルチのことならこちらをご覧ください。

鉄過剰症とは

鉄の量が植物体内で過剰になると、鉄過剰症を発症します。

鉄過剰症の症状

下葉から発生し、葉脈間に褐色の斑点が生じます。

鉄過剰症の原因

通常の畑栽培で鉄の過剰障害が見られることはほとんどありません。
ただし、土壌が強酸性あるいは加湿などで酸素不足状態(還元状態)になると、鉄が土壌に大量に溶け出し、鉄に耐性の弱い作物は過剰症を発症することもあります。
水耕栽培などでキレート鉄を多量に投与すると発生することもあります。

鉄過剰症の予防

鉄過剰症は強酸性で発生しやすくなるため、酸性土壌には石灰などのアルカリ質資材の施用でpH6.0~6.5付近を目標に中和します。
また、土壌が過湿状態だと酸素不足になるため、土壌の排水性には気を付けます。

鉄障害対策に何より大事なのは土壌酸度と肥料量

鉄は欠乏症を起こしやすい成分です。土壌酸度を調整すると解決することが多いので、適正なpHに調整します。
また、ほかの肥料成分の影響を受けやすいため、施す肥料の量には十分気を付けます。土壌の過乾燥、過湿や温度にも影響されるため、保水性と排水性を高めた作物の生育に適した土壌に改良しましょう。

関連する記事

イチゴ 鉄欠乏
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。