症状からわかるピーマンの病気

ピーマンは茎葉、株全体、果実、根など植物全体に病気が発生します。本記事では、圃場でよく見られる葉や株に出ている症状から、病気を推測できるように、茎葉に発症する病気、株全体に症状が及ぶ病気、果実の病気の順に紹介します。


ピーマン栽培のイラスト

Illustration:rie
栽培しているピーマンの生育が思わしくない、萎(しお)れる、果実に斑点が出たりカビが生えてたりする、そんな場合は病気に感染しているかもしれません。病気は早期に発見し対策をすれば、重症化を防げます。
ピーマンは、茎葉や果実、株全体に病気が発症します。本記事では、圃場でよく見られる葉や株に出ている症状から、病気を推測できるように、茎葉に発症する病気、株に発症する病気、果実に発症する病気の順に紹介します。

▼ピーマンの栽培方法についてはこちらをご覧ください。

▼植物の病気についてはこちらもご覧ください。

ピーマンの茎葉に発症する病気

ピーマンの茎葉の症状から推測できる病気を紹介します。

ピーマンの茎葉に病斑(斑点やカビ)

ピーマンの葉や茎に斑点やカビが出ている場合、病気に感染している可能性があります。
まずは病斑の形、色、特徴を確認しましょう。

斑点病

斑点病におかされたピーマンの葉
Illustration:rie
 円形〜不整形
 灰白色~暗褐色
特徴  縁どられた輪紋状の病斑

【症状】
はじめ葉に白色の小さい斑点が生じると徐々に拡大していき、灰白色または暗褐色に縁どられた輪を重ねたような模様の斑点となります。さらに湿度が高い環境下では、斑点が結合して大きな病斑となった上にすす状のかびが生えることもあります。症状が進むと落葉してしまいます。
【予防と対策】
前年の枯れた植物などが感染源となるので、残渣は圃場の外に持ち出して処理します。
発病適温は20~25℃。湿度が高いと発生しやすいため、過繁茂や密植を避けて、風通しの良い圃場を心がけます。ハウス栽培では積極的に換気を行うなど湿度を下げるようにしましょう。
※残渣とは、圃場などに残った生育(栽培)を終え枯れた植物体。

▼ハウスの湿度対策についてはこちらもご覧ください。

うどんこ病

うどんこ病におかされたピーマンの葉
Illustration:rie
 円形〜不整形
 白色
特徴  葉の裏面に、白い小麦粉のような菌が生える

【症状】
葉の裏面に白く薄い霜状のかびが生え、その後葉の表面に淡い黄色の斑紋が生じます。症状が進むと葉全体が黄化して落葉します。
【予防と対策】
うどんこ病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「ベニカXファインスプレー」と「ポリオキシンAL水溶剤」はピーマンには使用することはできません。


菌核病

菌核病におかされたピーマンの茎葉
Illustration:rie
 不整形
 白色
特徴  白色のカビとネズミの糞のような黒い菌核が生じる

【症状】
最初は茎の分岐部や地際部に水に浸したような茶褐色〜黒色の病斑が現れます。拡大した病斑部分は次第に白色の綿毛状のカビに覆われ、この白色のカビの中にはネズミの糞(フン)のような黒色の菌核が作られます。
【予防と対策】
菌核病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「フロンサイド粉剤」はピーマンには使用することはできません。また「セイビアーフロアブル20」と「アフェットフロアブル」、「GFベンレート水和剤」、「アミスター20フロアブル」はピーマンには使用できますが、ピーマンの菌核病の適用はありません。


黒枯病

黒枯病におかされたピーマンの葉
Illustration:rie
 円形~不整形
 褐色~黒褐色
特徴  縁どりのある黒い斑点

【症状】
葉に褐色の小さい斑点が形成されると拡大して形の定まらない黒褐色の輪紋状の病斑となります。
茎では黒褐色の斑点が形成され、黒色ビロード状の菌が生えることもあります。
斑点病に似ていますが、黒枯病の場合は病斑が葉脈に沿って広がり、果実にも発病がみられることが特徴です。
【予防と対策】
湿度が高い環境下で発生しやすいので、過繁茂や密植を避けて風通しの良い圃場を心がけます。
病気に感染した茎葉や果実は、伝染源となるので圃場外に持ち出して処分しましょう。


ピーマンの株全体に発症する病気

ピーマンの株の症状から推測できる病気を紹介します。

ピーマンの株が萎れる

過不足なく水を与えているのに、葉が枯れて株が萎れてしまう、そのような場合は病気に感染している可能性があります。

疫病

疫病におかされたピーマンの株
Illustration:rie

【症状】
はじめは葉に水に浸したような(水浸状)灰緑色の病斑が生じ、やがて拡大して暗褐色になります。茎や葉柄でも暗褐色に変色して軟化していきます。病状が進むにつれて上部に水を送ることができなくなり、やがて萎れてしまいます。
湿度が高い状況下では病斑に霜(しも)のような白色のカビを生じることもあります。
【予防と対策】
疫病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「ホライズンドライフロアブル」はピーマンには使用することはできません。また「ダコニール1000」はピーマンには使用できますが、ピーマンの疫病の適用はありません。


青枯病

青枯病におかされたピーマンの株
Illustration:rie

【症状】
葉や葉柄が緑色のまま急に勢いを失ったように萎れ、その後株全体が立ち枯れます。
根元に近い茎を切って水に漬けると、白い乳液のようなもの(菌泥)が出るのが特徴です。
【予防と対策】
青枯病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)


ピーマンの株の萎縮

芽先を中心に縮んだようになり、生長が止まる、そのような場合も病気に感染している可能性があります。

モザイク病

モザイク病におかされたピーマンの株
Illustration:rie

【症状】
葉では縮れてモザイク状に色抜けしたような症状が現れ、やがて株の生長が抑制されていきます。
モザイク病はアブラムシ類によって病原菌となるウイルスが媒介されて発症する病気です。
【予防と対策】
モザイク病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「モスピラン・トップジンMスプレー」はピーマンには使用することはできません。

▼アブラムシの対策はこちらをご覧ください

ピーマンの果実に発生する病気

ピーマンの果実の症状から特定できる病気を紹介します。

ピーマンの果実のカビ、斑点

果実に斑点ができる、カビに覆われる、そんな場合は病気に感染している可能性があります。

灰色かび病

灰色かび病におかされたピーマンの果実
Illustration:rie

【症状】
果実に大型の凹んだ病斑ができ、その上に灰色のカビが生じます。栽培中だけでなく、収穫後の果実でも発生することがあります。
また、咲き終わった花弁で発症した灰色かび病が果実へ伝染してしまうケースも多くみられ、発病した幼果が落果することが多々あります。
【予防と対策】
灰色かび病 | 防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「ベニカXファインスプレー」はピーマンには使用することはできません。また「STダコニール1000」はピーマンには使用できますが、ピーマンの灰色かび病の適用はありません。


黒枯病

黒枯病におかされたピーマンの果実
Illustration:rie

【症状】
果実、果梗に黒褐色の斑点が生じます。
【予防と対策】
湿度が高い環境下で発生しやすいので、過繁茂や密植を避けて風通しの良い圃場を心がけます。
病気に感染した茎葉や果実は、伝染源となるので圃場外に持ち出して処分しましょう。


炭疽病

炭疽病におかされたピーマンの果実
Illustration:rie

【症状】
水に浸したような斑点が拡大していくと、ややへこんだ褐色に変色して、円を重ねたような病斑をつくります。次第に病斑の内部は灰色になり、やがて黒色の小斑点(胞子塊)を形成します。
【予防と対策】
炭疽病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「アントラコール顆粒水和剤」と「ジマンダイセン水和剤」、「ゲッター水和剤」はピーマンには使用することはできません。また「アミスター20フロアブル」はピーマンには使用できますが、ピーマンの炭疽病の適用はありません。


病気以外の生理障害・害虫などの要因も併せて対策

ピーマンの調子が悪い原因は病気だけとは限りません。曇天が続いたことから起る日照不足、雨や台風などの荒天、肥料や水の過不足などが要因で引き起こす生理障害でも元気を無くてしまいます。
また、アブラムシやアザミウマ、オオタバコガ、コナジラミといった害虫の被害を受けても、生育が悪くなります。
上記の病気を一例として、生理障害や害虫被害など、そのほかの要因も併せて考えながら対策を行いましょう。
※生理障害とは、育てる植物に適さない温度、光、土壌の状態によって生長が阻害されること。

生理障害のまとめ

▼ピーマンに発生する害虫のことならこちらをご覧ください。(投稿記事がアップされ次第添付予定)

ピーマンで発生しやすい要素障害

生理障害の中でも、ピーマンの栽培で起こりやすい要素障害について紹介します。

カルシウム欠乏

ピーマンの果実の先端が黒く変色する「尻腐れ果」は、病原菌によって発症するのではなく、カルシウム欠乏が原因で引き起こします。

▼カルシウム欠乏についてはこちらをご覧ください。

症状から病気を推測し早めの対策を!

ピーマンに発生する病気のなかでも特に注意してもらいたいのは青枯病です。青枯病は、感染した前作の残渣に残る病原菌が土壌中で生存して伝染源となり、栽培しているピーマンの根の傷口から侵入して株を萎れさせます。さらに青枯病に感染した根から病原菌となる細菌が排出されて、水で移動し、周囲の株へと感染が広がっていくため、多くのピーマンの株が枯れてしまうことも珍しくありません。特徴的な症状から病気を早期に発見し、手遅れになる前に早めの対策を行いましょう。

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。

育て方・病害虫を一発検索