簡単にできる!ミニトマトの支柱の立て方|支柱のいらない品種も紹介

背の高くなるミニトマトの栽培は、プランター・畑に限らず、支柱をうまく立ててしっかり誘引するのが重要なポイント!支柱の立て方の種類や必要な支柱の長さや立て方のコツ、さらには支柱立てにおすすめのアイテムも!簡単に育てられる支柱がいらないミニトマトの品種も紹介。


支柱で育つミニトマト

出典:写真AC
ミニトマトの栽培で重要な作業の一つが、支柱立てです。ミニトマトは想像より背が高くなりやすい植物で、摘心しないと3mを超えてしまうこともあります。せっかく育てたミニトマトの茎が、実の重さや風などで折れてしまわないように、支柱を上手にしっかりと立てましょう。

大玉トマト・中玉トマトの場合はこちら

ミニトマト栽培時の支柱の効果

支柱につたって育つミニトマト
出典:写真AC
ミニトマトは元々、野生の中で育っていたころは背丈が低い野菜でした。自然の中で生長していくには、支えなどは必要ないのが本来の姿です。しかし、近年の品種改良により、背が高く実もたくさんつくようになり、支柱を立てることが必要になりました。

支柱を立てる効果とは?

台風が来る前にミニトマトに支柱を立てる
撮影:AGRI PICK編集部
支柱を立てることで、実の重さや茎の長さを支えるだけでなく、台風や強風で主幹が折れないようにすることができます。また、狙った方向にしっかり誘引できるので、風通しも良くなり、ミニトマトがのびのび育ってくれますよ。害虫も見つけやすくなるなど、メリットがたくさん!

ミニトマト栽培に必要な支柱の長さとおすすめアイテム

たくさんの支柱
出典:写真AC
支柱は用途によって、長さや太さ、形などさまざまな種類があります。短いよりは…と長い支柱を選んでも、高いところの収穫作業ができなくなるので、最長でも180~210cm程度がいいでしょう。

これさえあれば大丈夫!軽くて使いやすい支柱

丈夫でサビに強く、女性や高齢の方にも使いやすい軽い素材でできています。イボは誘引のときのストッパーや、土に深く差し込むときのグリップ代わりになり便利です。
ITEM
積水樹脂 イボ竹 農業用支柱
・サイズ:太さ16×長さ2100mm
・内容:5本パック

らせん支柱は、誘引の手間いらず!

誘引が難しい、うまくできないという人でも、らせん状に曲がっている支柱なら茎や葉を絡ませていくだけ!実の重みにも耐え、誘引と同じ効果が期待できます。支柱1本に対して、ミニトマトの株は1本にしてくださいね。
ITEM
トマト用らせん支柱
・サイズ:太さ11×長さ1800mm
・内容:10本パック

買って良かったです。今はお気に入りです。品質良好。


きれいなミニトマトを作るための雨よけ付き

ミニトマトは雨が苦手で、実が割れてしまうことも。雨よけのビニールシートがセットになっているベジタブルアーチを使えば、きれいなミニトマトができますよ!
ITEM
ベジタブルアーチセット
・サイズ:幅1200×奥行240×高さ2100mm(組み立て後)
・内容:アーチフレーム×3本、支柱(太さ11×高さ900mm)×5本、支柱(太さ11×高さ1200mm)×6本、ビニールシート(1200×2400mm)1枚、パッカー×20個、連結パーツ×6個、クロスジョイント×15個

支柱立ての失敗なし!プランターと留め具のセット

プランターの端に付いている支柱留めの穴に、別売りもしくは手元にある支柱を挿すだけ!グラグラと支柱が動いてしまうこともなく、プランターにしっかりと固定されるのでとても簡単。ミニトマトがすくすく育ちます。
ITEM
リッチェル 菜園上手 支柱サポートセット
・サイズ:直径36×34cm(プランター)、支柱は別売りで、太さ8〜11mmに対応。
・内容:プランター本体、支柱留め具

簡単にできる!畑やプランター栽培に適した支柱の立て方

ミニトマトの支柱、1本立て
出典:写真AC

支柱を立てるタイミングは?

苗は背が低いので、すぐに支柱は必要なさそうですが、植え付け直後に突風などが吹き、ミニトマトの茎が折れてしまうことも。支柱を立てるタイミングは、苗を植え付けたらすぐがおすすめです!しっかり支柱を立てたら、やさしく誘引しましょう。

支柱の立て方の種類

1本仕立て|管理が楽々!

支柱に絡んだミニトマト
出典:写真AC
脇芽が次々に伸びるミニトマトは、支柱を1本仕立てにするとすっきりと整理できます。
苗の根本から約10cm離れたところに、支柱を垂直に立てます。支柱の両端は、片方が平らで片方が尖っていますが、尖った方を土に刺して20~30cmは地中にしっかり打ち込みます。土が固い場合は、ハンマーなどでたたくと入りやすいですよ。

2本仕立て|収量が約1.5倍に!?

2本の支柱に誘引されたミニトマト
出典:写真AC
支柱を2本仕立てにすると、収穫量は約1.5倍になるといわれています。苗の両脇に、支柱同士を30cmほど離して直立に立てます。株元から伸びた勢いがある脇芽を2本の支柱に誘引していきましょう。

合掌式|支柱が不安定な場合 

支柱立てをしている男性
撮影:まつたかずき
土が柔らかい、深く支柱が刺さらないなど、直立式の1本仕立てや2本仕立てをしても支柱が不安定な場合は、合掌式にしてみましょう。支柱を頂点で交差させるように立て、交差した部分と横に通した支柱を、しっかり麻ひもや固定具などで固定します。
ITEM
DAIM 棚ッカー 太さ16mm支柱用
合掌式の支柱立てをする時に便利なアイテム!安価でありながら、はめ込むだけで支柱と支柱をガッチリ留めることができます。

・内容:3個

ピラミット式|プランター栽培にはコレ!

ミニトマト栽培
出典:写真AC
栽培エリアも狭く深さもないプランター栽培では、支柱が不安定になるのでピラミット式の立て方がおすすめです。3〜4本の支柱を斜めに立てて先端を束ねるだけ!一つの支柱にかかる負担を分散させることができますよ。

誘引のコツとは?

支柱にミニトマトの茎を誘引
出典:写真AC
ビニールひもでも誘引はできますが、土に還らず回収が手間なので、誘引には麻ひもがおすすめです。誘引する場所は、トマトの実がついたすぐ下にすると、実の重さにも耐えられるようになります。
ひもは8の字にクロスして、締め付け過ぎないようにゆるく結ぶようにしましょう。クロスさせずに誘引すると茎が支柱に擦れて傷ができて、そこから病気になったり、強く結んでしまうと茎が太くなった時に窮屈になったりします。
麻ひもを使った誘引は力加減が難しい…という人には、クリップで止めるだけの誘引クリップを使うのもおすすめ!
ITEM
daim 支柱誘引クリップ
洗濯バサミのように、支柱と茎をはさんで固定するだけ!茎を傷めず、しかも繰り返し使えます。

・サイズ:幅50mm×長さ104mm
・適用サイズ:支柱の太さ16〜20mm
・内容:10個

家庭菜園初心者から本格栽培まで!詳しいミニトマトの育て方


支柱がいらないミニトマトの品種って?

プランターに実るミニトマト 
出典:写真AC
背が高く育つミニトマトを、支柱や柵などに誘引せずに育てるのは難しいです。でもやっぱり支柱がうまく立てられない…、収穫は少なくていいからミニトマトを育ててみたい、という方におすすめなのが、鉢でも育てられる背が大きくならないミニトマトの品種。見た目もかわいいですよ!

支柱がいらない!おすすめのミニトマトの品種

かわいく鑑賞にもぴったり!「レジナ」

高さが20cm程度にしかならない、支柱が不要なミニトマトです。追肥と水やりをすれば、わき芽摘みなど管理が不要で、基本的に放置で大丈夫!
ITEM
レジナ 種
・内容量:0.6ml

レジナは、成長して30センチ位なのに、40個くらい実をつける。扱いやすく手入れもしやすい。
緑色の実が、色が変わり始めると一気に色づく様はすばらしい。朝オレンジ色の実ガ夕方には朱色になったりして
毎日見るのが楽しみ。
今では いろいろな種類のミニトマトを育てるようになりました。
園芸と言う新しい趣味に出会わせてくれた記念のミニトマトでした。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています


食べやすく小さなトマト「ちびっこ」

背丈は約30cmほどになりますが、支柱を立てることなく栽培が可能です。直径2cmほどの食べやすいサイズで、かわいらしい真っ赤なミニトマトができますよ。
ITEM
ちびっこ 種
・内容量:1ml

支柱使いが、ミニトマト栽培の成功のコツ!

支柱に絡まるミニトマト
出典:写真AC
ミニトマト栽培に適した支柱の立て方は、ここで紹介した以外にもさまざまな種類があります。重要なのは、グラグラしないようにできるだけしっかり支柱を立てること!強風などで支柱が倒れてしまうこともあるので、不安な場合はプランターを移動したり風よけをしたりしてくださいね。

紹介されたアイテム

積水樹脂 イボ竹 農業用支柱
トマト用らせん支柱
ベジタブルアーチセット
リッチェル 菜園上手 支柱サポートセット
DAIM 棚ッカー 太さ16mm支柱用
daim 支柱誘引クリップ

RECOMMENDSおすすめ

ミニトマトと支柱
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記

FEATURES特集

特集をもっと見る

まつたかずき
まつたかずき

市民農園のスタッフをしながらライターとして活動しています。野菜づくりを誰もが気軽に出来る趣味にすることを目標に、初心者の方でも興味を持っていただける記事を執筆していきます!

育て方・病害虫を一発検索