【家庭菜園のプロ監修】ゴーヤの育て方|プランター栽培や緑のカーテンのコツも!

緑のカーテンとしても人気の「ゴーヤ」の育て方を家庭菜園のプロが詳しく解説!種まきのコツや育苗、支柱を立てるタイミングなど、ステップごとに紹介します。また、ベランダでプランター栽培する際のポイントもアドバイス。おすすめのゴーヤの品種も要チェックです!


ゴーヤ畑

画像提供:福田俊
ニガウリ、ツルレイシとも呼ばれる沖縄野菜「ゴーヤ」。独特の苦みは食欲増進効果もあり、暑い季節にはぴったり!グリーンカーテンにも利用される人気の植物です。
今回は、そんなゴーヤの育て方を家庭菜園のプロ・福田先生にうかがいました。プランターで栽培する際のポイントや、おすすめの品種も紹介します!

家庭菜園歴40年!福田俊先生にゴーヤについてお話をうかがいました

福田先生
画像提供:福田俊
菜園家。ブルーベリー研究家。東京農業大学グリーンアカデミー専科野菜コース講師。「どうすればおいしい野菜がたくさん採れるか」「いかにラクで楽しい野菜づくりができるか」を追求し、「フクダ流」自然農的有機栽培を実践。16平米という限られたスペースの市民農園で、年間50品目以上の野菜を有機・無農薬で栽培しています。監修を務めた家庭菜園誌や著書も多数。

関連サイト
HP:http://www.fukuberry.com/
Youtube:https://www.youtube.com/user/f104ryo
Instagram:https://www.instagram.com/fukuberry104/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/29da104
facebook:https://www.facebook.com/toshi.fukuda.73

著書
『市民農園1区画で年間50品目の野菜を育てる本』(学研プラス)
『フクダ流家庭菜園術』(誠文堂新光社)
『福田さんのラクラク大収穫!野菜づくり』(学研パブリッシング)

ゴーヤの栽培時期と特徴

ゴーヤ
画像提供:福田俊

栽培カレンダー

・種まき(育苗):3~4月
・植え付け:4~5月
・収穫:7~9月

栽培適温

20~30℃

ゴーヤにおすすめのコンパニオンプランツ

混植することで、病害虫の抑制や生長促進効果が期待できる種類の異なる野菜を「コンパニオンプランツ(共存作物)」といいます。
ゴーヤにおすすめのコンパニオンプランツは、ネギ類です。ネギ類は、ゴーヤを始めとするウリ科の「つる割れ病」を抑制する効果が期待できます。
福田先生
福田先生
ネギ類のほか、「ネコブセンチュウ」の寄生を少なくするマリーゴールドも、ゴーヤのコンパニオンプランツにおすすめです。ゴーヤの根に絡まるように寄せ植えをすると良いでしょう。

白ネギ・葉ネギの詳しい育て方はこちらの記事で!


ゴーヤの育て方|畑・プランター



福田先生とゴーヤ
画像提供:福田俊
ここからは、ゴーヤの栽培方法をステップごとに解説していきます。

Step1. 土作り

ゴーヤの土作りの様子
画像提供:福田俊
土作りはどの野菜も一緒ですが、有機物が豊富に含まれ、それを分解する微生物がいっぱい活動しているふかふかの土が理想です。畝たてのときに、ぼかし肥料を1平米あたり300~500gと草木灰を少々漉き込むと良いでしょう。

福田先生直伝!ぼかし肥料の作り方


草木灰の詳しい情報はこちらの記事で


福田先生解説!「有機質たっぷりの土づくり」


Step2. 種まき(育苗)

ゴーヤの種
画像提供:福田俊
12cmポットに10粒ほどまき、25~30℃に設定した温床で管理します。

ゴーヤの発芽率を上げるひと工夫!
ゴーヤの種をペンチで折る様子 画像提供:福田俊
ゴーヤは種の皮が固いため、ペンチなどで発芽口(とんがった部分)を折っておきましょう。こうすることで吸水しやすくなり、発芽率もアップします。


「家庭用育苗器」はこちらの記事でチェック!


Step3. 植え付け

ゴーヤの苗の植え付け
画像提供:福田俊
育苗ポットの下から白い根が見えてきたら定植します。
ゴーヤの定植時期である春は風が強い日が多いため、苗が風に振り回されないように行灯(あんどん)で囲いましょう。行灯は、苗のつるが長く伸び始めたら外します。

行灯(あんどん)の作り方
Step1. 細く短い支柱を4本(最低3本)用意する
Step2. 苗の周りに支柱を挿す
Step3. 肥料袋の底を切って筒状にし、支柱でピンと張るように支える

福田先生
福田先生
袋がない場合は、防虫網を使ってもOK!支柱の周りを網でぐるっとまわしたら、ホッチキスで止めましょう。

必要な栽培スペースと植え付け方

ゴーヤの栽培スペース
図:AGRI PICK編集部
・A:畝幅/70cm
・B:畝の高さ/10cm
・C:株の間隔/1m(1条)

Step4. 支柱立て・誘引

支柱立て

ゴーヤの支柱
画像提供:福田俊
苗の定植時か、もしくは定植前に支柱を設置しておき、その根元に苗を植え付けます。
支柱は、市販のキュウリ用支柱がおすすめです。ホームセンターなどで、一対一組で数百円と安価で売られており、組み立ても簡単。ジョイントするとアーチになるので、キュウリネットまたはフラワーネットを張れば完成です。
ITEM
家庭菜園用 アーチセット
アーチ型のフレームに10cm目のネットが付いた、つる性植物用の支柱セットです。

・サイズ:幅約120×奥行き約24×高さ約210cm
・材質:支柱/スチール、ポリエチレン、ジョイントパーツ/ポリプロピレン
・セット内容:アーチフレーム×3、支柱(長)×5、支柱(短)×6、ネット(120×320cm)×1、パッカー×20、連結パーツ×6、クロスジョイント×15

誘引

ゴーヤの誘引
画像提供:福田俊
アーチ式の支柱であれば、最初のつるをネットに誘引するだけでOK!あとは自立するので、自然に這い上がっていきます。

Step5. 水やり

露地栽培の場合、水やりはほとんどしなくても大丈夫です。しかし、真夏の炎天が続くときには、株元にバケツでじゃんじゃん水を補給すると元気に生育します。

Step6.追肥

収穫時期になったら、毎週追肥します。水やりを兼ねて、ぼかし液肥を適宜散水すると良いでしょう。

福田先生直伝!ぼかし肥料の作り方


ぼかし液肥の作り方
・1Lの空ペットボトルに、ぼかし肥料を一掴み入れる
・水を満たしたらよく混ぜ、2~3日置く
・使うときは、原液(上澄み液)を100倍程度に薄めて散水する


Step7.収穫

ゴーヤの収穫
画像提供:福田俊
ゴーヤが20~30cmの長さになったら収穫します。ゴーヤの果梗(かこう)は細くても丈夫なので、はさみで切って収穫しましょう。

ゴーヤのプランター栽培



ゴーヤはプランターで栽培することもできます。ベランダなど狭いスペースしかないという人も、ぜひ挑戦してみてください!

プランターのサイズ

できるだけ大きなものを用意しましょう。

プランター選びはこちらの記事で!

用土

市販のプランター用培養土で育てられます。
ITEM
ハイポネックス培養土 鉢・プランター用
元肥として緩効性肥料マグァンプKを配合した、プランター栽培に最適な培養土。適度な排水性と通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。

・内容量:14L

植え付け

1つのプランターに対し、1株植え付けます。

誘引

格子状のフラワーネットを設置しましょう。最初のつるをネットに誘引すれば、あとは自然に這い上がっていきます。

水やり

露地栽培とは異なり、プランター栽培は頻繁な水やりが必要です。雨の日以外は、毎日水やりをしましょう。

肥料

ぼかし肥料か、ペレット状のぼかし肥料を用土に置き肥します。
ITEM
昔ながらのほんぼかし肥料
100%有機で、低温でじっくり発酵させたぼかし肥料です。ペレット状になっているのでまきやすくなっています。

・内容量:1kg

収穫

ゴーヤが20~30cmの長さになったら、はさみで果梗(かこう)を切って収穫します。

ゴーヤで「緑のカーテン」を作ろう!

ゴーヤのグリーンカーテン
出典:写真AC
「緑のカーテン(グリーンカーテン)」として長期間楽しめるのもゴーヤの魅力。緑のカーテンとは、つる性植物をネットなどに這わせて作る天然の日よけのこと。窓辺に設置すれば室内温度の上昇を抑える効果が期待でき、冷房費などの節約に。種まき・苗の植え付けなどの作業は、上記の栽培方法と同じです。
福田先生
福田先生
緑のカーテンを作る際は、プランター栽培はおすすめしません。小さなプランターでは、カーテンになる前に中途半端に終わってしまうからです。ゴーヤは地中深くに根を張ってこそ、立派な緑のカーテンになるのです。

ネット・支柱の設置

緑のカーテンに使うネットは、キュウリネットかしっかりしたフラワーネットどちらでもOK。使う場所に合わせたサイズを選びましょう。
ITEM
キュウリネット
キュウリを始めとする、つる性植物の栽培に必需品のネット。家庭菜園に最適なサイズです。

・サイズ:本体/幅1.8×長さ18m、網目/24cm菱目
・材質:ポリエチレン

カーテン用のネットの設置方法ついては、こちらの記事で!


ゴーヤのおすすめの品種

ゴーヤ
画像提供:福田俊
ここからは、福田先生おすすめのゴーヤの品種を紹介していきます!

ビタCグリーン

ITEM
ビタCグリーン
30cm前後の、肉厚の実がたくさん収穫できる「ビタCグリーン」。さわやかな苦みが楽しめます。

・内容:小袋

にがにがくん

ITEM
にがにがくん
雌花の発生が良く、収穫初期からたくさん採れる品種です。ゴーヤならではの苦みがしっかりと感じられます。

・内容量:10粒

ほろにがくん

ITEM
ほろにがくん
苦みが少ないため、サラダなどの生食でも楽しめるゴーヤ。果実は、22~25cmほどの長さで、太さは7~8cmとコンパクトサイズです。

・内容:小袋

ゴーヤの病気と害虫

ゴーヤは土壌環境が良ければ、病気の心配がほとんどない丈夫な野菜ですが、害虫対策は必要。
ゴーヤにつきやすい主な害虫は、「アブラムシ」や「ヨトウムシ」、「ウリキンウワバ」です。ゴーヤのつるが伸びて大きくなるまでは、防虫トンネルをかけて対策しましょう。ゴーヤが大きくなったら、害虫による食害などがないか株全体をよく観察し、見つけ次第捕殺します。

「アブラムシ」と「ヨトウムシ」の詳しい対策はこちら!


防虫ネットの種類や張り方はこちらの記事で!


ゴーヤ栽培|Q&A

ゴーヤを栽培するうえでよくある疑問やトラブルについて、福田先生に聞きました。

Q. ゴーヤは摘芯したほうが良いの?

福田先生
福田先生
ゴーヤは、放任栽培が一番!摘芯はせず、のびのびと育てましょう。

Q. ゴーヤの実を大きくする方法は?

福田先生
福田先生
ゴーヤの実を大きく育てるには、根を地中深く張らせることが重要です。苗の植え付け前に、表層土と深層土を部分的に入れ替える「部分深耕天地返し」を行うと良いでしょう。
また、収穫が始まったら、ぼかし液肥などを適宜与え、結実するための養分を切らさないようにしましょう。


「部分深耕天地返し」についてはこちらの記事で詳しく解説しています!

Q. 雌花が咲かない!どうすればいい?

福田先生
福田先生
ゴーヤの雌花は必ず咲くので心配は要りません。「咲くまで待とう」です!

夏バテ対策にもおすすめ!栄養豊富なゴーヤを育てよう

収穫されたゴーヤ
画像提供:福田俊
苦みが食欲を増進してくれるゴーヤ。ビタミン・ミネラルなど栄養も豊富で、夏バテしやすい時期におすすめの野菜です。真夏の水切れに注意して、元気いっぱいに育ててくださいね!

紹介されたアイテム

家庭菜園用 アーチセット
ハイポネックス培養土 鉢・プランター用
昔ながらのほんぼかし肥料
キュウリネット
ビタCグリーン
サイトを見る
にがにがくん
ほろにがくん

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索