防虫ネットの張り方教えます!畑からプランター、ベランダまで|農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK]

防虫ネットの張り方教えます!畑からプランター、ベランダまで

畑からベランダやプランター栽培まで大活躍の定番アイテム「防虫ネット」の正しい張り方を解説します。防虫ネットは正しく使ってこそ効果が出るもの。支柱の立て方、外す時期やビニールハウスで使う場合のコツなど、おすすめテクニックもご紹介します。


出典:写真AC
「防虫ネットを張ったのに、いつのまにか野菜が虫だらけだった…」という経験はありませんか?防虫ネットは単に野菜の上から被せればよいというものではありません。害虫が増える季節を前に、正しい張り方をマスターしましょう。

環境に合ったネットを選ぼう

プロ農家向け防虫ネットは、ネットの幅や長さだけではなく、目合(網目の大きさ)やオレンジ色をしたカラーネットなどバリエーションも豊富。また、ビニールハウス用には出入口用のジッパー付きネットなどもあります。
ベランダやプランター向けには、かさばらないコンパクトサイズのネットが主流となっています。

→用途に応じた防虫ネットの選び方はこちら

防虫ネットの張り方【畑】

ここからは、畑での防虫ネットの張り方をご紹介します。作業はできるだけ風のない日を選べば、効率よく行えますよ。

Step1. 支柱の下穴をあける

支柱穴あけ機を使うと便利(写真提供:こぐま農場)
まずはじめに、防虫ネットを支える支柱を差すための下穴をあけます。支柱の間隔が狭いほど雪や強風に対して頑丈になるので、50~70cm程度の間隔を目安にしましょう。専用の道具を使うと簡単に下穴をあけることができます。

お手頃価格の支柱穴開け機 直径16
ITEM
お手頃価格の支柱穴開け機 直径16
支柱が差しにくい固い土に。踏みこみ棒が付いているので、しっかり体重をかけられます。

・穴サイズ:16mm
・重量:約1.6kg
・材質:スチール
・参考価格:1,600円前後

支柱穴あけ器 19mm
ITEM
支柱穴あけ器 19mm
・穴サイズ:19mm
・参考価格:1,900円前後
刃先はネジになっているのかとイメージしていたが、単純に丸棒の先が斜め切断されているだけだった。
堅い土には歯が立たないのではと、心配したが体重を掛けると、途中からスンナリと穴が深く空いた。また、石ころに当たった場合は、ちょっとコネてやると隙間に上手く入り、使い方で解決した。なかなかの良品と思います。
難しいところは、支柱の角度に合わせて、穴あけ器の角度も変えてやらないと、支柱のたて具合が悪くなる所です。但し、真っすぐ穴を空ける場合は問題ないと感じました。 出典:楽天市場

Step2. 支柱を差す

竹割り機で製作した竹支柱(写真提供:こぐま農場)
グラスファイバーや鋼管の支柱を下穴に差し、アーチを作ります。
グラスファイバー支柱は比較的安価ですが、雪が降るとトンネルが潰れることもあるので、注意が必要です。丈夫な鋼管支柱を数メートル間隔で差すことで、耐久性を上げることができますよ。

なお、畑の周りに生えている竹(孟宗竹)を使って支柱を自作する手段もあります。竹を必要な長さにカットして、「竹割機」を使うと、簡単に数多くの支柱を作ることができるんです。

竹割(六つ割・鋳物製)
ITEM
竹割(六つ割・鋳物製)
竹割(六つ割・鋳物製)

・サイズ:全長 約44cm、内径 約17cm、外径 約20cm
・重量:約4.1kg
・材質: 鋳物製
・参考価格:6,500円前後

STEP3 防虫ネットを支柱にかぶせる

防虫ネットを支柱に被せます。このときに害虫がネットの内側に入ってしまわないよう、手際よく行うのがポイント。
支柱にかぶせた防虫ネットの端は、鉄杭などにしっかり固定します。

Step4. 土を寄せる

ネットの裾に土を被せていく(写真提供:こぐま農場)
鍬や管理機などでネットの裾に土を乗せていきます。虫は小さな隙間からでも入ってくるので、絶対に隙間を作らないようにしてください。防虫ネットの生地と支柱を密着させながら土を乗せていくと、強風でも飛ばされにくくなります。

Step5. 支柱で押さえる

グラスファイバー支柱でトンネルを押さえる(写真提供:こぐま農場)
強風で防虫ネットが周りの道路や畑に飛び出さないよう、トンネルの上から支柱で押さえます。

STEP6 パッカー(固定具)で止める

「パッカー」で防虫ネットを支柱に固定し、ずれを防止します。パッカーは支柱の径に適合するものを使いましょう。

トンネルパッカー直径5.5mm(50個入り)
ITEM
トンネルパッカー直径5.5mm(50個入り)
グラスファイバー支柱にビニールやネットを固定します。収穫の際、ネットの裾を挟むのにも使えます。取り外しが楽にできますよ。

・内容:50個入パック
・適合支柱サイズ:直径5.5mm
・参考価格:900~1,100円前後
・主材料:ポリエチレン
小さな庭での菜園ですので、費用面も必要ぎりぎりの状態です。ダンポールは2.1mと1.5mを2種類をビニールテープで固定して4m弱にし、ネットや換気ビニールもファスナー等で張り合わせて使っています。ネットとビニールは風で動きますので、トンネルパッカーの位置を考えて留めないと飛ばされます。強風20m以上で煽られると上部のトンネルパッカーが一本だけ飛ばされ、紛失してしまった事が過去に一度ありましたが、普段はネットと換気ビニールの上からでも十分に止まり、5.5mmダンポールのトンネルには必需品です。考えて使えば結構長持ち致します。10数年前に購入したものを今まで使って参りましたが、念の為に買い足しました。 出典:Amazon

Step7. 収穫が終わってから外す

防虫ネットは、害虫以外にも野菜へのゴミの付着も防いでくれます。基本的には、トンネル内の収穫がすべて終わるまでネットをかけておくことをおすすめします。ただし、野菜が大きくなりすぎてネットに触れるようになってしまったら、その段階で外しましょう。以降は消毒で害虫を防除します。

→次ページ:プランター・ベランダ栽培での防虫ネットの張り方、防虫ネットの便利な使いみち


防虫ネットの張り方【プランター・ベランダ栽培】

出典:楽天市場【アブラムシ対策 新防虫ハウス 710型用】
プランター・ベランダ菜園用の防虫ネットは、コンパクトサイズで扱いやすいです。ネットのサイズに合う支柱やプランターがセットされている商品なら、すぐに使えるのでおすすめですよ。

菜園プランター&支柱防虫ネットセット
ITEM
菜園プランター&支柱防虫ネットセット
深さと幅があるプランターに、防虫ネットと支柱がセットされています。ネットだから、風通しも万全です!

・内容:2個組
・プランター容量:約48L
・参考価格:5,000~5,400円前後

Step1. プランターに支柱を取り付ける

野菜や花などを植えたプランターに支柱を立てます。

Step2. 防虫ネットを被せる

支柱の上から防虫ネットをかけます。

Step3. 裾を麻ひもなどで縛る

防虫ネットの裾とプランター本体の間に隙間があると害虫が侵入するので、紐でしっかりと縛って密閉しましょう。

防虫ネットは夏だけじゃない!一年中フル活用しよう

出典:写真AC
ここでは、防虫ネットの役に立つ使い方を一挙にご紹介します!

種まき後、畝に被せる

枝豆やインゲンマメ、エンドウマメなどは、鳥たちが種を狙っています。種まき後に畝(うね)を防虫ネットで覆ってしまえば鳥害を防ぐことができます。

冬野菜の鳥よけに

真冬の鳥たちは、畑の作物を餌にすることがあります。根こそぎ食い尽くされる前に、防虫ネットのトンネルで作物をガードしましょう。また、何もかけない場合に比べて若干の保温性もあります。

育苗中の害虫防除

「苗半作」という言葉があるように、良質な苗を作るためにも、育苗期間中は苗床を防虫ネットで覆いアブラムシなどの害虫を防ぎましょう。また、ポリポット鉢で育苗する場合、あらかじめ花かごなどに針金で支柱を固定し、鉢を花かごに並べてから防虫ネットで覆う方法もあります。

ポリポット苗の保管に最適なカゴトレー
ITEM
ポリポット苗の保管に最適なカゴトレー
野菜の苗をまとめて保管・運搬するトレーです。

・内容:50枚入り
・サイズ:約縦37.6×横52×高さ10.2cm
・参考価格:5,000~7,000円前後

ビニールハウスにも!

ビニールハウスの側面に防虫ネットを設置して、害虫の侵入を防ぎます。専用のハウス部材と被膜スプリングを使うと密閉性が高まりますよ。

ハウス部材 ビニペットEX
ITEM
ハウス部材 ビニペットEX
たわみに強く、被膜スプリングが外れにくい構造です。防虫ネット、ビニールなど多重被膜が可能です。「ヒロパイプジョイント」などのビニペット部材を使い、ハウスのパイプに固定することができます。

・内容:2m×10本
・参考価格:4,900円前後
畑にパイプハウスで倉庫を作りたくての購入、以前はパッカーでビニールを止めていましたが台風の後などはすべて外れているような状況で、補強もかねてこちらにしようと思いました。
近くのホームセンターにもありますが送料を入れてもこちらのほうが安かったのとポイントがあったので利用させていただきました。
連結するにはジョイントを追加で購入しないといけないのが割高かもしれません・・・
多重張りできるというだけで商品としては満足しています。 出典:楽天市場


被覆スプリング
ITEM
被覆スプリング
防虫ネットやビニール資材をやさしくビニペットに固定します。全体にコーティングが施されているので錆びにくいです。・内容:500本
・サイズ:2m×2mm
・参考価格:69,000円(1本あたり138円)前後
ビニペットとセットで購入しました
適度な張り具合で、簡単に取り付けできました
被覆してあるのでビニールを傷つけなくていいです 出典:楽天市場

→次ページ:こんな点に注意!防虫ネットを張るときのポイントを解説


防虫ネットを張るときの注意点は?

出典:写真AC
ズバリ、害虫の侵入経路を遮断する。その一点に尽きます!

防虫ネットの裾に隙間を作らない

ネットの裾に隙間があると、害虫が侵入するのでしっかり土をのせておきましょう。ネットの両端部は隙間ができやすいので要注意です。

あらかじめ作物に消毒をしておく

作物に害虫が付着した状態で防虫ネットをかけてしまうと、中で害虫を飼育する、という恐ろしい事態を招くことになります。ネットの内側には天敵もなく、害虫が増殖する一方…。事前にしっかりと消毒をしてからネットをかけましょう。畝立ての前に「太陽熱」で土壌を消毒するとさらに効果がアップします。

作物よりも高い支柱を立てる

作物が成長し、トンネルの中でパンパンになってしまうことがあります。このとき、害虫がネット越しに産卵している場合が。作物とネットができるだけ接触しないように、作物の大きさにあった防虫ネットの選択、支柱の高さ設計を計画的に行いましょう。

頑丈な支柱を組み、そして害虫の侵入を遮断することが最大のポイント

支柱の差し込みもネットの裾への土寄せも大変な作業ですが、手間を惜しまず行うことで、きれいな野菜を作ることができます。ぜひ防虫ネットをフル活用してみてください!



紹介されたアイテム

お手頃価格の支柱穴開け機 直径16

お手頃価格の支柱穴開け機 直径16

支柱穴あけ器 19mm

支柱穴あけ器 19mm

¥1,880 税込

竹割(六つ割・鋳物製)

竹割(六つ割・鋳物製)

トンネルパッカー直径5.5mm(50個入り)

トンネルパッカー直径5.5mm(50個入り)

菜園プランター&支柱防虫ネットセット

菜園プランター&支柱防虫ネットセット

ポリポット苗の保管に最適なカゴトレー

ポリポット苗の保管に最適なカゴトレー

ハウス部材 ビニペットEX

ハウス部材 ビニペットEX

¥4,900 税込

被覆スプリング

被覆スプリング

¥171 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

こぐま農場
こぐま農場

私たち「こぐま農場」は、「野菜をつうじてお客様を笑顔に。」を経営方針に掲げ、 野菜・花卉の生産、販売、および各種イベント活動により、食の価値創造を追求しております。小松菜やブロッコリー、キャベツなどの定番野菜はもちろん、バターナッツ、コリンキー、イタリアナスなど新しい野菜の生産も行っています。また、学校給食への継続した食材提供により、地産地消の取組も行っています。