家庭で栽培できる青ネギ・白ネギ栽培のコツ!時期・肥料・病気など

香味野菜の「ネギ」は、料理の材料としてはもちろん、薬味としても食卓に欠かせません。プランターでも簡単栽培でき、病気や害虫、連作障害にも強いので家庭菜園でも人気の野菜です。白ネギ・青ネギ・球根タイプのネギの栽培方法、種まきの時期、肥料などしっかり解説します。


畑でよく育った白ネギ

出典:PIXTA
薬味になくてはならない青ネギ(葉ネギ)や、白い部分が長く、熱を通すと甘くておいしい長ネギは、家庭菜園で育てる野菜として人気です。栽培しやすいネギの種類や植え付けの時期、かかりやすい病気など、ネギ栽培で押さえておきたいコツを紹介します!

栽培しやすい!ネギの種類ランキング

葉ネギ
出典:写真AC
ネギには500以上の品種があります。ベランダ菜園や小さなスペースで育てるなら、緑の葉を利用する青ネギ(葉ネギ)や球根タイプのネギ(ワケギ、アサツキ)などがおすすめです。白くした葉鞘部を食べる白ネギ(長ネギ、根深ネギ)は、土を深く掘って、土寄せをしながら日光をさえぎる栽培方法なので、難易度がやや高いかもしれません。

1位|球根タイプのネギ(ワケギ、アサツキなど)

短期間で収穫できる&カットしてもどんどん生えてくる、球根タイプのネギが初心者には一番おすすめ!20日程度で収穫できる「廿日(はつか)ネギ」や、1カ月前後で収穫できる「ワケギ」、「アサツキ」などです。長い期間収穫でき、甘みもあって、薬味にも料理にも便利に使えます。

球根ネギの定番

ITEM
ワケギ球根
普通のネギより柔らかな食感で、甘みがあるワケギの球根。管理も楽で、次々と増えるため、ネギ好きの方におすすめです!

・内容量:300g

想像以上に多かった!野菜用のプランターに無理矢理全部植えたけど、もう1つプランターを準備しておけば良かった。収穫がとっても楽しみです。


2位|青ネギ(葉ネギ、万能ネギなど)

アサツキなどと同じく、味噌汁の具や薬味に手軽に使える青ネギは、全体的に緑色で葉の1本1本が細いネギ。3~4カ月程度で収穫でき、種からの栽培も可能。根元2~3cmを残して収穫すれば、またどんどん生えてきます!買ってきた青ネギは日持ちがあまりしませんが、青ネギを植えておけば、いつでも新鮮なネギが使えて便利です。

家庭菜園におすすめ

ITEM
万能小ねぎ スリム 種
葉ネギといえば、まずはこれ!家庭のプランターで手軽に育てられる、おすすめのネギです。春の初めから夏にかけて種まきできます。

・内容量:8ml
・発芽率:80%

3位|白ネギ(根深ネギ、長ネギなど)

東日本で一般的に出回っているネギで、太くて白い部分が多く、「下仁田ネギ」や「千住ネギ」、「深谷ネギ」などがあります。プランターでの栽培は難しく、広いスペースが必要で栽培期間も長いため、ある程度野菜の栽培に慣れている人向けです。

収穫時期が長い!

ITEM
春扇 春どり一本ねぎ 種
春と秋に種まきできます。ネギは普通、食感を硬くしてしまうネギ坊主が出ない冬のうちに収穫しますが、この品種は暖かくなってもネギ坊主が出にくく、春~初夏まで収穫が可能です!

・内容量:2.5ml
・発芽率:80%

ネギの栽培カレンダー

ネギの種類 作業 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
青ネギ 種まき
定植
収穫
球根タイプのネギ 植え付け
収穫
白ネギ 種まき
定植
収穫

春まきの場合

春に種まきした白ネギは、5月頃に苗を定植し、冬に収穫します。このタイプの品種は作りやすく、おすすめです。草勢が強い「冬扇」や、暑さに強い「長宝」などがありますよ。青ネギもこの時期に種まきが可能です。

秋まきの場合

球根タイプのネギは7月ごろに球根の販売が始まり、8~10月に植え付けです。秋まきした青ネギ、白ネギの植え付けは3月ごろ、収穫時期は夏前から秋にかけてです。青ネギは、「冬どり若香」「万能葉ネギ」などの品種があります。

周年の場合

農家の間ではハウスを活用することで、秋冬の収穫だけでなく、本来は難しい春夏の収穫も行われていますが、家庭菜園でも周年栽培できる品種選びと管理に気を付ければ、1年中収穫することも可能です。ちなみに、ネギの発芽適温は15~25℃。30℃以上になると発芽率が低くなります。白ネギでは、耐暑性、耐寒性のある「長悦」などが周年収穫されている品種です。

プランターでネギを栽培するコツ



プランターでネギを栽培する
出典:写真AC
プランターで栽培するなら、青ネギか球根タイプのネギを選びましょう。白ネギはプランターだとスペースが狭過ぎるので、地植えで育て方がいいでしょう。

土とプランターの準備

まずはネギ用の土と、深さ20cm以上のプランターを準備します。ネギは水はけのいい土が好きなので、水はけが悪くならないよう、プランターの底には鉢底ネット、その上に底が隠れるくらいの鉢底石を必ず敷いてください。

ネギ以外にも使える園芸用土

ITEM
ハイポネックスジャパン 野菜の培養土
トマト、ニンジン、イチゴなど、さまざまな作物の栽培に使えます!少し重めなのでプランターが倒れにくいのも特徴。排水性・保水性・通気性・保肥性ともにバランスがよく、使いやすい土です。

・内容量:14L
・重量:約7.16kg

作業が楽になる小分けタイプ!

ITEM
自然応用科学 ネット入り 鉢底に入れる石
鉢底石がネットで小分けされています。袋から出さずにそのまま敷くことができ、作業の時間短縮に便利です!洗えば再利用も可能ですよ。

・内容量:0.5L×10袋

種から育てる

土の上に約2cmの間隔で横一列に種まきしたら、上から土を薄く0.5cm程度かぶせて、手で軽く押さえます。同じプランターに2列まきたいときは、1列目と2列目の間隔を15cmくらい開けておくようにしましょう。発芽まで1週間ほどかかるので、土を乾かさないように水やりします。

オールシーズンよく育つ

ITEM
おてがる小ねぎ 緑秀 種
春~秋にかけて、いつでも種まきOK!好きなときに栽培スタートできます。葉先の枯れが少なく、低温でも生長しやすい魅力的な品種です。

・内容量:15ml

温暖地ですが,発芽率もよく,すくすくと育っています。


苗から育てる

「うまく発芽しなかった…」「できるだけ早く収穫したい!」というときは、市販の苗を買って植え付けましょう。育苗の手間が省けるので便利ですよ。

暑さに強い「剣舞」

ITEM
剣舞 苗
薬味として使える葉ネギの苗。暑さに強く、夏場は旺盛に育ちます。周年栽培も可能です。

・内容:3号ポット苗×2個

間引き

ネギの芽が出てきたら、葉が込み合わないよう2~3回に分けて間引きます。苗の間隔は5cm程度です。抜きたい芽の株元を押さえて、そっと抜きましょう。このとき、残す芽の根が傷付くと枯れてしまうこともあるので、慎重に行ってください。

水やり

ネギは乾燥にとても強いですが、多湿は苦手です。カビ系の病気が発生しやすい作物でもあるので、過剰な水やりは避け、必ず土の表面が乾いてから行ってください。時間は朝か夕方です。日中の暑いときに水やりしてしまうと、根が傷みやすくなります。

追肥・肥料のやり方

種まきから30日くらい経過したら、追肥を与えます。液体肥料の場合、週2回の頻度で与えましょう。固形の化成肥料の場合は、1カ月に一度で大丈夫です。

地植えでネギを栽培するコツ

出典:AGRI PICK編集部
地面に直接植え付ける方法なら、薬味だけでなく具材としても食べ応えのある白ネギも育てられます。土寄せ作業が大変ではありますが、秋から冬にかけて好きなタイミングで収穫でき、毎日の料理に重宝しますよ。

畑・土の準備

地植えでのネギの栽培では、日当たりと水はけの良い場所を選んでください。種まきの2週間以上前に、畑へ石灰をまいてよく耕します。1平方メートルあたり3kgの堆肥、握りこぶし3つ分の化成肥料も1週間前に施し、畝を立てておきましょう。苗から育てる場合は耕さずに、石灰だけまいておきます。

種まきと育苗

ネギの育苗
出典:写真AC
幅60cmの畝に対して、5~3条のまき溝を作り、0.5cm間隔で種まきしましょう。その上に、土を種の上から0.3~0.5cmほどかぶせておきます。 発芽後、草丈6~7cmに生長したら、1.5cm間隔で1本、最終的には3cmで1本になるよう間引いて調整してください。寒い時期に種まきする際は、マルチやビニールトンネルで保温すると◎です。

定植・土寄せ

ネギは定植の際に深さ20~25cm、底幅20cm程度ほどの溝を掘っておき、生長にしたがって埋め戻していく土寄せという作業を行います。まずは5~8cmの間隔で定植し、苗が二股に分かれている辺りまで土をかぶせます。その後2~3週間に1回くらいを目安に、葉の分岐部分より下を覆うように土寄せしましょう。収穫まで4~5回繰り返すことで、白い部分を太らせていきます。

追肥・肥料のやり方

追肥は種まきから1カ月ごとに行います。1平方メートルあたり一握りの化成肥料をばらまきましょう。土寄せと同時期に行うとタイミングがつかみやすいですよ。液体肥料の場合は、1週間間隔で2~3回与えます。

効き目が早く、持続性あり!

ITEM
有機石灰入り 配合肥料
植物の三要素と言われるチッソ、リン酸、カリを5%ずつ配合した、バランスのいい肥料です。化成肥料の速効性と、有機肥料の緩効性を併せ持っています。

・内容量:700g

ネギの収穫時期と収穫のコツ



収穫されたたくさんのネギ
出典:PIXTA

葉ネギ

葉ネギは根元を少し残して収穫する
出典:写真AC
長さが30〜40cm程度になったら収穫します。根元を2~3cm残しておけば、収穫してもまた生えてきますよ。葉ネギは多年草なので、一度植えれば数年間収穫できます。冬になると地上部が茶色くなりますが、枯れてしまったわけではありません。そのままにしておけば、春に青々とした新しい葉が出てきます。


白ネギ

ネギを地面から引き抜く
出典:写真AC
白い部分が25cmくらいになったら、いつでも必要な時に収穫が可能です。畝の土をスコップやくわで崩し、地面から引き抜きましょう。ネギは寒さにとても強い植物で、−8℃まで耐えることができ、霜に当てるとおいしくなるのも特徴です。

ネギの病気&害虫の対策

水はけの悪い畑
出典:Pixabay
ネギの病気が発生しやすくなるのは、雨が続いたり畑の水はけが悪かったりするときです。冬は病気も虫も少ないですが、暖かくなるにつれて被害が増えてくるので注意しましょう。また、ネギの葉面には薬剤が付着しにくいので、必ず展着剤を加えてから散布を行ってください。

ネギの病気と対策

表面に赤い斑点が出るさび病や、こげ茶色の斑点が出る黒斑病、カビが原因で起こる萎凋病などがあります。病気になったら発病株を抜き取り、市販されている殺菌剤、殺虫剤を使用しましょう。ただし萎縮病や条斑病には治療薬がないので、まずは高温多湿の環境を避けて育てることが大切です。水はけの良い土壌と、15~20℃の気温がネギを元気に育てるカギですよ。

ネギの害虫と対策

ネギの汁を吸うネギアブラムシや、葉を食べてしまうアザミウマ類は、病気を媒介する害虫です。コガネムシ類、ハダニ類、ナメクジなどの被害も見られます。被害が出た場合は殺虫剤を散布しましょう。殺虫剤というと人の身体への影響が心配かもしれませんが、安心して使える製品がたくさん販売されています。ナメクジの場合、アルミホイルにビールや米のとぎ汁を入れてプランターのそばに置いておくと効果がありますよ。

病害虫対策に有効な薬剤

薬剤の効果をしっかり付着させる展着剤

ITEM
日本農薬 展着剤 マイリノー 500ml
散布や調整中に泡が立ちにくく、扱いやすい展着剤です。薬液の付きにくいネギ類やキャベツなどにもしっかり付着して、効果を安定させてくれます。

・内容量:500ml
・有効成分:ポリアルキレングリコールアルキルエーテル 27.0%

ネギのさび病に効く!

ITEM
アミスター20 フロアブル
雨に強く、さび病はもちろん、さまざまな作物の病気に高い効果を発揮!希釈倍数は、2000〜4000倍です。

・内容量:250ml
・有効成分:アゾキシストロビン20%

通年栽培できるネギ!採れたてを味わって

連作障害はさほど多くないネギですが、一度植えた場所では、その後2年間くらい同じユリ科の植物を育てないようにしましょう。土寄せや病害虫など覚えることは多いですが、収穫できる期間が長く、薬味や料理など利用の幅が広い作物なのでおすすめです!

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

MitsuyaNao
MitsuyaNao

ブルーベリー畑やってます。農業、ガーデニング、アイテム紹介系中心のライター。