葉ネギ(青ネギ)の栽培方法|超便利な薬味野菜がどんどん生える

青ネギとも小ネギとも言われる、葉ネギの栽培方法を紹介します!プランターでも手軽に栽培でき、育て方も長ネギより簡単。家庭菜園の入門にもぴったりな野菜ですよ。九条ネギ、細ネギ、万能ネギなど、葉ネギと言われるネギの種類の違いについても解説します。


陽に当たった青ネギ

出典:Pixabay
薬味や彩りなど、毎日でも使いたい食材の葉ネギ。家庭菜園やベランダでも種から簡単に育てられ、しかも好きなタイミングで収穫できるという便利な人気野菜です。元気な葉ネギを収穫するための栽培のコツや、葉ネギの魅力を紹介します!

葉ネギ(青ネギ)の特徴

葉ネギの青いところを小口切りする
出典:写真AC
白くて太い部分をメインに食べる長ネギに対して、緑色の葉の部分の割合が多く、束で生える細長いネギを葉ネギ、または青ネギといいます。やわらかく、とても香り豊かで、根以外は細かく刻んで薬味にしたり、鍋物や炒め物の具材として親しまれています。

冬以外はほぼいつでも栽培でき、難しい作業も必要ないので、「野菜を育てたいけど、始めるタイミングがわからない」「初心者でも手軽に育てられる野菜を探している」という人にぴったり!

葉ネギの種類|小ネギ、万能ネギなど、名称の違いは?

「葉が緑で細長いネギは、全部葉ネギ?」と思っている人も多いのでは?混同されがちな葉ネギの種類について、それぞれの違いを押さえておきましょう!ちなみに、「ワケギ」はネギやタマネギの雑種、ネギの中では一番葉が細い「アサツキ」は、チャイブの一変種。見た目こそ似ていますが葉ネギとは別のものです。

小ネギ|葉ネギの若採り

小ネギとは、葉ネギを若採りしたものの総称。これも、小ネギという品種のネギが存在するわけではなく、あくまで呼び名です。

九条ネギ|葉ネギの一種

九条ネギ
出典:PIXTA
九条ネギは、葉ネギを代表する種類です。京都九条が主産地だったため、この名前が付きました。九条ネギの中でも、株分かれの多い「九条細ネギ」と、太めの「九条太ネギ」があります。いずれも葉肉は薄く、やわらかです。

万能ネギ|九条細ネギの若採り

正式には「博多万能ネギ」。品種名ではなく、福岡の「JA筑前あさくら」の商品名で、九条細ネギを若採りしたものです。ちなみに、高知のやっこネギや、山口周辺の鴨頭(こうとう)ネギなども、九条細ネギのブランド名であって、品種名ではありません。

葉ネギ栽培の魅力

プランターと葉ネギと麦わら帽子
出典:pixabay

繰り返し&長く収穫できる!

葉ネギは根元を数センチ残して収穫すると、また新しい芽を出します。1回の種まきや植え付けで、収穫を何度も繰り返すことができる経済的で便利な野菜なので、日常的に葉ネギを使いたい人におすすめ。

長ネギより育てやすく、プランターでもOK

長ネギの栽培は、地面の深さと広さ、土寄せなどのコツが必要ですが、葉ネギならそれらは全て必要ありません。プランターやベランダ菜園のような小スペースでも十分に収穫でき、病害虫にも強く管理も楽で、どんどん育ってくれます。

葉ネギの栽培カレンダー

葉ネギは品種を選べばほぼ1年中栽培できます。たとえば、小ネギ「緑秀」はオールシーズンいつでも種まきできる品種です。
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
収穫

葉ネギの栽培方法をマスター!



葉ネギを収穫する
出典:写真AC
九条ネギ・万能ネギ・小ネギなど、いろいろな名前で呼ばれている葉ネギですが、どれも同じ方法で育てられます。病害虫の心配はほとんどなく、とても丈夫!収穫しても繰り返し生えてくる様子も、見ていて楽しいですよ。

土・プランターの準備

素焼き鉢
出典:Pixabay
葉ネギは酸性土を嫌います。地植えする場合、植え付けの2週間以上前に苦土石灰を施し、よく耕しておきましょう。1週間前には1平方メートルあたり2~3kgの堆肥と、100g程度の緩効性肥料を混ぜ込んでください。プランターで育てる場合は、幅65cm程度のものを用意し、野菜用の園芸培養土を入れるだけ!

種まき

種まき
出典:Pixabay
地植えの場合は、幅40cmの畝を立てて、直接すじまきしましょう。プランターの場合は、まき溝を10~15cm間隔で2列作ってまくことができます。葉ネギの種は嫌光性といって、直接光に当たっている状態だと発芽しないので、上から軽く土をかぶせてください。発芽するまでは土を乾かさないように注意して管理します。

おすすめの種

ITEM
九条葉ねぎ 種
葉ネギといえば、「九条葉ねぎ」が定番!とても香りがよく、やわらかくて食べやすいですよ。多めに入っているので、春・秋と分けてまくこともできます。

・内容量:15ml
・発芽率:80%
・採苗本数:1800本

問題なく発芽しました。
楽しみです。
多かった分は冷蔵庫に保管し、秋にでも蒔こうかと。


間引き

芽が3~5cmくらいの高さまで育ったら、2回に分けて生育の悪い株を取り除きます。株と株の間が3~5cm間隔になるように引き抜きましょう。残したい芽の根を傷めないように、そっと行ってください。

植え付け

購入してきた苗は、深さ5~10cmの穴に3~4本ずつまとめて、15cm間隔で植えましょう。こうすることで株同士のそろいがよくなります。

おすすめの苗

ITEM
九条太ネギ 苗
手のひらサイズの小さなポットに入った、九条ネギの苗です。茎が太いタイプなので、しっかりとした歯ごたえが楽しめます。

・サイズ:9cmポット
・苗の高さ:20~30cm前後

色々な料理に使えます。育て易くて、美味しいネギです。


日当たり・水やり

鉢植えで葉ネギを育てる
出典:写真AC
ベランダのような半日陰でも育ちますが、できるだけたくさん日が当たる場所で管理しましょう。地植えの場合、発芽後の水やりは不要です。プランター栽培では、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりしてください。

肥料

1カ月ごとに固形肥料を追肥するか、週に1度、液体肥料を与えるとよく育ちます。葉ネギは葉っぱを食べる野菜なので、葉を茂らせる効果のある、チッ素が多めに配合されているものを選ぶといいでしょう。

収穫

葉ネギを収穫した後
出典:写真AC
草丈が30~40cmになったら、株元を3cm残して切り取りましょう。切った場所からまた新しく生えてくるので、繰り返し収穫できます。根元から抜き取ってしまうと、もう生えてこなくなるので注意!

追肥を忘れずに!葉ネギは繰り返し収穫できる万能野菜

使いたいときに使う分だけ収穫できる葉ネギは、とても便利な野菜です。長くたくさん収穫したい場合は、途中で肥料切れを起こさないよう忘れずに追肥を!
ちょっと難易度は上がりますが、地植えで長ネギも育ててみたい人は、こちらの記事の栽培方法を参考にしてくださいね。


この記事に関連するタグ

関連する記事

テーブルの上の葉ネギ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

MitsuyaNao
MitsuyaNao

埼玉県の山奥で、約1反のブルーベリー畑を管理しています。ハイブッシュとラビットアイを約20品種栽培中。野菜、花、ハーブなども育てています。AGRI PICKでは、家庭菜園や園芸の初心者に向けた記事を中心に担当。他メディアでも多数執筆中。