病害虫除けや畑の環境を良くする!バンカープランツの使い方とおすすめの組み合わせ

うどん粉病やアブラムシ、カメムシなどの害虫予防&畑の環境を良くしてくれるバンカープランツ。背の高いソルゴーやエンバク、鮮やかな暖色がきれいなマリーゴールドなどが有名です。バンカープランツの種類とおすすめの組み合わせ、植え方のコツを紹介します!


トウモロコシ

出典:写真AC
一緒に植えることで、栽培する野菜の病気や害虫を農薬を使わずに減らすことができ、畑全体の環境を良くしてくれるバンカープランツ。華やかな花を使えば畑が明るくなり、障壁になるムギ類は土にすき込んで緑肥にもなり、その植物自体も食べることができたりといいことづくめです。

バンカープランツとは何か、コンパニオンプランツとの違い、相性のいい植物や植え方のポイントなど、バンカープランツについて農学博士の木嶋先生に聞きました。

農学博士・木嶋利男さんプロフィール

木嶋先生
提供:木嶋利男

主な経歴:
・1987年 農学博士(東京大学)
・1993~1999年 栃木県農業試験場 生物工学部長
・1999~2004年 自然農法大学校 校長
・2004~2010年 WSAA 日本本部 専務理事
・2006~2013年(財)環境科学総合研究所 所長
・2015~2019年(公財)農業・環境・健康研究所 代表理事

上記以外の主な役職:
一般社団法人MOA自然農法文化事業団 理事
伝統農法文化研究所 代表

主な著書:
『プロに教わる安心!はじめての野菜づくり』(学研プラス)
『「育つ土」を作る家庭菜園の科学 』 (講談社)
『コンテナでつくる家庭菜園[新版]』 (マイナビ出版)

バンカープランツとは?コンパニオンプランツとの違いは?

菜園
出典:写真AC

バンカープランツとは

バンカープランツとは、栽培中の農作物につく害虫の天敵や、かかりやすい病気を防除する拮抗菌(きっこうきん)や天敵が生息する植物のこと。
栽培中の野菜と相性のいいバンカープランツを畑で一緒に育てることで、病害虫の予防はもちろん、土や空間などの栽培環境を良くし、共生する植物の生長を健やかにします。モグラやイノシシなどの害獣よけに使えるバンカープランツもあります。

コンパニオンプランツやインセクタリープランツなどとの違い

大きくいえば、作物を守るように植えると効果的な「バリアープランツ」や「ボーダープランツ」、天敵を温存する「インセクタリープランツ」、そしてバンカープランツも、すべてコンパニオンプランツに含まれます。
細かくいえば、「コンパニオンプランツ=互いに助け合う植物同士」のことで、「バンカープランツ=天敵や拮抗菌を温存、または増殖する植物」のことです。
木嶋先生
木嶋先生
ただし、バンカープランツ、バリアープランツ、ボーダープランツ、インセクタリープランツのそれぞれの専門家は、それぞれの専門分野にすべてを含めることもあります。

▼コンパニオンプランツについて詳しくはこちら

効果的なバンカープランツの使い方は3つ

ニラの花
出典:写真AC
植物の背丈の高さや種類などによって、バンカープランツの利用方法や効果は違います。それぞれに代表的な植物も知っておくと役立ちますよ!

障壁にする|バリアープランツとして利用

トウキビ
出典:写真AC
畑全体を守るように、背丈が高い植物を壁のように2〜3条程度植える方法です。風よけにもなり、害虫の飛来も防ぐので、畑を取り囲むようにして植えても効果的!

代表的なバリアープランツ
ヒマワリ、ソルゴー、デントコーン(トウモロコシ)、エンバクやライムギなどの麦類。


境界にする|ボーダープランツとして利用

コスモス
出典:写真AC
作物の畝と畝の間に、野菜を区分けするようにボーダープランツを栽培することで、作物に集まる害虫の天敵のすみかやおとりなどになり、病害虫の侵入を防止します。見た目が華やかで、葉も花も食べられるエディブルフラワーなどもあります。

代表的なボーダープランツ
コスモス、クレムソンクローバー、マリーゴールド、チャイブ、ヒナゲシ、ニラなど花が咲く植物など。


害獣よけとして利用

畑にイノシシの足跡
出典:写真AC
害獣が嫌う臭いや成分などを出す植物を、侵入されやすい方向に植えると忌避効果があります。例えば、リンゴの害獣野ネズミはニンニクやアサツキ、モグラや野ネズミはスイセンやヒガンバナ、イノシシはショウガやトウガラシを嫌います。
木嶋先生
木嶋先生
ただし、害獣は学習能力があるため、同じものをずっと植えておいても突破されることがあります。特にイノシシは、学習能力が高い傾向です。

害獣よけに効果的なバンカープランツ
ニンニク、アサツキ、スイセン、ヒガンバナ、ショウガ、トウガラシなど。


壁のように植える|バリアープランツの組み合わせと植え方のコツ

ムギ
出典:写真AC

バリアープランツを植えるときのコツを教えて!

木嶋先生
木嶋先生
背の高い植物をバリアープランツとして植える場合は、畑の1辺だけでなく、最低限、風上と風下の両方で栽培することが大切です。そうすることで、風が流線型を描くように畑の上を通り抜け、強風や害虫の飛来を防ぐことができます。

ヒマワリ × メロン、スイカ

ヒマワリ
出典:写真AC
スイカやメロンの栽培時、花も大きく背丈も高いヒマワリを畑の周りに植えることで、飛来するウリハムシやアブラムシから作物を見えにくくし、虫よけになります。大規模な有機栽培をしている畑でも利用されています。

バリアープランツとしてのヒマワリの植え方のコツ
3〜4月ごろ、スイカやメロンの栽培を始める前に、風が流線型を描いて流れていくように畑の風上と風下に、株間30~45cmで植え付けます。
ヒマワリが枯れたら…
種採り後の茎葉は、緑肥として利用できるので、野菜類の畝間や畝の肩の部分に敷いておきましょう。


おすすめのヒマワリの種

ITEM
ひまわり 種
農薬や化学肥料を使用していない畑から採れた有機種子。F1種ではないので、花を咲かせて採った種を翌年にまたまける楽しみがありますね!

・内容量:約10粒

メロン、スイカの詳しい栽培方法


ソルゴー × ナス、ピーマン

ソルゴー
出典:写真AC
ソルゴーは、草丈が高く生育が旺盛。ナスやピーマンの近くに植えることで、天敵のすみかになり目隠しにもなるので、カメムシ・アブラムシ・ハダニ・コナジラミ類の侵入を防ぎ、作物を守ります。

バリアープランツとしてのソルゴーの植え方のコツ
ナスやピーマンを栽培する前に、畑を囲むように種をパラパラとバラまきしておきましょう。弱い株は淘汰されるので、間引きの必要はありません。
ソルゴーが枯れたら…
穂先の粒の収穫後、残渣は細かくカットして土にすき込むか、乾燥させれば敷きワラとしても使えます。


おすすめのソルゴーの種

ITEM
緑肥用ソルゴー 種
繊維が柔らかくソルゴーは、簡単に刈り込みとすき込みができるため、バンカープランツとして利用した後、緑肥としても利用できます。

・内容量:60ml

ナス、ピーマンの詳しい栽培方法


ムギ類 × カボチャ、キュウリ

オオムギ
出典:写真AC
オオバコやエンバクなどのムギ類は、多くの天敵を増やすだけでなく、うどんこ病に寄生する「菌寄生菌」を持っています。カボチャやキュウリがよくかかるうどん粉病を防ぎます。

バリアープランツとしてのムギ類の植え方のコツ
カボチャやキュウリの栽培を始める前に、畝と畝の間にムギ類の種をまきます。作物の栽培管理のときに、多少足で踏んでも問題ありません。
ムギ類が枯れたら…
ムギ類は、夏の到来と共に高温で枯死します。そのまま何もせず放置しておけば、敷きワラとして利用できます。


おすすめのエンバクの種

ITEM
エンバク ネグサレタイジ 種
バンカープランツとして利用した後、緑肥にも最適!種まき&覆土後、足で踏むなどしっかり土を鎮圧しましょう。

・内容量:60ml

カボチャ、キュウリの詳しい栽培方法


間に植える|ボーダープランツの組み合わせと植え方のコツ

ナスとマリーゴールド
出典:PIXTA

ボーダープランツを植えるときのコツを教えて!

木嶋先生
木嶋先生
市民菜園などでは、隣の菜園との境としてボーダープランツを利用するといいでしょう。花だけでなく、多年草のニラやミョウガなど、収穫を楽しめる野菜もおすすめですよ。

マリーゴールド × ナス、ピーマン

マリーゴールド
出典:写真AC
コンパニオンプランツとして有名なマリーゴールド。オレンジや赤を中心にさまざまな種類があり、品種によっては花や葉を食用にもできます。生育が旺盛で、ナスやピーマンに集まるコナジラミなどの害虫の天敵を増殖し、寄生を予防します。

ボーダープランツとしてのマリーゴールドの植え方のコツ
ナスやピーマンを植え付けて元気に育ち始めた春ごろ、畝と畝の間に、株間20cm程度になるように種をまくか苗を植え付けます。


おすすめのマリーゴールドの種

ITEM
ポット・マリーゴールド(カレンデュラ)
デイジーのような大きな暖色の花が咲き、葉も花も生でも加熱しても食べられます。

・内容量:2ml

ナス、ピーマンの詳しい栽培方法


クレムソンクローバー × タマネギ、長ネギ

クレムソンクローバー
出典:写真AC
イチゴのように見える真っ赤な花のクレムソンクローバー。その見た目からストロベリーキャンドル、和名ではベニバナツメクサと呼ばれています。ネギ類に寄生するアザミウマは、クレムソンクローバーの花が好物のため、近くのネギには寄生しにくくなります。

ボーダープランツとしてのクレムソンクローバーの植え方のコツ
秋ごろに、タマネギや長ネギの間や境に、すじまきで種をまきましょう。その後の間引きなどの管理は不要!


おすすめのクレムソンクローバーの種

ITEM
ストロベリートーチ クリムゾンクローバー
寒さに強く、秋にまいて翌年の春〜梅雨前ごろ、真っ赤な花を咲かせます。

・内容量:2ml

タマネギ、長ネギの詳しい栽培方法


チャイブ × エダマメ、インゲン

チャイブ
出典:写真AC
チャイブは可憐な紫の花と、サーモンやジャガイモ料理に相性がいいハーブとして使える葉を持つ、ヒガンバナ科ネギ属の多年草。チャイブが作り出す成分アリシンによって、エダマメやインゲンへのメイガの飛来と寄生を予防します。

ボーダープランツとしてのチャイブの植え方のコツ
エダマメやインゲンを植える予定の畝と畝の間に、種をばらまき、適度に間引いていくか、苗の場合は30cm間隔で1穴に3株ずつまとめて、秋ごろに植え付けます。


おすすめのチャイブの種

ITEM
タキイ種苗 野菜 種子 ハーブ チャイブ(エゾネギ)
和名を西洋アサツキともいい、花も葉も食べられます。春まきも秋まきもOK!

・内容量:1ml

チャイムを西瓜やトマトのコンパニオンプランツとして使ってみたくて種子を購入しました。真夏にも元気なネギ類ってあまりありませんからネ。今は両方とも元気に育っています。


エダマメ、インゲンの詳しい栽培方法


害獣よけに|おすすめのバンカープランツと植え方のコツ

ネズミ
出典:写真AC
年々増えている農作物への害獣被害。家庭菜園では、薬や害獣除けの大掛かりな機器を設置しにくいですよね。まずは害獣が嫌う臭いや有毒物質を出すバンカープランツを利用して、被害を防ぎましょう。

スイセン、ヒガンバナ|モグラや野ネズミの侵入を防ぐ

スイセン
出典:写真AC
有毒物質リコリンを産生するスイセンやヒガンバナ。畑や田んぼの周りに植えることにより、穴を掘って作物を食害するモグラや野ネズミを忌避します。

害獣を防ぐスイセンやヒガンバナの植え方のコツ
秋ごろ、モグラや野ネズミが侵入する方向に、10cm間隔で植え付けます。翌年花が咲き、夏の高温によって地上部が枯死したら、りん茎を掘り上げて分球し、株を増やしていくことができます。


おすすめのスイセンやヒガンバナの球根

ITEM
水仙 ホワイトライオン
1球に2芽がついている大きい球根で、植えたままで毎年咲いて、増えていきます。

・内容量: 3球

ITEM
ヒガンバナ(リコリス ラジアータ)
真っ赤な花火のような花を咲かせるヒガンバナ。栽培管理がいらず、そのままで毎年咲きます。

・内容量:4球、もしくは4ポット

ショウガ|イノシシの忌避に

ショウガ栽培
出典:写真AC
イノシシが侵入しやすい方向に、刺激臭を持つショウガや強い臭いを出すミント、シソなどをバンカープランツとして植え付けることで、畑の作物からイノシシを遠ざけます。

害獣を防ぐショウガ・ミント・シソの植え方のコツ
【ショウガ】イノシシが活発に活動する前の4月下旬ごろ、侵入しやすい方向に植え付けます。ショウガは、霜が降りる前に収穫しましょう。
【ミント】ミントは草勢が強いため、生長中に菜園側に伸びた地下茎は取り除きます。
【シソ】穂が褐色になったら、種をたたいて落としておくと、翌年自然に芽が出て育ちます。


ショウガ、シソの詳しい栽培方法


バンカープランツを家庭菜園でも活用しよう!

畑のマリーゴールド
出典:写真AC
畑を取り囲むように植えるバンカープランツには、エディブルフラワーなど食べられる花などもあり、畑を楽しく華やかにしてくれます。育てたい野菜と相性のいいバンカープランツに何があるかなど、農薬などを使わない栽培プランニングをするのも楽しいですね!

紹介されたアイテム

緑肥用ソルゴー 種
エンバク ネグサレタイジ 種
ポット・マリーゴールド(カレンデュラ)
ストロベリートーチ クリムゾンクローバー
タキイ種苗 野菜 種子 ハーブ チャイブ…
水仙 ホワイトライオン
ヒガンバナ(リコリス ラジアータ)
サイトを見る

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索