コロンと真ん丸、大玉に!失敗知らずの玉ねぎ栽培のコツ

畑でもプランターでも!栽培時期から収穫のコツまで、玉ねぎの栽培方法を総まとめ。難しいと思われがちな玉ねぎですが、トウ立ちさせない肥料の与え方から水やりまで、市民農園スタッフがポイントごとに解説します。「大きくならない」といった失敗を回避するコツも。


収穫できたたくさんの玉ねぎ

出典:写真AC
キッチンの常備野菜の代表ともいえる玉ねぎ。実は半年以上の長期栽培が必要な野菜なのです。ただし、手間はかからないため、初心者~上級者まで人気の品目の1つです。この記事では、真ん丸の玉ねぎを作る栽培のポイントをご紹介します。

玉ねぎの特徴と栽培時期

大量の玉ねぎ
出典:写真AC
玉ねぎを大玉に育てるには種まき時期をしっかり守ることがポイントです!寒さに強い性質がある反面、暑さには弱いです。温暖地の場合は秋まきするなど、気候や気温を見ながら最適な時期に栽培をスタートするようにしましょう。

栽培カレンダー

玉ねぎ栽培カレンダー
図:matsuta

連作障害

連作障害はなし

栽培適温

15~20℃

玉ねぎのトウ立ち|肥料不足を防ごう

ネギ坊主
出典:写真AC
玉ねぎは苗のうちに寒さにあたったり、苗を大きく育て過ぎたりするとトウ立ちしやすくなります。トウ立ちのサインはネギ坊主。見付けたら早めにカットしましょう。そのままにしておくと実にスジが入り固くなってしまいます。また、トウ立ちが多い場合は、肥料不足も疑われます。追肥を定期的に行いましょう!
【ワンポイント!】
ネギ坊主は天ぷらにして食べたり、炒め物で食べるとおいしく利用ができます。捨てずに料理に使ってみましょう。

玉ねぎの品種と苗の選び方が失敗を避けるポイント

購入時期を逃さない

9~10月ごろになると、玉ねぎの苗がホームセンターに数百円で並びます。タイミングを逃さずに購入することが、最初のポイントです。

収穫時期を要チェック!

早生品種の収穫は3~4月、中生と晩生は収穫期間が長く3~6月までです。収穫時期が大きく変わりますので、品種を選ぶときは事前に確認しておきましょう。

サイズをよく見て選ぼう

玉ねぎ苗
図:matsuta
根の部分が肥大していない、鉛筆サイズの7~8mmの苗が最適です。

品種の特徴や苗の選び方、種から苗を作る方法を詳しく知るなら、こちらの記事を参考に。

【畑編】玉ねぎの栽培方法

玉ねぎの栽培
出典:写真AC
玉ねぎ栽培の初心者におすすめしたいのは購入した苗を使って栽培することです。玉ねぎは「苗半作(なえはんさく:良い苗を育てることで半分成功したようなもの)」といわれるくらい、苗の品質が重要なのです。まん丸の玉ねぎを育てるには、肥料や水やりも重要です。

Step1. 用意するもの

玉ねぎの苗と土作りや栽培に必要な道具を用意しましょう。


Step2. 土づくり

肥料を加える
撮影:matsuta
1. 苗の植え付け2週間前までに1平方メートルあたり150gの苦土石灰をまき、土に混ぜ込みます。
2. 苗の植え付け1週間前までに1平方メートルあたり3kgの堆肥と100gの化成肥料をまき、土に混ぜ込みます。
3. 高さ10~15cm、畝幅60~70cmの畝を作成しましょう。
4. 植え付けまでに穴あきマルチでマルチングをします。

 

Step3. 種まき

玉ねぎの苗
出典:写真AC
1. マルチビニールに穴をあけて、深さは約2cmくらい、苗の白い部分が少しはみ出るくらいに植えます。
2. 苗の根が地上に出ないように丸めて、埋め込み鎮圧しましょう。
3. 植え付け後にしっかり水を与えましょう。

除草はこまめに!

マルチを使っていても穴の隙間から雑草が生えてくることがあります。除草作業は定期的に行いましょう。伸ばしたままで放置しておくと通気性が悪くなり、病気のリスクが高まります。

Step4. 追肥を実施

冬の間は生育が止まり冬眠状態になるため、追肥は不要です。春先の2月下旬~3月上旬に追肥を行いましょう。1穴に対して3gの化成肥料を混ぜ込みます。手でパラパラまいて混ぜ込む方法が根を傷つけないため、おすすめです。

水やり頻度を調整する

常に地面がぬれている場合、病気にかかりやすくなります。特に冬場は水やりを控えてください。春先の3月ごろになったら、逆に水やりの頻度を上げるようにしましょう。

Step5. 収穫

玉ねぎの実が出てきている
出典:写真AC
実が大きくなり、栽培している玉ねぎの8割の葉が倒れたら収穫時期です。トウ立ちする前に早めに収穫しましょう。
収穫のタイミングは土が乾燥して、晴天が続いている日です。地表がぬれているときに収穫すると、腐敗の原因となってしまいます。

プレゼントやマルシェでの販売に。メッセージ入りの野菜が作れる!

【プランター編】玉ねぎの栽培方法

プランターで玉ねぎ栽培
出典:写真AC
プランターで玉ねぎを栽培する際は、良い苗を準備して浅植えをすることを意識しましょう。畑と同じように苗を購入するタイミングも重要です。買い遅れないように注意しましょう。

Step1. 用意するもの

玉ねぎの苗と土作りや栽培に必要な道具を用意しましょう。

苗の選び方

Step2. プランターを準備する

1. プランターは深さ20~30cm、横が65cmの物を準備しましょう。
2. 根腐れを防止するため、鉢底石を底に敷き野菜用培養土を縁から2cm下の高さまで入れます。
3. 日当たりが良い場所に置き、プランターの下にすのこなどを置き風通しを良くしましょう。

Step3. 苗の植え付け

玉ねぎのプランター栽培
図:matsuta
1. 条間15cm、株間10cmで苗を植え付けます
2. 深さは約2cmくらいにし、苗の白い部分が少しはみ出るくらいに植えます。
3. 苗の根が地上に出ないように丸めて、埋め込み鎮圧しましょう。
4. 植え付け後に、プランターの底から水があふれるくらい水を与えます。

Step4. 追肥を実施

冬の間は生育が止まり冬眠状態になるため、追肥は不要です。春先の2下旬~3月上旬に追費を行いましょう。株元に対して10gの化成肥料を混ぜ込みます。手でパラパラまいて混ぜ込む方法が根を傷つけず、おすすめです。追肥後は土寄せしましょう。

水やり頻度を調整する

常に地面がぬれていると、病気にかかりやすくなります。特に冬場は水やりを控えてください。プランターの場合は、暖かくなる4月ごろから水やりの頻度を上げるようにしましょう。

Step5. 収穫

玉ねぎの収穫
出典:写真AC
実が大きくなり、栽培している玉ねぎの8割の葉が倒れたら収穫時期です。収穫のタイミングは、土が乾燥して晴天が続いている日です。地表がぬれているときに収穫してしまうと、腐敗の原因となってしまいます。

玉ねぎの保管方法

中生・晩生の品種は貯蔵ができるため、収穫後に3日ほど並べて乾燥させましょう。

干し野菜や干し柿にも使える|万能ほしかご

玉ねぎを貯蔵する際に、吊るすだけで乾燥させることができるかごです。幅広くできているため、玉ねぎ以外にも干しいもや干し柿作りに使えます。家庭菜園ユーザーなら1つは持っておくといいでしょう。
ITEM
万能ほしかご
・サイズ:50×50cm
・段数:3段

柿アーチ玉ねぎつるし

プラスチック製のアーチに柿の軸や玉ねぎの葉をひっかけるだけで、吊るし干しができます。ひもを使うよりも衛生的に吊るすことができるのがメリットです。スペースも最小限で済むので、ベランダくらいしか乾燥スペースがない人にもおすすめです。
ITEM
ミネ 柿アーチ玉ねぎつるし
・入数:5本


玉ねぎを長く保存するコツは?

玉ねぎの害虫対策

玉ねぎは天敵の少ない野菜ですが、長期間の栽培のため害虫被害が発生したらすぐに対応しないと収穫量に影響が出ます。被害を未然に防ぐことが大切です。

ヨトウムシ

一度に大量の卵を産み付けて、食害を繰り返す厄介な害虫です。夜は土に潜んでいることが多いため、日中や夕方に見付け次第、すぐに駆除しましょう。
ヨトウムシの撃退方法はこちら

ハモグリバエ

葉の内部に潜り込んで食害するハエの仲間です。葉の表面に波紋のような食害の跡がつきます。放置すると葉が光合成をできなくなり、枯れてしまうこともあるので注意です。

いつでも使えて便利!定番野菜・玉ねぎの栽培に挑戦しよう

玉ねぎ料理
出典:写真AC
疲労回復の効果や、血液をサラサラにする作用があるといわれる玉ねぎ。貯蔵できる品種を栽培すれば、いつでも使えて安心です。また早生品種の玉ねぎなら、収穫してすぐのみずみずしい状態で食べられます!時間はかかりますが、手間はかかりませんのでぜひ栽培に挑戦してみては。

関連する記事

玉ねぎの栽培
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

まつたかずき
まつたかずき

市民農園のスタッフをしながらライターとして活動しています。野菜づくりを誰もが気軽に出来る趣味にすることを目標に、初心者の方でも興味を持っていただける記事を執筆していきます!