【家庭菜園のプロ監修】シソの上手な栽培方法|きれいな葉をたくさん収穫するためのポイントを解説!

しそを栽培してみませんか?収穫できる時期が長く、好きなときに摘みとって料理に使えるので、とても便利!青しそ(大葉)、赤しそなどは病害虫も少なく、室内やプランターなどでの育て方も簡単ですよ。きれいな葉っぱを収穫するコツなど、上手な育て方をマスターしよう!


家庭菜園で収穫したシソ

画像提供:福田俊
シソは、栽培しておくと何かと便利な日本のハーブです。基本の管理や収穫のコツなど、シソの栽培方法を紹介します。あまり横に広がらないので、プランターでも育てやすいですよ!

シソ栽培の監修は、家庭菜園のプロ!福田俊先生

福田先生
画像提供:福田俊
菜園家。ブルーベリー研究家。東京農業大学グリーンアカデミー専科野菜コース講師。「どうすればおいしい野菜がたくさん採れるか」「いかにラクで楽しい野菜づくりができるか」を追求し、「フクダ流」自然農的有機栽培を実践。16平米という限られたスペースの市民農園で、年間50品目以上の野菜を有機・無農薬で栽培しています。監修を務めた家庭菜園誌や著書も多数。

関連サイト
HP:http://www.fukuberry.com/
Youtube:https://www.youtube.com/user/f104ryo/featured
Instagram:https://www.instagram.com/fukuberry104/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/29da104
facebook:https://www.facebook.com/toshi.fukuda.73

著書
『市民農園1区画で年間50品目の野菜を育てる本』(学研プラス)
『フクダ流家庭菜園術』(誠文堂新光社)
『福田さんのラクラク大収穫!野菜づくり』(学研パブリッシング)

次々に生えてくる!シソ栽培の魅力

赤しそジュース
出典:写真AC
シソは栄養価が高く、風味豊か!青ジソ(別名:大葉)、赤ジソ、平葉、ちりめんなどの種類があり、落ちた種で毎年勝手に生えてくるほど丈夫で生命力があります。葉っぱがあるうちはどんどん収穫して、天ぷら・ジュース・薬味・料理の飾り付けなどに活用できますよ。栽培難易度はかなり低いので、気軽に挑戦しましょう!

栽培カレンダー

シソの栽培カレンダー
イラスト:rie
芽シソはスプラウト感覚でたねを蒔けば年中いつでもできますよ。
※年間平均気温が12〜15℃の、温暖(中間)地基準

栽培適温

25~30℃

連作障害

シソ科の植物には連作障害は発生しません。

簡単!シソ栽培の準備

鉢植え
出典:Pixabay

プランターや鉢を用意する

地面に直接植えない場合は、プランターか鉢を用意しましょう。幅65cm程度のプランターなら、20cmくらいの間隔をあけて、苗を2~3個植え付けできます。根腐れ防止のために、鉢底に排水用の穴があいているものを選んでください。

どんな土を使う?

シソは土をあまり選びません。一般的な花・野菜用の培養土でOKです。自分で土を配合するときは、赤玉土と腐葉土を同じくらいの割合で混ぜます。地植えの場合は、堆肥をたっぷりと混ぜ込んでおきましょう。
肥沃な土壌で育てると、葉が柔らかで食べやすくなり、香りも強く感じられます。

シソの種まき・苗の植え付けのコツ

種まきのコツ

幼苗
出典:Pixabay
シソは発芽に20℃以上必要な植物です。初春のうちに種まきすると失敗しやすいので、暖かくなってから種まきすると良いでしょう。

ひと晩水に浸しておき、畑に筋まきするか、鉢や箱にばらまきます。シソの種は光に当てたほうが発芽しやすい好光性種子なので、種まきした後は手で押さえ、軽くなじませるだけでOK。

おすすめの種|大葉青シソ・赤シソ

ITEM
サカタのタネ 大葉青しそ
大手種苗会社サカタのタネから販売されている、一番ポピュラーな種類のシソです。たくさん入っているので多めにまいて、強い苗を残すように、芽シソを間引く&料理に使うのがおすすめです!

・内容量:5ml
・発芽率:65%
・採苗本数:800本

ITEM
サカタのタネ 赤ちりめんしそ
赤しそは、梅干しや生姜の色付けなどに使うことが多い種類です。ピンクの色がきれいなシソジュースを作るのも、この赤シソですよ。

・内容量:3ml
・発芽率:65%
・採苗本数:700本

苗の植え付け

しその苗
撮影:AGRI PICK編集部
植え付けは、種まきよりも少し早い4月下旬ごろから行えます。生育には15℃以上必要です。移植にやや弱いので、ポットから植え替えるときに根鉢を崩さないようにして、水やりをしてください。また、シソは風通しのいいところを好みます。無理して狭い間隔に植えず、隣の苗との間隔は20cmくらいあけるようにしましょう。

必要な栽培スペース

シソの畝
図:AGRI PICK編集部
・A:畝の幅/70cm
・B:畝の高さ/10cm
・C:株間/30cm

おすすめの青じその苗

ITEM
青じそ 苗
地植えはもちろん、プランターや鉢での栽培にもちょうどいい、青シソの3ポットセットです。種より少し早い時期から栽培スタートでき、収穫もひと足先に行えます!

・サイズ:3.5寸ポット
・数量:3個

たくさんのきれいな葉を採る!シソの上手な育て方

穂ジソ
画像提供:福田俊

日当たり・水やり

日光
出典:Pixabay
シソは日当たりの良い場所に植えればぐんぐんと育ちます。また、地植えであれば水やりの必要はありません。移植する際は適度に水をあげてください。

肥料

シソは生育が良いので肥料を与える必要はありません。

葉や茎の間引き

大きく育ったしその葉を収穫する
撮影:AGRI PICK編集部
旺盛に茂ったシソは、収穫も兼ねて葉や茎の間引きを行います。株張りに合わせて間を抜いていきましょう。間引いた茎は挿し穂として使い、新しい株を増やすこともできます。

葉をたくさん収穫するために穂ジソを収穫!(摘心)

しその花
出典:写真AC
シソの葉は収穫しながら摘芯していきましょう。花穂が出ると株が老化し、葉が固くなり、香りも落ちて食べにくくなってしまいます。
高さ30cmくらいに生長したら、真ん中の茎の新しい芽を数cmカットして短くします。こうすることで脇芽が増え、よりたくさん柔らかな葉っぱを付けるようになります。この作業は、シソが枯れ始める秋ごろまで繰り返し行ってください。花穂は穂ジソとして楽しめますよ。

害虫対策

害虫にはある程度強いシソですが、ヨトウムシやバッタがつくこともあります。見つけしだい捕まえてペットボトルに閉じ込めまるなどして、できるだけ駆除しましょう。外から飛んでくる虫には、防虫ネットをかけてあげるとしっかり予防できますよ。
ITEM
すっぽり虫よけカバー 大
プランターにかぶせるだけで、約0.6mmの細かな網が虫の侵入を防いでくれます。また、太陽の光を透光する効果もあるので、しその葉を柔らかくするのにもおすすめです。カバーの上から水やりもできます!

・サイズ:幅75×奥行40×高さ60cm
・素材:スチールパイプ、ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロン

ベビーリーフ用に購入しました。
以前はバッタやハモグリバエの餌食になり、紋白蝶の卵だらけになり、食べれるような状態ではなかった為捨ててしまいました…。
こちらのカバーを被せてリベンジ!
素晴らしいですね。虫食い1つありませんでした。
お蔭で、長くベビーリーフを楽しめました!
次はいちご用に購入したいと思います!


「アブラムシ」や「ハダニ」対策はこちらの記事をチェック!


芽・葉・花・種|段階別!シソ収穫の時期とポイント

1. 芽シソを食べる

芽しそ
出典:PIXTA
芽シソ(芽紫蘇、めじそ)とは、種まきして1~2枚の葉を出した芽のことを指します。力強く育っている芽を残し、間引いた芽シソを薬味や刺身のつまとして利用するのが、賢い食べ方です。

2. 大きくなった葉はどんどん収穫する

収穫後のシソ
画像提供:福田俊
シソの葉はあっという間に大きく生長します。大きくなった葉をそのままにしておくと、新しい葉に行くはずの栄養が取られたり、日当たりや風通しが悪くなります。
最初は葉を1枚ずつ採っていき、大きく株が張りそうになったら枝ごと切ってしまいましょう。枝ごと切ったシソは、水に挿しておいて必要なだけ葉をちぎって何日間か利用できます。

3. 花や実も食べられる!

しその実
出典:写真AC
シソの白い花部分は、30~50%開花したころに収穫して、刺身のつまや薬味などに利用しましょう。また、ほとんど開花し終わって実が膨らみ始めた緑の穂も、漬物や佃煮などに利用できます。

4. 来年に向けて!種を採ってみよう

シソはこぼれ種で翌年も栽培することが可能です。ただし気を付けたいのは「交雑」。シソは交雑をしやすい植物なので、ほかの植物と一緒に育てると雑種が誕生してしまうデメリットも。育てる際は近くにシソ科の植物などは植えないようにしましょう。

より確実に栽培をしたいという人はシソの種を採取して、来年の栽培に備えましょう。人の手で種まきをして育苗したほうが、旺盛に生長します。


収穫したシソのおすすめの保存方法

冷凍シソ
画像提供:福田俊ー冷凍シソ
シソはどんどん収穫できるので、保存方法はとっても大事!電子レンジでチンして乾燥状態にしたものを瓶に入れて冷凍すると、色も香りも残りより長く楽しむことができますよ。

シソの活用法や保存レシピは、こちらの記事を参考に♪

福田先生直伝!青シソジュースの作り方

青シソジュースの作り方
画像提供:福田俊
青シソがたくさん収穫できた人におすすめのレシピが「青ジソジュース」。さっぱりした味わいが夏の飲み物にぴったり!じめっとした暑さを吹き飛ばす、さわやかなジュースです。福田先生直伝のレシピをご紹介します。

青ジソジュースの作り方

1. 収穫した青ジソを沸騰したお湯で煮出す。
2. 青ジソを引き上げて、砂糖とクエン酸を加える。
3. 粗熱がとれたらペットボトルなどの容器に移し替えて冷やす。
とっても簡単なのでぜひ挑戦してみてくださいね!

シソをたくさん収穫して、おいしく食べよう!

収穫してお皿にのせたしそ
撮影:AGRI PICK編集部
シソの苗はホームセンター、種は地方のスーパーや100円ショップでも手軽に入手できます。次から次へと生えてくるシソの葉をたくさん収穫して、彩りと香り豊かな食卓を楽しんで!

紹介されたアイテム

サカタのタネ 大葉青しそ
サカタのタネ 赤ちりめんしそ
すっぽり虫よけカバー 大

RECOMMENDSおすすめ

穂ジソ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記

FEATURES特集

特集をもっと見る

AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索