果樹や庭木の害虫カイガラムシ類を駆除・防除する方法

カイガラムシ類は植物の茎や枝の付け根に付着して汁を吸い、排泄物によって葉にすす状のカビを発生させます。硬い殻やロウ物質に覆われているため駆除が難しいカイガラムシ類の防除対策や使用する薬剤について、栽培初心者の方にもわかりやすく説明します。


カイガラムシ

出典:Flickr(Photo by coniferconifer)
育てている植物の茎や枝の付け根にあまり動かない虫がびっしりと付着していたり、葉にすす状のカビが生えているときは、カイガラムシ類が発生しているかもしれません。
カイガラムシ類は、硬い殻やロウ物質に覆われているため駆除が難しい昆虫です。そんなカイガラムシ類の防除対策や使用する薬剤について、栽培初心者の方にもわかりやすく説明します。

カイガラムシ類とは

カイガラムシ
出典:wikimedia
カイガラムシ類は、アブラムシやセミなどと同じカメムシ目に属しており、日本では名前が付いているものだけでも約400種類、実際には少なくとも700~800種以上が存在するといわれています。

カイガラムシ類の生態

カイガラムシ類の成虫は、オスとメスで全く異なる姿をしています。中にはオスが見られず、メスのみで増殖する種類もいます。

カイガラムシ類のメス

メスは成虫になると、脚が退化してしまい一生同じ場所に固着するもの、脚があって動き回るもの、一旦脚が無くなり再び生えるものなど、種類によりさまざまです。翅(はね)は持たずあまり積極的には動かないため、オスが飛来してメスを見つけて交尾します。メスは産卵するものもいますが、卵を体に持ったまま死亡し、そこから幼虫が這い出て来る種類もいます。
野菜や草花よりも観葉植物や花木、庭木、果樹などを好みます。幹や枝葉、果実に口針と呼ばれる糸のような尖った口を植物に深く突き刺して汁液を吸うため、多発すると樹木が衰弱し枯れてしまうこともあります。
排泄物を出すカイガラムシ類では、すす病などの病気が発生することもあります。

カイガラムシ類のオス

一方オスは、成虫になると触角・脚・翅をそなえ、移動する能力をもちます。口は退化しており、羽化した後は食べ物も水も取らないため短命です。

人間の生活に欠かせないカイガラムシ

カイガラムシ類の中には、古くから人間の生活と密接に関わり、役立つものを提供してくれる種類もいます。

コチニール色素

イチゴジュースやハム、蒲鉾など赤い食品や、繊維の染色、口紅に使われている「コチニール色素」は、サボテン科のベニコイチジクなどに寄生する、「コチニールカイガラムシ」が原料です。

シェラック

塗料やガムやチョコレートの光沢に使用されている天然プラスチック「シェラック」は「ラックカイガラムシ」が原料となります。

いぼた蝋

古くから日本でロウの原料や日本刀の手入れに使用されていた「いぼた蝋」の原料として利用されていた「イボタロウムシ」というカイガラムシもいます。


主なカイガラムシ類の種類

カイガラムシ
出典:Flickr(Photo by Gilles San Martin)
カイガラムシ類は「殻を付けている(マルカイガラムシ科)」「ロウ物質に覆われた・裸で殻がない(カタカイガラムシ科)」「白い粉状のロウ物質で覆われた(コナカイガラムシ科)」「殻がなく綿をふいて産卵(ワタフキカイガラムシ科)」のほか、フクロカイガラムシ科、ハカマカイガラムシ科、フサカイガラムシ科など多くの科やその中に多くの属があり、それらは研究の途中で今後多くの種類が増えると予想されています。

殻を付けている:マルカイガラムシ科

カイガラムシ
出典:Flickr(Photo by Katja Schulz)
丸い偏平な殻を持つカイガラムシ類です。メスは成虫になったときに脚が退化して、葉や枝の同じ場所に一生固着します。
マルカイガラムシ科の虫は排泄物を全部体を覆う殻に変えてしまうので、ほかのカイガラムシ類と違い排泄物を出しません。

ヤノネカイガラムシ

・体長と特徴
メスの成虫は約3〜4mmで濃紫褐色のやじり状の殻を持ち、オスの2齢幼虫は約1.5mmの細長い白色綿状で、メスの近くに集団で定着しています。
・被害状況
カンキツ類の枝葉、幹、果実に寄生して枝の枯死や果実の着色遅れなど、商品性を低下させます。
・発生
年2~3回発生し繁殖力は旺盛です。

ヤノネカイガラムシは中国から侵入した外来種ですが、1980年代に静岡県で「ヤノネツヤコバチ」と「ヤノネキイロコバチ」という天敵寄生蜂を中国から導入したことから、全国のカンキツ類を育てている農園に定着し被害が終息しました。
これらの天敵寄生蜂は、主に夏季にヤノネカイガラムシのメスの成虫や幼虫に産卵します。この時期にヤノネカイガラムシが多発していなければ、天敵保護のため農薬防除を控えましょう。

ナシマルカイガラムシ

・体長と特徴
メス成虫は1.5〜2mmの円形です。
・被害状況
多くの果樹に寄生します。特にナシの被害が大きく、葉、枝、果実にまで及び、多発すると枝や木は衰弱し、果実に寄生した場合は外観を損ない奇形、亀裂を生じることもあります。
・発生
1齢幼虫で枝や幹の殻の下で越冬し、年2〜3回発生します。

中国東北部原産と思われる外来害虫で、現在世界各地に生息していますが、有効とされる天敵はおらず国内で被害が増加しています。

白い粉状のロウ物質:コナカイガラムシ科

コナカイガラムシ科はカイガラムシ類の中でも多くの種類があり、一般的にメス成虫は長さ数ミリ程度の楕円形(わらじ型)で裏返すと脚が見え、殻がなく、体表が白い粉状や綿状のロウ物質に覆われています。コナカイガラムシ科をつぶすと赤、またはオレンジ色の液体が出てきます。
葉の込み合っている場所など見えにくい場所に群生して潜み、大量に発生するとすす病が発生します。
カイガラムシ類の中では脚が発達しており移動速度が速い種類ですが、一部脚が退化してないものもあります。

ミカンヒメコナカイガラムシ

みかんヒゲコナカイガラムシ
出典:Flickr(photo by kobakou)

・体長と特徴
メス成虫は体長3mm、体からトゲのような白い突起が17対出ています。
・被害状況
カンキツ類などを加害します。若い葉や幼果などに集中して寄生して吸汁し、葉や果実は生長するにつれて変形して、果実にコブが生じたり落果します。
・発生
年3〜4回発生します。

コナカイガラムシ科の中ではカンキツ類を育てている農園で最も多くみられる種類です。

フジコナカイガラムシ

・体長と特徴
メス成虫は約2.5~4mmです。
・被害状況
カンキツ類やカキ、ブドウ、カンキツ、ナシ、イチジクなどを加害します。果実のヘタの下に成虫、幼虫が寄生し、すす病を生じて果実が汚れます。果実の吸汁痕は色抜けし、成熟期にはやや盛り上がった火膨れ状の症状となります。
・発生
年3回の発生で、幼虫が果樹の粗皮の隙間で越冬します。

果樹の粗皮の隙間やヘタの間など狭い場所を好むため、薬剤防除が難しい害虫です。
天敵寄生蜂の「フジコナカイガラクロバチ」やタマバエ類など有力な補食性の天敵が存在するので、これらの天敵類に影響を与えない農薬を選択すると防除効果が高くなります。

ミカンコナカイガラムシ

・体長と特徴
メス成虫は体長約3.5mmで背中に橙黄色の縦線が見えます。
・被害状況
果樹類、野菜類、花き類など多くの植物に寄生し加害します。果実は吸汁されることにより、着色が悪くなり、日持ちが短くなるなどの被害が発生します。
・発生
発生回数は多く、年7~8回発生を繰り返します。

露地では越冬せず、温室害虫として国内で広く周年発生します。

ロウ物質に覆われた・裸で殻がない:カタカイガラムシ科

ロウムシ
出典:Flickr(photo by Thejasvi M)
ロウムシ
出典:Flickr(photo by Katja Schulz)
コナカイガラムシ科とともに、多くの種類が存在するカイガラムシ類です。カタカイガラムシ科の多くの種類は、ある一定の時期をのぞいてほとんど移動しません。
カタカイガラムシ科の幼虫は、背面からロウ物質を分泌しながら成長し、排泄物によるすす病が発生します。
そのほか「ヒラタカタカイガラムシ」「タマカタカイガラムシ」「ツバキワタカイカラムシ」「クロカタカイガラムシ」などが、カタカイガラムシ科の害虫として知られています。

ツノロウムシ

・体長と特徴
体長は約6~8mmです。
・被害状況
カキやカンキツ類、ゲッケイジュ、サザンカ、ヤナギなどの庭木、花木を加害します。枝の吸汁により樹勢が低下します。葉や果実にすす病を生じ、無袋栽培のナシなどで被害が大きくなります。
・発生
年1回の発生でメス成虫が枝や幹で越冬します。

オスは見られず、メスのみで増殖します。主に発育枝や樹勢の強い枝に多く寄生します。
また、多くの天敵寄生蜂がいるので保護するために、薬剤防除には注意が必要です。

カメノコロウムシ

ロウムシ
出典:wikipedia「カメノコロウムシの幼虫」

・体長と特徴
ツノロウムシよりやや小型で、メス成虫は体長約4~5mmです。
・被害状況
カンキツ類、カキ、クチナシ、ゲッケイジュ、サザンカ、などの庭木、花木を加害します。枝の吸汁により樹勢が低下します。
・発生
年1回の発生でメス成虫で越冬します。

ツノロウムシやロビーロウムシの中で一番発生が多く、ほかのロウムシとは異なりオスが確認されており、定着後も移動が可能です。

ルビーロウムシ

ルビーロウムシ
出典:wikimedia

・体長と特徴
体長は3~4mm程度で、あずき色のロウ物質に覆われた半円球の虫です。
・被害状況
カンキツ類、カキ、ツバキ、サザンカ、サカキなどで被害が大きく出ます。
・発生
年1回の発生でメス成虫で越冬します。

オスはほとんど見られず、単為生殖で増殖します。
ルビーロウムシには、「ルビーアカヤドリコバチ」という天敵寄生蜂がおり、これに寄生されると殻が黒色になります。この蜂に寄生されたルビーロウムシを園内に導入して、天敵を増やす方法もあります。

殻がなく綿をふいて産卵:ワタフキカイガラムシ科

有名なのは「イセリヤカイガラムシ」ですが、そのほかにも「キイロワタフキカイガラムシ」「オオワラジカイガラムシ」などがいます。同じワタフキカイガラムシ科でも生態や形態が大きく異なります。

イセリヤカイガラムシ

イセリヤカイガラムシ
 出典:Flickr(photo by Katja Schulz

・体長と特徴
メス成虫の体長は約5mmです。オスはほとんど発生しません。
・被害状況
イネ科以外の多くの植物を加害しますが、中でもカンキツ類に多発します。葉や枝、幹に定着して吸汁するので樹勢が低下します。
・発生
2年に5世代をくり返します。

イセリアカイガラムシを捕食するオーストラリア原産の「ベダリアテントウ」が、1911年に台湾から導入されて全国に定着し、概ね被害は終息しています。


カイガラムシ類が原因で発症する病気

すす病
出典:wikimedia
カイガラムシ類は植物の汁を吸うだけでなく、病気を発症させる原因になります。

糸状菌(カビ)による病気

カタカイガラムシ科やコナカイガラムシ科などのカイガラムシ類は「甘露」とよばれる排泄物を出し、これが葉や幹に付着すると、黒いすす状のカビで植物が覆われる「すす病」や、べったりと薬を塗ったようなカビが生じる「こうやく病」などが発生します。
症状が激しくなると植物の葉全体がカビで覆われてしまい、光合成ができなくなって生育が弱まります。

▼すす病のことならこちらをご覧ください。

カイガラムシ類に有効な3つの対策

マルカイガラムシ科
出典:Flickr(photo by Katja Schulz)
カイガラムシ類の成虫は、体の表面が殻やロウ物質で覆われているので農薬での防除が困難な害虫です。

カイガラムシ類を発生させない管理方法

被害が拡大する前に、カイガラムシ類を早期に発見することが重要です。

アリがいるところにカイガラムシあり!
アリはカイガラムシの排泄する甘露を好みます。カイガラムシは激発するまで発見するのが難しいですが、アリが歩いているあとを辿れば、植物に潜んでいるカイガラムシを早期に発見することができます。


1. 剪定

カイガラムシ類は風通しが悪い場所に発生しやすいため、余分な枝は切除するなどして、風通しの良い環境にすることを心がけます。

▼剪定についてはこちらもご覧ください。

2. こすり落とす

カイガラムシ類を見つけたら、竹べらやたわしなどでこすり落とします。狭い場所では歯ブラシを使い、葉など広い面積にいるカイガラムシ類は、短く切った筆や刷毛などで払い落とすようにします。葉や枝などを傷付けないように気をつけましょう。

3. 粗皮削り(果樹)

コナカイガラムシ科などの樹皮の隙間で越冬する害虫の防除のために、カキやブドウなどの果樹では古くなった樹皮(粗皮)を削る防除技術があります。
粗皮削りは、専用の刃物やバークストリッパー(高水圧剥皮機)を使って行います。

ITEM
粗皮削り
樹木の幹の病巣などの表皮削りに使用します。

・長さ:390mm

カイガラムシ類の防除に効果的な「農薬」

カイガラムシ類の成虫は、殻やロウ状物質で覆われているため殺虫剤を弾いてしまいます。
農薬での防除のタイミングは、殻やロウが完成していない孵化まもない幼虫の時期と、冬季に密度を下げる目的で散布しましょう。
また、適切な剪定を行い、あらかじめ枝葉を減らしておくことで農薬の散布効率も上がります。
※農薬使用の際は必ず作物登録、使用方法をラベルで確認してください。地域の防除指導機関やJAなどの使用基準を守り施用してください。

幼虫防除は5〜7月

年1回発生するカタカイガラムシ科のロウムシ類も、年に数回発生するコナカイガラムシ科のカイガラムシ類も5~7月にかけて幼虫があらわれるため、この時期を狙って薬剤防除します。
月2~3回程度の割合で、カイガラムシ類の姿が見えなくてもていねいに散布しましょう。
ITEM
コルト顆粒水和剤
アブラムシ類、コナジラミ類、カイガラムシ類などのカメムシ目害虫や、チャノキイロアザミウマなどのアザミウマ目害虫に対して高い効果を示します。
速効的に吸汁活動を停止させ、歩行・飛翔行動を阻害して作物から離脱させます。
また、定着行動を阻害することにより、作物に寄生できないまま死亡させます。

・内容量:100g
・有効成分:ピリフルキナゾン(20.0%)


ITEM
アプロード水和剤
カメムシ目の一部の害虫であるウンカ類、ヨコバイ類、ヒメヨコバイ類、カイガラムシ類、コナジラミ類に特異的に高い効果を示します。
殺虫作用は脱皮阻害であり、幼虫の齢末期~脱皮時に死亡さます。
産卵を抑制したり、孵化しない卵を生ませることで次世代の増殖を少なくし、密度を抑制します。

・内容量:100g
・有効成分:ブプロフェジン(25.0%)

成虫には冬季にマシン油

カイガラムシ類の発生している果樹園では、果樹休眠期にマシン油を散布し、物理的に成虫を窒息させます。
粗皮削りをする場合は、粗皮削りをした後に散布します。散布は厳寒期を避けて、12月または3月の発芽前までに温暖で風のないときに行いましょう。
※ 樹勢の弱った樹ではマシン油乳剤の散布によって枝の枯れ込みが多くなるので注意してください。
※ マシン油乳剤と石灰硫黄合剤の近接散布は薬害を生じるおそれがあります。

ITEM
マシン油乳剤
精製されたマシン油を原料とした製剤で、ハダニ類・カイガラムシ類の成幼虫に対し効果を示し、 果樹類の越冬期の防除に不可欠な農薬です。

・内容量:500ml
・有効成分:マシン油(95%) 乳化剤等(5%)

粗皮削りのタイミングで

カキやブドウの粗皮削りのタイミングで樹皮に塗布すると、コナカイガラムシ科の発生を抑制する効果があります。

ITEM
アルバリン顆粒水溶剤
樹の粗皮を剥いだ幹に塗布することで、有効成分が幹を通して浸透移行しコナカイガラムシ類に効果を発揮します。
処理後、長期間にわたり効果が持続します。
粗皮削りのタイミングで処理することができ、散布の手間もないため、省力化につながります。

・内容量:100g
・有効成分:ジノテフラン(20.0%)

天敵昆虫の導入

アブラムシの天敵昆虫のイメージが強いテントウムシですが「ヒメアカホシテントウ」「アカホシテントウ」は、カイガラムシを好んで捕食するカイガラムシ類の天敵昆虫です。

▼天敵のことならこちらをご覧ください。

カイガラムシ類から果樹や庭木を守るために

果樹や庭木を食害するカイガラムシ類は、特殊な殻やロウ物質に覆われているため、薬剤防除が難しい害虫です。薬剤防除の適期を逃さないように注意するとともに、農薬散布の時期については、寄生蜂や捕食性のテントウムシなど、カイガラムシ類の天敵昆虫の定着を妨げない配慮を心がけましょう。
日頃から適切な剪定を行い、庭木や果樹の風通しを良くして、カイガラムシ類が定着しにくい環境をつくりましょう。

紹介されたアイテム

粗皮削り
コルト顆粒水和剤
アプロード水和剤
アルバリン顆粒水溶剤

RELATED TAGS関連するタグ

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。

育て方・病害虫を一発検索