さび病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)

ネギやニラ、ニンニクなどの葉に褐色の盛り上がった小斑点を生じる「さび病」は、コーヒーの木にも壊滅的なダメージを与えることで有名です。そんな「さび病」菌の感染源や時期、防除方法、感染後の対策やおすすめの薬剤(農薬)など詳しく説明します。


さび病

出典:flickr(Photo by Scot Nelson
さび病とは、茎や枝に鉄さびのような色の盛り上がった病斑を作る糸状菌(カビ)による病気です。多犯性の病害で、多くの植物の葉、茎、果実などに感染し、特にネギ類、麦類、ナシなどでは重大な被害を及ぼします。多湿で一気に感染が広がり、防除が難しいさび病の発見のポイントを押さえて、予防と早期発見を心がけましょう。

さび病の症状は鉄さび色の盛り上がった病斑

「葉や茎に赤褐色の病斑ができている」「病斑が粉っぽい」などの症状が現れたときは、さび病を疑いましょう。主に葉で盛り上がった鉄のさびのような色(黄色~赤褐色)をした小斑点を生じます。その後、斑点の表皮が破れて黄色~赤褐色の粉末が飛び散り、発病が激しいと葉の全体をさび病の粉が覆います。
さび病の病原菌には多くの種類があり、その種類によって感染する植物が決まっていて、病斑も白色、黒色、褐色、橙色、灰色など特有の色と形があり、また種類によってさび病が発生しやすい時期も異なります。
▼植物の病気の症状についてはこちらの記事もご覧ください

さび病の発症原因

ユリさび病
出典:flickr(Photo by Scot Nelson
さび病は糸状菌(カビ)による病気です。多犯性で、野菜、草花、果樹、庭木など多くの植物の葉、茎、果実で発症します。雨や曇天が続く時期など、湿度が高い環境がさび病の発症の原因となります。
ちなみに野菜類に多い「白さび病」は「さび」とついていますが、菌の種類や症状の異なるまったく別の病気です。
病名  さび病
分類  糸状菌/担子菌類
発生時期  4~11月

主な感染源は罹病植物上の胞子

さび病に感染した苗、枝などで越冬した病原菌は、湿度が高い環境で胞子を作ります(一次伝染源)。さらに病斑部分に作られた胞子塊から、胞子が風で飛散し、周りに感染します(ニ次伝染源)。

降雨が多いと発症しやすい

さび病は降雨が多く、圃場の湿度が高いことで発症しやすくなるため、さび病の発生の程度がその年ごとの天候によって異なります。
降雨以外にも、作物を育てる際の水分過剰や、多過ぎる肥料によって引き起こされる軟弱徒長も発症の原因となります。また、反対に肥料切れで生育が弱った場合も発症原因となるため、栽培管理には注意が必要です。
※軟弱徒長とは、植物の葉厚や葉の色が薄くなり、茎や葉柄および葉身が弱々しく間延びした状態。

さび病菌の特殊な生存方法とは

さび病菌は「生きた」植物にのみ寄生して、栄養を吸収し生存するという特性がありますが、そのなかでも同じ種類の植物間で生存する「同種寄生菌」と、2種類の植物の間を行き交い生存する「異種寄生菌」があります。
同種寄生菌の例 異種寄生菌の例
(宿主/中間宿主)
ユリ類 ナシ/ビャクシン類
インゲン コムギ/アキカラマツ
バラ ベゴニア/コアカソ

同種寄生菌とは

同種寄生菌は「同じ」植物上で生存し、胞子を作り発生源となります。例えば、ユリについた菌は、「同じ」ユリでそのまま越冬し次の年に胞子を飛ばして感染源となります。

異種寄生菌とは

異種寄生菌は、中間宿主と呼ばれる「別の種類」の植物体上の間を行き来しながら生存します。
例えば、さび病の一種である赤星病は主にナシに寄生します。赤星病の菌はナシで発病して胞子を飛散し、中間宿主である「別の種類」のビャクシン類に寄生し、越冬するため、中間宿主にあたる植物は圃場の周りには植え付けないことがさび病の一番の予防になります。
※ビャクシン類とはカイズカイブキ、ハイビャクシン、ビャクシンなどのヒノキ科ビャクシン属の植物。

さび病に感染する主な植物

ミズタマソウサビ病
出典:flickr(Photo by Björn S… 
さび病は野菜類、花卉(かき)類など幅広く感染する病気です。ここでは、さび病が問題となっている主要な作物とその症状を紹介します。

野菜類

野菜類では、ネギ、タマネギ、ラッキョウ、ニンニク、ニラ、アスパラガス、レタス、フキ、ミツバ、シソなどに発病します。

◆ネギ(同種寄生菌)

葉の表面に橙黄色の小斑点を生じ、後に盛り上がり、黄色~赤褐色の粉状の病斑(夏胞子堆)を形成します。やがて病斑の表皮が破れて胞子が飛散し、伝染していきます。気温が低下すると病斑は暗褐色 (冬胞子堆)に変色します。
発病の適温は15~20℃なので、主に春と秋にさび病が発症します。発病適温外では感染、発病はしないため、夏と冬は一時的に終息します。

草花

芝、キク、バラ、カーネーション、ナデシコ、ベゴニア、ミント、などに発病します。

◆芝(異種寄生菌)

葉に淡黄色の斑点を生じ、後に拡大して黄色~赤褐色の盛り上がった病斑(夏胞子堆)を形成します。やがて病斑の表皮が破れて胞子が飛散し、伝染していきます。気温が低下すると暗褐色 (冬胞子堆)に変色して葉は枯れます。
翌年の春にはヘクソカズラに感染し、そこで作られた特殊な胞子が芝への第一次伝染源となります。秋、葉露が付くと大発生します。夏胞子の発芽適温は15~20℃です。
※ヘクソカズラとはアカネ科ヘクソカズラ属のつる性の多年草で、概ね雑草として扱われている植物。

果樹・樹木

リンゴ、ナシ、ツツジ、イチジク、コーヒーなどで発病します。

◆ナシ(異種寄生菌)

ナシさび病
出典:flickr(Photo by Björn S… 
さび病の一種である赤星病は、主に葉に発症します。展開したばかりの葉表に橙黄色の小斑点ができ、色は濃くなり拡大して、中央部に赤黄色の細点を多数生じます。5~6月になると病斑の裏側に特長的なタワシの毛のようなものができ(毛状体)、その先端から粉のような胞子が出て、病気が進んだ葉は落葉します。
※ナシ園の周辺(1km程度)に伝染源となるビャクシン類を植えないことが予防となります。

◆イチジク(同種寄生菌)

葉の裏面に黄褐色の微細な斑点が生じた後、淡黄色の粉状(夏胞子層)となり、風で分散し二次伝染します。のちに別の赤褐色の斑点を生じた所に、やや角ばった黒色斑点(冬胞子層)ができます。感染した葉は早期に落葉し、果実は肥大しなくなります。また、病葉に生じた冬胞子の形で越冬し、翌年の第一次伝染源となります。
発病適温は25~30℃で8月下旬ごろから発病し始めますが、施設栽培では周年発生します。


さび病に有効な予防方法

さび病に有効な予防は、「農薬を使わず」に圃場の管理で行う方法(耕種的防除方法)と、「農薬」の使用で行います。2つの方法を組み合わせて、適切なさび病の予防を行いましょう。
※圃場(ほじょう)とは、田や畑のような農作物を育てる場所。

さび病を発症させない「農薬を使わない」管理方法

農薬を使わずに行うさび病の予防方法について説明します。

1. 圃場周りの除草

さび病菌は生きた植物上で越冬、越夏し伝染源となり、雑草に感染したさび病菌の胞子が圃場に飛んでくる場合があるため、植え付け前に圃場の周りはきれいに除草しておきましょう。

2. 水はけの良い圃場づくり

降雨が多く、湿度が高いことでさび病の胞子が作られやすくなるため、圃場の湿度が上がらないように水はけの良い土づくりを目指します。
畝を高くしたり、腐植土、パーライト、バーミキュライト、ヤシガラなどの土壌改良材を投入して、効果的な土質改善を行いましょう。


3. 肥培管理、水管理の見直し

さび病は軟弱徒長、及び肥料切れで生育が弱った場合でも発症しやすいため、主な原因「肥料」と「水」の管理を見直しましょう。元肥や追肥の量が多い、少ない、または時期が適切で無い場合や、灌水(かんすい)量が多過ぎることのないよう、適切な肥培管理、水管理を心がけましょう。
※灌水(かんすい)とは水を注ぐこと、植物に水を与えること。


4. 風通しを良くして、湿度を低く保つ

植え付け後は過繁茂に気を付けましょう。適度に風通しを良くすることで、植物の周りの空気を入れ替え、湿度を下げる効果があります。古い葉や傷んでいる葉は取り去ります。

さび病の予防に効果的な「農薬」

農薬を使用して、より効果的にさび病を予防しましょう。1回だけではなく、定期的に散布することがおすすめです。耐性菌の発生を予防するためにも、薬剤を組み合わせてローテーションで散布することをおすすめします。使用する薬剤に作物の登録があるか必ずご確認ください。
※耐性菌とは、薬剤(農薬)に含まれる抗菌薬(抗生物質)が効かない菌のことです。
※農薬は地域の防除指導機関やJAなどの使用基準を守り施用してください。

ユニフォーム粒剤

定植、播種前に土壌混和で、栽培初期のさび病の予防効果が期待できます。
ITEM
ユニフォーム粒剤
幅広い抗菌スペクトラムを有しているアゾキシストロビンと、卵菌類にきわめて高い効果を示すメタラキシルMのコンビネーションにより、重要土壌病害を防除し、高品質な収穫をサポートします。
二つの有効成分は優れた浸透移行性を示し、粒剤の土壌処理によって病害を抑えることができます。

・内容量:3kg
・有効成分:アゾキシストロビン(2.0%) メタラキシルM(1.0%)

ジマンダイセン水和剤

さまざまな作物に登録がある保護殺菌剤です。胞子発芽を阻害し、高い予防効果があります。
ITEM
ジマンダイセン水和剤
保護殺菌剤で、植物体上に付着して主として胞子発芽を強く抑制する事により、病原菌の侵入を阻害し殺菌効果を発揮します。
ジマンダイセンの極微粒子構造により、作物への付着性がよく、雨にも流されにくい性質をもつ他、その特異な化学構造から残効性にも優れた保護殺菌剤です。
メロン、スイカ、キュウリなどの細菌病にも有効です。

・内容量:250g
・有効成分:マンゼブ(80.0%)



さび病発見後の効果的な2つの対策

さび病を発見してしまった際にはどうすれば良いのか、その効果的な対策を紹介します。

1. さび病発症後の被害部分の「除去」

発症が確認された場合はただちに取り去りましょう。除去したものは胞子が飛ばないように、ビニール袋に入れて圃場外に持ち去ります。
また、さび病が広がらないように圃場の環境を見直しましょう。古い葉が残っている場合は、さらなる伝染源となる可能性があるので、ただちに取り去りましょう。

2. さび病の治療に効果的な「農薬」

効果的な農薬を使用して、早期にさび病を治療しましょう。

アミスター20フロアブル

浸透移行性による優れた治療効果があります。
ITEM
アミスター20フロアブル
天然生理活性物質 (ストロビルリン類)に由来する殺菌剤です。
各種野菜、畑作物、茶のさまざまな病害に高い効果。同時防除にも最適です。
収穫前使用日数が短く、散布適期は幅広く、使い勝手に優れています。
作物の汚れが少なく、使いやすいフロアブル剤です。

・内容量:250ml
・有効成分:アゾキシストロビン(20.0%)

さび病の人体への影響は?

さび病は植物の病気であるため、さび病に感染した葉や果実を食べても、人間にさび病が伝染ることはありません。一方、さび病に激しく侵された農作物は、植物自体が病気に対抗して毒素を生成している可能性があるので(ファイトアレキシン、アレルギー原因タンパク質等)、人体に影響が無いとはいえず、食べるのはあまりおすすめしません。

さび病対策に何より大事なのは湿度管理

さび病は多湿で発症しやすい病気です。まずは環境を見直しましょう。降雨が続く時期、葉に結露が付く時期は、さび病の兆候がないか圃場を注意して観察しましょう。発病を確認したら、直ちに発病株を取り去ります。ジマンダイセンなどの農薬を定期的に予防散布することも効果的です。

関連する記事

さび病
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。