【失敗しないそら豆の栽培方法】摘心やアブラムシの駆除方法も!

そら豆の栽培方法をご紹介します。追肥や摘心、アブラムシなどの害虫対策、支柱の立て方など、種まきから収穫までの育て方を徹底解説!プランター栽培の方法も伝授しちゃいます!!そら豆の種類もご紹介するので、そら豆を全く知らない人でも安心♪


出典:写真AC
そら豆といえば初夏の味覚の代表格!採れたてゆでたてのそら豆のおいしさは格別です。淡い緑色でぷっくりとしたフォルムや珍しい形など見た目も面白く、栽培しないと味わえないメリットがたくさん。
今回は基本的な栽培方法や注意点をしっかり説明していきます。

そら豆とは

出典:写真AC
そら豆は、さやを空に向けて実らせることから「空豆」、また中国では蚕に似ていることから「蚕豆」と書かれていたりもします。一般的な食べ方は塩ゆでしてそのまま食べる方法。
そら豆はタンパク質や、ビタミン類、カリウム、鉄、銅など栄養がたくさん、しかもバランスよく含まれています。
そら豆の薄皮には食物繊維がたくさん含まれています。外して食べることが多いですが、新鮮なそら豆は比較的薄皮も柔らかいので是非一緒に食べてもらいたいです。

そら豆の栽培カレンダー

野菜を育てる上で大事なのが作業を行うタイミングです。きちんと時期を把握して逃さないようにしましょう。

そら豆の種類紹介

出典:写真AC
主な産地は鹿児島県や千葉県などと言われていますが、ハウス栽培などの発展のおかげで現在は全国各地で作られるようになりました。よく売られているポピュラーなものから珍しい品種も紹介してみたいと思います。

 

・一寸そら豆

一寸と名付けられていることから分かるように、豆の粒が3cmくらいの大粒な豆です。関西地方ではそら豆の総称として、「一寸」と呼ばれていたりします。
よくスーパーなどで出回っているのは一寸系統の豆であることが多いです。ホクホクとしていておいしいと評判のそら豆です。
ITEM
一寸そら豆
食卓によく登場するのがこの「一寸そら豆」です。草丈は100cm程度、1株に5~6本の茎が伸びます。こちらの種には、寒冷地、暖地、中間地それぞれの栽培時期のカレンダーが付いているので、育てる時期が一目でわかって便利です。

・さぬき長莢蚕豆

さやの長さが20cmほどで中には4~6粒の豆ができます。小粒で味も申し分ないです。名前に「さぬき」とついていることから、香川県の郷土料理などに使われることも多いです。

 

・初姫

こちらは豆の色が小豆のように赤いそら豆です。粒の大きさは一寸そら豆と同じくらいのものです。粉質で、おいしいそら豆ですが、ゆでるとせっかくの赤い色が落ちてしまい緑色に近い色になってしまうので、調理法は蒸すのがおすすめ!料理の彩りにも一役買ってくれます。
ITEM
初姫
むき実歩合の高い、食味の良い赤実のそら豆。耐寒性が強く、分枝も多い栽培の容易な品種です。食べるときは、1Lの水に、食塩30gと焼きミョウバン4gを加えて茹でると赤色が抜けません。

・カルマジン

日本ではあまりなじみがないですが、ヨーロッパなどでよく食べられている品種で、豆の色は薄いピンク色をしています。味も良くたくさん取れるのが特徴。
ホームセンターなどではあまり見ないですが、ネット通販などでは手に入ることもあるので変わり種が好きな方は是非チャレンジしてみてください。
こちらもやはり、ピンクの色を残すには調理法は蒸すのが適しています。

 

・ファーべ(ポポロ)

イタリア語でそら豆という意味の「ファーべ」一さやに5粒入りで小ぶりな豆です。新鮮なうちはえぐみが少なく生食に向いているといわれています。もちろん加熱してもおいしいです。すりおろしたペコリーノチーズと一緒に食べるのがイタリア流の食べ方。
ITEM
ファーべ(ポポロ)
別名ポポロとも言われている品種のそら豆です。生食に適していることから「サラダそら豆」とも呼ばれています。分枝の数が多く、放任すると10~20本まで分枝します。一さやに5粒ほどそら豆の種子が入っており、大きさは通常のそら豆と変わりません。

そら豆の基本的な栽培方法

出典:写真AC
旬が短いそら豆は自分で栽培すれば新鮮で一番おいしい状態で食すことができます。比較的管理も簡単な初心者にも育てやすい野菜の一つなので是非栽培に挑戦してみてください!

栽培のポイント

そら豆は苗の時期は耐寒性があるのですが、定植して大きくなってからは寒さに弱く、霜の心配がなくなってから植え付けるのが望ましいです。
また、野菜の中でもアブラムシが付きやすいので予防策はきちんと取りましょう。
アブラムシが嫌がるマルチなどもあるので、そういったものを使うのも効果的です。

 

Step1. 畑の準備

そら豆は連作障害の出やすい植物なので、そら豆や他の豆類を5年間は栽培していない土地を選びましょう。元肥には1平方メートルあたりに堆肥2kg、石灰150g、化成肥料は多くても50gを畑にまきます。マメ科の植物は窒素を作る菌を持つため、窒素が多い肥料をあげ過ぎると、「つるぼけ」という状態になり実を付けないこともあります。畝立ては幅60cm、高さは15cmくらいが良いでしょう。

 

Step2. 種まき

そら豆は直まきすると鳥に食べられてしまうことがあるのでポットに種をまき、ある程度育ったら畑に植え付ける方法をおすすめします。直径10cmのポットに育苗培土を8分目まで詰めます。種のオハグロ(黒い筋)と呼ばれる部分を下に向けて、2粒まくと良いでしょう。種は完全に埋めるのではなく、少し見える状態にし、水をたっぷりとあげましょう。
10日~2週間ほど経過し本葉が出てきたころに元気の良い方を残し間引きしましょう。

 

Step3. 植え付け



苗の植え付けは本葉2~3枚の頃に植え付けるのが良いでしょう。植え方はポットの土と畑の土が同じ高さになるように植えましょう。深過ぎず、浅過ぎずが基本です。
なるべく天気のよい、風の強くない日に植えるのが望ましいです。
植え終わったら、水やりをしっかり行いましょう。
寒い時期なので、寒さよけのためにトンネルを掛けてあげましょう。トンネルは防虫効果も期待できます。

 

Step4. わき芽の管理

そら豆は一株からたくさんわき芽が出てくる植物です。まだ小さいうちにわき芽を整理しましょう。
やり方は、大きくて元気そうなわき芽を6本程残します。このときできるだけ中心から取ることを意識してください。そら豆はどんどんわき芽を出そうとするので、元気な芽を円状に残すようにして中心部分に土を盛るとわき芽が出づらくなり、その後も育てやすい状態になります。

 

Step5. 誘引

わき芽が伸びてくると風であおられて倒れたり、折れてしまったりすることもあります。
株の四隅に150cm程の支柱を挿しテープなどで倒れない程度に固定しましょう。
あまり株の方のテープをきつくし過ぎると、株が成長した時に傷めることがあるので気を付けましょう。
株が伸びてきて倒れそうだなと思ったらテープを追加してやりましょう。

 

Step6. 摘芯

暖かくなり、そら豆が70cm位に達したころ、枝の上部10cm位をはさみ等で切ってしまいましょう。
摘芯をすることで成長が止まり、さやに栄養がいくようになります。
おいしくてしっかりとしたそら豆にするために、必ず行いましょう。

 

Step7. 追肥

花が咲き終わり、さやが大きくなり始めたら追肥をしましょう。やり方は、化成肥料を一つかみほど株の周りにまきましょう。

 

Step8. 収穫のタイミング目安

上を向いていたさやが下に垂れ始め、さやの筋が黒色になったころが収穫のタイミングです。さやが垂れ下がったらなるべく早めに取りましょう。そら豆は旬が短く逃すとおいしくなくなってしまいます。
はさみでさやを一つ一つ取りましょう。

病気かなと思ったら



そら豆の葉に斑点状の染みができたり、しおれたりするとまずは病気を疑いましょう。万が一病気になってしまったら、そのまま放っておくと全体に広がってしまうので、見つけ次第すぐに引っこ抜き捨ててしまいましょう。蔓延させないためには毎日少しの時間でも見てやることが大事です。
予防としては高畝(たかうね)にし、排水のよい環境を作るのが基本です。そら豆は多湿を嫌うので水やりはよほど乾いているとき以外はあげなくて良いです。

そら豆をプランターで作ってみよう

畑がない人などに人気のプランター栽培。そら豆もプランターで育てることができます。畑はあるけど既にマメ科の野菜を育てていて連作障害が不安という方にもプランター栽培はおすすめ!簡単にできるので是非試してみてください!

 

必要な物

・野菜用プランター
・培養土
・そら豆の種
・80~100cmくらいの支柱

種まきは直まきでも良いですが、やはり食害の恐れがあるのでポットにまくのがおすすめ。植え付けは畑と同様、本葉2~3枚のころの天気の良い日に植え付けましょう。植え付けるプランターは大きくて深めのもので支柱が挿し込めるタイプのものを使いましょう。株間は20cmほど空けるのが理想的です。
管理も畑と同じでわき芽の整理と誘引、摘心をタイミングを見て時期が来たらきちんと行いましょう。追肥も忘れずにやるとぷっくりとしたおいしいそら豆ができますよ。

 

プランターでも!アブラムシには注意を

どこに植えてもアブラムシはやってきます。アブラムシが一度付きだすとあっという間に増えて、そら豆が全滅なんてこともあり得ます。植えると同時に対策をしましょう。
プランター栽培ではアブラムシよけのマルチは張れません。そういうときは防虫テープなどを使ってアブラムシが嫌がる環境にしましょう。防虫テープもマルチ同様、光を反射させてアブラムシを寄せ付けません。
防虫テープ サンビーム SK-32
ITEM
防虫テープ サンビーム SK-32
アブラムシを寄せ付けないようにする防虫テープです。

・内容量:30mm×200m
アブラムシ対策に
今まではアルミホイルを使用していましたが、風で切れたり飛んだりしてしまって・・・。この防虫テープは支柱やネットにビニールテープやホチキスで留めたり、そのまま結んだりしましたがヒラヒラ、キラキラと良い感じです。実際にはアブラムシがまったくいなくなるわけではありませんが、だいぶ減ってきています。 出典:楽天市場

たくさん収穫できたら|そら豆の食べ方と保存方法

出典:写真AC
そら豆がたくさん収穫できたけど、塩ゆでしか思い付かないという方も多いと思います。旬が短いそら豆を大量消費できる料理と、保存食を紹介します。

 

そら豆と新玉ねぎのかき揚げ

同じ時期に出回る新玉ねぎとそら豆の相性は抜群で大人も子どもも好きな味です。両方の一番おいしい時期に是非作ってみてください。

 

そら豆のポタージュ

そら豆の独特な香りが苦手な方におすすめなのがポタージュ。牛乳などを入れることによってまろやかになり、癖もほとんど気にならなくなります。淡い緑色の見た目もとても綺麗です。嫌いな人にこそ是非作ってもらいたいです。

 

豆板醤

たくさん収穫できて困っている方にはチャレンジしてもらいたい豆板醤。そら豆が原材料だって知っていましたか?収穫してから時間が経ったものでもちゃんとできるので、辛いもの好きな方は作ってみると面白いと思います。

まとめ

出典:写真AC
いかがでしたか?そら豆栽培に挑戦してみたくなったでしょうか?少しのことを気を付ければ、そら豆は意外と簡単に栽培できてしまいます。また、自分で栽培すれば、一番おいしい状態のものをたくさん食べることができますよ!そら豆の花はとってもきれいなので、観賞するのも楽しくておすすめ!種類も迷うほどあるので、いくつか同時に育ててみるのも面白いですね。

紹介されたアイテム

防虫テープ サンビーム SK-32

防虫テープ サンビーム SK-32

¥496 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう