【家庭菜園のプロ監修】カブの上手な栽培方法|プランターで育てるコツも!

カブの上手な栽培方法を家庭菜園のプロ・福田先生が解説!種まきの時期や間引き、収穫、害虫対策などを詳しく紹介します。ベランダでプランター栽培する際のポイントも要チェックです!また、家庭菜園におすすめの品種もピックアップしています。


収穫されたカブ

画像提供:福田俊
収穫までの期間が短く、プランター栽培も可能なカブは、家庭菜園初心者にもおすすめの野菜!収穫したら、浅漬けや味噌汁、煮物など幅広い調理法で楽しめるのも魅力です。
この記事では、カブを上手に育てるコツを、家庭菜園のプロ・福田先生に教えてもらいました。育てやすくておいしい、おすすめの品種も紹介します。

家庭菜園歴40年!福田俊先生にお話をうかがいました

福田先生
画像提供:福田俊
菜園家。ブルーベリー研究家。東京農業大学グリーンアカデミー専科野菜コース講師。「どうすればおいしい野菜がたくさん採れるか」「いかにラクで楽しい野菜づくりができるか」を追求し、「フクダ流」自然農的有機栽培を実践。16平米という限られたスペースの市民農園で、年間50品目以上の野菜を有機・無農薬で栽培しています。監修を務めた家庭菜園誌や著書も多数。

関連サイト
HP:http://www.fukuberry.com/
Youtube:https://www.youtube.com/user/f104ryo
Instagram:https://www.instagram.com/fukuberry104/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/29da104
facebook:https://www.facebook.com/toshi.fukuda.73

著書
『市民農園1区画で年間50品目の野菜を育てる本』(学研プラス)
『フクダ流家庭菜園術』(誠文堂新光社)
『福田さんのラクラク大収穫!野菜づくり』(学研パブリッシング)

カブの栽培時期や特徴など

カブ畑
画像提供:福田俊

栽培カレンダー

カブ 栽培カレンダー
イラスト:rie
・種まき:3~5月/9~10月
・収穫:4~6月/10月~翌2月

栽培適温

15~20℃

冬の管理

カブは冬の寒さで生育が悪くなる場合があるため、厳寒期には防寒対策が必要です。
福田先生
福田先生
防寒対策には、「ユーラックカンキフィルム」などでトンネルを被覆するのがおすすめです。

ITEM
ユーラック換気
保温性・耐久性に優れた透明な「ユーラックフィルム」に、換気孔をあけたトンネル専用のフィルム。昼夜の温度差が密閉トンネルのように極端になりません。また、適度な換気により苗の軟化を防ぎ、低温への抵抗力が強い作物を育てます。

・サイズ: 幅210×長さ100m(孔2列)

ビニールが柔らかいわりには、雪風に強いです。10年ぐらい前から愛用していますね


カブの栽培方法|畑・プランター

収穫された赤カブ
画像提供:福田俊

Step1. 土作り

土作りはどの野菜も一緒ですが、有機物が豊富に含まれ、それを分解する微生物がいっぱい活動しているふかふかの土が理想です。

福田先生解説!「有機質たっぷりの土づくり」


必要な栽培スペース

カブの畝サイズ
図:AGRI PICK編集部
・A:畝の幅/70cm
・B:畝の高さ/10cm
・C:種まきの間隔/15cm
・D:条間/15cm(5条)

Step2. 種まき

カブの種まき
画像提供:福田俊
まずは、畝に「9515マルチ」を張りましょう。穴あきタイプのマルチなら、切れ目や穴をあけずにそのまま使用できるため便利です。
指で深さ1cmほどの穴を開けたら、1穴に3粒まき、土をかけて鎮圧します。
福田先生
福田先生
黒マルチは、草が生えないのが大きなメリットです。ほかに保湿効果や団粒構造の維持、雨による泥の跳ね返りがなく病気も減ります。

ITEM
穴あき黒マルチ 9515
高い保温性で、作物の育成を助けるマルチシート。土壌水分を適度に保ち、雑草も抑制します。雨天時の肥料の流出防止効果も。

・サイズ:幅95cm×長さ50m×厚さ0.02mm、45mm孔×5列

Step3. 防虫網トンネルの設置

防虫網トンネルを掛けたカブ畑
画像提供:福田俊
アブラナ科のカブは害虫がつきやすいため、防虫網トンネルは必ず設置しましょう。種まきをしたらすぐに掛け、収穫が終わるまで防虫網トンネル内で管理します。

防虫ネットについてはこちらの記事で!


Step4. 間引き

カブの間引きと間引き菜
画像提供:福田俊
カブが太り始める前に、1本に間引きます。
間引いた苗もおいしく食べられるので、捨てずに料理に活かしましょう。
福田先生
福田先生
カブの間引きは、特にいつと決まってはいません。本葉が1枚のときに間引いたり、本葉が4~5枚のときに間引いたりといろいろです。もちろんその間もあります。つまり、間引きたいときに間引けばOKなんですよ。

Step5. 追肥

水やりを兼ね、ぼかし液肥を散水します。

ぼかし液肥の作り方
・1Lの空ペットボトルに、ぼかし肥料を一掴み入れる
・水を満たしたらよく混ぜ、2~3日置く
・使うときは、原液(上澄み液)を100倍程度に薄めて散水する


ぼかし肥料の作り方はこちらの記事で!


Step6. 収穫

収穫期のカブ
画像提供:福田俊
小・中・大カブが、それぞれ適した大きさに生長したら収穫します。
収穫サイズの目安は、小カブは5~6cm、中カブなら10~12cm、大カブでは13~15cmくらいです。

プランター栽培

栽培スペースが狭くても育てられるカブは、プランター栽培にもうってつけ。ベランダ菜園にも、ぜひ挑戦してみてくださいね!

プランター

プランターは、どんなものでもOK。60cmプランターなら、10株が育てられる目安になります。

プランター選びについてはこちらの記事で!

ITEM
楽々菜園深型600
水やりの手間が軽減される、貯水機能付きの野菜用プランター。支柱フレーム付きで、さまざまな野菜の栽培に使えます。

・サイズ:幅60×奥行32.4×高さ32.4cm
・容量:22L
・材質:ポリプロピレン

種まき

土に指で深さ1cmほどの穴を開け、1穴に3粒ずつ、10cm間隔の千鳥植え※にします。
※2条以上で植える際、株を千鳥の足跡のように交互に植えること

肥料

種まきの際に、ぼかし肥料を土の表面にまくだけで十分育ちます。

水やり

土の表面が乾いたら、たっぷり水やりします。

カブの主な害虫・病気

防虫網トンネル内のカブの苗
画像提供:福田俊
カブは、良い土作りができていれば病気の心配はありませんが、害虫はつきやすいため防虫網トンネルが必要です。
カブの害虫には、カブラハバチ、ヨトウムシ、アオムシなどが多く見られます。

「カブラハバチ」「ヨトウムシ」「アオムシ」の詳しい対策はこちらをチェック!


防虫ネットについてはこちらの記事で!


カブ栽培|トラブルQ&A

収穫されたカブ
画像提供:福田俊
カブの栽培で起こりがちなトラブルと対策方法を福田先生に聞きました!

Q. カブが割れる原因は?

福田先生
福田先生
収穫のタイミングを逃すと、カブは割れてしまいます。また、乾燥が続いた後の降雨により、急激に水分を吸収すると割れることも。対策は、採り遅れないことと、排水不良地では20cmぐらいの高畝にし、土壌の排水を良くしておくことです。

Q. カブに「スが入る」のはどうして?

福田先生
福田先生
カブにスが入る原因も、収穫の遅れによるものです。種袋に記載されている収穫までの日数を確認し、採り遅れがないよう気をつけましょう。

家庭菜園におすすめのカブの品種

はくれい

ITEM
はくれい
柔らかい肉質で甘味があり、サラダなどの生食でもおいしく食べられる品種です。もちろん、漬けものや煮物にもおすすめ!耐寒性、低温肥大性にも優れる中早生種です。

・内容:小袋

サラダ・ラティーナ

ITEM
サラダ・ラティーナ
ヨーロッパ原産の、甘味の強いカブ。こちらもサラダにして食べるのがおすすめです!

・内容量:200粒

あやめ雪

ITEM
あやめ雪
白い肌に紫のグラデーションが美しい小カブ。若採りでも、丸くきれいなカブが収穫できます。

・内容:小袋

みやま小かぶ

ITEM
みやま小かぶ
在来種の「金町小かぶ」の良株を選抜し、固定種としたのが「みやま小かぶ」。寒くなるにつれ甘味を増すので、9月まきで初冬に収穫すると、最もおいしく食べられます。

・内容:小袋

温海蕪(あつみかぶ)

ITEM
温海蕪(あつみかぶ)
徳川幕府にも献上された伝統野菜。外皮は暗紫色で、内部が白いのが特徴です。直径7~8cmほどのカブが収穫できます。

・内容量:5ml

本紅赤丸蕪(ほんべにあかまるかぶ)

ITEM
本紅赤丸蕪(ほんべにあかまるかぶ)
茎葉まで鮮やかな紅色をした中カブです。秋まき栽培では、種まき後55日ほどで収穫が可能。耐寒性もある育てやすい品種です。

・内容量:17ml

まるくておいしいカブの収穫を目指そう!

はくれい・あやめ雪・本紅赤丸蕪
画像提供:福田俊
カブは間引きと害虫対策さえしっかり行えば、簡単に栽培できることができます。採りたて新鮮なうちに、ぜひサラダや浅漬けなどで味わってみてくださいね!

紹介されたアイテム

ユーラック換気
穴あき黒マルチ 9515
楽々菜園深型600
サラダ・ラティーナ
あやめ雪
みやま小かぶ
温海蕪(あつみかぶ)
サイトを見る
本紅赤丸蕪(ほんべにあかまるかぶ)

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索