症状からわかるオクラの病気

オクラは茎葉、株全体、果実など植物全体に病気が発生します。本記事では、圃場でよく見られる葉や株に出ている症状から、病気を推測できるように、茎葉に発症する病気、株全体に症状が及ぶ病気、果実の病気の順に紹介します。


オクラとオクラの花が咲いているオクラの栽培

Illustration:rie
栽培しているオクラの生育が思わしくない、葉や果実に斑点が出たりカビが生えている、そんな場合は病気に感染しているかもしれません。病気は早期に発見し対策をとれば重症化を防ぐことができます。
オクラは葉や株全体、果実に病気が発症します。本記事では、圃場でよく見られる葉や株、果実に出ている症状から、病気を推測できるように、葉に発症する病気、株全体に発症する病気、果実に発症する病気の順に紹介します。

▼オクラの栽培方法についてはこちらをご覧ください。

▼植物の病気についてはこちらもご覧ください。

オクラの葉に発症する病気

オクラの葉の症状から推測できる病気を紹介します。

オクラの葉にカビ

オクラの葉にカビが出ている場合、病気に感染している可能性があります。まずは病斑の形、色、特徴を確認しましょう。

うどんこ病

うどんこ病におかされたオクラの葉 
Illustration:rie
 円形~不整形
 白色
特徴  葉に、白い小麦粉のような菌が生える

【症状】
葉に最初はぼんやりとした白い病斑がポツポツと現れます。やがて病斑が拡大し、葉全体が「白い粉」のようなカビに覆われます。
【予防と対策】
うどんこ病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「STダコニール1000」には、オクラにおいてうどんこ病の適用はありません。また、「ベニカXファインスプレー」「ポリオキシンAL水溶剤」はオクラには使用できません。


葉すす病

葉すす病におかされたオクラの葉 
Illustration:rie
 不整形
 暗白色~灰色~暗灰色
特徴  葉裏に灰色のカビ

【症状】
葉裏に灰色ですす状のカビが生じます。カビは古くなると汚白色の粉状となります。
はじめは葉脈に沿った角張った病斑ですが、激発すると葉裏全体に暗灰色のカビが生じます。
【予防と対策】
病気が発生した葉は伝染源となるため取り除きましょう。薬剤散布のコツは葉の裏面を中心にすることです。


オクラの葉に斑点

オクラの葉に斑点が出ている場合、病気に感染している可能性があります。まずは病斑の形、色、特徴を確認しましょう。

褐斑病

褐斑病におかされたオクラの葉 
Illustration:rie
 円形~不整形
 褐色~黒褐色
特徴  縁取りのある黒い斑点

【症状】
葉に褐色の小斑点を生じ、拡大すると周囲が黒く縁どられた灰色~褐色の病斑ができます。
【予防と対策】
褐斑病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「ダコニール1000」には、オクラにおいて褐斑病の適用はありません。また、「ジマンダイセン水和剤」はオクラには使用できません。


葉枯細菌病

葉枯細菌病におかされたオクラの葉 
Illustration:rie
 不整形
 淡褐色
特徴  濃褐色で縁取られた病斑

【症状】
葉の縁や葉脈の間に大小の形の定まらない病斑が生じます。病斑の周囲は濃褐色で縁取られ、中心部は褐色になります。病状が進行すると病斑が融合して拡大し、葉が枯れ上がります。
【予防と対策】
春~梅雨期までに発生が多くみられます。病気が発病した葉は伝染源となるため早めに取除きましょう。
降雨の水滴や水の跳ね上がりやで病気が拡大するため、マルチを使用すると効果的に予防することができます。

▼マルチについてはこちらをご覧ください。

輪紋病

輪紋病におかされたオクラの葉 
Illustration:rie
 円形
 暗褐色
特徴  褐色で縁取られた病斑

【症状】
葉に暗褐色で円形の病斑が生じ、周囲が濃褐色~黒色で縁取られます。この病斑は丸を重ねたような模様となり、病斑中央部の色が薄くなって、やがて内部に小さな黒点がみられるようになります。
【予防と対策】
病気が発病した葉は伝染源となるため、取除きます。雨が続くと発病しやすいため、降雨前後は予防的に薬剤散布します。
輪紋病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「ダコニール1000」「トップジンM水和剤」には、オクラにおいて輪紋病の適用はありません。また、「ジマンダイセン水和剤」「トップジンMペースト」「オキシンドー水和剤80」はオクラには使用できません。


オクラの株全体に発症する病気

オクラの株全体の症状から推測できる病気を紹介します。

オクラの株が萎れる

オクラの株が萎れている場合、病気に感染している可能性があります。

半身萎凋病

半身萎凋病におかされたオクラの株 
Illustration:rie

【症状】
葉が黄化し、症状が進むと落葉して根は肥大不足となります。生育初期に発病すると株ごと枯死することがあります。主に片側だけが黄化して、反対側は正常ということが多くみられます。
【予防と対策】
半身萎凋病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「ベンレート水和剤」「GFベンレート水和剤」には、オクラにおいて半身萎凋病の適用はありません。


オクラの果実に発症する病気

オクラ果実の症状から推測できる病気を紹介します。

オクラの果実に斑点

オクラの果実の表面に斑点が出ている場合は病気の可能性があります。

果実黒斑病

黒斑病におかされたオクラの果実 
Illustration:rie

【症状】
果実に黒色の小斑点が生じます。初期は果皮のみに発生しますが、放置すると内部まで被害が及ぶことがあります。
オクラの栽培中や収穫時に症状はみられませんが、収穫後の若い果実に発生します。
【予防と対策】
黒斑病 | 防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「アフェットフロアブル」には、オクラにおいて果実黒斑病の適用はありません。また、「ジマンダイセン水和剤」はオクラには使用できません。


オクラの果実にカビ

オクラの果実が大きくならず、カビが生えている場合は病気の可能性があります。

灰色かび病

灰色かび病におかされたオクラの果実 
Illustration:rie

【症状】
幼果の先端から褐変してミイラ状に腐敗し、拡大して灰色のかびを生じます。
【予防と対策】
灰色かび病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「STダコニール1000」には、オクラにおいて灰色かび病の適用はありません。また、「ベニカXファインスプレー」はオクラには使用できません。


病気以外の生理障害・害虫などの要因も併せて対策

オクラの調子が悪い原因は病気だけとは限りません。曇天が続いたことから起る日照不足、雨や台風などの荒天、肥料や水の過不足などが要因で引き起こす生理障害でも元気を無くてしまいます。
また、カメムシ類やオオタバコガ、メイガ類といった害虫の被害を受けても生育が悪くなります。
上記の病気を一例として、生理障害や害虫被害などそのほかの要因も併せて考えながら対策を行いましょう。
※生理障害とは、育てる植物に適さない温度、光、土壌の状態などによって生長が阻害されること。

生理障害のまとめ

▼オクラに発生する害虫のことならこちらをご覧ください。

オクラで発生しやすい要素障害

生理障害の中でも、オクラの栽培で起こりやすい要素障害について紹介します。

マグネシウム欠乏

葉葉脈の間の色が抜けて黄化する症状で、主に下葉から発生します。
マグネシウムの欠乏が原因です。たとえ土壌中にマグネシウム肥料があっても、カルシウムが過剰にある場合、拮抗作用によって吸収が阻害されてしまう場合があります。

▼マグネシウムなどの要素欠乏のことならこちらをご覧ください。

症状から病気を推測し早めの対策!

オクラは比較的育てやすく、病気も少ないため栽培初心者にも育てやすい作物です。暑い気候には強いですが、気温が下がり降雨が多いと病気が発生しやすいため、梅雨時などには重点的に農薬の予防散布を行いましょう。雨などによって土壌に存在する病原菌の跳ね返り(水滴)を防ぐため、マルチ栽培も有効です。特徴的な症状から病気を早期に発見し、手遅れになる前に早めの対策を行いましょう。

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。

育て方・病害虫を一発検索