プランターでのオクラの育て方|初心者におすすめ!支柱も虫よけも必要なしの栽培方法

ネバネバ野菜の代表格であるオクラをプランターで栽培してみませんか?暑さに強いオクラは、家庭菜園初心者にもおすすめです。プランターのサイズから苗の植え方、水やり、オクラにつきやすい虫、支柱の有無など、オクラの育て方についてまとめて解説します。


カッティングボードの上のオクラ

出典:写真AC
栄養満点のオクラは、夏に育てたい野菜のひとつ。ハイビスカスと同じアオイ科の植物で、実ができる前に咲く美しい花を楽しむことができるのも、オクラ栽培の魅力です。プランターでオクラを育てるために必要な道具や手順を、初心者にもわかりやすく解説していきます。

畑や庭でオクラ栽培をしたい人はこちらをチェック


農業でオクラ栽培に挑戦したい人はこちらをチェック


オクラ栽培の監修は、プランター野菜栽培家の安藤康夫さん

安藤さん
画像提供:安藤康夫
プランター野菜栽培家。自宅のベランダと屋上のプランターでさまざまな野菜や果樹を栽培し、50品目達成。栽培の様子や採れたて野菜を使った料理などを、「Hanna-papaの菜園日記」にて発信しています。
現在は、プランターの限られた土の量で、どれだけ高品質な野菜が育てられるかを探求中!

関連サイト
Facebook 「Hanna-papaの菜園日記」
2019年5月以前のブログ 「Hanna-papaの菜園日記 2」

著書
『プランターで有機栽培1』(農文協)
『プランターで有機栽培2』(農文協)

オクラをプランターで栽培する時期や育て方のポイント

オクラと青い空
出典:写真AC
暑さに強い夏野菜たちも40℃を超えると育ちにくくなってしまいますが、熱帯生まれのオクラは暑さを楽しむかのようにぐんぐん生長!猛暑日の多い日本の夏でも育てやすいのが特徴です。

栽培時期

・種まき:5月下旬~6月初旬
・収穫:7〜9月
※年間平均気温が12〜15℃の温暖(中間)地基準
安藤康夫さん
安藤康夫さん
オクラは春に植えて、夏に収穫する夏野菜です!熱帯原産のため、温度が上がらないと育ちません。もし4~5月のまだ肌寒い時期に種まきをするなら、温度を保ちやすいポットで育苗するのがいいでしょう。

栽培適温

25〜30℃

プランターの設置場所

日当たりと風通しの良い場所にプランターを設置します。ただし、人工的な風は良くないため、エアコンの室外機の熱風が当たる場所は避けておきましょう。
安藤康夫さん
安藤康夫さん
熱帯原産のオクラは、強い日差しもスコールも大好き!梅雨でも軒下に移動させる必要はありません。

プランターでオクラを育てるときのポイント

オクラ栽培
出典:写真AC

Point1. オクラの種は発根させてから直まきする

オクラの種皮は固いので、種まきの前に水に浸して、根を出しておきます。1つのプランターに数粒まいて、最終的に1株になるように間引きます。

Point2. 支柱や防虫ネットは必要なし!

オクラは自立するため、支柱は不要です。虫もほとんどつかないため、防虫ネットも用意する必要はありません。

オクラ栽培に必要なプランターのサイズ・土・肥料

オクラのプランター栽培
出典:写真AC
オクラを育てる際に必要なものは、プランターと培養土、肥料のみです。

オクラ栽培に必要なプランターのサイズ

丸型プランター
イラスト:AGRI PICK編集部
・A:直径30cm
・B:深さ30cm

オクラ栽培に適したプランターは、直径30cm、深さ30cmほどの10号サイズのもの。1つのプランターにつき1株ずつ育てるのがおすすめです。
安藤康夫さん
安藤康夫さん
地中深く根を張るオクラには、深さのあるプランターが必要です。

おすすめのプランター

ITEM
スリット鉢 10号
根が鉢の中でぐるぐると絡まらず、縦にまっすぐ育つ構造になっています。弾力があって壊れにくい硬質ポリ素材です。

・サイズ:外径300×高さ265mm
・容量:約13.5L

スリット鉢は軽くて丈夫で扱いやすいです。外から土の水気の状態がわかるので便利です


プランターでのオクラ栽培に適した土

プランターでオクラを育てるときは、市販の野菜用培養土を用意しましょう。

おすすめの土

ITEM
花ちゃん培養土 12L
花、野菜など何にでも使える万能培養土です。地力を高めるabコンポや、効き目が穏やかで肥効期間が長いIB肥料を配合しています。

・容量:12L

プランターでのオクラ栽培に適した肥料

肥料があらかじめ配合されている野菜栽培専用の培養土を使うなら、元肥は必要ありません。追肥用に油かす肥料を準備しておきましょう。

おすすめの追肥用肥料

ITEM
菜種油粕 2kg
有機質肥料の定番、油かす肥料です。アミノ酸が、野菜をおいしく、花を色鮮やかにしてくれます。緩効性で肥効が終わった後も腐植が土に残り、ふかふかになります。

・容量:2kg

プランターでのオクラの育て方|種まき・水やり・追肥など

オクラの花
出典:Pixabay

Step1.種まき前の準備

オクラの種
出典:PIXTA
オクラの種は殻が固く吸水しにくい硬実種子のため、種まきをする前に一昼夜水かぬるま湯につけておくと発芽しやすくなります。
安藤康夫さん
安藤康夫さん
私の場合、種まきの3日くらい前から水につけ、毎日水を変えながら発根させ、それから種まきしています。オクラの種が割れ、白い根が見えている状態が、種まきのタイミングの目安です。

Step2. プランターへの種まき

オクラの芽
出典:写真AC
5月下旬~6月初旬にプランターへ種まきをします。それよりも早く種まきをしたい場合は、ポットでの育苗が必要です。

プランターへの土入れ&オクラの種をまく手順

オクラの苗の植え付け
出典:写真AC
1. プランターに鉢底石を敷いたら、その上から野菜用培養土を入れます。
2. プランターの真ん中に深さ1cmくらいの穴をあけ、その中に種を3~5粒まいて土をかぶせます。
3. 種まきをする6月ごろはまだ暑くないので、水やりは1日1回でOK!
4. 本葉が1枚出たら一番元気なものを選び、ほかは間引きましょう。

▼鉢底石についての関連記事はこちら

4~5月のまだ肌寒い時期に種まきする場合|ポットでの育苗&プランターへの植え方

オクラのポット苗
出典:写真AC
プランターへの直まきに最適なのは5月下旬以降ですが、その前に種まきをするなら、温度を保ちやすいポットで育苗するのがいいでしょう。

1. 土を入れた直径7.5cm程度のポットに、深さ1cmの穴をあけ、その中に発根させたオクラの種を3~5粒まきます。本葉が出たら間引いて1本立ちさせます。
2. 気候が暖かくなった6月ごろ、または本葉が1枚以上出たら、1つのプランターに1株ずつ植え付けます。オクラの苗はデリケートなので、根を傷つけないよう、そっとポットから取り出しましょう。
3. 浅植えや深植えをする必要はなく、ポットと同じくらいの大きさの穴をあけて、ポットの土の高さで植え付けたら完了です。

▼育苗ポットについての関連記事はこちら

お手軽!販売されている苗の選び方と植え付け方

オクラの苗
出典:写真AC
育苗に自信がない場合でも、オクラの苗は4~5月ごろに販売もされているので、購入して栽培が可能。濃い緑色で、太くしっかりしているものを選びましょう。植え付け方法は、ポットで育苗した場合と同じです。

Step3.水やりの頻度

じょうろ
出典:写真AC
オクラは盛夏に育つ野菜なので、朝夕2回、鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水をあげましょう。

Step4.わき芽かき

オクラ栽培
出典:写真AC
主枝に栄養を行きわたらせるため、主枝と側枝の間に出てくる小さなわき芽は取る必要があります。出てきたわき芽は全て、はさみで切り落としましょう。

摘芯(摘心)は不要!
オクラをプランターで育てる場合、生長しても背丈は150~170cmほどの高さです。主枝を途中で摘んだりせず、しっかり生長させてあげましょう。


Step5.追肥

オクラの花
出典:写真AC
花が咲き始めたら、追肥を始めるタイミング。1週間に1度の頻度で、株の周囲に油かす肥料を半掴みくらいまきます。株元にはまかないようにしましょう。
安藤康夫さん
安藤康夫さん
オクラの花は、中心部が濃い紫、外側が白と、野菜の花とは思えない美しさです。花がしぼんだあとに実が生長していきます。

Step6.収穫のタイミング

オクラの収穫
出典:写真AC
オクラの実は、長さが7cm以上にならないうちに収穫しましょう!がくの付け根をはさみで切って収穫します。実が大きくなり過ぎると、硬くておいしくなくなります。また、収穫が早過ぎると種が入らず、特徴的なネバネバが感じられません。

オクラの実が曲がったり、いぼが出ている

曲がったオクラ
出典:写真AC
オクラの実が曲がってしまう「曲がり果」や、皮の表面にいぼができる「いぼ果」ができる場合もありますが、どちらも問題なく食べることができますよ。
「曲がり果」は養分や水分の過不足、「いぼ果」は日照不足や養分過多が原因かもしれません。日当たりを良くして、水やりや肥料の量に注意しましょう。

Step7.下葉かき

オクラ栽培
出典:写真AC
葉は下から上に向かって育っていくため、下にあるのは葉齢が進んだもの。実の生長に栄養を集中させるため、収穫と同時に実のすぐ下にある葉を取り除く、下葉かきという作業が必要です。風通しもよくなるため、害虫予防にもなります。

Step8.種を採ってみよう!

オクラの種
出典:写真AC
翌年もオクラを育てるなら、種採りをしておくのがおすすめです。株が一番元気なときに、一番おいしそうな実を種用に選び、そのまま放置。鞘が茶色になるまで茎についたままにしておき、完熟させて収穫します。そのあとは鞘を天日干しして乾燥させ、種を取り出して来年まで保存しておきましょう。
安藤康夫さん
安藤康夫さん
私も種を必ず採っています。しっかり乾燥させていれば、保管場所は特に気にする必要はありません。

Step9.オクラが収穫できなくなったら

土にささったスコップ
出典:写真AC
秋になり気温が下がると、次第に花が咲かなくなり、オクラ栽培は終了です。株を適当なサイズにカットし、プランターを片付けましょう。
安藤康夫さん
安藤康夫さん
私の場合は、株をカットしプランターの底石のところに入れ、その上に腐葉土とくん炭籾殻を混ぜた土を入れて次の野菜を育てます。株が土に還り、栄養になってくれますよ。

オクラの密植栽培はプランターには不向き

オクラ栽培
出典:写真AC
オクラは、露地栽培だと2mを超えて木のように育ちます。そのため、株の養分を分散させて生長を抑える目的で、株間を通常よりも狭くする密植栽培を行う場合も。背丈が低く管理しやすいことに加えて、株数が多いので、小さめで柔らかい実がたくさん収穫できるというメリットがあります。
ただし、複数の株に栄養を行きわたらせるためには、土が多く必要です。大きなプランターを用意して土の量をできるだけ増やせるならいいかもしれませんが、ベランダや庭で行う家庭菜園のプランターの限られたサイズでは、大きく生長するオクラを密植栽培するのは難しいでしょう。
安藤康夫さん
安藤康夫さん
以前、10号のプランターでオクラの2本植えに挑戦してみたのですが、まともに収穫できませんでした。

プランター栽培でオクラにつきやすい害虫と対策

オクラの花
出典:Pixabay

アブラムシ

アブラムシ
出典:写真AC
オクラにつきやすい害虫の1つ、アブラムシ。肥料を与え過ぎると発生しやすくなるため、追肥の量に気を付けましょう。

アブラムシに関する関連記事はこちら


葉巻虫(ワタノメイガ)

葉巻き虫
出典:写真AC
葉巻虫は、オクラの葉を丸め、そこに巣を作る害虫です。大量に発生すると葉が食い荒らされてしまうため、丸まった葉を見つけたらすぐに摘み取りましょう。

センチュウ

オクラはセンチュウに敏感で、被害を受けると根がこぶだらけになり、株がしおれたり育成が悪くなります。センチュウがついた場合には、栽培途中で防除する方法はありません。薬剤を使ったセンチュウの予防策もありますが、家庭菜園にはおすすめできません。オクラの株ごと引き抜き、土壌洗浄を試してみましょう。

ネコブセンチュウに関する関連記事はこちら


土壌洗浄に関する関連記事はこちら


害虫対策にコンパニオンプランツを育てるのもおすすめ!

マリーゴールド
出典:写真AC
害虫対策として、近くでコンパニオンプランツを育てる方法もあります。オクラにおすすめのコンパニオンプランツは、葉の匂いにより防虫効果があるアフリカンマリーゴールドやシソ。マリーゴールドにはセンチュウ類を予防する効果もあります。

コンパニオンプランツに関する関連記事はこちら


症状から見るオクラの害虫や病気に関する関連記事はこちら


プランターで育てやすい!オクラのおすすめ品種

赤いオクラと緑のオクラ
出典:写真AC
主断面が五角形や六角形でスーパーなどでもよく見かける角オクラや、角のない丸オクラ、そのほかにも実が赤いものや花を食べる花オクラなど、オクラの種類は豊富。形が違えば歯ごたえも異なるため、いろいろな品種を育てて食べ比べてみるのも楽しいですよ!

八丈島オクラ|大きくて柔らかい

15~20cmに生長する、大きなサイズの丸オクラ。柔らかでほんのりとした甘みがあるのが特徴です。生のまま食べることもできます。
ITEM
八丈島オクラ 種
・容量:約20粒

エメラルドオクラ|スマートで繊維質が少ない

8~10cmと八丈オクラよりも少し小さい丸オクラ。細身ですが、肉質はしっかりしています。
ITEM
エメラルドオクラ 小袋
・容量:240粒

レディーフィンガー|生食もOK

角オクラよりも淡いグリーンの丸オクラです。その名の通り、女性の指のようにほっそりとした形が特徴。実は12~15cmのサイズになりますが、大きくなっても硬くなりにくい品種で、生で食べることもできます。
ITEM
レディーフィンガー 種
・容量:20ml
安藤康夫さん
安藤康夫さん
八丈オクラとエメラルド、レディーフィンガーは、少しくらい採り遅れても、実が硬くなりにくい品種。柔らかくておいしいです。

ダビデの星|断面の形が特徴的

太くずんぐりとボリュームのある角オクラです。別名はスターオブデイビッド。断面が多角形の星型になることが、名前の由来です。肉厚で旨みをしっかり感じることができます。
ITEM
ダビデの星 種
・容量:15粒

ベニー|鮮やかな紫紅色

茎や葉、花も赤みを帯びた、鑑賞用としても美しい紫紅色の角オクラ。加熱すると緑色になるため、もとの色味を活かせる生食で味わうのがいいでしょう。いぼ果になりにくいのも特徴です。

オクラの品種についての関連記事はこちら


オクラのプランター栽培は初心者にもおすすめ!

バケツに収穫したオクラ
出典:写真AC
暑さに強く虫もつきにくいオクラは、初心者にもおすすめの育てやすい野菜です。茹でたり焼いたりするのはもちろん、断面を活かして料理のアクセントにしたりと、夏の献立に幅広く活躍してくれること間違いなし!花も実も楽しめるオクラを、ぜひプランターで育ててみてはいかがですか。

紹介されたアイテム

スリット鉢 10号
花ちゃん培養土 12L
八丈島オクラ 種
エメラルドオクラ 小袋
レディーフィンガー 種
ダビデの星 種

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
笹木さな
笹木さな

子どもの食育に取り組むべく、家庭菜園やプランター栽培に精を出す日々のかたわら、WEBライターとして金融系や保険、子育てやファッションなどのライフスタイルまで、さまざまなジャンルを執筆中。

育て方・病害虫を一発検索