症状からわかるタマネギの病気

タマネギは葉、収穫物となる球など、植物全体に病気が発生します。本記事では、圃場でよく見られる葉や球に出ている症状から、病気を推測できるように、葉に発症する病気、球に症状が及ぶ病気の順に紹介します。


タマネギの収穫のイラスト

Illustration:rie
栽培しているタマネギの生育が思わしくない、萎(しお)れる、斑点が出ている、そんな場合は病気に感染しているかもしれません。病気は早期に発見し対策をすれば重症化を防げます。
育苗時期のタマネギや、圃場(ほじょう)でよく見られるタマネギの葉や球の部分に出ている症状から病気を推測できるように、わかりやすいイラストで紹介します。

▼タマネギの栽培方法についてはこちらをご覧ください。



▼植物の病気についてはこちらもご覧ください。


タマネギの葉に発症する病気

地上の葉の症状から推測できる病気を紹介します。

葉に病斑(斑点やカビ)

タマネギの葉に斑点やカビが出ている場合、病気に感染している可能性があります。
まずは病斑の形、色、特徴を確認しましょう。

べと病

べと病におかされたタマネギの葉
Illustration:rie

【症状】
葉身にぼんやりとした大きめの病斑があらわれ、次第に暗緑色~暗紫色に変わります。また、多湿時には表面に白~灰色のカビが生じます。
症状がすすむと、灰白色の葉枯れ症状となって枯死します。
【予防と対策】
べと病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「ユニフォーム粒剤」はタマネギには使用することはできません。


黒斑病

黒斑病におかされたタマネギの葉
Illustration:rie

【症状】
はじめに白色の小さな斑点が生じます。やがて病斑が円形〜紡錘形に拡大して、黒色〜黒褐色の丸が重なったような輪紋状の病斑を作ります。病斑が大きくなるとその部分から折れやすくなって、枯死することがあります。
また、灰色ですす状のカビが生えたり、病斑内部に黒色の粒(分生胞子)ができたりするなどの症状が確認できることもあります。
【予防と対策】
黒斑病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「アフェットフロアブル」は、タマネギには使用できますが、タマネギの黒斑病の適用はありません。


さび病

さび病におかされたタマネギの葉
Illustration:rie

【症状】
葉の表面に橙黄色の小さな斑点を生じ、後に盛り上がり、黄色~赤褐色の粉状の病斑(夏胞子堆)を形成します。やがて病斑の表皮が破れて胞子が飛散し、伝染していきます。気温が低下すると病斑は暗褐色 (冬胞子堆)に変色します。
主に春と秋に発症し、夏と冬は一時的に終息します。
【予防と対策】
さび病 | 防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「ユニフォーム粒剤」はタマネギには使用することはできません。また、「アミスター20フロアブル」は、タマネギには使用できますが、タマネギのさび病の適用はありません。


タマネギの葉の萎れ、腐り

タマネギの葉に斑点やカビが発生しているだけでなく、萎れていたり、折れたり、腐れたりしている場合は、以下のような病気に感染している可能性があります。
まずは病斑の形、色、特徴などから、萎れや腐る病気の特定をしていきましょう。

軟腐病

軟腐病におかされたタマネギの葉
Illustration:rie

【症状】
地際部に近い葉が灰白色~淡褐色に変色し、やがて軟化して葉が倒れます。
【予防と対策】
軟腐病 | 防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「オリゼメート粒剤」はタマネギには使用することはできません。


白色疫病

白色疫病におかされたタマネギの葉
Illustration:rie

【症状】
はじめ葉身に青白色でぼんやりとした大きな病斑が現れ、急激に拡大し、白色に葉が枯れていきます。葉は変色した部分で折れて、症状が進むと立ち枯れてしまいます。感染力が強いので急激に周囲に広がって大きな被害となることがあります。
病原菌が同じ種類の疫病は、高温期に多く発生します。一方白色疫病は、比較的低温の時期に発生する傾向があります。
【予防と対策】
水はねなどによって周囲に感染していきます。土壌の排水を良くして、降雨の前後は予防的に薬剤を散布するなど注意が必要です。
古くなって枯れたり、白色疫病にかかったりした葉は、伝染源となるので圃場の外で適切に処分します。
また、連作で発生しやすいため、過去に発病した土壌では育苗しないようにしましょう。


萎縮病

萎縮病におかされたタマネギの葉
Illustration:rie

【症状】
萎縮病は、アブラムシ類が伝染源となるウイルスが植物体内で増殖して発生する病気です。
葉はモザイク状や筋状に色が抜け、ぼこぼことした波状に変形します。生育も抑制され、株全体が萎縮するなどの症状も現れます。
【予防と対策】
ウイルス病に効果のある農薬は無いため、感染予防に努めます。アブラムシの増殖を防ぐ対策をしっかり行いましょう。

▼アブラムシ類の対策はこちらもご覧ください。


タマネギの球に発症する病気

タマネギの球に発生しやすい病気を紹介します。

腐り、カビ

球が腐っていたり、カビが生えていたりすると病気の可能性があります。

軟腐病

軟腐病におかされたタマネギ
Illustration:rie

【症状】
地際部の茎葉から軟化しはじめ、やがて球に及び、腐敗して独特の悪臭を放ちます。収穫したタマネギの貯蔵期間、または輸送中にも発生することがあります。
【予防と対策】
軟腐病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「オリゼメート粒剤」はタマネギには使用することはできません。


乾腐病

乾腐病におかされたタマネギ
Illustration:rie

【症状】
下葉が黄化して湾曲し、タマネギの球の部分が褐変します。症状が進むと球内部が無くなることもあります。
タマネギ収穫後の貯蔵期間中にも発生し、白いカビが生えて内部が腐敗します。
【予防と対策】
乾腐病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)


灰色腐敗病

灰色腐敗病におかされたタマネギ
Illustration:rie

【症状】
タマネギの貯蔵中(冷蔵中)に発生すると、球の上部に灰色のカビが生えて、黒褐色の塊(菌核)が現れます。
乾腐病によく似ていますが、灰色腐敗病はタマネギの球の上部に軟化症状がみられます。
【予防と対策】
収穫後はじゅうぶんに乾燥し、発病が疑われる球は、貯蔵庫に持ち込まないようにします。根切り遅れ、収穫遅れも発生の原因となるため適期の作業を心がけましょう。
また、例年より涼しい年の主に栽培後期にあたる球肥大開始期~倒伏期にも発生しやすい傾向があります。甚大な被害となるため、栽培中の防除はこの時期を中心に行いましょう。


病気以外の生理障害・害虫などの要因も併せて対策

タマネギの調子が悪い原因は病気だけとは限りません。曇天が続いたことから起る日照不足、雨や台風などの荒天、肥料や水の過不足などが要因で引き起こす生理障害でも元気をなくてしまいます。
また、ネギアザミウマやネギハモグリバエといった葉に被害を与える害虫や、球に寄生し食害するタネバエによっても、生育が悪くなります。
上記の病気を一例として、生理障害や害虫被害など、そのほかの要因も併せて考えながら対策を行いましょう。
※生理障害とは、育てる植物に適さない温度、光、土壌の状態によって生長が阻害されること。
生理障害のまとめ

▼ネギアザミウマやネギハモグリバエのことならこちらをご覧ください。

タマネギで発生しやすい要素障害

生理障害の中でも、タマネギの栽培で起こりやすい要素障害について紹介します。

リン酸欠乏

タマネギでリン酸の吸収が十分でないと、葉が細くなり、球が小さく収穫量が減少します。
作付け前に土壌中のリン酸がどれほど残っているかを調べ、適宜施肥を行いましょう。農業者の方はJAや普及所などの機関で土壌分析を依頼できる場合もあります。
土壌pHが低いと吸収できるリン酸が減少してしまうため、石灰などで土壌pHを適正値に保つことも有効です。

▼リン酸欠乏・過剰症についてはこちらをご覧ください。

▼pH計測についてはこちらをご覧ください。

症状から病気を推測し、早めの対策を

タマネギは葉や球などにさまざまな病気が発生します。栽培中だけでなく、収穫後に発生し貯蔵庫や輸送中に広がる病気もあるため、発生初期の症状に注意が必要です。
多湿で病気が発生しやすいため、雨が続く時期や水はけの悪い畑は注意が必要です。特徴的な症状から病気を早期に発見し、手遅れになる前に早めの対策を行いましょう。

 

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。

育て方・病害虫を一発検索