黒星病の原因と対策|防除方法と使用薬剤について(農薬)

リンゴやモモなどの果樹やバラなどに発症する黒星病の感染しやすい時期や環境について紹介します。さらに、黒星病の防除対策、おすすめの薬剤(農薬)など詳しく説明します。


バラ 黒星病
出典:wikimedia
黒星病とは、バラやリンゴ、モモなどの果樹に黒い斑点症状が現れる糸状菌(カビ)による病気です。果実や枝、葉に病斑が出来るため、商品の価値を落としてしまいます。黒星病の症状と原因を押さえて、予防と早期発見、防除を心がけましょう。

黒星病の症状は「黒い斑点」

黒星病
出典:wikimedia
「作物の果実や枝葉に黒い斑点ができている」「黒い病斑が広がり、株に勢いが無くなってきた」などの症状が現れたときは、黒星病を疑いましょう。
「黒星病」と名前がつく病気は多く、菌の種類が異なるため、症状や対策もやや異なります。以下、リンゴやバラ、モモに発症する黒星病について紹介します。

リンゴ黒星病

リンゴ 黒星病
出典:wikimedia
リンゴ黒星病は海外から侵入した病気で、1950年代半ばに北海道で最初に発生したものが全国のリンゴ産地に広がりました。
葉では淡黄色の小さな斑点が現われて、やがて不整形の黒緑色のすす状、もしくはビロウド状の病斑を形成します。
果実は葉と同様の病斑が現れた後、病斑が古くなるとコルク化して、黒くザラザラとした症状になります。
貯蔵中に発病する場合もあります。
菌名  Venturia inaequalis
分類  糸状菌/子のう菌類
発生時期  5~9月
発病適温  15~20℃

リンゴ黒星病は胞子の飛散で感染する

土壌に落ちている前年病気に感染したリンゴの落葉が、第一次伝染源となります。そこから、雨が降ると病原菌となる「子のう胞子」が飛散し、新たなリンゴの樹木に感染。生じた病斑では分生子が形成されて、第二次伝染源となり、さらに雨が降ると飛散して、周囲の葉や果実を侵していきます。
※分生子(ぶんせいし)とは、菌糸(きんし)の一部が伸びて、その先がくびれてできる胞子(分生胞子)。

リンゴ黒星病が発生しやすい条件とは

りんご黒星病 葉
出典:wikimedia
リンゴ黒星病が発生しやすい条件について説明します。

◆低温

リンゴ黒星病は比較的低温を好み、発病適温は15〜20℃です。
夏の高温時には一時的に発生がおさまります。

◆多湿

伝染源である「子のう胞子」や「分生子」は水滴などの水分によって飛散します。
子のう胞子の飛散時期(リンゴの開花期前後)に冷涼で降雨が多いと発生が多くなります。

◆品種

リンゴ黒星病に弱い品種があり、王林が最も弱く、ふじやつがる、ジョナゴールドなどの品種が弱いとされています。

リンゴ黒星病を発症させない管理方法

リンゴ黒星病の予防方法について説明します。

1. 植物残渣の処理

前作の枯れた植物にリンゴ黒星病菌が付着している可能性があります。落ち葉や植物体は圃場外に持ち出して処理します。
※残渣(ざんさ)とは、枯れた植物や落ち葉のこと。
※圃場とは、田や畑のような農作物を育てる場所のこと。

2. 農薬の予防散布

子のう胞子による第一次感染初期(開花期前後)と、6月の降雨による分生子の飛散による発病(第二次感染)を極力抑えることがコツです。
防除に失敗して多発してしまうと、その後の防除が困難になります。
産地では薬剤耐性菌も発生しています。農薬は連用せず、ローテーション散布しましょう。
※生産者の方は、地域の防除指導機関やJAなどが推奨する効果の高い薬剤を選定し使用基準を守って作物にあった薬剤を使用しましょう。
ITEM
アフェットフロアブル
幅広い植物病原菌に対し、高い活性を示す殺菌剤です。
分生胞子の発芽阻害に優れるため、発病前から発病初期の予防的散布が効果的です。  
また、胞子形成阻害作用が強く、二次感染の防止も期待できます。

・内容量:100ml
・有効成分:ペンチオピラド(20.0%)  



バラ黒星病

バラ 黒星病
出典:Flickr(photo by Scot Nelson)
最初は葉に淡褐色~紫黒色の小さな斑点が現れます。斑点のまわりの輪郭ははっきりしておらず、周囲が黄化します。病斑が多くなると葉は黄化して落葉します。
新芽や若葉よりも、成熟した葉に発生することが多いです。
雨の当たる露地栽培で6月ごろから発病しますが、施設栽培ではあまり問題となることは少ない病気です。
菌名  Diplocarpon rosae
分類  糸状菌/子のう菌類
発生時期
(露地栽培)
 5~7月、9~11月
発病適温  20~25℃

バラ黒星病は胞子の飛散で感染する

バラ黒星病に感染した葉や落ち葉から胞子が飛散して、第一次伝染源となります。
水分や95%以上の高湿度で分生胞子は発芽して、植物に侵入します。

バラ黒星病が発生しやすい条件とは

バラ黒星病がが発生しやすい条件について説明します。

◆多湿

湿度が高い環境下ではバラ黒星病が多発します。
特に降雨により胞子が飛散して、病気が発生しやすくなります。

◆窒素過多

窒素過多になると、病気に感染しやすくなります。

バラ黒星病を発症させない管理方法

バラ黒星病の予防方法について説明します。

1. 植物残渣の処理

前作の枯れた植物に、バラ黒星病菌が付着している可能性があります。
落ち葉や植物体は圃場外に持ち出して処理します。

2. 湿度を下げる

密植を避け、余分な葉は取り去るなど、株周りの湿度を下げます。
降雨の前後は農薬を予防散布すると効果的です。

3. 適切な施肥

窒素過多とならないように、元肥、追肥は適量行います。
樹勢を見て、窒素質以外のリン酸やカリ肥料を施肥するなどして、健全な生育を促します。

4. 農薬の予防散布

バラ黒星病は発病してからの薬剤防除は効果が薄れるため、予防散布、初期防除を徹底しましょう。
4~5月、もしくは9月の発病がみられる前から、7~10日間隔で定期的にローテーション散布すると効果的です。
耐性菌を生じやすいので、農薬は連用しないよう気をつけます。
ITEM
オーソサイド水和剤80
世界で広く長く使用されている総合殺菌剤です。
日本では発売以来60年間にわたり、汎用性の高い基幹剤として使用され続けています。
果樹、野菜、花き類をはじめとした多くの作物の広範囲の病害に安定した予防効果を示します。

・内容量:250g
・有効成分:キャプタン(80.0%)  

ITEM
ジマンダイセン水和剤
ジマンダイセンは保護殺菌剤で、 植物体上に付着して主として胞子発芽を強く抑制する事により、 病原菌の侵入を阻害し殺菌効果を発揮します。
薬剤耐性が発達しにくく、 他剤の耐性菌対策としても効果が期待できます。
多くの作物の病害対策にもっとも広く利用されている殺菌剤のひとつで、 国内では39作物の100種類を越える病害、またかんきつには害虫 (チャノキイロアザミウマ、ミカンサビダニ)に使用できます。
優れた製剤技術により、安定した防除効果・優れた 耐雨性・残効性を発揮します。薬害の恐れが少ない薬剤です。

・内容量:500g
・有効成分:マンゼブ(80.0%)



モモ黒星病

桃 黒星病
出典:wikimedia
果実、枝、葉柄に発生して、まれに葉にも発生します。
果実には5月下旬から6月にかけて、幼果の果梗に近い肩の部分に暗緑色の小さな斑点を生じ、果実が肥大するにつれて病斑も直径2~3mmに拡大します。病斑が多くつくられると果実の肥大不良となります。
この菌はウメ、スモモ、アーモンド、アンズ、オウトウなどにも感染し、特にウメでは大きな被害が出ます。
菌名  Cladosporium carpophilum
分類  糸状菌/不完全菌類
発生時期  5〜7月
発病適温  18~24℃
 

モモ黒星病は胞子の飛散で感染する

モモ黒星病は枝の病斑で越冬して、4月下旬から5月中旬ごろに降雨とともに胞子が飛び散って、果実や葉柄、枝などに感染します。
果実の感染は地域によりますが、5月上旬ころから7月中旬ころにわたって発生します。

モモ黒星病の発生しやすい条件とは

桃 黒星病
出典:wikimedia
モモ黒星病の発生しやすい条件について説明します。

◆無袋栽培

無袋栽培や袋がけが遅れると発生が多くなります。

◆高湿度

風通しが悪く湿度が高いと発生しやすくなります。
5〜6月にかけて降雨日数の多い年には発生が多くなります。

モモ黒星病を発症させない管理方法

モモ黒星病の予防方法について説明します。

1. 適期の袋がけ

モモ黒星病は袋がけをすることによって、病気を抑制することができます。また、袋がけ後も農薬を予防的に散布して、防除の効果を高めましょう。

2. 湿度を下げる

余分な枝は切り落とすなど、株周りの湿度を下げます。
降雨の前後は農薬を予防散布すると効果的です。

3. 農薬の予防散布

モモ黒星病は防除をしないとかなりの確率で発生する病気です。果実に発病してしまうと、病斑を治療することはできず商品価値を落としてしまいます。
5〜6月は重点的に予防散布を行いましょう。
ITEM
フルピカフロアブル
予防散布で果樹の黒星病に高い防除効果を示します。また、野菜のうどんこ病や果樹の灰星病、斑点落葉病にも有効です。
残効性や耐雨性を有し、安定した防除効果が期待できます。
フロアブルなので取扱いやすく、果実や葉の汚れが少ない薬剤です。      

・内容量:250ml
・有効成分:メパニピリム(40.0%)

ITEM
ストロビードライフロアブル
有効成分のクレソキシムメチルはきのこの一種から発見された抗菌活性物質に由来する殺菌剤です。
幅広い抗菌活性を示し、果樹類のうどんこ病、黒点病、黒星病、べと病などに高い防除効果を発揮します。
優れた予防効果のほか、強い胞子形成阻害力で二次感染を防ぎます。

・内容量:250g
・有効成分:クレソキシムメチル(50.0%)

黒星病対策に何より大事なのは予防散布

黒星病が発生してしまうと、葉や果実などに黒色の病斑を作り、果実や花きの品質を落としてしまいます。農薬を適期に予防散布して、黒星病の発生を未然に防ぐことが大切です。
また、黒星病の発生源となる前作の残りの落ち葉などは取り除き、圃場は風通しを良くして、湿気の溜まらない環境を作りましょう。

関連する記事

バラ 黒星病
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。