つる枯病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)

キュウリやスイカ、メロン、カボチャなどのウリ科作物に多く発生するつる枯病の発症原因や防除対策、おすすめしたい薬剤(農薬)について紹介します。


つる枯病

撮影:AGRI PICK編集部
つる枯病とは葉に斑点ができるほか、茎の地面に近い部分が褐色に変色してしまう病気です。病状が進むと茎は腐り株が枯れてしまいます。
キュウリやスイカなどのウリ科作物に感染するつる枯病の発見のポイントを押さえて予防と早期発見、防除を心がけましょう。

つる枯病の症状は株元のひび割れ

小黒点
撮影:AGRI PICK編集部
「葉に斑点ができている」「地際部の茎が褐色に変色している」「病斑部に黒い粒が見える」などの症状が現れたときはつる枯病を疑いましょう。
つる枯病は土壌から感染する病気です。葉では縁から円形の斑点ができて、茎は褐色に変色し病斑部には黒粒点(胞子殻)を生じます。
湿度が高いと茎は水に浸したように腐り、株が萎れて枯死します。病斑部では茶褐色のヤニが出ることがあります。

つる枯病の発症原因

つる枯病 葉
撮影:AGRI PICK編集部
つる枯病とはカビ(糸状菌)が原因で発生する病気です。
名前  つる枯病
菌名  Didymella bryoniae
分類  糸状菌/子のう菌類
発生適温  20~24℃

つる枯病は土壌伝染性病害

つる枯病菌は土壌中や枯れた植物(残渣/ざんさ)に付着して小黒粒(子のう殻)で越冬し、翌年飛散して伝染源となります。
土壌からの病気ですが、支柱など前作で使用した農業資材に菌が付着していると上葉からも感染するため、注意が必要です。
また種子に付着して翌年発芽した植物にも感染します(種子伝染)。
※残渣とは枯れた植物や落ち葉のこと
※子のう殻とは子のうという胞子の袋が入った殻のこと

つる枯病が発生しやすい条件とは

つる枯病が発生しやすい環境や土壌について説明します。

◆発生時期、気温

発生適温は20~24℃で、梅雨明けごろに発生が多くなります。

◆湿潤土壌

土壌が極端な湿潤状態で発生が多くなります。苗床での加湿も発生の原因です。
梅雨時期など降雨が続いた後などに発生がみられます。

◆連作

連作で土壌の菌密度が高くなると、発生が多くなります。

◆曇雨天の管理作業

曇雨天時に芽かきや葉かきなどの管理作業をすると汁液で傷口が乾きにくく、病気が発生しやすくなります。
つる枯病のほか軟腐病なども発生しやすくなります。

つる枯病に感染する主な植物

つる枯病
撮影:AGRI PICK編集部
つる枯病は、キュウリ、メロン、スイカなどのウリ科の野菜で発生します。

メロン

葉や茎、果実に発生します。
茎の地際部分に多いですが、上部にも発病します。葉は褐色、不整形の病斑を生じます。
茎は節の部分が油に浸したようになり、やがて灰褐色・不整形の病斑になりややくぼんでヤニを出します。
果実では、成熟期のころに、黒褐色でややへこんだ病斑を生じます。いずれの病斑上にも黒い小粒点を多数形成します。



つる枯病に有効な防除方法

つる枯病
撮影:AGRI PICK編集部
つる枯病に有効な防除は圃場の管理で行う方法(耕種的防除方法)と「農薬」の使用で行います。
※圃場(ほじょう)とは、田や畑のような農作物を育てる場所。

つる枯病を発症させない管理方法

農薬を使わずに行うつる枯病の予防方法について説明します。

1. 植物残渣の処理

前作の植物や落ちた葉につる枯病が感染している可能性があります。残渣を鋤(す)き込むとつる枯病菌が増殖する恐れがあるため、圃場外に持ち出して処理しましょう。

2. 土壌の消毒、入れ替え

前作につる枯病が発生した圃場、発生が心配される圃場は、土壌を消毒するか新しい土を入れます。
▼土壌消毒のことならこちらをご覧ください。

プランター栽培では新しい土と入れ替えるか、つる枯病が発生した土に水をたっぷり含ませ、透明のビニール袋で包み、太陽の熱を利用して消毒します。
▼プランターの土のことならこちらをご覧ください。

苗床はなるべく無病の新しい土を用いましょう。

3. 連作の防止

ウリ科作物を連作すると土壌中の菌密度が年々高まり、発生が増えます。ほかの作物で輪作を行います。

4. 排水性の良い圃場づくり

水分が多過ぎる土壌は病原菌が活発となり病気が発生しやすくなります。
水はけを良くするには畝を高くしたり、腐植土、パーライト、バーミキュライト、ヤシガラなどの土壌改良材を投入します。
▼土壌改良のことならこちらをご覧ください。

5. 灌水方法の見直し

植物の頭上から灌水すると、土壌の水の跳ね返りで病原菌が植物に付着することがあります。
灌水は株元へ行いましょう。また地際部に灌水が常にかかると傷んでしまうため、灌水チューブを敷設する場合は気をつけます。
※灌水とは水を注ぐこと、植物に水を与えること

6. 湿度を下げる

トンネルやハウスは換気を頻繁に行い、多湿を防ぎましょう。

7. 敷き藁やマルチをする

つるが地面を這う栽培方法をとる場合は敷き藁やマルチを敷いて、直接土壌表面に触れないようにします。
▼マルチのことならこちらをご覧ください。

8. 葉かき、芽かきには注意

葉かきや芽かきなどの管理作業をする場合はなるべく晴天を選びます。
曇雨天時に行う場合は、ハウスであれば暖房機を強制的に回すなどして湿度を下げて、傷口の乾燥を早めます。

つる枯病の防除に効果的な「農薬」

農薬を使用してより効果的につる枯病を防除しましょう。
茎の地際部ばかりでなく、かなり上方まで発生するので茎によくかけるようにします。
※農薬使用の際は必ず作物登録、使用方法をラベルで確認してください。地域の防除指導機関やJAなどの使用基準を守り施用してください。

◆予防にはコレ!

予防効果が高く、また広範囲の病気と植物に登録があるため予防薬のひとつとして7〜10日おきに定期散布をおすすめします。
ITEM
ベンレート水和剤
水稲・野菜・果樹などの幅広い作物に使用でき、浸透移行性に優れ、予防・治療の2つの効果を示します。
茎葉の病害、貯蔵病害、種子伝染性病害、土壌病害など、多方面にわたり優れた効果を示します。
低濃度で使用できるので、作物を汚染することが少ない薬剤です。

・容量:100g
・有効成分:ベノミル(50.0%)

ITEM
ダコニール1000
広範囲の病害に有効で、発売以来耐性菌の出現事例はありません。
有効成分が微粒子なので植物に均一に付着し、高い防除効果を発揮します。
薬剤による汚れが少ないです。  

・容量:250ml
・有効成分:TPN(40.0%)

◆発生初期に塗って防除

傷口に塗って治す薬です。予防的に地際部から10~20cmの範囲に塗布しておくとさらに効果的です。
ITEM
トップジンMペースト
病幹部を切り取った後の傷口、剪定・整枝・環状はく皮時の切り口に本剤を塗布すると、耐雨性の安定した殺菌保護皮膜が速やかにでき、木質部の亀裂、雨水や雑菌の進入を防ぎます。
日やけ、凍害、つる直しなどによる傷口に予防的に塗布すると、病原菌の侵入を防ぐことができます。

・容量: 200g
・有効成分:チオファネートメチル (3.0%)

▼農薬についてはこちらをご覧ください。

つる枯病発症後の対策

つる枯病の発生を確認したら、菌が土に残らないように周辺の土ごと株を取り去ります。土壌に鋤(す)き込むと病原菌を放出してしまうので、圃場の外に持ち出して処分してください。
予防的に農薬を散布する場合は、株の周囲にたっぷりとかけるようにします。
また、圃場で使用した道具や土のついた靴は病原菌が付着しているため丁寧に洗い、ほかの圃場へ持ち込まないようにしましょう。

つる枯病対策に何より大事なのは湿度対策

つる枯病は多湿で発生しやすい病気です。土壌の水はけ、灌水方法、換気方法にはじゅうぶん気をつけましょう。
また、ウリ科作物の連作で病気が発生しやすくなるため輪作を行い、土壌は消毒をするか入れ替え、苗床には無病の土を使って健全な苗を育てましょう。

関連する記事

つる枯病
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。