農薬はどうやって効くの?|土壌消毒剤編

土壌消毒には、太陽熱を利用する「太陽熱消毒」、微生物の働きを利用する「土壌還元消毒」、コストや効果の面から考えて大変有効な「土壌消毒剤」を使用する方法などがあります。土壌病害の発生原因や「土壌消毒剤」の種類と特徴、注意点について説明します。


土壌消毒剤を使った土壌消毒、散布機のイラスト

Illustration:umi
土壌病害の防除として用いられる土壌消毒には、太陽熱を利用する「太陽熱消毒」と、微生物の働きを利用する「土壌還元消毒」、そして「土壌消毒剤」を使用する方法などがあります。
その中でも「土壌消毒剤」はコストや効果の面から考えて大変有効な防除方法です。本記事では土壌病害の発生原因や「土壌消毒剤」の種類と特徴、注意点について説明します。

土壌病害の発生原因

土壌にいる病原菌や害虫など土壌病害の原因となる病原
Illustration:umi
はじめに土壌病害の原因となる病原体について説明します。

病原菌

土壌中にはさまざまな微生物が存在していますが、同じ作物を続けて栽培すると、作物まわりに存在する微生物の種類が偏り、土壌中の微生物のバランスが崩れてしまいます。その結果、病原菌が増えて土壌病害が発生する「連作障害」を起こします。

▼連作障害を防ぐ土壌消毒についてはこちらをご覧ください。

糸状菌(カビ)・細菌

バランスを崩した土壌では、主に「糸状菌(カビ)」や「細菌」などの病原菌が土壌病害を引き起こします。病原菌が自ら作物に侵入したり、作物の傷口から入り込んだりすることで病気に感染してしまいます。
病原菌 病害名 発病する作物例
 糸状菌  立枯病  キク、ストック、エンドウ
 根腐病  キュウリ、トマト
 細菌  青枯病  トマト、ナス、ジャガイモ
 斑点細菌病  キュウリ、メロン、カボチャ
▼糸状菌(カビ)が原因で発症する立枯病や根腐病のことならこちらをご覧ください。

▼細菌が原因で発症する青枯病や斑点細菌病のことならこちらをご覧ください。

害虫

土壌病害を引き起こす害虫は作物の地下部や地際部を加害します。その結果、植物は水分や養分を吸収できなくなって萎(しお)れたり、枯れてしまったりします。そして、害虫によって傷つけられた部分から「病原菌」が侵入して病気が発生します。
害虫 症状例 発生する作物例
 センチュウ類  根腐れ、萎れ  イチゴ、ダイコン、ゴボウ
 生育抑制  ナス、トマト、ピーマン
 コガネムシ類  根を食害、萎れ  サツマイモ、サトイモ、ゴボウ
 ネキリムシ  地際部食害、株倒伏  キャベツ、ハクサイ
※コガネムシ類は幼虫期の被害の症状です。

▼センチュウ類やコガネムシ類、ネキリムシのことならこちらをご覧ください。

基本的な土壌消毒剤の使用方法

土壌消毒剤を灌注する前のトラクターによる耕起
出典:Flickr(Photo by:JIRCAS Library
土壌病害が発生してしまった圃場は、次作を栽培する前にその病原体から作物を防除するために土壌消毒を行います。栽培中に使用する殺虫剤や殺菌剤とは異なり、栽培が終わり、次作が始まるまでの作物を植えていない期間に使用するのが土壌消毒剤の特徴です。

▼殺虫剤や殺菌剤のことならこちらをご覧ください。

土壌消毒剤での土壌消毒

土壌消毒剤は、薬剤の有効成分がガス化して土壌中に拡散することで効果を発揮します。このとき地温が低いとガス化しにくくなり十分に効果が得られない傾向があります。

土壌消毒剤の基本的な手順

1. トラクターによる耕起
2. 土壌消毒剤を土壌に処理してシートで被覆
3. 土中で薬剤の有効成分がガス化して土壌を消毒
4. 消毒期間を経たのち被覆を除去
5. 土を耕起してガス抜き

土壌消毒剤を使用するときの注意事項

土壌消毒剤には「医薬用劇物」が多く存在します。「医薬用劇物」は購入の際、印鑑や氏名・住所の記入が必要です。悪用または誤飲のないように以下のことなどに注意しましょう。
・医薬用劇物の土壌消毒剤は鍵のかかる場所に保管
・盗難、紛失の際には直ちに警察へ届ける
・薬剤使用前には消毒機具や防護用具などの準備をしっかり行う

▼医薬用劇物など農薬を安全に使用して、事故を防ぐことならこちらをご覧ください。


主な土壌消毒剤の種類と特徴

土壌消毒に使用するいろいろな土壌消毒剤
Illustration:umi
土壌消毒剤は種類によって剤型や使用方法、適用病害虫、適用する作物などが異なります。

▼農薬の剤型についてはこちらをご覧下さい。

▼適用病害虫や適用作物のことならこちらをご覧ください。

クロルピクリンくん煙剤

クロルピクリンくん煙剤は、有効成分「クロルピクリン」の含有量(%)や薬剤の形状、使用方法、適用病害虫などが異なる種類があります。
薬剤名 含有量(%) 糸状菌 細菌 害虫 センチュウ類 一年生雑草
 クロールピクリン  99.5
 クロルピクリン錠剤  70
※薬剤ごとの登録内容の詳細は使用前に必ず確認してください。

【薬剤名】クロールピクリン

【剤型】液体
【毒性】医薬用外劇物
【地温】7℃以上
【使用方法】土壌消毒機(手動式、けん引式、自走式)を用いて薬剤を土壌に灌注し、シートを被覆
【特徴】
・ガス化した薬剤が抜けやすいので、基本的に消毒後の土壌のガス抜きの必要がない
・適用作物や適用病害虫が幅広い

注意事項
激しい刺激臭があるので、ガスを吸入しないよう消毒機具や防護用具などをしっかり準備してから作業を行いましょう。

ITEM
土壌消毒機 手動式 HF-4XA
薬剤を薬液タンクに入れ、レバーを軽く押すと一定量が注入できます。
微調整も可能な手動タイプの土壌消毒機です。

・規格:1,060x270mm
・重量:2.5kg
・タンク容量:3L

ITEM
土壌消毒機 テイラーけん引式 TF11MD 
市販の薬液缶(20L)を載せ、テイラー(耕運機)でけん引して使用する土壌消毒機です。
一定量、一定間隔で薬剤を注入できます。

・規格:675×420×540mm
・重量:16.5kg

ITEM
土壌消毒機 自走式 MI-A207
自走式の土壌消毒機で、薬剤は市販の薬液缶(20L)をそのまま搭載します。
薬液を置く場所が傾斜しているので薬液量の変動も少ないのでむだなく使用できます。

・規格:1,550×715×1,114mm
・重量:143kg

【薬剤名】クロルピクリン錠剤

【剤型】錠剤(ガスを通さない水溶性のフィルムに1錠ごと真空包装)
【毒性】医薬用外劇物
【地温】7℃以上
【使用方法】錠剤は水溶性フィルムを破らずそのまま土に埋め込みシートを被覆
【特徴】
・クロールピクリンに比べて刺激臭が少なく、機械が必要ないので使いやすい
・畝を立てて栽培する際などは、全面処理ではなく薬剤を畝の部分にだけ処理ができるので使用薬量を減らせる

注意事項
水に触れるとすぐに溶けるので、濡れた手で触れたり、水分が付いたりしないように。


D-D剤

「D-D」を有効成分とした薬剤です。
薬剤名 含有量(%) 糸状菌 細菌 害虫 センチュウ類 一年生雑草
・D-D
・テロン
 97
★細菌(青枯病とそうか病)は「ばれいしょ」のみ登録があります。
※薬剤の登録内容の詳細は使用前に確認してください。

【薬剤名】D-D、テロン

【剤型】液体
【毒性】医薬用外劇物
【地温】5℃以上
【使用方法】土壌消毒機を用いて薬剤を土壌に灌注し、シートを被覆
【特徴】
・主にセンチュウ類に効果を発揮し、センチュウ密度が高い圃場でも優れた効果を示す
・防除が難しいネグサレセンチュウやシストセンチュウにもよく効く

注意事項
クロルピクリンに比べてガスが抜けにくので、ガス抜きをしっかりする必要があります。また、低温期には処理期間を長くとりましょう


クロルピクリン・D-Dくん煙剤

「クロルピクリン」と「D-D」2つの有効成分が含まれています
薬剤名 各有効成分の含有量(%) 糸状菌 細菌 害虫 センチュウ類 一年生雑草
 ソイリーン ・クロルピクリン(41.5)
・D-D(54.5)
※薬剤の登録内容の詳細は使用前に確認してください。

【薬剤名】ソイリーン

【剤型】液体
【毒性】医薬用外劇物
【地温】7℃以上
【使用方法】土壌消毒機を用いて薬剤を土壌に灌注し、シートを被覆
【特徴】
・一度の処理で病害やセンチュウ類に効果を発揮するので、省力化できる
・クロルピクリンの刺激臭が軽減されている

注意事項
ほかの土壌消毒剤、特に「カーバムナトリウム塩剤(キルパー)」や「カーバム剤(NCS)」と混ざると発熱します。危険なので混用しないようにしましょう。「カーバムナトリウム塩剤」や「カーバム剤」を扱った器具などはよく洗浄してから使用しましょう。


カーバムナトリウム塩剤

「カーバムナトリウム塩」を有効成分とした薬剤です。
薬剤名 含有量(%) 糸状菌 細菌 害虫 センチュウ類 一年生雑草
 キルパ― 33
★細菌(そうか病)は「ばれいしょ」、害虫(ホウレンソウケナガコダニ)は「ホウレンソウ」のみに登録があります。
※薬剤の登録内容の詳細は使用前に確認してください。

【薬剤名】キルパー

【剤型】液体
【毒性】普通物
【地温】10℃以上
【3つの使用方法】
1. 散布した後すぐに混和し、シートを被覆
2. あらかじめ被覆し、灌水チューブや点滴チューブを使用して土壌に散布
3. 土壌消毒機を用いて薬剤を土壌に灌注し、覆土・鎮圧またはシートで被覆
【特徴】
・使用方法が複数あるので最適な処理方法を選択できる
・刺激臭が少なく、土壌中で分解されてからガス化する

注意事項
水分が多過ぎる土壌や平均地温が10℃以下になる際は、薬剤が残留する可能性があるため、被覆期間を延ばすか、ガス抜きを十分に行いましょう。

ITEM
土壌病害虫薬剤 キルパー
哺乳類や水産動物への安全性が高く、刺激臭が少ない土壌消毒剤です。

・内容量:20L
・有効成分:カーバムナトリウム塩(33.0%)

タゾメット粉粒剤

「タゾメット」を有効成分とした薬剤です。
薬剤名 含有量(%) 糸状菌 細菌 害虫 センチュウ類 一年生雑草
 バスアミド 96.5
★害虫では「ホウレンソウ」のホウレンソウケナガコダニ、「ネギ」のネギハモグリバエのみに登録があります。
※薬剤の登録内容の詳細は使用前に確認してください。

【薬剤名】バスアミド微粒剤

【剤型】微粒剤
【毒性】医薬用外劇物
【地温】10℃以上
【使用方法】土壌に均一に散布して混和(手袋を着用して手まき、または散布機)し、その後土壌の水分量に応じて散水、最後にシートを被覆
【特徴】
・刺激臭が少なく薬剤を土壌に混和した後ゆっくりガス化する
・微粒剤なので散布が均一にできたかが目で確認できる
・ガス抜きに比較的時間がかかる

注意事項
トマトやナスを栽培する圃場や、センチュウ類多発時の防除は、効果が劣る傾向があるので、ほかの土壌消毒剤または土壌消毒方法との併用をおすすめします。

ITEM
バスサンパー
バスアミド微粒剤専用の散布機。
風の影響を受けにくく、薬剤に触れずに均一に散布することができます。

・本体袋容量:15kg



土壌消毒剤使用のリスクとリスク回避

注意点を想起させる看板と指示棒
出典:写真AC
土壌消毒剤は病原菌や害虫、センチュウ類、雑草を防除する手段として有効ですが、同時に土中の有用な微生物まで駆除してしまうリスクが発生します。

土壌消毒剤使用のリスク

土壌中には多くの微生物が存在していますが、それは有用なものだけでなく、作物の病気の原因となる病原菌も微生物の仲間になります。
この病原菌に対して土壌消毒剤を使用して駆除する際、同時に作物にとって有用な微生物まで殺してしまいます。その結果、土壌消毒剤を使用する前よりも「病原菌」の割合が増える「リサージェンス」という現象が起こってしまいます。

リサージェンス

土壌病害の防除で土壌消毒剤を使用した際に起こるリサージェンスの説明
Illustration:umi
土壌消毒剤を使用しても、残留した病原菌によってさらに病害が発生してしまうことがあります。その結果、再度土壌消毒を行わなければ、病害におかされてしまうといった悪循環に陥ってしまう可能性があります。

土壌消毒剤使用のリスク回避

土壌消毒を行うと、防除したい「病原菌」だけでなく有用な微生物までいなくなってしまうことを認識することがリスク回避の第一歩です。

土壌消毒後の土壌改良

土壌消毒後は新たに土壌改良資材や微生物資材を投入し、有用な微生物を増やしてから栽培を始めましょう。

▼土壌改良資材や微生物資材のことならこちらをご覧ください。

土壌消毒剤の特徴を知って効果的に使おう!

太陽に照らされた樹木が生き生きと生育している様子
出典:写真AC
土壌消毒剤は殺菌剤や殺虫剤などと異なり、土中に施す薬剤なので、たとえ土壌病害が発生しても、作物の栽培期間には使用することはできません。そのため、土壌病害を未然に防ぐ予防対策として取り入れる防除方法です。
種類によって適用する作物や効果のある病原菌、害虫など適用病害虫も異なるので、それぞれの特徴を知り薬剤を選択することが重要です。また、土壌消毒剤は「病原菌」だけでなく有用な微生物までも殺してしまうため、使用後は土壌改良材や微生物資材を忘れずに投入しましょう。
土壌消毒剤は土壌病害に有効的な手段ですが、「医薬用劇物」である薬剤も多く、使用に注意しなければ農薬事故や薬害が発生しやすくなります。薬剤を使用するごとに登録内容や注意事項をしっかりと確認し、安全かつ効果的に使用して栽培をスムーズにスタートさせましょう。

紹介されたアイテム

土壌消毒機 手動式 HF-4XA
土壌消毒機 テイラーけん引式 TF11M…
土壌消毒機 自走式 MI-A207
土壌病害虫薬剤 キルパー

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
umi
umi

農業資材メーカと農協にて6年間勤務。農家への栽培技術(農薬・肥料・栽培システムなど)の普及を担当。役立つ情報を初心者の方にもわかりやすくお伝えします。

育て方・病害虫を一発検索