症状からわかるイチゴの病気

イチゴは茎葉、株全体、果実など植物全体に病気が発生します。本記事では、圃場でよく見られる葉や株に出ている症状から、病気を推測できるように、茎葉に発症する病気、株全体に症状が及ぶ病気、果実の病気の順に紹介します。


イチゴ栽培

Illustration:rie
栽培しているイチゴの生育が思わしくない、萎(しお)れる、果実にカビが生えている、そんな場合は病気に感染しているかもしれません。病気は早期に発見し対策を講じれば重症化を防ぐことができます。
本記事では、圃場でよく見られるイチゴの葉や株に出ている症状から病気を推測できるように、茎葉に発症する病気、株に発症する病気、果実に発症する病気の順に紹介します。

▼イチゴの栽培方法についてはこちらをご覧ください。


▼植物の病気についてはこちらもご覧ください。


イチゴの茎葉に発症する病気

イチゴの茎葉の症状から推測できる病気を紹介します。

イチゴの茎葉に病斑(斑点やカビ)

イチゴの葉や茎に斑点やカビが出ている場合、病気に感染している可能性があります。
まずは病斑の形、色、特徴を確認しましょう。

炭疽病

炭疽病におかされたイチゴの茎葉
Illustration:rie
 円形~楕円形、紡錘型
 赤紫色~黒色
特徴 病斑部に小黒点、サーモンピンク色の胞子塊

【症状】
葉柄やランナーなどに黒色で紡錘形のややへこんだ病斑(赤黒く見えることもある)が発生します。葉には赤~黒色の斑点や、円形~楕円形の不整形の病斑ができ、その病斑部に小黒点やサーモンピンク色の粘質物(胞子塊)が生じます。クラウン部分が侵されると株全体が萎れて枯死します。
【予防と対策】
炭疽病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)


うどんこ病

うどんこ病におかされたイチゴの茎葉 
Illustration:rie
 円形〜不整形
 白色
特徴 葉や茎が白い小麦粉のような菌で覆われる

【症状】
最初は葉にぼんやりとした白い病斑がポツポツと現れ、やがて病斑が拡大して葉全体が「白い粉」のようなカビに覆われます。病状が進行すると葉がスプーン状に巻くように立つことがあります。
【予防と対策】
うどんこ病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「STダコニール1000」「ベニカXファインスプレー」はイチゴには使用できません


芽枯病

芽枯病におかされたイチゴの茎葉 
Illustration:rie
 不整形
 灰色〜褐色
特徴 地際部の褐変、クモの巣状の菌糸

【症状】
地面に近い部分の葉や葉柄、果柄、新芽などに褐変や萎れなどの症状が現れます。重症化すると葉のよじれや果実の奇形が生じて枯死します。病斑上には白色~淡褐色のクモの巣のような菌糸が発生することもあります。
【予防と対策】
湿度が高いと発生しやすいため、密植や深植えを避けます。灌水(かんすい)は適量を行い、排水性の良い圃場づくりを目指しましょう。
また、被害部には灰色かび病が発生しやすいので灰色かび病の対策もあわせて行います。
※灌水とは水を注ぐこと、植物に水を与えること。

▼灰色かび病のことならこちらをご覧ください。

じゃのめ病

じゃのめ病におかされたイチゴの茎葉 
Illustration:rie
 円形~楕円形
 中央が灰褐色、周囲が紫褐色
特徴 じゃのめ(ヘビの目)状の病斑

【症状】
はじめ紫紅色の不鮮明な小さい斑点が葉に生じ、徐々に円形~楕円形に拡大します。病斑は中央部分が灰褐色で、周囲が紫褐色のじゃのめ状になります。
【予防と対策】
感染している葉や株は取り除きます。
多湿環境下で発生しやすい病気なので、水はけや灌水に気を付けます。特に降雨が続く春と秋は、事前に予防剤(農薬)を散布して防除を行いましょう。

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。

育て方・病害虫を一発検索