観葉植物のプロに聞く「ゴムの木(フィカス)」の種類と育て方

昔から親しまれている観葉植物である「ゴムの木」。800種類もの品種があり、バリエーションは豊富です。そんなゴムの木の選定方法や増やし方、植え替えのタイミングなどを徹底解説。枝分かれさせるコツも、観葉植物のプロがアドバイスします!


ゴムの木

出典:写真AC
艶々とした肉厚の葉が特徴のゴムの木。「昔からよく見かけるし、ちょっと地味だな~」なんて思っていませんか?
でも、ちょっと待って!フィカス属に分類されるゴムの木にはたくさんの仲間がいるのです。インテリアグリーンとして人気の高い「ベンジャミナ(ベンジャミン)」や「ガジュマル」も、ゴムの木の仲間なんですよ。
今回は、そんなゴムの木(フィカス)についておすすめの品種や育て方を詳しく解説していきます!

ゴムの木(フィカス)について教えてくれたのは

白田 仁さん

白田仁さん
撮影:AGRI PICK編集部
ボタニカルショップ「NEO GREEN 渋谷」オーナー。
NHK「趣味の園芸」テキストで、園芸ダイアリーの観葉植物を担当し、執筆・監修を2年間努める。そのほか、インテリアグリーンに関する本の監修も多数。店舗で扱う植物は、全て自身の目で厳選し、鉢合わせしたもの。植物とかわいらしいネコ達との暮らしが垣間見れる、インスタグラムは必見!

HP:http://www.neogreen.co.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/neo_green/

NEO GREEN 渋谷

NEOGREEN渋谷
画像提供:白田仁
あわただしい現代生活を送る都市生活者に向け、グリーンポットを提供。観葉植物をよりインテリアに取り入れやすいよう、「景色をつくる」鉢合わせを追求しています。
「NEO GREEN 渋谷」では、 ほっこりかわいらしい「どんぐりポット」から、マニアックな多肉・観葉植物まで、さまざまな植物に出合うことができます。

ADRESS:東京都渋谷区神山町1番5号グリーンヒルズ神山 1階
OPEN:12:00-20:00
TEL/FAX:03-3467-0788
E-MAIL:shibuya@neogreen.co.jp
定休日:月曜日(祝祭日にあたる場合は火曜日)

白田さんがレクチャーする「観葉植物の選び方」も要チェック!


ゴムの木(フィカス)の魅力とは?

フィカス・ベンジャミン
出典:写真AC
存在感のある葉とダイナミックな枝ぶりが、部屋にアクセントを加えてくれる「ゴムの木(フィカス)」。手に入れやすく、丈夫で育てやすい性質のため、インテリアグリーンとして長く親しまれています。最近では種類も増えており、インテリアや好みに合わせて樹形を選べるのも魅力。

ゴムの木(フィカス・エラスティカ)の基本情報

ここでは、ゴムの木の原種である「フィカス・エラスティカ(インドゴムノキ)」の基本情報を紹介します。
学名  Ficus elastica
英語名  Ficus elastica
科名  クワ科
属名  フィカス属(イチジク属)

原産地

ゴムの木の原産地地図
図:AGRI PICK編集部

特徴

樹高

10~200cm

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

パンダガジュマルの花嚢
画像提供:白田仁
フィカス属(イチジク属)であるゴムの木の花は、花嚢(かのう)の内側で咲くため、外側からは見えません。
食用にされる「イチジク(無花果)」を除き、フィカス属は自家受粉ができない植物です。受粉するには、それぞれの品種ごとに対応するイチジクコバチ科の昆虫による他家受粉が必要ですが、日本にはイチジクコバチが存在しないため、フィカス属の花嚢内の花が受粉し、実を完熟させることはありません。写真はパンダガジュマルの花嚢。

ゴムの木(フィカス)の種類

原産地では、800種類以上も自生しているゴムの木。葉の形や樹形などバリエーションも豊富です。
ここでは、インテリアグリーンにおすすめのゴムの木の品種を紹介していきます。
それぞれの品種の栽培難易度を、星の数(☆~☆☆☆☆☆)で表示していますので、育てる際の参考にしてください。星の数が少ないほど育やすい品種になります!

フィカス・ウンベラータ

フィカスウンベラータ
画像提供:白田仁
栽培難易度 ☆☆
ハート形の葉がかわいらしいウンべラータ。大ぶりの葉ながら、薄くてやわらかく、淡いグリーン色がやさしい印象です。インドゴムの木(フィカス・エラスティカ)と比べると寒さにはやや弱く、室温が5℃以下になると落葉することも。しかし、春になり気温が上がるとまた芽吹くので心配はご無用!

フィカス・ベンジャミナ(ベンジャミンゴムノキ)

フィカスベンジャミナ
画像提供:白田仁
栽培難易度 ☆☆
フィカス属の中では葉が細やかで、ソフトなイメージのベンジャミナ。幹が太くなりづらいので、自立しやすいよう幹を編んだ仕立て方がよく見られます。明るい場所から日陰への移動など、環境に大きな変化が起こると、体力を温存するために葉を落とすことがあります。

ガジュマル

ガジュマル
画像提供:白田仁
栽培難易度
ガジュマルは、「フィカス・マクロフィラ」という学名を持つ、ゴムの木の仲間です。写真は、台木の普通種実生株に、矮性種のセンカクガジュマルを接ぎ木した「ニンジンガジュマル」。品種違いのガジュマルを接ぎ木することで、根が太く育ちます。ガジュマルの樹形を美しく保つには、マメな剪定と多めの光量がポイントです。

フィカス・アルテシマ・バリエガータ

フィカスアルテシマバリエガータ
画像提供:白田仁
栽培難易度 ☆☆
葉脈に沿って黄色く広い斑が入ってくれる、華やかな印象のアルテシマ。斑が入らないものもありますが、ほとんど流通していないため非常にレア。耐陰性はあるものの、光が少ない場所では斑が消えてしまうので、明るめの場所に置いてあげましょう。

フィカス・ベンガレンシス

フィカスベンガレンシス
画像提供:白田仁
栽培難易度 ☆☆
丸い葉に浮かぶ葉脈が個性的なベンガレンシス。葉の表面にはうっすらと毛が生えており、ベルベットのようなマットな質感が落ち着いた印象を与えます。葉のホコリを取るときは、濡れタオルで拭くと表面の毛が取れてしまうので注意しましょう。耐陰性はありますが、光量不足になると葉が丸まってしまうことも。

フィカス・エラスティカ・ソフィア

フィカス・エラスティカ・ソフィア
画像提供:白田仁
栽培難易度
「フィカス・エラスティカ」の園芸品種は多数ありますが、割と近年になって登場した、フィカス・エラスティカ・ソフィア。コンパクトで丸い葉が、たれるように密生している姿がおしゃれな印象です。性質は原種のエラスティカに似ており、非常に丈夫。乾燥や日陰にもよく耐えます。

ゴムの木(フィカス)の育て方


栽培カレンダー

ゴムの木栽培カレンダー
図:AGRI PICK編集部

温度

ゴムの木に適した気温は、20~30℃。暑さには強いですが、35℃以上の酷暑が続くと生育が鈍ります。また、耐えられる最低気温の目安は5℃となります。

用土

市販の観葉植物用の配合土がおすすめですが、無い場合は野菜用の配合土でもOK。用土にはそれほど神経質にならなくても大丈夫ですが、水はけの良い土を使うようにしましょう。水をあげ過ぎた場合も根が呼吸困難にならず、失敗しにくくなります。

日頃の手入れ

ゴムの木(フィカス)は葉が大きい品種が多いので、どうしてもホコリがのりやすくなります。クロスやハケなどで、葉の表面をきれいにしてあげましょう。見た目が美しくなるだけでなく、光合成がしやすくなり生育もよくなります。

ゴムの木(フィカス)の植え替えのタイミングは?

今まで生長が旺盛だったゴムの木の古葉が、早く落ちるようになったり、株全体の葉の数が減ってきたら、根詰まりを起こしているかもしれません。植え替えをして鉢増ししてあげましょう。

ゴムの木(フィカス)の剪定・切り戻しについて

ガーデニングツール
出典:写真AC

剪定

ゴムの木は生長が早いので小まめな剪定が必要です。特にガジュマルやベンジャミナなど、こんもりと丸く仕立てられているタイプは、放置していると姿がどんどん乱れてきます。

切り戻し

姿が乱れてきたり、枝が伸び過ぎたりして邪魔になってきたら剪定します。葉柄(ようへい)の付け根の5mm~1cm上のあたりをカットしてください。

ゴムの木(フィカス)の樹液

フィカス属は、枝を切ると白い樹液が大量に出ます。この樹液はベタベタするうえ、乾燥すると固まって取れにくくなるので要注意!剪定や切り戻しを行う際は必ず新聞紙などを敷き、カットした枝をその上に落とすようにしてください。また、切り口にはティッシュを多めに当て、樹液が止まるまで30分ほど放置しておきましょう。

ゴムの木(フィカス)の増やし方|挿し木・取り木のコツ

ガーデニングバサミとじょうろ
出典:Pixabay

挿し木

長めに枝をカットし、3節ほどが埋まるように土に挿します。葉は水分が蒸散するのを防ぐために、3分の2ほどカットしてください。挿し木には、バーミキュライトのような無菌のものや雑菌の少ない赤玉土を使うと失敗が少なくなります。

取り木

ゴムの木 取り木の方法
図:mimei
確実に増やしたいのであれば、成功率の高い取り木がおすすめです。

Step1. 枝の皮を部分的にはいで、その部分に水ゴケを巻く。
Step2. 水ゴケが落ちないように、上からビニールやネットで覆う。ビニールを使う場合は、キリなどで空気穴をたくさん開けておく。
Step3. 水ゴケの表面から発根を認めたら、カットして土にすぐ植える。

ゴムの木(フィカス)の病気と害虫

銀色の霧吹き
出典:写真AC
非常に丈夫なゴムの木ですが、カイガラムシやハダニが発生する場合があります。できるだけ風通しを良くし、まめに葉裏に霧吹きで水をかけてあげましょう。

ゴムの木(フィカス)のある暮らし|おしゃれなインテリア実例

フィカス・リラータ

フィカスリラータ
画像提供:白田仁
フィカス属の中で、葉が最も大きくなるリラータは、インテリア雑誌にもよく登場する人気の品種。葉の形が柏に似ていることから「カシワバゴムノキ」とも呼ばれます。

フィカス・ベリーズ

フィカスエラスティカベリーズ
画像提供:白田仁
ゴムの木の中でも珍しい、赤い斑入りのベリーズは、インテリアのアクセントにぴったり。斑は若葉に現れ、古葉になると赤味が薄くなっていきます。

観葉植物のプロが回答!ゴムの木(フィカス)Q&A

ゴムの木の葉
出典:写真AC

Q. ゴムの木が枯れてしまう原因は?

白田さん「光が少ない場所に置いているのに、水をあげ過ぎると根腐れを起こし、株が弱ってしまうことがあります。ゴムの木は乾燥で枯れるということはあまりありません。過湿には注意しましょう。」

Q. ゴムの木を枝分かれさせたい

白田さん「枝分かれさせたいときは、生長期である5月末~梅雨入りまでに強剪定します。ただ、根が土の中でのびのびしていないと分枝しないので、剪定する前に根詰まりを起こしていないかチェックしてください。」

Q. ゴムの木の葉が落ちる理由は?

白田さん「光量不足が考えられます。または、ハダニがついていると葉の水分が吸われるため、蒸散を防ごうと葉を落としていることも。日頃から葉裏などよく観察しておきましょう。」

ゴムの木(フィカス)を育ててみよう!

フィカス・ウンべラータ
出典:写真AC
耐陰性があり、暑さや乾燥にも強いゴムの木は観葉植物の入門編としても最適!大ぶりの葉を持つダイナミックなものから、細かい葉がかわいらしいものまで種類も豊富なので、ぜひ自分好みの種類を選んでみてくださいね。

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索