ゴムの木(フィカス)の植え替え方法|失敗しないためのコツをプロが解説!適した時期や用土の入れ方も!!

ゴムの木(フィカス)の植え替え方法を観葉植物のプロが丁寧に解説!適した時期や用土の入れ方、根っこの処理方法など、植え替えに失敗しないためのコツをレクチャーします。また「葉が落ちる」「根腐れした」などのトラブル時の植え替えについてもアドバイスします!


フィカス

出典:PIXTA
観葉植物の定番として、昔から親しまれている「ゴムの木(フィカス)」。乾燥や暑さに強く、耐陰性もあるため、初心者でも育てやすいグリーンです。
ゴムの木といえば、ツヤツヤとした厚みのある葉が特徴の「フィカス・エラスティカ(インドゴムノキ)」が有名ですが、最近ではハート型の葉が優しい雰囲気の「フィカス・ウンベラータ」なども人気となっています。
今回は、そんなゴムの木(フィカス)の植え替え方法について、観葉植物のプロに詳しくお話を聞きました。ステップごとに解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ゴムの木(フィカス)の種類と育て方についてはこちらの記事をチェック!


ゴムの木(フィカス)の剪定と、挿し木・取り木で増やす方法はこちら!


ゴムの木(フィカス)の植え替え方法を教えてくれたのは

白田 仁さん

白田仁さん
撮影:AGRI PICK編集部
ボタニカルショップ「NEO GREEN 渋谷」オーナー。
NHK「趣味の園芸」テキストで、園芸ダイアリーの観葉植物を担当し、執筆・監修を2年間務める。そのほか、インテリアグリーンに関する本の監修も多数。店舗で扱う植物は、全て自身の目で厳選し、鉢合わせしたもの。植物とかわいらしいネコ達との暮らしが垣間見れるインスタグラムは必見!

HP:http://www.neogreen.co.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/neo_green/

NEO GREEN 渋谷

NEOGREEN渋谷
画像提供:白田仁
あわただしい現代生活を送る都市生活者に向け、グリーンポットを提供。観葉植物をよりインテリアに取り入れやすいよう、「景色をつくる」鉢合わせを追求しています。
「NEO GREEN 渋谷」では、 ほっこりかわいらしい「どんぐりポット」から、マニアックな多肉・観葉植物まで、さまざまな植物に出合うことができます。

ADDRESS:東京都渋谷区神山町1番5号グリーンヒルズ神山 1階
OPEN:12:00-20:00
TEL/FAX:03-3467-0788
E-MAIL:shibuya@neogreen.co.jp
定休日:月曜日(祝祭日にあたる場合は火曜日)

白田さん監修記事をチェック!

グリーンライフの提案

ゴムの木(フィカス)を植え替える目的とタイミング

フィカス
出典:PIXTA

ゴムの木(フィカス)を植え替える目的

鉢を替えて見栄えを良くする

ゴムの木(フィカス)を室内で楽しむなら、鉢にもこだわりたいですよね。ホームセンターなどで販売されている観葉植物は、プラスチックの鉢や育苗ポットに植えられていることが多いですが、そのままではインテリア性に欠けてしまいます。自分好みのおしゃれな鉢に植え替えると、愛着がわいて見映えもグッと良くなります。

観葉植物の鉢選びのコツはこちらの記事で解説しています!

新しい根のスペースをつくり生育を良くする

鉢の中で根が回り、新しい根が伸びるためのスペースがなくなると、ゴムの木(フィカス)の生育が鈍くなります。古い根では、水分や養分を吸う性能が劣るため、そのままにしていると株が弱ってしまう原因に。そこで、新根のためのスペースをつくるために、植え替えを行う必要があります。

用土を新しくする

用土は古くなると、通気性や排水性が悪くなります。これは、水やりを繰り返すうちに、土の団粒(だんりゅう)構造(※)が崩れてしまうため。このような土では植物の根が窒息したり、根腐れを起こしたりして枯れてしまいます。そのため、定期的に植え替えをし、土を新しくする必要があるのです。

※「団粒構造」とは
土の微細な粒子が集まり、大きな粒になっている状態を「団粒」といいます。この団粒が集まっている状態が「団粒構造」です。団粒同士のすき間に空気や水を通したり、保水したりすることで、植物の根が健全に育ちます。


こんなときは植え替えのタイミング!

樹勢がなくなったとき

何年も育てている株の生長スピードが遅くなってきたら、植え替えのタイミングです。鉢の中で根が回り、根詰まりを起こしている可能性があります。ひと回り大きな鉢に植え替えるか、古い根を整理してから元の鉢に植え直しましょう。

葉が落ちる・元気がない場合は要注意

ゴムの木(フィカス)の葉が落ちる原因は、単に新陳代謝か、または環境の影響などで元気をなくした場合が考えられます。新陳代謝による落葉であれば、植え替えを行っても問題はありませんが、株が本当に元気をなくしている場合は避けてください。植え替えは根もいじるため、弱っている株にはダメージが大き過ぎるのです。元気のない株は、まずは良い環境に移し、様子を見てあげましょう。

ゴムの木(フィカス)の植え替えに適した時期

フィカスの葉
出典:PIXTA
ゴムの木(フィカス)を植え替えするのにおすすめの時期は、5月下旬~9月中旬です。この時期は生育が旺盛になるため、植え替えをしてもダメージが少なくなります。

初めてでも失敗しない!ゴムの木(フィカス)の植え替え方法

植え替え前の鉢と新しい鉢
撮影:AGRI PICK編集部
今回は、大きなハート型の葉で人気の品種「フィカス・ウンベラータ」を使って、ステップごとに植え替えの方法を解説していきます。購入時のプラスチック鉢から、スタイリッシュな黒の陶器鉢に植え替えて、インテリアグリーンにふさわしい見た目に変えようと思います!

ゴムの木(フィカス)の植え替えに必要なもの

フィカスの植え替えに必要なもの
撮影:AGRI PICK編集部
まずは、植え替え作業に必要なものを用意しましょう。

植え替え用の鉢

植え替える鉢は、好みのものでOK!インテリアにマッチしたものを選んでみましょう。おしゃれに見せたいのであれば、小ぶりな鉢にするのがおすすめ。元の鉢より多少小さくても、根を整理すれば植え替えできるので大丈夫です。鉢増しする場合は、ひと回り大きいサイズにしましょう。

観葉植物の鉢の選び方はこちらの記事をチェック!

用土

観葉植物用の配合土が手軽でおすすめです。室内はどうしても風通しが悪くなってしまうため、観葉植物には保水性よりも、排水性を重視した用土を選ぶことが大切です。
白田仁さん
白田仁さん
草花や野菜用の培養土も、排水性をアップさせれば観葉植物にも使えます。赤玉土を半分ほど混ぜると良いですよ。

ITEM
花ごころ 観葉植物の土
光合成を助け、葉色を良くするマグネシウム配合の観葉植物用培養土。元肥も配合されています。

・内容量:12L
・主原料:木質堆肥、バーミキュライト、軽石、ピートモス

いろんな土を試してきましたが、この土は本当にお勧めです。
我が家では観葉は、今はこれしか使っていません。
根っこがスクスク育って、丈夫な株になります。
たくさん使うので、大きめの袋は便利で嬉しいです。


軽石

軽石を鉢底に敷くことで、鉢底穴から土が流れ出てしまうのを防ぎ、排水性も高めてくれます。また、飾り石にするという利用方法も。
ITEM
プロトリーフ かる~い鉢底石
天然素材を1,000℃以上で燃焼し、発泡させた軽石。くずれにくく、繰り返し使用することができます。

・内容量:5L

名前通り本当に軽いです。
これまではその時々で手元にある鹿沼やボラ、赤玉の大粒を使っていましたが、これだとプランターも少し楽に動かせそうです。
経年劣化で砕けたら土の再生材にも使えるとは知りませんでしたが一石二鳥ですね。


土入れ

土を鉢に入れるときに使います。いくつかサイズをそろえておくと、鉢の大きさや用途に合わせて使い分けができるので便利です。
ITEM
園芸用土入れ 大和プラスチック
用途により使い分けができる、大中小の3個セットです。

・サイズ:大/16.7×8×6cm、中/16.4×6×5.5cm、小/16×5×4.5cm
・材質:ポリプロピレン

長めの棒

土をつついて、すき間をなくすための必須アイテム。根鉢に付いた古い土を取り除くときにも活躍します。

鉢底ネット

鉢底穴から土が流出するのを抑えるほか、害虫が侵入するのを防ぐ効果があります。

針金

鉢底ネットがずれないよう、固定するために使います。

はさみ

鉢底ネットや針金をカットしたり、余分な根や枝葉を切り取るときに使用します。

木づち

根が回った株は引き抜くくなるため、木づちがあると便利です。

新聞紙

床が土などで汚れないように、新聞紙を敷いて作業します。

ステップごとに解説!ゴムの木(フィカス)の植え替え方法

必要なものがそろったら、さっそく植え替えをしてみましょう!ここからは、ステップごとにゴムの木(フィカス)の植え替え方法を詳しく説明していきます。

Step1. 鉢底ネットを設置する

鉢底ネットに針金を通す
撮影:AGRI PICK編集部
鉢底ネットの固定
撮影:AGRI PICK編集部
まずは鉢に鉢底ネットを設置しましょう。
鉢底穴より少し大きめのサイズに鉢底ネットをカットします。コの字型に曲げた針金を鉢の内側からネットに通し、鉢底穴に引っかけて固定します。針金の両端は、曲げておくと安全です。

Step2. 鉢底石を入れる

鉢底石を入れる
撮影:AGRI PICK編集部
鉢底石
撮影:AGRI PICK編集部
排水性を高めるため、鉢底に大粒の軽石を敷きます。軽石は、たくさん入れ過ぎると用土の容積が狭くなり、保水・保肥性も低くなってしまうので要注意。根鉢の大きさやバランスを見ながら量を調整しましょう。今回はロングタイプの鉢を使用するため、水はけが良くなるように鉢底石を敷きましたが、浅い鉢の場合は入れなくてもOKです。
白田仁さん
白田仁さん
鉢底石を使用しないときは、排水性に優れた用土にすることが重要です。

Step3. 根が出ていないかチェック

鉢底チェック
撮影:AGRI PICK編集部
根鉢を抜く前に、鉢底穴から根が出ていないか確認しましょう。今回は大丈夫でしたが、鉢底穴から根が出ている場合は、はさみでカットしてください。切らずにそのまま根鉢を引っぱると、抜きにくいだけでなく、根を痛める原因にもなります。

Step4. 根鉢を抜く

ハンマーで叩く
撮影:AGRI PICK編集部
根がしっかり張っていると、鉢から引き抜くのはとても大変です。そんなときは、鉢のフチを木づちで上から軽くたたいてみましょう。たたいた振動で鉢と用土の間にすき間ができ、力を入れずに根鉢を抜くことができます。

Step5. 根鉢の土を崩す

土をほぐす
撮影:AGRI PICK編集部
移し替える鉢に入るように、棒でつついて根鉢を崩していきます。

Step6. 邪魔になる太い根をカット

ゴムの木の太い根
撮影:AGRI PICK編集部
太い根があると、小さめの鉢に入りにくくなったり、移し替えた際に株が中心にいかなくなったりするのでカットします。
白田仁さん
白田仁さん
5月下旬~9月中旬の生育期で、健康な株であれば、太い根を切っても大丈夫です。根を多めに切った際は、古葉を取ってあげましょう。葉数を減らすことで株の体力が温存でき、弱るリクスを減らすことができます。

Step7. 移し替える

株を移し入れる
撮影:AGRI PICK編集部
中心に置く
撮影:AGRI PICK編集部
根を整理した株を新しい鉢の中央に移し入れます。このとき、太い根が邪魔をしているようであれば、再度カットして調整しましょう。

Step8. 用土を入れる

土を入れる
撮影:AGRI PICK編集部
株の周りに用土を入れていきます。棒でつつきながら、根のすき間までしっかり用土を入れましょう。すき間があると、水やりのたびに用土がくずれ、株が傾いでしまうことになるので注意してください。ただし、棒でつつき過ぎると土の団粒構造が崩れ、水はけの悪い土になってしまうため、つつく回数はできるだけ少なめに!
白田仁さん
白田仁さん
土入れは少しずつ行い、途中で少し離れた場所から見て、株が傾いていないかチェックしましょう。土を全部入れてしまった後では、微調整がしにくくなってしまいます。

Step9. 鉢を軽く打ちつける

鉢を打ちつける
撮影:AGRI PICK編集部
ある程度用土が入ったら、鉢を床に軽く打ちつけましょう。こうすることで、空洞部分に土が入り込み、さらにすき間をなくすことができます。株のグラつきがなくなったら、すき間がなくなった合図です。
白田仁さん
白田仁さん
あまり強く打ちつけると、鉢にヒビが入る原因になるので要注意。硬い床の場合は、ダンボールなどの上で行うと安心です。

Step10. 土入れは余裕をもって

土入れ完了
撮影:AGRI PICK編集部
土の量は、7~10号鉢の場合、鉢のフチから5cmほど下までにとどめるのがスマートです。飾り石を載せる場合はその厚みの分も考慮します。鉢フチの高さギリギリまで入れると、見た目の問題だけでなく、水やりの際に土中にはける前の水があふれてしまったり、浮いてくる土まで流れ出るので注意しましょう。この場所を園芸用語では「ウォータースペース」と呼んでいます。

Step11. 飾り石を載せる

飾り石
撮影:AGRI PICK編集部
飾り石として、土の表面に軽石を載せ、水をたっぷり与えたら完了です。室内に置く観葉植物は、鉢土が見えないことで清潔感が出ます。軽石は大粒のものを使うと、土の湿り気具合を見るときに避けやすいのでおすすめです。

植え替え完了!

植え替え後
撮影:AGRI PICK編集部
高さのある鉢に植え替えたことで、背丈のある「フィカス・ウンベラータ」がより引き立ち、存在感のあるインテリアグリーンになりました!

ゴムの木(フィカス)の植え替え後の管理方法

置き場所

風通しの良い、明るい半日陰場で管理します。明るい場所から暗い場所に移動するなど、環境が急に変わると株が弱る原因になるので注意しましょう。

水やり

乾湿にメリハリをつけて水やりします。日頃からよく観察し、鉢土の表面が乾いたら、鉢底穴から流れ出るくらいたっぷり水やりをしましょう。

肥料

植え替え直後は、肥料を控えます。株が定着し、新葉が大きくなってきたら施肥するようにしましょう。

観葉植物の肥料についてはこちらの記事で解説しています!

ゴムの木(フィカス)の詳しい育て方についてはこちらの記事で!


観葉植物のプロが回答!ゴムの木(フィカス)の植え替えに関するQ&A

フィカス
出典:PIXTA
ここからは、ゴムの木(フィカス)の植え替えでよくある疑問やトラブルなどの対処法について、観葉植物のプロ・白田さんに聞ました。

Q. 冬でもゴムの木の植え替えはできる?

白田仁さん
白田仁さん
根をいじらずに、根鉢をそのまますっぽりと植え替えるだけの鉢増しならOKです。気温が低くなる冬は、根がダメージを受けると回復しづらくなります。根を切るような植え替えは、ゴムの木の体力がある生育期に行いましょう。

Q. 大きい鉢に植え替えた方が生長が早い?

白田仁さん
白田仁さん
鉢増しをするときは、鉢のサイズは少しずつ大きくしましょう。植物の根鉢は、鉢の内側に当たってグルグル回るようにして形成されます。急に何倍もの大きな鉢に植え替えると、密度のある根鉢ができずにスカスカになり、倒れやすい株になってしまいます。

Q. ゴムの木は外植えしても大丈夫?

白田仁さん
白田仁さん
品種にもよりますが、暖地であれば外植えも可能です。特にゴムの木の原種である「フィカス・エラスティカ(インドゴムノキ)」や「フィカス・エラスティカ・ソフィア」などのエラスティカ系は、比較的寒さに耐えてくれます。ただし、吹きさらしの場所では寒波が来ると枯れてしまいます。屋外では、北向きの建物があるなど、北風を防ぐような場所であることが条件といえるでしょう。

Q. 根腐れしてしまったゴムの木は植え替えで復活しますか?

白田仁さん
白田仁さん
株がどの程度ダメになっているかによります。根腐れすると、まず先端から枯れてきますが、幹がまだ生きていれば復活する可能性はあります。その場合は、枯れた先端部分と根腐れした根を除去し、新しい用土に植え替えましょう。幹自体に保水しているので、丸太状態にしてもまた根が出てきます。上下は間違わないように植えてくださいね。

ゴムの木(フィカス)の植え替えに挑戦してみよう!

フィカス
出典:PIXTA
観葉植物は、鉢を替えるだけで雰囲気がガラリと変わります。プラスチックの鉢から陶器鉢に植え替えると、高級感がぐっと上がりますよ。お部屋のインテリアに合ったデザインの鉢を見つけたら、ぜひ植え替えに挑戦してみてくださいね!

紹介されたアイテム

花ごころ 観葉植物の土
プロトリーフ かる~い鉢底石
園芸用土入れ 大和プラスチック

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索