肥料のまとめ

農薬には除草剤や殺虫剤、殺菌剤などの種類があり、農作物を病気や害虫、雑草などから守ってくれます。また、肥料には液体肥料、有機肥料、化学肥料や堆肥、バーク肥料といったものがあり窒素・リン酸・カリウムの三要素を補うものや、その吸収を促進するものなどがあります。例えば、除草剤には大きく分けて顆粒タイプと液体タイプの二種類があり、顆粒タイプは半年から一年という長期間にわたって効果を発揮するものの、草丈の高いものには効果が薄い一方で、液体タイプの除草剤は効果の持続性は低いが即効性があり大量の雑草を一気に掃除できます。このように目的や作物の種類によって用いる農薬の種類やタイプは異なり、適切に選ばないと十分な効果が得られないことがあります。最近では、オーガニック野菜や有機野菜など、無農薬の野菜への関心が高まり、家庭菜園で有機栽培をする人も増えてきたようです。ここでは、農薬や肥料の基礎知識、種類や効果、用途に合った選び方、使い方のコツなど役立つ情報を紹介していきます。

肥料のまとめ一覧29件

シャベルと土と肥料
石灰窒素の特徴を農学博士が解説!多機能で環境に優しくコスト削減にも貢献
石灰窒素は農薬、肥料、土壌改良の三役を兼ね備える万能資材です。土に混和すると微生物の作用と加水分解によって自然と農薬成分から肥料成分に変化し、農薬成分が残りません。ほかの窒素肥料に比べて肥効が長持ちし、流亡が少な…
kiko
トマトに葉面散布剤を散布
夏野菜のトラブルを葉面散布剤で予防!効果的な使い方とおすすめ製品
トマトやナスなどの夏野菜で、なんとなく元気がない、果実が着かないなどというトラブルが発生してしまったときの対処法のひとつに葉面散布剤があります。どんな葉面散布剤を、どんな場合に散布すればいいのか?栽培初心者にもわ…
rinko
野菜の肥料の基本|追肥のタイミングや有機肥料の臭いを抑える方法を農業博士が解説
家庭菜園でおいしい野菜を育てるには、いつどんな肥料を与えるのか、肥料に関する基礎知識を身につけておく必要があります。そこで今回は、肥料をあげるタイミングや回数、プランターでの栽培において気を付けるべきポイントなど…
kiko
化成肥料
化成肥料のメリットデメリットって?種類やおすすめの使い方も解説
化成肥料は、有機肥料に比べて即効性があり、必要なときに必要な栄養素を植物に補ってくれる便利な肥料です。しかし、不適切な使い方をすると土の通気性や保水性が悪化したり、地下水の汚染につながったりします。化成肥料を安全…
kiko
コーヒーかす
コーヒーかすを再利用した肥料の作り方|メリットや材料など詳しく紹介!
コーヒーを飲んだときに発生するコーヒーかすを使った肥料の作り方をご紹介します。段ボールやバケツを使って、初心者でも簡単に作れますよ。カビが生えてしまったときの対処法も解説。ゴミとなってしまう物を再利用して、環境に…
エグ
肥効調節型肥料の活用で効果的に肥料削減!持続可能な農業を目指す
栽培する作物に最適な肥料とは、一体どんなものでしょう。従来のような元肥、追肥の一辺倒な栽培スタイルを検討してみませんか。長期的な肥効のある緩効性肥料の中でも、肥料にかかる作業時間やコスト削減につながりる「肥効調節…
umi
おすすめの芝生の肥料ランキング15選|施肥の時期や頻度、肥料焼けなど徹底解説!
きれいな芝生を保つためには、日頃の手入れが欠かせません。芝生の雑草を除去するだけでなく、さらに「施肥」を行うと美しい芝生が育ちます。気になる時期や肥料の撒き方、使用する頻度など、おすすめの肥料も一緒に紹介します!…
あまのこなみ
肥料
肥料取締法における肥料の種類
2020年12月1日に施行された「肥料取締法の一部を改正する法律」により、肥料の動向が変化しています。肥料の種類は、成分や形状などさまざまな分類によって分けることができますが、ここでは肥料取締法に基づいた種類や肥…
umi