バッドグアノの効果と使い方|農学博士が解説!詳しい使用方法とおすすめ作物、注意点

花や果実を育てている人なら、ぜひ使ってみてほしいバットグアノ。緩効性の有機質肥料で、リン酸の補給にぴったりです!バットグアノの特徴や含まれている肥料成分、使い道・使い方について紹介します。稲や芝にもおすすめですよ。


多年草のダリアの花が大きく美しく咲く

出典:写真AC
バットグアノを使ったことはありますか?バットグアノは花をきれいに大きく咲かせたり、野菜や果物の味を良くする効果のある緩効性肥料。使いどころを知って、丈夫でおいしい作物や見ごたえのある花を育てましょう!
今回は、現在「伝統農法文化研究所」で代表を務める農学博士・木嶋利男先生に、バッドグアノについて教えて頂きました。

木嶋利男さんプロフィール

木嶋先生
提供:木嶋利男

主な経歴:
・1987年 農学博士(東京大学)
・1993~1999年 栃木県農業試験場 生物工学部長
・1999~2004年 自然農法大学校 校長
・2004~2010年 WSAA 日本本部 専務理事
・2006~2013年(財)環境科学総合研究所 所長
・2015~2019年(公財)農業・環境・健康研究所 代表理事

上記以外の主な役職:
一般社団法人MOA自然農法文化事業団 理事
伝統農法文化研究所 代表

主な著書:
『プロに教わる安心!はじめての野菜づくり』(学研プラス)
『「育つ土」を作る家庭菜園の科学 』(講談社)
『コンテナでつくる家庭菜園[新版]』(マイナビ出版)

バッドグアノとは

コウモリが洞窟から飛び立つ
出典:Pixabay
バットグアノとは、長い年月をかけて洞窟の中で自然発酵したコウモリのふんから作られた、有機質のリン酸肥料。主にインドネシアやフィリピンで生産されています。花を観賞する植物、実を収穫する野菜や果樹との相性が良く、ぜひ使ってみてほしい有機肥料です。
ちなみに「バット」はコウモリ、「グアノ」は化石化した資源のことを指しています。ふんというと臭いが気になるイメージかもしれませんが、バットグアノは鶏ふんなどの堆肥と違って臭いがしないので、ガーデニングでも家庭菜園でも使いやすいです!
木嶋先生
木嶋先生
バットグアノは本来、コウモリが食べた蚊の眼と骨を口から吐き出したものを採集されていました。現在販売されているバットグアノは、珊瑚礁の洞窟にコウモリや海鳥などのふんや死骸が堆積したものが一般的です。

バッドグアノの特徴と効果

コウモリ
出典:Pixabay
鶏ふんや牛ふんと違い、少し珍しい有機肥料のバッドグアノ。バッドグアノにはどんな特徴があるのか、チェックしてみましょう。

リン酸系の肥料

バットグアノにたくさん含まれている成分といえば、リン酸です。リン酸とは、花・実の数やサイズなどをアップさせる効果がある肥料成分で、「実肥(みごえ)」とも呼ばれます。一方で、リン酸と並んで植物の3要素とされているチッ素とカリウムは、わずかしか含まれていません。
木嶋先生
木嶋先生
日本の土壌は火山灰土が多いので、リン酸吸収係数が高いです。バッドグアノのようなリン酸肥料を用いることで、微生物の活動が一気に高まりますが、有機物の分解によって地力が落ちやすくなります。馬ふん、搾乳牛ふんなど繊維質の多い堆肥と一緒に使うと良いでしょう。

牛ふんと馬ふんの記事もチェック!


カルシウムが豊富

バッドグアノはリン酸、鉄分や苦土など微量要素を含むほか、多量のカルシウムを含んでいることが特徴です。品質や採集場所によっては、成分の多くがカルシウム(石灰岩)になることも。堆積年数や材料(コウモリや海鳥)によって品質が変わってくるので、よく確認してから購入するのがおすすめです。

ゆっくり効き始め、長く効く

バッドグアノは緩効性肥料で、ゆっくりと長く効きます。バットグアノに多く含まれているリン酸には、根を伸ばす働きがあるので、植え付け初期に元肥として施しておくのがおすすめです。

土壌中の微生物の増殖を活発にする

フミン酸が豊富なのも特徴です。このフミン酸の働きで、土壌中の微生物の増殖が活発になり、植物が育ちやすい肥えた土壌を作り出します。

バットグアノの危険性と安全性

ミニコウモリ
出典:Pixabay
野生のコウモリのふんは、生育環境などによっては人間にとって有害な菌などが含まれ、肥料として用いるのは危険ではないか、という疑問を目にします。確かにコウモリの生のふんであるなら有害菌を含む可能性がありますが、コウモリのふんや吐き出したものが何百年何千年にわたり堆積して化石化しているバッドグアノは、肥料として安全に用いることができます。
木嶋先生
木嶋先生
バッドグアノはふんを採集するコウモリの種類や、採集場所や堆積された年数によって品質が異なります。

バットグアノの用途

ナス、トマト、ピーマンなどがおいしそうに実る
出典:写真AC

果物や野菜などの栽培に

実肥であるリン酸を豊富に含んでいるバットグアノ。土に混ぜると肥料の吸収が良くなり、イチゴ、トマト、ニンジンなど、果物や野菜の甘味が出るといわれています。

多年草の花をより美しく

多年草のシネラリアがたくさん咲く
出典:写真AC
花の数を増やし、花色を美しくする効果があります。一年草よりも、育てる期間が長い多年草の肥料におすすめで、蘭栽培などでは昔から使われています。大輪の美しいバラを咲かせたいときにも!

根張りを良くしたい稲や芝に

青々とした芝
出典:Pixabay
稲や芝の栽培にも適しているバットグアノ。根張りをアップさせ、葉が育ち過ぎるのを防ぎます。芝刈りの回数も減らせるかもしれませんね。

野菜編|バッドグアノの使い方①

畑で肥料をまく
出典:写真AC
野菜の実付きを良くして味をおいしくする効果のあるリン酸肥料、バッドグアノ。バッドグアノを施すと根がよく張り、白菜がよく巻き、大根は玉伸びの効果が期待できます。ここでは、実際にどのようにバッドグアノを野菜に施せば良いかご紹介します。

元肥として

植え付けをする3~4週間前に、作土層全体に混ぜます。バッドグアノはリン酸やカルシウムを多く含んでいることは先に述べた通り。リン酸の過剰障害は現れにくいですが、カルシウムは土壌をアルカリ性にするので、適量を施すようにしましょう。
花壇や畑には、1平方メートルあたり約150gのバッドグアノをまくと良いでしょう。プランターや鉢などの容器栽培では、用土20L(例/60cmの長さのプランター)に対して、200~300gの量が目安です。いずれも土の表面に置くのではなく、土の中に混ぜ込むようにしましょう。
木嶋先生
木嶋先生
アルカリ性に傾くのを防ぐには、良質のバットグアノを用いることや、連用をさけることも大切です。有機質のリン酸資材ばかり用いず、時には化学肥料を用いましょう。溶リンは有機栽培でも使用できます。

追肥として

緩効性のバットグアノですが、追肥にも使えます。野菜がリン酸を吸収できる根は浅い位置にあるため、追肥は表面に散布するか、もしくはバッドグアノを水に溶いて、水やりと一緒に散布しましょう。
木嶋先生
木嶋先生
根が浅いウリ類には、表面に散布します。根の深いナスは切り戻しの時、根切りした穴に施すか、あるいは施した後に水をかけて土壌中への浸透を図りましょう。バッドグアノは過剰障害が発生しにくいので、施肥量は気にしなくて良いでしょう。

花編|バッドグアノの使い方②

バラ園4
出典:写真AC
バッドグアノは野菜の元肥や追肥にだけでなく、花をきれいに咲かせ、花もちを良くする肥料としても使われます。ここでは花を栽培するときのバッドグアノの使い方をご紹介します。

元肥として

プランターや鉢植えでは、バッドグアノとまわりの土を均一に混ぜてから植え付けます。花壇では、苗の植穴にバッドグアノを適量入れて、土と混ぜてから植え付けましょう。腐葉土などと一緒に施用すると、リン酸が効率よく効くともいわれています。

追肥として

土の上にバッドグアノを施して、上から軽く土をかけて、水をあげましょう。粉状タイプのバッドグアノなら、土に混ぜ込みやすく使いやすいですよ。

芝生編|バッドグアノの使い方③

芝生
出典:Pixabay
花や野菜だけでなく芝生にもバッドグアノは使えます。しっかりと根の張った、丈夫な芝生を目指しましょう。

元肥として

芝や稲、牧草などに用いると、根張りが良くなることから、雨風に強くなり、しっかりした芝に育ちます。また、徒長を防いで葉を密にしてくれるので、芝刈りの回数が少なくなります。チッソの化成肥料では、根が張らず上が大きくなってチッソぼけを起こしますが、有機肥料のバッドグアノでは先に根が張るのが特長です。土の中に混ぜて施用することで効果が発揮できます。

バッドグアノを使用する注意点

苗が元気に育つようにスコップで土作り
出典:写真AC
リン酸やカルシウムをたっぷり含むバッドグアノは、野菜をおいしく、花をきれいにする効果を持つ貴重な有機肥料です。ただ、リン酸が突出して多いことから、使用の際には頭に入れておきたいことも。バッドグアノの効果をしっかり出すために、ここでチェックしましょう。

堆肥と一緒に施す

バッドグアノはリン酸が多いですが、肥料焼けなどの過剰障害を起こす心配はありません。しかし、リン酸が多いと土壌微生物が活性化されて、有機物の分解が促進されます。分解が進むと、有機物は無機化されて栄養分になりますが、流亡しやすくなりますので、地力が落ちやすくなります。このため、馬ふん堆肥や、牛ふん堆肥(搾乳牛)などの繊維質の多い堆肥と一緒に施すようにしましょう。
木嶋先生
木嶋先生
バッドグアノのリン酸によって、無機化された土壌中の栄養分を、堆肥に吸着することで、地力が維持できます。

チッソとカリウムの不足に注意

リン酸が突出して多いため、ずっとバットグアノだけを使っていると肥料成分が偏ってしまいます。チッ素が多い油かすや、カリウムが多い草木灰も併用して、バランスを取りましょう。

油かすの使い方もチェック!


良質なバッドグアノを選ぶ

バットグアノはコウモリや海鳥などのふんや死骸が、数百年数千年と洞窟で堆積したものです。このため、堆積年数やその材料(コウモリや海鳥)によって品質がバラバラになりがちです。品質をしっかりと調べて利用しましょう。

粉状グアノをまく時は、マスク必須

粉状のバットグアノは舞い上がりやすいので、風がない日にマスクを着けて施しましょう。

バットグアノはホームセンターや通販で買える!価格は?

金銭のイメージ
出典:Pixabay
バットグアノは、安いものだと1kgあたり300~400円、5kgあたり1,000円くらいで売られていることが多いです。あまり店頭で見かけない印象かもしれませんが、ホームセンターやネット通販で取り扱われています。
何百年もかけて堆積したものを海外から輸入しているということもあって、鶏ふんのような同じ有機肥料と比較すると少し高く感じるかもしれません。でも、花や野菜に欠かせないリン酸を補給できるので、試してみる価値は高いですよ!

おすすめの粉状・粒状バットグアノ|口コミ評判付き

ナス
出典:写真AC
鶏ふんや油かすなど見かけることの多い有機肥料とは違って、少し珍しいリン酸肥料のバッドグアノ。ネット通販なら、粉状や粒状など、使いやすさで選べて購入もカンタンです。家庭菜園のお花や野菜に、ぜひバッドグアノをトライしてみてください。

粉末は土と混ざりやすい!

ITEM
日本バットグアノ 花と野菜の肥料 粉状
カルシウムたっぷりで石灰をまく必要がなく、効果の出やすい粉状タイプ。フィリピン産のバットグアノは、世界的にも評価が高いとされています。

・内容量:1kg

私は、鉢植えのお花を育てるのが大好きです。今年の夏、知り合いの方が、バッドグアノをプレゼントしてくださり、早速鉢植えの花に追肥したところ、咲かないはずのアルストロメリアが二度咲きし、しかも花の色がとても鮮やかだったので嬉しくて、ずっとこの肥料を探していました。園芸屋さんもたくさん探しましたがありませんでした。そこで、楽天ならあるかもしれないと思い検索した結果、バッドグアノを見つける事が出来ました。この肥料は、本当に良く効きます。また無くなったらお願いします。


まきやすさで選ぶなら粒状

ITEM
丸総通商 バットグアノ 粒状
有機リン酸の含有率は約25%。インドネシア諸島の洞窟から掘削した、昆虫しか食べないヒメコウモリ由来の純天然バッドグアノです。粒状で扱いやすい!

・内容量:5kg

さやえんどうを毎年植えていますが立派に育たない。
テレビの番組で豆の栽培にバットグアノは欠かせないと、その理由も説明していたので
是非試してみたくてこの肥料を注文してみました。


ITEM
あかぎ園芸 粒状タイプ バットグアノ
天然有機質100%!パラパラとまきやすい粒状タイプで、元肥にも追肥にも使えます。

・内容量:3kg×6袋

ITEM
リンサングアノ 粒状
リン酸を27.6%、石灰を37.2%含んでいます。広めのスペースにおすすめな、たっぷり使える20kg入りのバッドグアノです。

・内容量:20kg

昨年から使っています。今年のイチゴは粒も大きくなってとても甘いイチゴが出来ました。今はキュウリ、ナス、トウモロコシ、トマト、スイカ等、に使っています。実のなる野菜には特に良いと思います。多めに使っても肥料焼けすることもないので安心です。


堆肥と一緒に使っておいしい野菜を収穫しよう

コウモリの顔
出典:Pixabay
土作りの時に混ぜ込むだけの簡単な使い方ができるバットグアノ。たくさん与え過ぎたときに問題が出にくいのも、使いやすいポイントです。美しい花を咲かせたいバラや蘭などの多年草に、おいしい実を収穫したい野菜や果物に、ぜひ使ってみてくださいね!

紹介されたアイテム

日本バットグアノ 花と野菜の肥料 粉状
丸総通商 バットグアノ 粒状
サイトを見る
あかぎ園芸 粒状タイプ バットグアノ
リンサングアノ 粒状

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
MitsuyaNao

埼玉県の山奥で、約1反のブルーベリー畑を管理しています。ハイブッシュとラビットアイを約20品種栽培中。野菜、花、ハーブなども育てています。AGRI PICKでは、家庭菜園や園芸の初心者に向けた記事を中心に担当。他メディアでも多数執筆中。

育て方・病害虫を一発検索