【おすすめ8選】プロが使う農業用液体肥料(液肥)・スプレイヤーはこれ!

野菜を健康においしく作るのにかかせない液体肥料。農業の現場では長らく一般的に使用されています。今回は農業から得た液体肥料のメリットやデメリットから使い方、作り方をご紹介します。また農家の方必見の、おすすめの農業用市販液体肥料やスプレイヤーもご紹介します。


出典:PAKUTASO
「家庭用の液体肥料と、農業用の液体肥料って違うの?」「農業の液体肥料はどれがおすすめ?」そんな疑問にお答えします。これから農業を始めたい人でも大丈夫!農業用液体肥料の基本と実際に使われている商品、液体肥料をまくのに使うスプレイヤーのおすすめをご紹介します。

農業用液体肥料(液肥)とは

出典:PIXTA
農業用液体肥料とは、野菜・果樹を育てるための栄養素が入った液状肥料のこと。固形肥料より効き目が早く出るため、主に追肥で使用されます。ガーデニングや家庭菜園用の液体肥料には、水で薄めずそのまま使えるものもありますが、農業用の液体肥料は水で希釈し、必要に応じた栄養をコントロールするのが一般的です。中には2種類の液体肥料を混ぜて作る製品もありますよ。このタイプはより細かな栄養調整がしたい場合に重宝します。

農業用液体肥料と家庭菜園用液体肥料の違い

商品としての違いは量だけ

「農業用の液体肥料って、家庭用と中身が違うの?」答えはNOです!業務用も家庭用も、液体肥料の基本的な成分は同じ。植物に必要な栄養というのは、農家でも家庭菜園でも変わらないからです。たとえば水耕栽培で人気のハイポニカは、農家でも一般家庭でも使われていますよ。ただ、家庭用と同じ容量では少なすぎるので、農業用の大容量タイプがお得です。

散布に使う道具が違う

家庭でのガーデニングや菜園では、ジョウロ・霧吹きのどちらかで十分に液体肥料を散布できます。でも、農家の畑では広範囲に散布する必要がありますよね。ジョウロや霧吹きではとても追いつかないので、散布機や噴霧器を使用します。

野菜に液体肥料を使うメリット

出典:PIXTA

成長段階に合わせてピンポイントで散布できる

肥料には固形のタイプも存在します。液体肥料を使うメリットは何でしょうか。一つ目のメリットは、成長段階に合わせて必要な栄養をピンポイントで補える点。野菜・果樹は成長段階によって、必要な栄養の量が異なります。液体肥料ならすぐ作物に吸収されるので、速効性があり、特に栄養が必要な成長期(特に花期・実のなる時期)にたくさん栄養を与えられるのです。対する固形肥料は成分が溶け出すまでに時間がかかるので、長期的にジワジワ栄養補給するのに向いています。

散布しやすい

散布のしやすさもポイント。散布機を使用できるので、広範囲に散布しやすく農業向きです。また、マルチを張っている畑では、実質液肥しか散布できません。

葉面散布できる

肥料に多いのは土壌散布するタイプですが、液体肥料の中には葉にまいて栄養を与えるタイプも存在します。葉面散布は土壌散布よりも与えすぎてしまう失敗が少なく、根から吸収されるよりも行き届くのが早いので、素早く栄養が吸収されます。固形肥料を基本にして、葉面散布のために液肥を購入するのもおすすめの方法です。

野菜に液体肥料を使う時のデメリット

出典:Pixabay

元肥には向かない

液体肥料はすぐ効く反面、効果は長く続きません。最初の土作りには液体肥料ではなく、長く効く固形肥料を使うのが一般的です。継続的に栄養を与えるのは固形肥料に任せて、追肥や葉面散布に使用しましょう。

濃度など作り方が難しい

液体肥料を与えすぎると「肥料やけ」が起こり、作物が傷んでしまいます。おおよその濃度は商品パッケージに書いてありますが、細かな調整は経験則で行うため、慣れないと難しく感じるかもしれません。

野菜用液体肥料の種類

出典:PIXTA

化学肥料(無機質肥料)

ほとんどの液体肥料は化学肥料です。栄養素がそのままの形で入っているため、有機肥料より早く効きます。栄養素の表示が細かく正確なので用量計算がしやすいのもポイントです。ただし量を間違えると苗が枯れたり、味に悪影響が出たりするので注意しましょう。

有機肥料

自然由来の原料が主成分の有機肥料もあります。散布してからバクテリアによって分解され、ゆっくり効くので、作業頻度を落とせるのが特徴です。長く置いておくと劣化する場合があるので、早めに使い切りましょう。また、濃度が高く、噴霧器などで使用できない場合もあります。

活力剤配合タイプ

肥料成分だけでなく、活力剤成分が配合されているタイプです。肥料が作物の主食だとしたら、活力剤は元気のないときに摂取するサプリメントのようなもの。成長の早いタイミングや、発芽を促進させたいときにおすすめです。

農家がおすすめ!市販液体肥料ランキング5選

1位:本格業務用液肥|住友液肥2号

住友液肥2号
ITEM
住友液肥2号
農家さんの使用者も多い液体肥料です。市販のものの中ではとてもお求めしやすいので、気軽に取り入れられるのが魅力です。不純物が少ないので使いやすいですよ。実物・根物用タイプ。葉物用は「住友液肥1号」です。

・容量:20kg
とにかく安くて、助かります。
効果の確認は、数年の経験が必要。 出典:Amazon

2位:使い方さまざまの定番商品|ハイポネックス液



ハイポネックス液
ITEM
ハイポネックス液
家庭菜園、ガーデニングで使われている「ハイポネックス」。効果が高く、しかも市販品の中では価格が安いので、プロのハウス栽培や育苗でも使われています。

 ・容量:10kg

3位:自然由来の味上げ効果|カツオエキス

ITEM
カツオエキス
生カツオをベースに発酵させて作られた有機肥料です。カツオは古くから、トマトやイチゴの味を上げるために使用されてきました。作物の味をアップさせるのにおすすめです。価格も安いので、一部の農家から愛用されています。

・容量:20kg

4位:収穫期に向けておすすめの有機液肥|サトウキビのちから水100

サトウキビのちから水100
ITEM
サトウキビのちから水100
砂糖を搾り取ったあとのサトウキビを発酵させて作った、有機肥料です。糖分、アミノ酸が含まれており、味を上げる効果あり!同じシリーズでいろいろな成分配合があるのですが、この「サトウキビのちから100」は葉を茂らせる窒素控えめの構成です。収穫期に向けて窒素を減らしていくときにおすすめですよ。

・容量:20kg

5位:万田酵素が開発!環境にやさしい|万田酵素 万田アミノアルファ

ITEM
万田アミノアルファ
有機栽培農家では「自家製酵素液」が使われています。その酵素液と、肥料成分を配合して商品化したのが「万田アミノアルファ」。実のなる量や糖度、日持ちの向上が期待できる液体肥料です。

・容量:1L

三回目のリピです。
少しの畑ですが無農薬で野菜を育てているので我が家では必需品です。
とても良いですよ。


液体肥料の使い方

出典:Pixabay

土壌散布する場合

土にまく与え方です。そのまま土にまくのではなく、水で薄めて使います。ジョウロや散布機で畑にまいていくのですが、このとき土が乾いていると、栄養素が行き渡りません。土が乾いている場合は濃度を下げ、水分量を上げた状態で散布しましょう。散布の頻度は週1~2回です。どんな野菜でも土壌散布で栄養を与えることができます。

葉面散布する場合

葉の表面にまく与え方です。ほとんどの野菜は葉面散布に対応していますが、葉物野菜は結球前のみ有効なので気を付けましょう。水で薄めた液体肥料を噴霧器や霧吹きに入れ、葉の「裏側」に散布します。なぜ葉の裏側なのかというと、気孔といって目に見えない植物の「口」があるからです。週3~4回の頻度で与えます。
濃度が高いと葉が肥料やけしやすいので、なるべく低濃度で与えてください。また、気温が高いと揮発が進みやすく、肥料やけしやすいです。気温の高い日や昼間は避けましょう。朝露や雨上がりで葉がぬれていると効果が薄いのも注意すべきポイントです。

散布機・噴霧器・混入器|液体肥料(液肥)散布用スプレイヤー3選


散布機(スプレイヤー)

広範囲の土壌散布に使えるのが散布機(スプレイヤー)です。家庭用では液肥の原液をボトルにいれ、ホースで水道と繋ぎ、液肥と流れてくる水を混ぜて水圧で散布するものが一般的です。業務用では、コンプレッサーに車輪が付いたものや、トラクターに車載するものも使われます。

 

おすすめ液肥散布用スプレイヤー|らくらく液体肥料スプレイヤーAQUA+

らくらく液体肥料スプレイヤーAQUA+
ITEM
らくらく液体肥料スプレイヤーAQUA+
ホースにつなげて使うスプレイヤーです。液体肥料を約100倍に希釈して散布できます。100倍以上の散布も可能ではあるものの、下準備が必要です。

・重量:240g
昔からあった他の製品は生産中止でプレミア価格になっていて買う気がしませんでした。
今回これを買って液肥撒くのが物凄く楽になりました。
固定倍率(100倍)なので計算もしやすいし、液肥入れるところに撒きたい倍率の目安の目盛りもあるので楽々です!
週1で液肥も気楽に行えます。手元で止水出来るのもいいと思います! 出典:Amazon

噴霧器

広い場所の土壌散布、葉面散布に使えるタイプです。電動式と蓄圧式(ピストンによる手動式)があります。

 

おすすめの液肥散布用噴霧器|ミスターオート 蓄圧式噴霧器

ミスターオート蓄圧式噴霧器 HS-401E
ITEM
ミスターオート蓄圧式噴霧器 HS-401E
4L容量の蓄圧式噴霧器です。噴射口を変えられるので、土壌散布・葉面散布の両方に使いやすく便利。大容量タイプ、小容量タイプもあります。畑の広さ、まきたい面積に合わせて選びましょう。

・タンク容量:4L
・重量:1.3kg
庭の害虫駆除のために購入。動力を使わず手押しポンプのみですが、十分に散布できて満足しています。それに何といっても静かなので、ご近所に気を使う必要がありません。洗浄も格納も簡単で良いことずくめです。もちろんコスパも良し。 出典:Amazon


噴霧器の詳しい情報はこちらをチェック!


混入器

灌水設備のパイプにかませて、散水時に液肥を混ぜて散布するためのジョイントです。そもそも灌水設備がないと使えませんが、設備をお持ちならこのタイプが便利でしょう。

 

おすすめの農業用混入器|液肥混入器スミチャージ N40

液肥混入器 スミチャージ N40
ITEM
液肥混入器 スミチャージ N40
混入器の定番!シンプルかつ頑丈です。使いやすく長持ちします。昔から愛されている商品です。

液体肥料は農業の要

安定した収穫を得るためにも、液体肥料は必ずといっていいほど用意したいアイテム。消耗品なので、お値段の安さも重要です。また、効果の高い市販品が豊富にあるので、自分の畑に最適なものを吟味しましょう。結実期に窒素の多い肥料を与えすぎると、葉ばかりが茂って実に栄養が行き渡らないので注意してくださいね!

紹介されたアイテム

住友液肥2号

住友液肥2号

¥3,974 税込

ハイポネックス液

ハイポネックス液

¥11,600 税込

サトウキビのちから水100

サトウキビのちから水100

¥879 税込

らくらく液体肥料スプレイヤーAQUA+

らくらく液体肥料スプレイヤーAQUA+

¥2,800 税込

ミスターオート蓄圧式噴霧器 HS-401E

ミスターオート蓄圧式噴霧器 HS-401E

¥1,580 税込

液肥混入器 スミチャージ N40

液肥混入器 スミチャージ N40

¥33,200 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード