Avatar photo
紀平 真理子
オランダ大学院にて、開発学(農村部におけるイノベーション・コミュニケーション専攻)修士卒業。農業・食コミュニケーターとして、農業関連事業サポートやイベントコーディネートなどを行うmaru communicate代表。 食の6次産業化プロデュ ーサーレベル3認定。日本政策金融公庫農業経営アドバイザー試験合格。 農業専門誌など、他メディアでも執筆中。
【URL】http://marucommunicate.com/

作成したまとめ

バイオスティミュラント
バイオスティミュラントとは②資材とその特徴や使用法、効果について解説
バイオスティミュラントとは、農薬でも肥料でもない植物本来の力を引き出す農業技術・製品の新カテゴリーで、世界的に市場規模は拡大を続けています。バイオスティミュラント協議会が提唱した分類をもとに、具体的なバイオスティ…
紀平 真理子
バイオスティミュラントとは①種類、効果、メリットや課題について解説
バイオスティミュラントとは、農薬でも肥料でもない植物本来の力を引き出す農業技術・製品の新カテゴリーです。世界的に市場規模は拡大を続け、日本でも2018年に農業資材の製造企業などによりバイオスティミュラント協議会が…
紀平 真理子
雑草・病害虫管理の理想は高く!現実は忘れず!|おしゃれじゃないサステナブル日記No.4
【連載】農業・食コミュニケーターとして活動する 紀平真理子さんの「農業と環境」をテーマにしたコラム「おしゃれじゃないサステナブル日記」。第4回は「雑草・病害虫管理の理想は高く!現実は忘れず!」 環境にできるだけ…
紀平 真理子
天敵昆虫
露地での天敵昆虫利用にココロオドル|おしゃれじゃないサステナブル日記No.10
【連載】農業・食コミュニケーターとして活動する 紀平真理子さんの「農業と環境」をテーマにしたコラム「おしゃれじゃないサステナブル日記」。第10回は「露地での天敵昆虫利用にココロオドル」 植物と昆虫の間では、人間…
紀平 真理子
オランダの施設栽培
オランダの施設園芸はサステナブル?【農業関係者に聞いてみた】おしゃれじゃないサステナブル日記No.27
【連載】農業・食コミュニケーターとして活動する 紀平真理子さんの「農業と環境」をテーマにしたコラム「おしゃれじゃないサステナブル日記」。 第27回は「オランダの施設園芸はサステナブル?農業関係者に聞いてみた」。…
紀平 真理子
GPEC2021
【GPEC施設園芸・植物工場展 in 愛知レポート】導入しやすい!お手頃価格!効果が見込めるアイテム
愛知県で開催された第6回目となる施設園芸・植物工場展2021「GPEC in 愛知」ではロボット、AI、IoTなどのスマート農業やアグリテック製品の展示がされていました。その中で、技術的にも予算的にも導入しやすい…
紀平 真理子
まるたか農園
【スマート農業事例】中小規模経営のためのアグリテック|IoTはかりで経営改善のきっかけに
「スマート農業」や「アグリテック」は、大規模生産者が導入する最新の機械やシステムだと考えられがちです。スマート農業の本質は、製品の導入ではなく、導入をきっかけにさまざまな波及効果が得られることです。中小規模の生産…
紀平 真理子
【生産農家向け】ジャガイモの品種15選|食味、栽培、疫病抵抗性などに着目!
プロ農家としてジャガイモを栽培したい!特に少量多品目で栽培して、個人で消費者に販売したい!という新規就農者におすすめの15品種です。プロ農家としてジャガイモを栽培する場合は、食味だけではなく、栽培のしやすさや貯蔵…
紀平 真理子